Think for All、Make for All - 幼児から高齢者、障害者も健常者も、誰もが使いやすいユニバーサルスプーン&フォーク「アダム」が日本先行販売!環境に配慮した天然素材使用、ヘッドの角度が調整できるオーダーメイド型で、誰が使っても気持ちいいカトラリーを目指します。

プロジェクト本文

「子どもと共にする食事は楽しくなければいけない」
「手が不自由でも食事は快適でなければならない」

こんにちは。皆さまと共感し、共有し合う企業「共生」です。
「共生」は乳幼児から高齢者、障害者、そして健常者の方、誰もがが使いやすい生活用品を作っている企業です。
2人の子供を育てながら、重度障害者センターで働いてきた中で感じたことを参考に製作することになった製品です。その第一弾として、日常生活の中で最も必要とされるスプーンとフォーク「アダム」を開発しました。自信を持って皆様にご紹介いたします。

⊙ユニバーサルデザイン食器「アダム」
▨ スペシャルウッドグリップ:持つときに必要な指の動きを最小限に抑えたグリップ

▨ グッドグリップ:最も安定して持つことのできる形状のグリップ
▨ スリムウッドグリップ : 一般の食器と似たスタイル。指を置く位置を表示したグリップ
人々は生きている中で幸せを感じるのはいつでしょうか?

好きな人と一緒にいる時、運動をしている時、
ショッピングをしている時など人それぞれです。
その中でも
「おいしいものを食べている時が一番幸せ」という
思いには、多くの人々が共感することではないでしょうか。

共生の作る「アダム」は幸せな食事
新しい価値とスタイルを皆様にお届けします。

人の一生が80年だとすると、その中でで食事に費やす時間は約6年。

アダムはおいしいものを食べるその瞬間を
より幸せに過ごせるよう、お手伝いをいたします。
そして、使う人の価値とスタイルも高めます。

(出典:英国のタブロイド新聞「ザ・サン(THE SUN)」調べ 人生80年の消費時間)


共感から始まった研究により、
今までになかった新しいスプーン&フォークが誕生

「アダム」は既存のスプーン&フォークとは異なる、新しい価値が込められています。

「アダム」という名前は、最初に作られた人間である「アダム」の名に由来しています。すなわち、「全ての人が使えるスプーン&フォーク」という意味を持って生まれました。

また、自然と共に生きてきたアダムのように、環境にやさしく、丈夫な素材で作られた、という意味もあります。

「アダム」は全ての人が使いやすいユニバーサルデザインを適用したスプーン&フォークです。

⊙ユニバーサルデザインとは?
世界的なトレンド(ユニバーサルデザイン)

DESIGN FOR ALL、DESIGN FOR PEOPLE

ユニバーサルデザインは全ての人のために作られた製品デザインです。

全ての人のためということは、年齢や性別、国籍、障害の有無などを問わず誰にでも、不便なく、使いやすい製品、建築、環境、サービスなどの実現を意味します。

私たちが日常生活の中でよく目にするユニバーサルデザインの製品の一つにドアノブがあります。昔のドアノブは丸い形で、子供や手が不自由な人には使いづらい物でしたが、最近は長い形のハンドルタイプが多く採用され、誰でも楽にドアを開けられるようになりました。

それがユニバーサルデザインです。

ドアノブを掴まなくてもドアを開けることができる様子

「アダム」はこうしたユニバーサルデザインを適用し、幼児から高齢者、手の不自由な人まで楽に使えるよう設計されました。

また、美しい曲線と木の調和により、インテリアとしてもデザイン性に優れた製品です。

では、「アダム」は
どのようにして誕生したのでしょうか?

⊙「アダム」誕生STORY
1.子供、障害者、高齢者も使用できる食器を作りたい。

製作者ミン・ノアは4歳の娘、2歳の息子を育てています。食事をするたびに食べ物をこぼす子どもたちを見ていると、筋肉が未発達な子どもたちには既存の食器は使いづらいことが分かりました。

また大阪の重度障害者センターで働いている時、手の不自由な方にとって一般的な食器で食事をするのはとても大変だということも自ら体験しました。

それ以来、子供から高齢者、障害者と健常者が共に使える食器について考えるようになりました。

たくさん悩み、試行錯誤の末に誕生した製品が、「アダム」です。

2.家族や隣人に「幸せな食事」をプレゼントしたい。

一人で食べられるようになったばかりの子供、年をとって手首が弱くなった両親、出産後に手首が痛む妻、障害で手が不自由な友人。皆が便利に使える製品の研究を絶えず行っています。

研究を通し、誰にとっても使いやすいようにヘッドの角度は調節可能で、タイプ別にグリップを選択できる製品を開発しました。

3.家庭、食堂にあるスプーン&フォークのデザインは皆同じような形状。特別なデザインのスプーン・フォークを作りたい。

どこにでもある一般的な食器ではなく、特別な、洗練されたデザインを生み出すために、街で300人を超える人々にデザイン調査を実施しました。

その結果から得られた、人々が最も魅力的に感じるデザインをベースに人体工学を用いて設計されました。「アダム」は[デザイン特許]を保有しています。

「アダム」との食事の写真を見れば、誰でも惹きつけられ、魅力的に感じることでしょう。

4.体に害がなく、環境に配慮した素材を使って、信頼性の高い持続可能な製品を作りたい。

家族や大切な人のため、健康にも、次世代に引き継ぐ環境にも害のない製品を作るために力を注ぎました。

ヘッドは高級ステンレス、衛生面を考えてグリップは天然オイルで仕上げた最高級木のウォルナットを使用しました。環境にも人にも配慮した製品です。


⊙「アダム」の魅力ポイント
魅力1.信頼できる調査を基に開発

自分にだけにとって魅力的で便利なものではなく、大勢の人に愛され、誰もが快適に使用できるスプーン&フォークを作ることに力を注ぎました。一般の方300人以上、福祉機関従事者100人以上の意見を集め、専門家のフィードバックや数十個の試作品を研究し、「アダム」を製作しました。

魅力2.人体工学を用いたオーダーメイド型デザイン

自由に曲げられる適度な硬度を持つ軟質のステンレスは、使いやすいようにヘッドの角度を調節することができます。オーダーメイド型のヘッドが手首への負担を減らし、使いやすさと快適さを実現しました。

3種類のグリップは、それぞれの特性に合わせて人体工学を用いたデザインを採用しています。手の筋肉が硬直している方や指の関節が不自由な方、食器を初めて使う幼児にも使いやすさと快適さを実感していただけます。

また、3種類のグリップは重さがそれぞれ異なるため、手が震える人、手の力が弱い人もオーダーメイドとして選択していただけます。

軟質のステンレスを使用しているためヘッドの角度調節が可能です。ご自身の体にに合うように曲げてからお使いください。

魅力3.環境に配慮した優秀な素材

製品の価値が使う人の価値も高めることができると考えました。「アダム」を使用する人の価値を高めるため、製品の品質を隅々までチェックし製作しました。ヘッドには安全検証を受けた高級ステンレス(18-8)を、グリップには高級原木を使用しています。また、グリップは防水や抗菌に優れた韓国の高級伝統手法である「漆塗り」で仕上げました。

魅力4.使う人を引き立たせる、特別なハイセンスデザイン

全ての人にとって使いやすいユニバーサルデザインが特別であるのと同様に、製品のデザインも特別でハイセンスなデザインになるよう努めました。

目では他の試作品とは全く異なる特別なデザインを、手では暖かいウォルナットの感触、鼻では原木の自然の香りを実感していただけるでしょう。

「アダム」でお食事タイムを素敵にグレードアップさせてみませんか?

そして、ご自身だけでなく、テーブルを囲む皆の感性を思う存分刺激してみてはいかがでしょう。

魅力5.大切な思いを込めて、全ての人にプレゼントが可能

特別でハイセンスなデザインが好きな友人や恋人、一人で食べられるようになった幼児、結婚したばかりの新婚夫婦、年を取って関節が弱くなった両親、出産後で手首の痛い妻、障害のため手首が不自由な友人やリハビリ中の友人に「幸せな食事」をプレゼントすることができます。


⊙ 製品紹介
1.ユニバーサルスペシャルウッドグリップ(Special)

①3種類のグリップの中で唯一自立するスタンド型で、立てた時に食べ物が食卓に付きません。

②両サイドのくぼみがグリップガイドの役割を果たし、グリップ感を一段と高めます。また、グリップの一番端をつかんでも使用できます。

③3種類のグリップの中で最も重く(80-82g)、重厚感と安定感があります。手の震えのある方に適した重量のグリップです。

④必要な指の関節の動きを最小限にすることで、指の関節の負担を最も抑えたグリップです。特に、指または手首にリウマチの症状のある方に適しています。

2.ユニバーサルグッドウッドグリップ(Good)

①一般的に最も安定するグリップの厚みを実現しました。別名「グッドグリップ」で知られるグリップで、「アダム」は曲線を利用することで、よりしっかりとしたグリップ感を実現しました。

②3種類のグリップの中では、中間ほど重さ(44-46g)となっており、3歳以上のお子様から楽に使用できる重量です。

③下部にあるガイドのくぼみが、指がこれ以上先に出ないようサポートします。

④テーブルに置いた時にテーブルとの間にできるスペースに指を入れることで、より簡単に持ち上げることができます。

⑤テーブルに置いた時、ヘッドがテーブルから浮いた状態になるので、食べ物が食卓に付きません

⑥グリップの両サイドの下部にあるグリップガイドのくぼみがグリップ感を高めます。また、厚みの少ない先端部分を利用すれば、硬く握った拳にも容易に入れることができるようデザインされております。

3.ユニバーサルスリムウッドグリップ(Slim)

①3種類のグリップの中で最も軽く(20-22g)、負担を感じることなくご使用いただけます。

②一般的なスプーン&フォークのデザインに最も近いグリップです。

③テーブルに置いた時にテーブルとの間にできるスペースに指を入れることで、より簡単に持ち上げることができます。

④テーブルに置いた時、ヘッドがテーブルから浮いた状態になるので、食べ物が食卓に付きません

⑤グリップの前4面にあるガイドのくぼみが指を置く位置を教えてくれます。これにより、食器使用の矯正効果があります。


⊙リターンのご案内
[スーパーアーリーバード]

1.Slim ユニバーサルスプーン、フォーク、一体型 1個 2,500円→1,500円
2.Good ユニバーサルスプーン、フォーク、一体型 1個 2,500円→1,500円
3.Special ユニバーサルスプーン、フォーク、一体型 1個 3,000円→1,800円
4.Slim セット(スプーン、フォーク)5,000円→2,800円
5.Good セット(スプーン、フォーク)5,000円→2,800円
6.Special セット(スプーン、フォーク)5,500円→3,300円

[特別パッケージ]

7.Slim(スプーン、フォーク)3セット15,000円→7,500円
8.Good(スプーン、フォーク)3セット15,000円→7,500円
9.Special(スプーン、フォーク)3セット16,500円→9,000円
10.Slim1セット+Good1セット+Special1セット(全てスプーン、フォークセット)16,000円→8,000円

 
Review

1.出産後、指の関節に痛みがありましたが、太めのグリップのスプーンを使用したら指が楽になりました。(31歳の女性)

2. 子供がご飯を食べる時、スプーンが口に入らずこぼすことがよくありましたが、ヘッドの角度を調節して使用したらこぼさずによく食べています(31歳の男性)

3. 既存の障害者補助食器は粗悪なデザインが多かったが、原木のデザインがとても素敵です。(27歳の性)

♥メーカー紹介♥
共感し、共生する世界を夢見る
⊙「アダム」を作ったきっかけは?

「この世に生きて、利他的な心を持って良い仕事をするのであれば、よりリアルに社会と人の役に立つ仕事がしたいと思いました。社会福祉を学びながら1000時間を超えるボランティア活動を行い、多様な社会の現場を理解するようになる中で、人生の選択基準を「世の中の役に立ち、誰かを笑顔にできる仕事」と定めました。このような役割をやり遂げるために、大阪大学で共生学を勉強したり、大阪市の重度障害者センターで利用者ケアの仕事をしたりしながら経験を積んできました。その過程でユニバーサルデザインの「アダム」を思いつきました。

⊙どのような問題意識を持ち、製品の製造をスタートすることになったのですか?

重度障害者のケアをしていて、残念な話を聞いたことがあります。障害を持った児童が、自分の使う特殊な食器と家族が使う一般の食器が違うということを知って、見た目の良くない自分の補助食器を見て疎外感を感じたそうです。身体的には役に立つのに、気持ちよく使えない食事補助機器が憂鬱にさせ、自尊心を傷つけてしまうのです。また、他の海外の補助食器の場合には、特異なデザインのせいで一部の人の目には奇異に映る「障害者用デザイン」という誤った先入観を与えてしまうこともあります。

このような残念な状況を改善する方法を考え、障害者と健常者がともに使うことのできる食器を構想することになりました。重要なのは、障害者専用ではないということです。これまで私が見てきた特殊食器の場合、デザイン性が低く、道具としての印象が強いため、機能的な側面を除けば、障害者が疎外感を感じたとしても仕方のない製品でした。このような問題のために、身体的には楽であっても気持ちよく特殊食器を使用することができず、一般食器に変えてしまうこともありました。そんな経験から、ユニバーサルデザインを適用し、障害の有無はもちろん、年齢を問わず皆が一緒に使用できる製品を追求するようになりました。その過程で、ユニバーサルデザインという概念よりも多くの人々が理解しやすいように「共生デザイン」という独自のアイデンティティを付加しました。


⊙ビジョン:障害が不便と思わない「共生社会」づくり

世の中は「障がいのある人と障害のない人」に分けられるのではなく、「障害だと思う人と障害ではないと思う人」に分けられるのだと考えます。その違いは、障害に対する考え方だけなのです。相対的にひどい障害があることは不便なだけで、障害がない人との違いはありません。しかし、時々私たちは誤った情報や誤解のせいで、彼らが不幸だと断定してしまいがちです。不幸でない人を不幸にしてしまう「偏見」と、これを克服できる「理解」の間で、私たちはどのような観点を持つべきなのかたくさん悩みました。悩んだ末に、私たちは「共感、共有、共生」の観点で考えるようになり、体が不自由だから幸せではないと決めつけるのをやめ、ともに幸せな世の中を作っていけると信じて行動するようになりました。このように共感をベースにすれば、有用に共有しながら共生できる製品やサービスを創り出すことができ、私たちの努力が共に生きられる共生社会を作る触媒となるでしょう。

⊙製品の製造以外の活動は?

共生デザインを基盤とした製造活動以外に、メーカー事業を進行中です。外部活動が困難な障害者や高齢者、そして機会に恵まれない青少年たちを対象にものづくりの技術を伝え、これを基に良いアイテムが構想されれば、試作品や実際の製品を作る段階まで進められるよう、サポートする予定です。このような「メーカースペース」は「自活福祉」の概念と一脈通じていると考え、貧困地域の社会的弱者に新しい経験と機会を提供できると期待しています。

⊙チームの強みは?

我が社のチームは基本的にリーダーより構成員の能力の方が優秀で、効率的に業務を行うために絶え間なく努力を続けています。また私たちは特定の宗教を持っておりませんが、私個人的にはキリスト教を信仰しており、愛の力を信じています。実際にこれを証明するため、大阪大学で共生学を勉強したこともあります。「マザーテレサ効果」や「ヘルパーズハイ」のように、誰かを助けることで身体的・精神的に肯定的な変化が生まれるという立証された理論から原動力を得て、やりがいを持って働けることが私たちの強みです。これは私たちが追求するソーシャルベンチャーの進む道であり、他の人に対しても肯定的なエネルギーを共有できるソーシャルインパクト(ソーシャルパワー)とも関連があると考えます。今後も私たちは必要な能力を手に入れるために努力を重ね、良いビジョンを持って目標を一つずつ達成していきます。「共生」へのたゆまぬ努力は、いつか素晴らしい実を結ぶと確信しています。


▨よくある質問

Q.製品はどのように洗浄しますか?

A.ステンレスと漆塗りを施した木材を使っておりますので、防水性能に大変優れますが、長時間水に付けておくと、変形することがあります。水には長時間浸けず、中性洗剤と柔らかいスポンジで洗浄した後、よく乾燥させていただくと、半永久的にお使いいただけます。

Q.スプーン、フォークのヘッドが折れてしまうことはありますか?

A.ヘッドの素材は軟質のステンレスです。軟質ですので柔軟性がありますが、極度に強い力を加えた場合、破損することがあります。製品を受け取ったら、自分の手に合うように曲げてご使用ください。過度の変形や変形を繰り返すのはお控えください。(5回未満)

Q.共生食器は本当に全ての人にとって使いやすいのでしょうか?

A.はい。「アダム」は人体工学を用いて作られたグリップと角度を調節できるヘッドを備えた機能性製品で、幼児から高齢者、障害者、健常者のどなたにも楽に使っていただけるようにデザインされ、製作されました。

Q.「アダム」のグリップ部分を原木で製作した理由はありますか?

A.原木の温かさと高級感が製品のクオリティを高め、今までないユニークな製品を製作することができるからです。

ここまでお読みいただきありがとうございます!

  • 2019/10/28 14:32

    こんにちは、GONGSAENGです。製品発送日が変更になりご案内申し上げます。パッケージデザインと製品説明書は写真のように完成しました。印刷および製作が完成するまでは3週間の期間がかかる予定になり、製品発送日が11月1日から27日に変更されることになりました。長くお待ちしていただいたパトロン皆...

  • 2019/10/17 17:23

    こんにちは。 GONGSAENGです。:) どんどん涼しくなり、秋の気配を感じれるようになりましたね。 皆様お元気にされてますか。 ★ リターン日程 - 製品制作 : 2019年9月16日~2019年10月11日 - 包装デザイン完成 : 2019年10月中旬 - 製品発送予定 : 2019年...

  • 2019/09/04 16:45

    こんにちは。GONGSAENGでございます。:)みなさまが声援を送って下さったおかげ様で、成功的にプロジェクトを終えることができました。ありがとうございます。:)製品のリターン日程をご案内申し上げます。製品は9月中旬から生産が始まる予定です。原木グリップのサンディング作業と漆工作業をハンドメイ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください