日本をスポーツから元気にするために、世界一のスポーツ市場規模を誇るアメリカでスポーツビジネスを学びます。京都大学アメフト部・日本代表の経験を生かして独自の目線から、またインターンを通じて働くことでしか気づけないことも学びます。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして。
京都大学法学部の中辻威統(なかつじたかのり)と申します。京都大学アメフト部出身で日本代表選手も経験しました。

▼このプロジェクトで実現したいこと

学部授業・インターンを通じてアメリカのスポーツビジネスを学んで持ち帰り、日本のスポーツ市場発展に貢献します。プロスポーツチームまたは大学スポーツのビジネスの実態を体感したいと考えております。


▼プロジェクトをやろうと思った理由

アメリカで大学アメフトを観戦した際、日本との盛り上がり方に愕然としたことをきっかけに、日本のスポーツを活気づけたいと強く思いました。そして、その一歩としてアメリカでスポーツビジネスを学ぶ留学を決意しました。
上が日本、下がアメリカ(実際見た試合)のスタジアムの様子です。どちらも大学生同士のリーグ戦ですが、規模の違いがはっきり見て取れます。

▼これまでの活動

京都大学アメフト部・日本代表選手経験に加え、テコンドーで日本一になるなど幼い頃から様々なスポーツに関わり続けてきました。また、日本のスポーツビジネスを牽引する方々からヒヤリングをしたり講演会に出席しました。

現在は、シアトルのプロチーム(アメフト・野球・サッカー・バスケなど)が集まるスポーツビジネスのキャリアフェアなどに参加し、コネクションを強めていっています。


▼資金の使い道

留学期間の家賃・食費


▼リターンについて

自分で実際に学んできたことの成果報告会を開かさせて頂きます。
日時については未定ですが、帰国後の2019年11月頃に関東と関西で行う予定です。

会では、ご支援してくださった方々がお知り合い頂ける場としてもご活用できるようにします。


▼実施スケジュール

留学期間:2018年9月~2019年8月(うち最後3か月インターン)


▼最後に

ここまでご覧いただき誠にありがとうございます。
自分の経験を生かして独自の視点から必ず一つでも多くのことを学び、日本スポーツ発展に貢献します!
ご支援・応援の程何卒よろしくお願いします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください