ジムの店長をしてましたが、1月にオーナーから閉店すると言われ、継続を検討しましたがジム存続をする場合には別場所にて再開しなければなりません。気仙沼発のクライマーを育てたい。気仙沼の老若男女の集まれる場所、地元に帰省してきた人たちを「お帰り」と迎えるジムにしたいです。

プロジェクト本文

こんにちは、気仙沼でクライミングジムの店長をしておりました。この度はご覧いただきありがとうございます。
▼このプロジェクトで実現したいこと

宮城県気仙沼市にクライミングジムを存続させたい。

▼プロジェクトをやろうと思った理由▼

先月中頃にオーナーから閉店すると言われ、なんとか継続できないかオーナーと検討させていただきましたが、私が独立して、別な場所でジムを運営することとなりました。独立運営するにあたりジムの名前も変更が必要になったため、ジムの名前もボルダリングジム「レッドロック」としました。気仙沼の地元の人には馴染みのある住所、「赤岩」からヒントを得てみんなの集まるホットスポットにしたく名付けました。

気仙沼のクライマーが育ってきて、ここからだという時です。震災復興はもちろん、気仙沼の老若男女の皆さんの集まれる場所、県外にでて遊びに来たり、地元に帰省してきた人たちを「お帰り」と言える場所にしたくてこの一年半頑張ってきました。もう一踏ん張りです。

場所の確保は何とかなりました。後はなかの設備を徐々にですが進めていく予定です。ジムは簡単な課題(ルート)から難しい課題まで、初心者から上級者まで楽しめる様に作ります。


▼これまでの活動▼

クライミング文化のなかった気仙沼にクライマーが沢山出来ました。昨年は大きな大会の予選にも参加し、あと一歩で本戦出場できるくらいの実力を秘めた会員さんもできました。

▼資金の使い道▼

設備費:約30万円
壁費:約30万円
ホールド費:約20万円
CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料:約18万円


▼リターンについて▼

新しいジムのオリジナルTシャツ

新しいジムの限定特典付き会員カード(10%割引等)

▼実施スケジュール▼

移転準備、移転先改装が3月末からはじまるので

2月から4月までの期間になります。

▼最後に

震災を経験して一度は気仙沼を離れた時期もありましたが、地元に帰ってきてここで生きていこうと思っています。気仙沼や周辺地域の皆さんが集まって楽しく過ごせる場所を今一度作りたいと思っていますので、お力をお貸しください。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください