全世界は192ヵ国。 1ヵ国1ヵ国、現地で徹底調査しコミュニケーションを通して現地の人を笑かしていきます。 そして、見て感じた地球の”おもしろい”を帰国後、ライブで報告します。 ~東南アジア編~

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして。松浦周作と申します。

2018年12月まで、漫才コンビ「マドンナ 。」として活動していました。

M-1グランプリという漫才の大会で昨年、準々決勝敗退した事を機に7年間続けたコンビを解消する事になりました。


ずっと漫才だけを見て、漫才だけをして、漫才で日本一になる事を目標にして生きてきました。

マドンナとしては大阪で3年、上京し東京で4年、全力で漫才をして、昨年、解散する決断をしました。

芸歴15年で1つの区切りをつけました。


漫才コンビを解消し、1人になって、今の僕には何もありません。

仕事ももちろんありません。

あるのは時間だけ。

時間はあるのに何にもない。

しかし、何もないは何でもできる。

何でもできる時間しかない。

日本の東京の5畳の部屋で何も無いと思っていても、世界は広い、調べると国連加盟国193カ国、日本を抜くと192カ国、少ない。

勝手に1000カ国くらいあると思っていました。

192なら頑張れば行ける。

そして、192カ国の人を笑かしてみたい。

そう思いました。



▼このプロジェクトで実現したいこと

世界192ヵ国を全てまわります。

まずは東南アジアからまわり、最低限の費用でベトナムから南下します。

1ヵ国1ヵ国で文化、習慣が違うと思いますが、現地で徹底調査しコミュニケーションを通して現地の人を笑かしていきます。

その様子を写真・動画に収め、SNSで発信します。

そして、見て感じた地球の”おもしろい”を帰国後、ライブで報告します。


▼プロジェクトをやろうと思った理由

2016年1月にアパート取り壊しにともない、家が無くなりました。

せっかく家が無くなったので、知り合いを頼らず45リットルの大きなリュックに最低限の荷物、漫才の舞台衣装、寝袋を持って、東京でバックパッカーをした事があります。

大きなリュックを背負った僕を街で見た、あるご家族が、声を掛けてくれて家に泊めてもらったり中野、高円寺にあるゲストハウスに泊まりながら2ヵ月生活した事があります。


全く知らない僕に声を掛けて泊めてくれたご家族は、今も連絡を取っています。

家が無くならないと出会えなかった家族、大都会の東京にもこんな暖かい人々がいるんだと思いました。


ゲストハウスでは各国からのバックパッカーと共同生活をしました。アメリカ、オーストラリア、タイ、インドネシア、韓国……言語はもちろん、宗教・文化の違い、生活習慣の違いを共同生活をもって初めて肌で感じる事ができました。

英語も話せないのに毎日彼らと楽しく生活していました。

もちろん日本が好きで日本に来ている人たちだと思うのですが、文化も何もかも違うのに、笑いあいました。笑顔は世界共通言語だと思います。

家が無くなったお陰で、ある家族の優しさに触れる事が出来て、ゲストハウスでは海外の人と出会えました。

僕も身をもって、日本人家族の優しさに触れることが出来ましたが、海外の人は皆、口をそろえて日本人は優しいと言っていました。


日本に居ながら日本の良さを実感できた訳です。

あの時、いつか必ず世界に行ってみたいと思いました。

ネットで調べればなんでも出てくる時代ですが、あの時、体感して気付いて知った事が沢山あります。

自分の足で世界をまわって、知った事・感じた事を伝えていきたい。


長くなりましたが、もうこれは好奇心でしかないです!

行きたい!

世界全部行ってみたい!!

▼これを見た皆さんへ

僕はずっと漫才師に憧れて、この15年漫才ばかりしてきました。

コンビを3回替え、M-1グランプリだけを見てやってきました。

大好きな漫才を全力でやってきました。

次は漫才で日本一になるという価値観ではなく、違う価値観で芸人として生きていこうと思いました。

それが”世界をまわる事”です。

35歳で決めた事、192ヵ国全て行く。

時間はかかるかも知れませんが、挑戦です。

何もない今の僕の挑戦の一歩目に、どうか力を貸して下さい。

絶対に力を貸して良かったと思ってもらえるように生き抜きます。


▼スケジュールについて

・5月上旬日本を出国

・初日 ベトナム・ハノイに到着、ベトナムを南下

・7日目 ベトナム・ホーチミンへ移動

・11日目 カンボジアへ移動

・15日目 タイへ移動

・19日目 マレーシアへ移動

・23日目 シンガポールへ移動

・日本に帰国

※変更の可能性あり


▼資金の使い道

・移動費 6万円(航空券4万円前後・現地移動費2万 時期によって変動)

・宿泊費 2万円

・食費 2万円

・海外保険料 1万円

・雑費+準備費+クラウドファンディング手数料 4万

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください