人の免疫の60%に関係するといわれる腸とその環境。乳酸菌・ビフィズス菌を一袋に50兆1500億個。一回に約1兆個配合、プロテインは安心の無着色・無香料・合成甘味料不使用。 免疫成分、乳酸菌のエサを含むプロテインと腸の善玉菌のエサになる乳酸菌・ビフィズス菌で健康を考えるあなたとご家族にお届けしたい!

プロジェクト本文

▼どうしてこのプロジェクトをしたいと思ったか?

初めまして、真多陽輔(さなだようすけ)です。皆様の健康をサポートするパーソナルトレーナーをしています。そして、

乳酸菌・ビフィズス菌の魅力に取りつかれた一人です。

どうしてこの乳酸菌・ビフィズス菌50兆1500億配合プロテインを作りたいと思ったのかというと、前回こちらでご支援いただき実現した無着色・無香料・合成甘味料不使用のビフィズス菌+プロテイン 「ぴゅあ」 を飲み始めて自分自身非常に満足を得たことと、購入いただいたお客様より喜びの声を多数いただいたことがきっかけです。

 

お客様の声の一部をご紹介しますと

●手術で胃や食道を切除し、お肉が食べられないので常に食事で栄養不足を心配していました。そこで余分なものが添加されていないプロテインを選びました。

●長年悩んでいた毎朝のスッキリが戻りました。

●食事でお肉をとっていなかったので、こちらを試したところ毎朝の洗顔時にしっとり潤いを感じています。

 その他お客様よりも好評いただいております。以下愛飲者一部ご紹介

40代 女性 インストラクター 

 

 70代 女性

40代 エステサロンオーナー 女性

20代 女性

そのことからもビフィズス菌と乳酸菌の魅力にひかれ従来のビフィズス菌を含むプロテインに乳酸菌を追加したいと思うようになりました。

▼乳酸菌とビフィズス菌ってなに?? 

乳酸菌とビフィズス菌の違いはそれぞれありますが、酸を発生させることで悪玉菌を殺菌するといわれています。

▼今回使用する乳酸菌・ビフィズス菌について

●なぜ50兆1500億必要?(今回の配合は一度で摂取できる量は約1兆30億となります。最近の研究で菌を沢山とるとより健康維持につながるといわれています。)

●乳酸菌はとてもサイズが小さいものを使用(サイズが小さいことで腸での吸収がよい)

●乳酸菌・ビフィズス菌ともに人由来のものであること。

●死んだ菌を利用(生きたままが良いといわれている中なぜ死菌なのか?生きた菌はほとんど胃の中で死滅するのですが、その死滅した菌が実は腸の健康維持に役に立っていることが最近の研究でわかってきました。)

▼他の乳酸菌入り食品とどう違う? 

★ビフィズス菌と乳酸菌とプロテインのみの為高たんぱく低カロリーを実現しました。

★からだの冷えに敏感な方でも飲めるようにHOTドリンクにも混ぜられる、また焼き菓子にも入れることができる。(加熱可能な耐熱処理済の乳酸菌を利用しています。)

★からだの守る力をサポートするために!と考えた結果の「プロテイン+乳酸菌・ビフィズス菌」であること。

 

●プロテイン(=ホエイたんぱく質)とは

牛乳からカゼインや脂肪を取り除いた液体部分であるホエイに含まれるたんぱく質です。牛乳は2種類のたんぱく質に分けられ、牛乳からチーズをつくる際に、チーズとして固まるたんぱく質の約8割りがカゼインで、残った搾り汁であるホエイに含まれる約2割がホエイたんぱく質です。
ホエイたんぱく質はラクトフェリン、ラクトグロブリン、ラクトアルブミンやカルシウムなどを含みます。

 

 

●ホエイたんぱく質に含まれるラクトフェリンの働き

ホエイたんぱく質は、ラクトフェリンを多く含んでいます。
ラクトフェリンには、腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やす働きや、腸内環境を整える効果があります。
また、ラクトフェリンの強い抗菌効果では、胃ガンの原因にもなるピロリ菌や病原性大腸菌であるO-157などの腸内の悪玉菌などを減らす働きにも注目されています。

 

 

▼どのような方にプロジェクトを支援しパトロンとなってほしい??

・若さを保ちたい方

・生活習慣が気になる方

・美容を心がけている方

・季節の変わり目のむずむずが気になる方

・お肉を食べない、お肉しか食べない、と、お食事が偏っている方

・激しいスポーツ、お仕事でストレスを感じる方

 

▼乳酸菌とプロテインをお勧めする理由はあなたの食生活と関係します。

私はパーソナルトレーナーとして9000以上の方の健康をサポートしてきましたが、そこでもやはりお食事はとても大切だと感じました。

痩せるためにちょっと食べる量へらそうかなと思っていませんか?

食事のバランスみだれていませんか?

忙しいから、めんどくさいからと簡単にすませていませんか?

お肉や野菜、果物やお米など様々な食べ物があり、

それらをバランスよくとることが大切なのですが、お肉好きじゃないからと野菜中心になったり、

また、ダイエットということで炭水化物を抜いてお肉しか食べなかったりというお食事されていませんか?

偏った食事は腸内で悪玉菌の増殖につながることがあります。

 

▼悪玉菌が増えるとどうなるの?

悪玉菌は肉類に含まれるたんぱく質をもとに、アンモニア等の有害物質をつくりだし腸内をアルカリ性にしてしまいます。それらにより

・体臭、口臭がくさくなる(便秘になると悪玉菌による生産物が体内にとりこまれ臭いとつながってきます)

・免疫力が低下する(人の免疫力の60%は腸が関係しているといわれています。悪玉菌増加によりアレルギーや、ウイルスに対しての抵抗力が弱くなるといわれています)

・がんやうつなどのリスクにつながる(悪玉菌生成物はがんのリスクや、自律神経をみだす原因の一つともいわれています)

・にきびや肌荒れのリスクを高める(腸内で悪玉菌により生成されたものは血液により全身にまわります。皮膚まで回ると肌にダメージをあたえます)

 

殺菌された乳酸菌は腸内でもともと体内にいる善玉菌のエサになることから、乳酸菌・ビフィズス菌を約1兆個配合したプロテインをつくりたいと企画いたしました。

▼どうして死菌?なぜ1兆個なのか?

皆様にお出しするものは自分が納得したものでなくてはならない。これは私の仕事柄(パーソナルトレーナー)、自身の経験に基づいたアドバイスをするというポリシーによります。

 

私は今回のプロジェクト実現のために半年間自分の体で様々な乳酸菌・ビフィズス菌を試してみました。

乳酸菌・ビフィズス菌の数も30億~4兆個/日で試行錯誤。

プロテインと一緒に、または、プロテイン抜きで、ヨーグルトと一緒に。

それらを繰り返し自身で納得したバランスで配合いたしました。

プロテイン(ミルクよりフィルターでろ過し取り出したもの)は母乳とアミノ酸構成が似ているということもあり、また最近話題のラクトフェリンやグロブリンなどの成分があったり、なによりも乳酸菌のエサとなる乳糖が含まれていることから

乳酸菌・ビフィズス菌とそのエサを含むプロテインを同時にとれるようにしました。

 

▼おすすめの飲み方は?

スプーン一杯のプロテインを、そのままでもよいですがバナナと混ぜてバナナスムージーがおススメです。(私は特にバナナ・小松菜・生ヒジキ・プロテイン・お水でスムージーを飲んでいました)冷え性の方はHOTなドリンクに混ぜてどうぞ。(熱湯ではプロテインが固まるので少量のお水にミルサーなどで溶かせてからまぜられることをおススメします。)

▼プロテインのアレルギー・成分 (プレーン味)

●一袋500g(1日1杯 目安10g中 タンパク質8g 乳酸菌・ビフィズス菌約1兆30億個)

●アレルギー表記 乳

●プレーン味(ミルクよりたんぱく質を取り出したものなのでさっぱりしたミルク風味です)

●成分 
乳清加工タンパク、
ビフィズス菌末(殺菌ビフィズス菌体、デキストリン)、
乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)

●無着色・無香料・合成甘味料不使用

●予定小売価格 500g/ 10000円(税込)

●1日当たりスプーン1杯を目安にお飲みください。本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。一日の摂取目安量を守ってください。食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

○ご注意
乳酸菌・ビフィズス菌は湿気に弱いので、乾いたスプーンを用い、使用のたびにチャックをしっかりお閉めいただき高温多湿をさけ常温で保管ください。万が一体質に合わない方は直ちに使用を中止してください。食品アレルギーのある方は原材料表示をご参照ください。薬を服用している方、通院中の方は担当医にご相談の上ご使用ください。乳糖不耐症の方は摂取にご注意ください。食品の為ご支援いただいてからの返品は出来かねます。どうぞご了承ください。

▼資金の使い道

今回プロテインの製造最小ロットで足りない部分10万円

 

▼リターンについて

予定小売価格500g10000円のところこちらのパトロンの方のみおひとつ5000円からの、各限定数量のリターンにてご用意いたします。すべて(税・送料込)
※サロンオーナー様、人気のこちらをぜひ導入後検討ください。

★1袋   5000円

★1袋   6000円

★2袋   9500円

★5袋    22000円

★10袋  40000円

 ▼最後に自己紹介と私の目標

真多陽輔(さなだようすけ) 兵庫県神戸市出身
ベストボディインターナショナル2016グランプリ
ベストボディモデルKOBE2015グランプリ
フィットネス男子カレンダー2016モデル
パーソナルトレーナー
11月27日日曜日に品川にて開催されるベストボディジャパン日本大会にチャレンジし、「より皆様を健康に、より美しく、より幸せに」と伝えられるように今後も活動してまいります。

最後までお読みいただきありがとうございます。



 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください