第1弾「不思議の国のアリス~理不尽な女王裁判~」に続く第2弾!熱いカードバトルの再燃!キャラクターデザイナーは引き続き、若手有名絵師の『竹花ノート』と『えーる』が手掛けます。ゲームコンセプトは「陣営が変動する正体隠匿型ゲーム」。どの陣営が勝利するか、見極めながらプレイしよう!

プロジェクト本文


(随時更新します)

2019年1月
 第2弾制作開始!
 ゲームルール、必要コンポーネント洗い出し実施
 テスター(初版)作成。カードを縦向きにして、イラスト重視
 テストプレイ実施 3人プレイのバランスを調整
2019年2月
 イラスト制作依頼実施(竹花ノート氏)
 イラスト制作依頼実施(えーる氏)
 テスター(第2版)作成。カードを横向きにして、行動効果の見易さを重視
 テストプレイ実施 4~6人プレイのバランスを調整
 ゲームタイトル決定!(勝てそうな陣営に心が揺れ動く状況を表現)
 テストプレイ実施 陣営の切り変わりをシンプルに、分かりやすく調整
 テストプレイ実施 やっぱりサマリがほしい!
2019年3月
 テスター(第3版)制作。イラストと効果の両方が見やすいよう調整&サマリ追加
 イラスト完成!(えーる氏)
 イラスト完成予定(竹花ノート氏)
 

 こんにちは。オタク無双カンパニー!?株式会社いろはにぽぺと( http://irohanipopeto.com/ )のアナログゲーム制作サークル『いろはにボドゲ』のゲームデザインを担当しているコタツ(https://twitter.com/Kotatsu_Admin)と申します。

 この度は、ご好評いただいている第1弾「不思議の国のアリス~理不尽な女王裁判~」に続き、待望の第2弾について、ご紹介させていただきます。

 当プロジェクトは、アナログゲーム制作第2弾「不思議の国のアリス~揺レル少女ノ心~」の、在庫確保のための資金募集が目的となります。

 第1弾は、当サークルでのアナログゲーム制作活動が初めてということもあり、クオリティを上げた分小ロットでの制作となり、ゲームマーケット2018秋では在庫があっという間に無くなってしまい、当日ゲームが買えずに残念がっている方々に、ただ頭を下げることしかできませんでした。

 そのような悲しい出来事は無くしたく、この度、クラウドファンディングで資金調達を行い、充分な在庫を用意したうえで、第2弾や今後のアナログゲームの制作・販売に臨みたいと考えております。
↑ゲームマーケット2018秋のブース。開始30分後には更地になっていました…。

①ゲーム内容
 端的に言えば、「リアルタイム型のセットコレクションカードゲーム」です。
私はゲーム説明をする際、「3分以内で役を揃えるポーカーのようなもの」と説明しています。
 ゲームは3分で終わりますが、手札の役を揃えるセットコレクションに加えて、30秒計の砂時計をコマにして場札を取り合う陣取り要素や、嘘の付ける手札交換がいつでも可能なブラフ要素と、ボードゲームのメカニクスを多く詰め込んだため、ゲーム中とても忙しく、言うなれば"思考の瞬発力"が求められるゲームとなっており、ゲーム終了後は中量級ゲーム並みのゲームをやった充実感に満たされることと思います。
更には拡張ルールもあり、基本ルールに慣れてしまった方へ、更に忙しく遊んでいただけるコンポーネント構成にもなっております。
※第1弾【不思議の国のアリス~理不尽な女王裁判~】はこちらから購入可能です。
https://booth.pm/ja/items/1101916

②プレイ人数、時間、年齢
 ・プレイ人数:4人
 ・ゲーム時間:3分
 ・年齢   :7歳~

②コンポーネント一覧
 ・砂時計コマ(30秒計) 4個
 ・砂時計(3分計)    1個
 ・証人カード      24枚(キャラクター6人×スート4種類)
 ・女王カード       4枚
 ・アリスカード      4枚(4種類各1枚)
 ・サマリーカード     4枚

↑化粧箱(フタ)のイラスト
↑化粧箱(ハコ)のイラスト
↑ゲームを広げると、このようになります。ただし、敷かれているゲームシートは、化粧箱に収まらないという理由でコンポーネントの対象外とし、イベント等で無料配布することとなりました。

③ゲームストーリー
 「不思議の国のアリス~理不尽な女王裁判~」はタイトル通り、ルイス・キャロル原作の「不思議の国のアリス」をアレンジした二次創作ゲームです。第1弾では、原作「第11章 誰がタルトを盗んだ?」のシーンを元としています。

 ❖ゲームストーリー
 不思議の国で、ハートの女王様のタルトが盗まれてしまいました。怒った女王様は、疑わしいあなたを処刑しようとしています。真偽はともかく、処刑されたくないあなたは、処刑を免れるべく、身の潔白を証明してくれる証人を探しに駆け出すのでした。裁判が始まるまで、残り時間は3分。果たして、誰よりも有力な証人を見つけることができるのでしょうか?

 第2弾「不思議の国のアリス~揺レル少女ノ心~」はこのストーリーを引き継ぐ形になります。

④キャラクターイラスト
 「不思議の国のアリス~理不尽な女王裁判~」のイラストは、ライトノベルやスマートフォンゲーム等で様々なイラストを担当し、現在「竹花ママ」としてバーチャルユーチューバー業界を席巻しバ美肉中の『竹花ノート』氏 、2018年6月にイラストをTwitterにWeb初投稿して、当月で2万フォロワーを達成した新人イラストレーター『えーる』氏に描いていただいています。(スタッフ紹介ページ http://irohanipopeto.com/staff/ )
イラストレータ:竹花ノート ( https://twitter.com/nano_phan )

イラストレーター:えーる( https://twitter.com/ale_nqki )

①ゲーム内容
 今回のコンセプトは、「陣営が変動する正体隠匿型ゲーム」であり、プレイヤーはどの陣営が勝つかを観察しながら、自分の陣営をコントロールすることが肝になっています。

 また、もう一つ大事な要素があります。それは、「自分の役職を偽るブラフ要素」があるということです。各プレイヤーには、始めに3枚の役割カード(呼び名は仮名)が配られ、役割カードの固有のアクション(その役職でないとできない行動)を駆使して、ゲームを有利に進めていくことになります。しかし、それだけだと、配られるカードでやりくりするだけの、運の要素が強いゲームになってしまうため、役職カードを非公開にして、役職を偽っても構わないルールを設けました。もちろん、嘘がバレればそれなりのペナルティがあるため、簡単に偽ることもできないようになっています。また、同じ陣営ならば、あえて嘘を許容するという手段もあります。勝利すると思われる陣営を見抜き陣営を行き来し、嘘と本当を巧みに使い分け、他プレイヤーからの信用を得る行動こそが、このゲームで勝利するカギとなることでしょう!

 ところで現在、追加キャラクター枠の第3陣営『黒アリスについても、制作を進めております。第3陣営は、どちらかの陣営が勝利した際に、プレイヤーが第3陣営の役職を持っていれば、単独勝利になるジョーカーのような存在です。当キャラクターは後の第3弾の重要人物になるため、キャラクター設定・背景を慎重に詰めています。

②プレイ人数、時間、年齢
 ・プレイ人数:3~6人
 ・ゲーム時間:15~30分
 ・年齢   :7歳~

③コンポーネント一覧(予定)
 ・リーダーカード     4枚(ハートの女王2枚/アリス1枚/黒アリス1枚)
 ・住人カード      18枚(6キャラクター×3枚)
 ・タルトチップ     42枚
 ・サマリーシート     6枚

 ※コンポーネント対象外ですが、予算に余裕があれば、ゲームシートも作成予定です!

④ゲームストーリー
「不思議の国のアリス~揺レル少女ノ心~」は第1弾の続編で、オリジナル要素が多いです。理不尽な裁判に意見したアリスに対して、ハートの女王が怒り捕まえようとすることで、不思議の国を巻き込んだ二人の追いかけっこの状況をゲームにしています。不思議の住人たちは、偉いハートの女王の命令に従うのか、正しさを想うアリスを庇うのか、心は常に揺れているのです。

 ❖ゲームストーリー
 アリスは、理不尽な裁判で悪くない住人を傷つける、ハートの女王様に意を決して意見しました。女王様は生意気なアリスに怒り、アリスを捕えて処刑しようとしましたが、アリスは逃げ出し、不思議の国のどこかに隠れました。女王様は不思議の国の住人に、アリスを捜すよう命じます。一方のアリスも、協力的な不思議の国の住人に匿われています。果たして、アリスは逃げ延びることができるのでしょうか?それとも、ハートの女王様がアリスを見つけるのでしょうか?

⑤キャラクターイラスト
 第2弾も、第1弾と同様に『竹花ノート』氏と『えーる』氏にイラスト制作を依頼しており、8人のキャラクターの仕草と表情と服の色に変化をつけて、第1弾からのイラストにバリエーションを持たせています。

▼竹花ノート氏 第2弾、完成!!▼





▼えーる氏 第2弾、完成!!▼

❖クラウドファンド限定コースα:3,000円
 ①「不思議の国のアリス~揺レル少女ノ心~」
  ゲーム本体(予定販売価格:3,000円)
 ②クラウドファンド限定・オリジナルポストカード2枚
  ・「不思議の国のアリス~理不尽な女王裁判~」
  ・「不思議の国のアリス~揺レル少女ノ心~」

❖クラウドファンド限定コースα+β:5,000円
 ①「不思議の国のアリス~揺レル少女ノ心~」
  ゲーム本体(予定販売価格:3,000円)
 ②クラウドファンド限定・オリジナルポストカード2枚
  ・「不思議の国のアリス~理不尽な女王裁判~」
  ・「不思議の国のアリス~揺レル少女ノ心~」
 ③「不思議の国のアリス~揺レル少女ノ心~」
  ”あなたがアリスね!”アリスのオリジナル・アクリルフィギュアスタンド2種類
  (ゲーム中、アリスだと思う人にこのフィギュアを置いてみてください!
   果たして、その行動は吉と出るか、凶と出るか…。)
 
※第1弾【不思議の国のアリス~理不尽な女王裁判~】はこちらから購入可能です。
https://booth.pm/ja/items/1101916

02/20(土)  クラウドファンディング開始
05/06(月)  クラウドファンディング終了
05/25(土)  ゲームマーケット2019春出展
05/26(日)~ 店舗への委託販売、およびオンラインサイトでの販売を予定
2020年春 第3弾発売予定

Q1.クラウドファンディングが成功しない場合は、第2弾は制作しないのでしょうか?
A1.成功しなくても制作します。ただし、十分な在庫は確保できないため、皆様の手に
   届きづらくなってしまいます。

Q2.カードサイズはどの程度の大きさでしょうか?
A2.ポーカーサイズ(63mm×88mm)の大きさです。

Q3.第2弾があるということは、続編もあるのでしょうか?
A3.あります。第2弾も成功すれば、第3弾までの制作を計画しています。
   ただし、第3弾は十分な制作期間をいただきたいので、来年完成の予定です。

Q4.イラスト、可愛いですね。
A4.ありがとうございます。どの女の子も、私の予想したキャラクターデザイン以上の
   出来栄えで、ついうっとりしてしまう時があります。

 アナログゲーム制作サークル「いろはにボドゲ」は、2018年6月に立ち上げたばかりの新米サークルです。当サークルでの処女作「不思議の国のアリス~理不尽な女王裁判~」は、正直に申し上げると、非常に参りました。1年間の制作予定期間を半年に縮められ、全ての制作スケジュールの前提がひっくり返ってからの制作だったからです。
 急いでテストプレイを重ね、イラストレーターとグラフィックデザイナーに対する初めて要件書を作成し、説明書は何度も改訂を重ねました。初めての海外との商売取引でやきもきしたり、徹夜作業の日もしばしばで、日常の仕事との両立も本当に大変でした。
 しかし、ちゃんと見返りもありました。ゲームシステムを考えている時間、ゲームが完成した瞬間、そのゲーム達が巣立っていく瞬間、何より、遊んでいただいた人に「楽しかった」と喜んでいただく瞬間は、その疲れを吹っ飛ばして余りある素晴らしいものでした。これだからアナログゲーム制作はやめられないんです!
 私は、この「いろはにボドゲ」のサークルを、『自由に楽しくアナログゲームが作れる、クリエイターのためのサークル』にしたいと考えています。実は、私以外のメンバーはアナログゲーム制作未経験でした。しかし、精いっぱいアイデアを出したり、販売計画を練ったりと、意欲的に尽力してくれました。大幅に縮んだ制作期間で、クオリティの高い作品を制作することができたのも、やる気のあるメンバー達がいたからだと考えています。そんなメンバー達が自由にアナログゲームを制作できる環境づくりこそ、経験者である私の務めだと考えています。
 クラウドファンディングも、その環境づくりの一環としての初チャレンジです。私は、このクラウドファンディングが成功することで、アナログゲーム制作はやりがいのあるモノづくりであると、1人でも多くの方に感じていただければいいと思っています。

       皆様、暖かいご支援のほど、よろしくお願いいたします~

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください