私の出身地沖縄では、常に悲しい歴史と向き合う機会がありました。 その為、幼い頃から平和への強い思いがあり、日本だけではなく、戦争のない平和な世界になってほしい。と、切に願っています。そんな私が今回、さらなる一歩として心を込めて作ったMV制作プロジェクトを立ち上げました。

プロジェクト本文

喜納美優"クールー”MV制作プロジェクト!

みなさん初めまして。
沖縄県出身、東京在住のシンガーソングライターの喜納美優と申します。

2016年9月に沖縄から上京。考え方も価値観も全く違う人々が、好きなアーティストのライブでは同じ方向を向いてキラキラ笑顔で輝いている姿に感動を覚え、「私も人々の心に残る曲作り、影響力のある人になりたい!」と思い活動を始めました。

幼い頃から人一倍"戦争"という言葉に敏感だったちっぽけな私が歌を通して、平和を願うだけじゃなく、平和な世界を作っていけるかもしれない。と、とても壮大な夢ではあるけれど、叶うと信じて日々声を届ける為に歌っています。

そして今回その夢を達成するための大きな一歩として、私が最も思入れのある曲のMV制作プロジェクトを立ち上げました。

今回こうして一人でも多くの方の力をお借りして制作させていただきたいと考えております。どうか皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd


音楽をはじめたきっかけ

私は沖縄出身で幼い頃から戦争が常に近い存在でした。常に平和への強い思いがあり、日本だけでなく戦争のない平和な世界になってほしいと思っていました。ただこれまでは直接そういった活動を続けることができず、自分の中で「このままでいいのか。」という疑問を持つようになっていました。

そんな私は小さい頃から歌う事が大好きで色々な人の歌や歌詞になんども励まれて来ました。大人になってからもその思いは変わらず、音楽が人に与える影響を信じています。

それは言葉も国境も時代をも超えて語り継がれていくものであり、きっと平和な世界を救う道しるべになると思っています。

音楽を通して世界を平和にしたい。その思いは時が経つにつれ強くなっていきました。そして音楽活動で世界平和を目指すことを決意し、昨年から本格的に歌い始めました。

ちっぽけな私でも影響力ある人になれば、平和へのかけ橋として平和を繋いでいけるかもしれない。と信じ、日々音楽を届ける為に歌っています。

そして今回、さらなる一歩として私が心を込めて作ったMV制作プロジェクトを立ち上げました。

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd


ある日であった一匹の犬

まだ沖縄に住んでいる小さな頃、とても悲しいことがあり、学校から泣きながら帰っている時のことでした。一匹の犬が近寄ってきたのです。泣きじゃくって歩けない私を慰めるようにずっとそばにいてくれました。

とても愛らしい犬だったのですが、どうやら野良犬のようでした。私になつき、可愛くて仕方がありませんでした。その後、家までつれて帰り、お母さんに飼うことを相談したのですが、大反対されてしまいました。



それでも諦められない私は、その反対を押し切って飼うことにしました。

ただただ可愛くて仕方がなく、毎日一緒に過ごし、犬の名前を「クールー」と名付けました。どんな時も一緒にいてくれて、あの頃の思い出はクールーの記憶しかないといっても過言ではありません。嬉しい時も悲しい時もどんな時もそばにいてくれる私の大切な存在で愛し合っていました。

それから数年がたった頃、私は友達と遊んだり、外で遊ぶことが増え、クールーと接することが減りました。私の中でも優先順位がクールー以外になってしまっていたのです。

私自身もその変化に当時は気付かず、楽しいことばかり優先してしまっていました。

そしてその日は突然やって来ました。クールが姿を消してしまったのです。動揺と不安な気持ちでいっぱいになりながら、何日もクールーを探しました。しかし、一向に見つけることができず、それきりクールーとは会えなくなってしまいました。

きっとクールーは私の中の愛情が薄くなっていることに気付き、去ってしまったのだと思います。

あの頃の私は、まだ子どもで命の大切さというのをあまりわかっていませんでした。自分のことを支えてくれるから、自分のことを愛してくれるからという自己中心的な考えしかなく、大切にしなくてはいけないものを理解できていませんでした。

きっと寂しい思いもたくさんさせていたのかなって思うとやり切れない想いと共に涙が溢れます。もし、もう一度会えるなら、ありがとうとごめんねを伝えたい。私は音楽を通してそれを伝えたい、そう思っています。

それが今回のプロジェクトのきっかけです。


MV【クールー】について

今回クールーへの気持ちを歌にして、命の大切さ、尊さを一人でも多くの方に伝えていきたいと思っています。こんな私でもクールーのおかげで命の大切さ、尊さを学ぶことができました。そしてこれからはクールーへの愛を世界中の人に届けたいと思っています。そのためにはミュージックビデオという形で表現することが一番力があると思っています。どうか皆さまの温かいご支援をお願いいたします。



【MV詳細】

制作曲:「クールー」

制作期間:2019年3月中旬から3月末

依頼先:映像クリエイティブ会社KNOW「http://know.jp.net/


今後の展望

"彼は私の所に来て本当に幸せだったのか?"...クールーがいなくなって後悔と罪悪感に押しつぶされていた私は大人になって彼が私の所に来てくれたのは『命の大切さ』を教える為だったんじゃないかって思うようになりました。

そんな『命の大切さ』を教えてくれたクールーへの想いを形にしたくて作った曲です。

このMVで一人でも多くの方に何か一つでも感じでもらえたら心から嬉しく思います。

私は本気です。どうか皆さまの応援をよろしくお願いいたします。


A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd


資金用途について

・MV制作依頼費用:479,400円(依頼先:映像制作会社KNOW)
・クラウドファンディング 手数料:約92,000円(目標金額の18.36%)
・リターン品費用:30,000円

計601,400円→目標金額:600,000円

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください