Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

美しい本来の髪になるオリジナルシャンプーを作り 熊本地震の被災者を応援し続けたい

現在の支援総額
330,500円
パトロン数
48人
募集終了まで残り
終了

現在33%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2016-11-01に募集を開始し、48人の支援により330,500円の資金を集め、2016-12-14に募集を終了しました

熊本地震発生から何度もボランティアに行き、民家が軒並み倒壊した益城町に毎回訪ねているが、景色が全く変わってない。避難所も閉鎖。ボランティアも激減。そういった現状の中、我々理美容師に何ができるのか。 最高のシャンプーを作りお客さんに喜んでもらい、その利益を全て投じ、被災された方々を応援し続けたい。

 ▼はじめにご挨拶

はじめまして、ヘアーイズエナジーグループの金子泰斗と申します。ヘアーイズエナジーグループとは、SNSを通じ知り合った熱い気持ちを持った理美容師とその仲間の集まりです。

 

震災後、1ヶ月でボランティアを通じて目の当たりにした景色。。。

それから半年、ボランティアのたびに訪れる街。。。

さほど変わらない風景、閉鎖されてゆく避難所、メディアの現状報告の皆無、ボランティア不足、忘れられてゆく被災者達。。。

あの景色が変わらないと気持ちが前に進まないんじゃないかと思えた。

益城町に解体業者をもっと呼んであの景色をもっと早く変えたい。

でもそこには、最低限のことしかできない自分たちがいた。

 

本心は。。。

『おい。ナメんじゃねーぞ。

何にも変わってねーじゃねーか。

変わってねーどころか

逆に酷くなってんじゃねーか!

だったら俺らが動くまでだ

俺達は

何度も被災地を見て来た

俺達がやる!

もはや支援物資は行き渡った。

必要なのは金だ!

俺達が命がけで作ったシャンプーで義援金ぶちかます!』

すいません、つい熱くなりすぎました(猛省)

 

今回ボランティアに集まった5人(理容師1人 美容師3人 元美容メーカー1人)我々に何ができるのか考えた。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

『美しい本来の髪に』をコンセプトに 天然由来原料を厳選し 配合バランスに とことん こだわり、ノンシリコンは当たり前。

原料には、阿蘇のミネラル水、スイゼンジノリ(水前寺海苔)他 熊本産 植物エキス4種類、大分産 カボス果汁を使います。これは、効果 効能もですが、メンバー全員の心(思い)を詰め込みました。

「髪と頭皮の基礎化粧品」となる。そんな完全オリジナルシャンプーをつくりたい。

そして、その『美しい本来の髪』を取り戻すシャンプーを多くの方に使い続けていただき、周りの方々に「最近 髪 すごくキレイね♡」と言われると同時に、シャンプーの売り上げの利益を全額 被災者のために確実に使っていただけるよう 各自治体へ預けたい。

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

絶対に見て見ぬ振りはしたくない!

震災後、最初にボランティアに来た時、水も出ない広安西小学校の避難所。

そこで、我々ヘアーイズエナジーは「水のいらないドライシャンプー」を

ただひたすらさせていただいた。

普通の生活を送っている者には決して気持ちいいとはいえないドライシャンプー。がしかし、被災者の方々は、皆「気持ち良かばい、気持ち良かばい」と言ってくださった。その言葉を聞いた瞬間「熊本に来て良かった」と心から思ったことを、今も鮮明に覚えている。

 

そうだ、我々の原点であるシャンプーを作ろう。これまで培ってきた知識と経験で得た100年200年先の環境を意識したシャンプー。未来の子供達がきれいな空気の中 汚染されてない土で安心して泥遊びができることを意識したシャンプーを。。。

そして、そのシャンプーを使い続けていただき、いつまでも我々のエナジーが続く限り応援し続けたい。

▼これまでの活動

5月15日〜17日 、6月5日〜6日 、9月18日〜20日 、10月10日〜11日 の述べ10日間、益城町を中心に大津町や南阿蘇へ 美容ボランティアや瓦礫撤去をさせていただきました。

勿論、交通費や宿泊費、食費等は全て自分達で負担。

▼資金の使い道

『必要な成分をバランス良くシンプルに』『出来る限り熊本、大分産の成分を入れる』そこに とことんこだわった、『美しい本来の髪』へ導く完全オリジナルシャンプーを作るため。

▼リターンについて

『ヘアーイズエナジーシャンプー』

『ヘアーイズエナジートリートメント』

※シャンプー、トリートメントの写真はボトルデザイン等が決まり次第掲載します。 

その他に、今回私どものプロジェクトに賛同いただき ドンッ!!と商品を提供いただきました 『sousou』さんの 地下足袋型のお洒落な靴下 と 『鳥居 株式会社』さんの 金襴緞子(きんらんどんす)ワインバッグ もリターンの商品とさせていただきます。

        

 

 

シャンプーボトルのデザインは、国際的に大活躍されている

『杉田 廣貴』さん

のご好意によりデザインしてただきました。

 

メンバー 一同 心より感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

▼最後に

今回のプロジェクトのメンバーです。

 

『こんにちは。落水洋介と申します。

私は原発性側索硬化症という100万人に1人の難病にかかっています。

だんだん体が動かせなくなってきて、しゃべる事も出来なくなって、数年後寝たきりになる病気です。

治療法はなく、ゆっくりとそして確実に寝たきりに向かい症状は進行していきます。

でも私には命があります、家族がいます、住む家があります。

当たり前のことのように感じますが、熊本に実際に行ってみて私の病気からくる悩みなんてちっぽけだなと改めて感じました。

突然の地震によって家を失った方々や、奇跡的に助かったという方々と沢山お話をさせて頂きました。

私がもし地震で家族を失い、家を失ったらどんな気持ちになるのか。

そんな気持ち想像できるわけはありません。

しかしそんな中で被災された皆さんの気持ちは、前向きな方向へ向かっていることを感じる事もできました。

何が解決したというわけではありませんが、ボランティアでお伺いした私たちに力強い言葉や笑顔を沢山くださいました。

私の病気を気遣い、皆様が声をかけてくださりました。

人生はいつ何があるかわからない、今を大事にしていきていく事の大切さ、当たり前はないんだ、命があるだけで幸せなんだという事を教えてもらいました。

ただ益城町の中に一歩足を踏み入れると、地震から半年近く時間が経過しているのにもかかわらず、一面に家財ごと家がグチャグチャに潰れている景色が広がっていました。

まだ地震後から変わらない景色がありました。

メデイアでは映されない景色が広がっていて、愕然としましたし復興がどんどん進んでいるとは思えない状況でした。

報道されることがすくなるなり忘れ去られてしまっている事に苛立ちました。

忘れてはいけない、終わってはいない。

そんななか自分たちにできることは何か無いのか?そこで今回のクラウドファンディングです。

私たちの住む地球の環境はどんどん変わってきています。

ヘアイズエナジーグループは、環境にそして身体に優しいシャンプーとトリートメントを作って熊本の現状を発信する事、そしてその利益を熊本に還元する事で応援を続けていきたいと強く思っています!』

 

 

『宮崎で理容師をしている野別祐樹です。

 僕は、震災後の5月と9月の2度、熊本へボランティアカットをする為に向かいました。SNSで繋がった各県の同業者達とグループを作り集まりました。

 避難所であった小学校&総合体育館へ被災者の方々の髪に触れ体験談に触れ、事の重大さを痛感しました。プライベートのない集団生活や物資不足等のストレスがいっぱいある中、前向きな意見や笑顔、喜んでいる表情、子供達の明るい姿を見て、こちら側がスゴく元気をもらえました。

 2度行った中、被害の大きかった益城と南阿蘇の街を通り、自分達の足で歩き、凄まじい風景を目に焼き付けてきました。震災後、1ヶ月後に見た風景、約半年後に見た風景はほとんど変わらず驚きました。復興の手が確実に足りない。メディアの情報も減り益々忘れさられていく被災者と被災地…。

 このままではいけない!自分達にはまだまだ何かできないか?と思い熊本支援に力を入れ続けて行きます!!』

 

『こんにちは。長崎で美容師をしている中村靖子と申します。

震災後、ボランティアカット、瓦礫撤去に参加させていただきました。私が感じたことは、被災された方々の明るさと前向きさ! 私が同じ立場だったら、、、と思うと、、、。だからこそ、被災された方々を支え続けたい!微力でもいい、何かの力になればと思いこの活動に賛同致しました。

先日、震災後の被災地の現状をメディアで拝見しました。  これから先、2年で撤去作業完了予定、仮設住宅も2年まで!  本当に2年で変わるのだろうか! 2年!被災者の方々にとっては、不安な2年!!!!!!!!何があるかもわからない!!!!!!!!今こそ皆で立ち上がろう!!!!!!!!微力でも集まれば偉大な力になる!!!!!!!!1人でも多くの方の笑顔が見れるように!ご協力よろしくお願い致します。』

 

 

『はじめまして、京都で美容師をしています竹中誠章です。

今回なぜシャンプーを作ろうと思ったかと申しますと、本文中の初めてのボランティアでの事が大きいのですが、今回我々が作るシャンプーは、ずっと使い続けていただける 髪と頭皮のことだけをシンプルに考えた 全くのオリジナルシャンプーですから、一度きりの募金と違い、ずっと被災された方々を応援し続けられると考えました。

是非我々のシャンプー製作費の一部のご協力をよろしくお願い致します。』

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください