「摩尼遊戯TOKOYO」(まにゆうぎとこよ)は、マニ車(回転させた数だけ経を唱えるのと同じ功徳があるとされている仏具)のように簡単に、遊びながらたくさんの功徳を得るためのシューティングゲームです。僧となったあなたは、木魚のマシンに乗り込んでさまよえる魂を救ってあげることで、功徳を積むのです。

プロジェクト本文

  皆様、徳はたりていますか? 

現代はめまぐるしい資本主義社会、情報社会の真っ只中です。そんな移ろいやすい現世、その日々を生きることに精一杯で、お金を一生懸命稼いで貯めることだけで満足していませんか?

 

この現世では、もう一つ重要な、貯蓄すべきものものがあります。

それが「徳」なのです。徳とは良い行いそのものであり、現世での生活を満たしてくれる、とても大切な「気持ち」でもあります。

 「摩尼遊戯TOKOYO」(まにゆうぎとこよ)は、チベット密教の仏具「マニ車」のように、プレイすることで功徳を積むことができるゲームがあっても良いのではないかという思いで開発しています。基本構造は縦スクロールシューティングゲームですが、主人公は僧侶となり、木魚のマシンから「よし」の2文字を打ち出し、彷徨える様々な魂を鎮めることで功徳を積んで行きます。

徳を積むってどういうことなのでしょうか。現世ってどこなのでしょうか。仏教の世界観からなるちょっと難しい価値観ですが、このゲームをプレイしながら、そんなことに思いを巡らせていただければと思い開発しています。

 

 

 

 ご支援してくださる皆様の徳がこのゲームに宿ります

「摩尼遊戯TOKOYO」は、2015年の展示版を皮切りに、2016年からNewNintendo3DSでのリリースを目指して開発して参りました。しかしながら、開発陣にも徳の限りがございます。ついに徳が尽きてしまい、開発がストップしてしまいました。

そこで、2017年夏にリリース目標を再設定し、皆様の徳の力をお借りするべく、クラウドファウンディングに踏み切りました。

ここで皆様にご協力いただいた徳の力は、かならずやこのソフトに宿り、数多のプレイヤーに救いの力を与え、ゲームの歴史上で最も徳の高いゲームとして語り継がれることになるでしょう。どうか徳の高い支援者の皆様、ご協力をお願致します。

皆様から集めた徳の量によっては、新たなステージ、新たなキャラクター 、難易度を開発いたします。そして最後のストレッチゴールにはNintendo Switch版のリリースを設定します!

 

 摩尼遊戯TOKOYOの世界観

「摩尼遊戯TOKOYO」は、イラストレーター/アーティストのたかくらかずきがデザインし書き下ろしたドット絵の世界で展開される、仏教系シューティングゲームです。

まずあなたは、現世での行いについての10の問いに答え、現世での功徳を清算し、ライフゲージに変換します。このゲームでは功徳=ライフゲージとなります。

六道

人間は六道の輪廻から抜け出すことができないと言われています。プレイヤーは六道絵から天道、人間道、畜生道、地獄道、餓鬼道、修羅道の6つのステージを好きな順番で選択し攻略できます。6つのステージを全て制覇し、六道輪廻を抜け出したものだけが常世(TOKOYO)にたどり着けるのです。

 

 

六観音 

六道にはそれぞれの衆生を救う6体の観音様がいます。地獄道には聖観音、餓鬼道に千手観音、畜生道に馬頭観音、修羅道に十一面観音、人間道に准胝観音、天道に如意輪観音。彼らに「お参り」することが各ステージの目的です。

 

裏表

各ステージには表輪廻と裏輪廻の2つの面が存在しています。タッチやLRボタンでこの2枚の面を切り替えながら進みます。切り替えることで、行き止まりを回避したり、敵の姿形が変わるなど様々なギミックが発動します。

 

 

 

目指せ、読経100000000回分の功徳!!

 

 開発者紹介

このゲームは、おもに以下の3人で開発しています。

 

発案/ディレクション/グラフィック:たかくらかずき

ドット絵のイラストを中心としたイラストレーター/アーティスト。1987年生まれ。これまでの仕事に、Pharrell williams「It Girl」MVドット絵、上坂すみれ「パララックスビュー」MVドット絵、PUFFY「パフィピポ山」ジャケットなど。劇団範宙遊泳アートディレクター。2016年3DS版『摩尼遊戯TOKOYO』開発のため『スタジオ常世』立ち上げ。

http://takakurakazuki.com

 

BGM / SE:Gigandect
1990年生まれ。幼少期を共に過ごしたNintendo ゲームボーイ、LSDjを使用した楽曲制作やライブを主に、8bitを手法とした活動を行っている。ディレクターのたかくらかずきの「8bitはノスタルジーのためのものではない」という思想に共感し、スタジオ常世に参加。ひとりっ子で、友達もいなかったため「星のカービィ スーパーデラックス」の達成率が100%になったことが無いことをずっと恨んでいる。

http://gigandect.com

 

プログラム / レベルデザイン:平野佑樹
1989年生まれ。vvvv言語布教活動者。vitte Inc社長。人生を変えてくれたソフトウェア開発という活動に対して恩返しをするために、徳を積むゲームの開発に参加。いつも感謝している。 

http://www.vitte.jp

 

 リターン/ストレッチゴール

ご支援いただいた皆様には、お守り、絵馬などの徳の高いグッズをプレゼントする予定です。また、大口でたくさんご支援していただいた方や企業様などを対象に、キャラクターとしてゲームに登場していただいたり、オリジナルステージ作成の特典などもございます!

ゲームソフトウェア本体の配布については目標額達成まではPC用ソフト(mac/win)での配布となります。目標額を達成した場合はNewNintendo3DSダウンロードコードでの配布となります。

また、目標額を達成した場合は隠しキャラクター(コードネーム:宣教師)の追加、地獄モード(ハードモード)の追加をいたします。

そして、今後のさらなるストレッチゴールとして、英語版「Zen Shooting TOKOYO」の開発、Nintendo Switch版の開発が控えています!

 

 追記(12/22)

New3DS版ではなく、PC版だけが欲しい!というご意見を多数いただきましたので、目標金額達成後もNew3DS版、PC版(win/mac)からどちらか1つをご自由に選んでいただけるように設定致します。また、SteamでのPC版(win/mac)の販売も検討してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

どうか皆様の徳をご支援ください!

 

 

 

 

 

  • 活動報告

    開発状況

    2017/09/14

    この度はご支援いただきありがとうございます。『摩尼遊戯TOKOYO 』は今年10月の完成に向けて開発中です。今後の予定をお知らせします。 ・まずご支援者の…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください