美空ひばりさんの歌を持ってアフリカの地へ渡り、日本とアフリカのコラボレーションによる新しい盆踊りを創作(音楽映像作品「BON for AFRICA」制作)。「アフリカ開発会議(TICAD)」の横浜開催に合わせて、世界各国から参加する人々と一緒に踊り、世界平和のメッセージを伝えたい。

プロジェクト本文

5/17

皆様のご支援のおかげで目標金額を達成いたしました。本当にありがとうございます!

ご支援頂いた資金を基に、音楽映像作品の制作を進めてまいります。

今後、更にご支援頂けましたら、そちらの資金は作品のクオリティアップに活用させて頂きます。素晴らしい映像作品を皆様と作り上げていくためにも、引き続きご支援・情報拡散のご協力をよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

2019年8月28日~8月30日に横浜で開催される、日本政府が主導し、国連、国連開発計画、アフリカ連合委員会及び世界銀行と共同で開催するアフリカの開発をテーマとした国際会議「第7回 アフリカ開発会議(TICAD)」を前に、アフリカ諸国を旅して、現地の人々とふれあい、日本舞踊を通じた、日本とアフリカの異文化交流を行い、その記録を音楽映像作品「BON for AFRICA」として発表します。
美空ひばりさんの歌を持ってアフリカの地へ渡り、日本とアフリカのコラボレーションによる新しい盆踊りを創作して、「第7回アフリカ開発会議(TICAD)」の開催に合わせて、世界各国からの参加者の皆さまと一緒に踊らせていただきたいと考えております。本作品を通じて、一人でも多くの人々に アフリカに関心を持っていただき、日本とアフリカの架け橋となることを目指します。

 

皆さま、こんにちは。 石川県金沢市出身の日本舞踊家、孝藤右近(たかふじうこん)と申します。

私の家は、祖母の代より三代に渡り、日本舞踊の伝統を受け継いできました。私の代となってからは、積極的に海外公演の開催および出演をつづけ、これまで世界各国で日本舞踊を通じた異文化交流の促進を目指してきました。

このような活動をつづける中、昨年、私の舞踊人生を変える不思議な体験をすることになりまし た。Cool Japan TV プロデュースによる音楽映像作品「東京盆踊り2020」において、盆踊りの振り付けを監修させていただいたところ、この時代に日本の盆踊りが瞬く間に世界中に広がり、YouTube上では5,600万回視聴を記録、世界各国から踊ってみた動画が続々と投稿される現象となりました。そして、同作品を見た、フランス、インド、台湾、シンガポール、タイなど、世界各国のイベントからご招待いただき、現地では会場の皆さまより熱烈な歓迎を受け、日本の伝統文化である盆踊りを外国の皆さまと笑顔で一緒に踊るという、これまで想像もしていなかった感動的な体験をさせていただきました。

皆さまは、盆踊りを踊ったことはありますか? 

盆踊りは古くから全国各地に存在する日本の伝統文化です。私は、盆踊りでつくる「輪」は、日本の「和」の心が表現されていると感じています。そして、海外での公演を通じて、この輪と和が広がっていく様を見る中で、いつしか、この輪と和をもって世界をつないで行くことが舞踊人生における大きな夢となっていきました。

今回、「国際協力機構(JICA)」の皆さまよりアフリカの光と影についてお話を聞く機会があり、私は、日本舞踊を通じた日本とアフリカの異文化交流の実現したいと思い、日本の和の心を 伝えるために、祖母の代より三代に渡り踊りつづけ、いつも、私の側にいてくれた、美空ひばりさんの歌をアフリカの地に持って行きたいと考えました。そして、ひばりさんの息子さんであり、 ひばりプロダクションの代表取締役でもある加藤和也さんを訪ねて直訴した所、快く受け入れてくださいました。そして、音楽映像作品のプロデュースについて、「東京盆踊り2020」などをプロデュースされた Cool Japan TV 代表取締役の赤峰俊治さんにお願いした所、全面的な協力を約束してくださいました。

アフリカの大自然に鳴り響く美空ひばりさんの歌。アフリカの民族楽器とのセッション。日本舞踊とアフリカの民族舞踊の共演。着物とアフリカの民族衣装のコラボ。音楽映像作品の配信に伴う売上の一部の寄付。この数ヶ月、このプロジェクトに共感してくださった皆さまと何度も集まり、様々なアイディアを語り合ってきました。

現地に行き、五感をフルに活用して、アフリカを感じたい、アフリカを知りたい、アフリカとの絆となる作品「BON for AFRICA(アフリカ盆踊り)」を創りたい。日本舞踊は実は古来から様々な異文化を取り入れて進化してきました。今、日本舞踊家としての新しい挑戦に胸が高鳴っています。皆さまも是非、私たちと一緒に踊りませんか。「日本とアフリカに架ける橋」を共につくり、そして、一緒に渡りましょう。

(写真 : ひばりプロダクションの加藤和也社長(左)と孝藤右近)

アフリカの大地で繰り広げられる盆踊り。それを思っただけでワクワクしますのに、その楽曲に 美空ひばりの歌声を!と伺い大変うれしく思っております。

ある日、友人からの引き合わせで孝藤右近さんとお会いしました。日本舞踊を通じたボランティア活動の取り組みなど、人の役に立つための強い想いのある右近さんのお話しをお聞きし大変感銘を受けました。その夜、Cool Japan TV 赤峰俊治社長も加わって、日本とアフリカの異文化交流のお話しにたいへん花が咲きました。そして、私もこの企画に参加したい、なにより母が喜ぶと感じました。

母は若い時から寄付には熱心で、32歳の時には日本赤十字社名誉総裁である香淳皇后より金色有功章を拝受しています。私におもちゃを丁寧に扱うよう教え、遊ばなくなったおもちゃは箱に戻して孤児院に送る人でした。

そんな母の歌声がアフリカの大地に届き、踊る人の心を和ませ、生活の一助にお役に立てるのなら母もこんなに嬉しいことはないと思います。釈迦に説法ですがアフリカはまだまだ貧しく、日本との生活水準の差はとても大きいです。どうかこの企画にご賛同いただき、みなさまの和の心と愛をアフリカにお届けできますよう、ご支援のお願いを申し上げます。

▼JICAを通じ留学しているアフリカ学生の皆さんと「東京盆踊り2020」を体験!

「BON for AFRICA(アフリカ盆踊り)」は、日本舞踊家の孝藤右近を中心に様々な業界からアフリカへの想いを持ったメンバーが集まり立ち上がったプロジェクトです。日本の伝統文化である 盆踊りを通じて、世界の人々を笑顔にしたい、そして平和を体現したいという思いを胸に、日本の和の心を世界に発信していきます。

プロジェクトでは、美空ひばりさんの歌をアフリカの地に持っていき、「美空ひばり × 盆踊り × アフ リカ」をテーマとした音楽映像作品を制作します。そして、作品を通じて、一人でも多くの人々に アフリカに関心を持っていただき、日本とアフリカの架け橋となることを目指しています。

2019年8月28日~8月30日、アフリカの開発をテーマとした国際会議「第7回アフリカ開発会議 (TICAD)」が横浜で開催されます。アフリカ各国から数千人もの方が来日する予定です(詳細は後述)。プロジェクトでは、音楽映像作品の制作と並行して、TICAD 開催期間中にアフリカの 方々と一緒に盆踊りを踊るイベントの企画も進めています。日本に来るアフリカの人々と一緒に踊ることで、国境を越えて皆が笑顔になり、そして、一つになる。そんな素敵な空間を生み出せれば と思っています。

又、孝藤右近は、東京大学の非常勤講師の経験もあり、TICAD閉会後も日本やアフリカの学校で盆踊りを体験する機会をつくるなど、地道に活動を継続していきたいと考えています。 

▲写真は過去にタンザニアで開催された盆踊り大会の様子

音楽映像作品の制作については、以下の方々からもサポート・出演頂く予定となっております。

オスマン・サンコンさん(タレント・俳優)

ギニア共和国出身、ギニア大使館設立の為駐日大使と来日。その後ワシントンDCに勤務、 1984年に外務省を休職し再来日。その後、日本のテレビなどで大活躍。更に全国各地で講演活動、ギニア日本交流協会顧問としてボランティア活動を続けている。

And more・・・・

音楽映像作品はYouTubeを通じて世界に発信して、一人でも多くの人々にアフリカに関心を持っていただけることを目指しています。

また、動画配信後は、配信に伴う収益の一部をチャリティー としてアフリカで活動するNGO(エイズ孤児支援NGO・PLAS)に寄付することを予定しています。動画を通じて平和を体現し、また、その動画が流行すればアフリカの社会課題解決のための寄付につながります。 

●Tokyo Bon 東京盆踊り2020 とは?

Cool Japan TV プロデュース、孝藤右近の振り付け監修による盆踊りをテーマとした音楽映像作品です。2017年末、YouTube 配信開始。現在、YouTube 5,600万回視聴、世界各国のプラットフォームで累計1億回以上の視聴数を記録しています。

2019年元旦にNHKで放送された「新春SP 世界が驚いた! ニッポン動画大賞2019」で1位を獲得するなど、その斬新な視点とユニークな映像が国内外のメディアで大きく取り上げられて話題となり、アジア圏を中心に世界各国から踊ってみた動画が投稿される人気作品となっています。

ポップでオリエンタルな音楽に乗せて、日本を紹介しながら、クライマックスでは大相撲の土俵セットで花魁、連獅子、力士、忍者など、日本を連想させる仮装をした出演者たちが手をつなぎ盆踊りを披露。東京オリンピックに向けての機運と、日本の精神である和の心をユーモラスな形で表現しています。

第7回アフリカ開発会議 とは?(TICAD 7)

第7回:2019年8月28~30日 @パシフィコ横浜

TICAD は日本政府が国連や世界銀行との共催で実施する国際会議です。現在は3年に一度開催されており、日本(横浜)で開催されるのは6年ぶりになります(前回は2013年)。2013年(第5回)開催時は、アフリカ39か国から首脳が来日、他各国や国際機関の要人も多数来日しました。

※写真は前回(2016年@ケニア)開催時の各国首脳集合写真(外務省HPより)

リターンを通じて支援頂いた皆さんにも動画制作に関わって頂ければと思っています!

◆個人向け◆

① BON for AFRICA 代表 孝藤右近の直筆手紙
② BON for AFRICA 限定 デジタル写真集「アフリカの旅」
③ エンドロールへのお名前記載
④ 振付解説動画
⑤ 動画へのエキストラ出演権 
⑥ 完成披露試写会(7月下旬、都内某所で開催予定)へのご招待(数量限定)※ 舞台挨拶調整中
⑦ アフリカ盆踊り稽古場見学(盆踊り指導あり)※ ゲスト調整中
⑧ アフリカ盆踊りチームの出張公演 

◆法人・団体向け◆

●動画エンドロールにお名前掲載:法人・団体名だけでなく、サービス名や製品の名前でも可能です。法人格お持ちでなくても任意団体からのご支援も可能です。別途メールにて掲載名をお伺いさせていただきます。
●法人・団体代表者、又は代理人の動画出演権 : 出演方法については、個別に相談させて頂き決定させて頂きます。

【備考】

①、② : Eメールにて電子データで送付します。
③ : 備考欄に明記していただきます。記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。
④ : YouTube にアップし、限定公開URLをお送りします。
⑤ : 6月の土日に都内某所で撮影予定です。日時と場所が確定次第、5月末までにはメールでご連絡します。また、撮影場所までの交通費は支援者様負担でお願いします。当日は会場内受付で支援完了後にCAMPFIREから届くメール画面をお見せ下さい。
⑥ : 7月下旬の土日に都内で開催予定です。日時と場所が確定次第、6月末までにはメールでご連絡します。また、撮影場所までの交通費は支援者様負担でお願いします。当日は会場内受付でメール画面をお見せ下さい。
⑦ : 6月の土日に都内で開催予定です。日時と場所が確定次第、5月末までにはメールでご連絡します。また、撮影場所までの交通費は支援者様負担でお願いします。当日は会場内受付でメール画面をお見せ下さい。
⑧ : 動画に出演する盆踊りチームが所定の場所に出張し、盆踊りを披露します。基本的には都内近郊を想定しておりますが、遠方の場合はご相談ください。

集まった資金は動画制作費および、孝藤右近と映像撮影クルーの現地渡航費用、クラウドファンディング手数料に当てられます。

TICAD 開催 1カ月前までの映像公開を目指してプロジェクトを進めていきます。 

・2019年5月27日まで : クラウドファンディング実施
・2019年5月中旬~7月中旬 : 映像制作(アフリカ各地で撮影)
・2019年7月下旬 : 完成披露試写会
・2019年7月末 : YouTube上で作品公開
・2019年8月28~30日前後 : 盆踊りイベントの開催予定

主催 : BON for AFRICA - アフリカ盆踊り実行委員会 代表 : 孝藤右近
後援 : 株式会社朝日新聞社、株式会社Cool Japan TV、独立行政法人国際協力機構(JICA)、Zipan Good 株式会社、駐日ギニア共和国大使館、株式会社ひばりプロダクション、特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS、駐日ベナン共和国大使館、一般社団法人ミス日本酒(Miss SAKE)(五十音順)

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください