3月30日(土)1人対1人のサッカー全国大会”全日本PANNA選手権大会”を開催します!今年で2回目となるこの大会は、全国から卓越した技術を持つ小学生から40代まで総勢120名を集め開催。約5mの囲いの中で行うこの競技は、ヨーロッパ発祥のストリートサッカー”PANNA(パナ)”という競技です。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

皆さん、初めまして、一般社団法人日本ストリートサッカー協会の畑中崇と申します。サッカーの原点「ストリートサッカー」の楽しさに魅せられて、私たちは日本に普及すべく活動しております。

私たちが今取り組んでいる競技は「ストリートサッカー」の中でも、1人対1人で行う欧州発祥の“PANNA”という競技です。

直径約5メートルの八角形のコートで3分間、1対1で得点を競います。但し、フィジカルコンタクト(体がぶつかること)の禁止と股を抜かれたら即時決着となります。即時決着するこのルールは「パナノックアウト(PANNA KNOCK OUT)」といいます。ゴールを意識すれば股が開き、股を意識すればゴールが開く、いわゆる駆け引きが勝敗を左右します。

https://youtu.be/ZljXERskHdQ


▼このプロジェクトで実現したいこと

昨年4月、日本で初めて1人対1人の”全日本PANNA選手権大会”を開催致しました。

全国から100名が集結したこの大会は、どの年代も超ハイレベル。世界大会出場者も本気でタイトルを奪取するべく参加していることもあり、世界レベルのプレイにも多くの人がくぎ付けとなりました。緊張と歓喜、そして悔しさ、「来年またここにくる」、「来年は絶対日本一になる」と新たな目標を口々にする子供達の涙と表情は今も忘れることができません。

そして、今年3月30日(土)第二回大会を開催を決定致しました。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

第二回大会は、昨年よりも参加希望者が増え、120名で開催することとなります。(予定)

しかしながら、まだまだストリートサッカーは認知度が低く、今回の大会備品購入や制作物の製作費などが未だ補填できない状況です。これらの費用を少しでもご支援いただければと思っています。

▼これまでの活動

昨年は、第一回大会後、NHKでの生中継や新聞などのメディア掲載、Jリーグクラブのホームゲームイベントをはじめ様々なイベントへ出展をさせて頂きました。

また、ストリートサッカーの世界大会15歳以下の部門において、アジア人初の世界チャンピオンが誕生し、その快挙に多くのメディアにご掲載頂きました。

様々な機会を頂いたおかげで、ストリートサッカーの魅力を知って頂けた方が増え、お問合せも頂けるようになりました。また、競技者も増え始めていますので、今年は更に普及できるよう邁進していきたいと思っております。


▼資金の使い道

大会備品購入費用 200,000円

広告宣伝物の制作費用 200,000円

クラウドファンディング手数料 68,000円 

▼リターンについて

支援いただいた金額に応じて、感謝の気持ちを綴ったサンクスメールや団体のステッカー、限定のTシャツをお届けいたします。

3万円以上ご支援頂いた方には、今大会で使用するオランダ「MONTA社」のストリートサッカーボールをお送りいたします。通常のサッカーボールと違い、デニム生地のボールで、本大会の公式球でもあります。

※リターン 枠の写真は昨年のデザインです。サイトの規約により今回お届けする画像へ変更ができませんのでご了承ください。今回お届けするボールのデザインはこちらになります。また、大会限定Tシャツも同様に下記のデザインとなり、お届けするものはこちらになります。

▼実施スケジュール

2月 クラウドファンディングスタート

3月24日(日) クラウドファンディング終了

3月30日(土) 第二回全日本PANNA選手権大会

4月15日(月)~ リターン送付

▼最後に

本大会のストリートサッカー“PANNA"は、サッカーやフットサルと違い、1人対1人の個人競技です。「新しいサッカー競技」として、日本に根付かせたいと強く願っています。Jリーグや代表の試合会場への出展等のイベント開催、国内大会の開催、今まで培って来ました世界のトッププレイヤーたちや団体とのネットワークを使い、世界大会の日本開催など様々なビジョンを持ちながら今後も活動していきますので、どうぞよろしくお願い致します。


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください