歌、ダンスの本場アメリカのニューヨークのハーレムにあるアポロシアターで、アマチュアナイトオーディションに参加して、オーディエンスに自分の歌を聞かせたい。

プロジェクト本文


橋本真依

大阪府出身

O

特技:歌うこと、スキー、

よく話しかけられること

趣味:写真を撮ること、旅行、食べること



▼このプロジェクトで実現したいこと

アメリカのニューヨークへ行き

ハーレムにあるアポロシアターで行われる、

アマチュアナイトオーディションに参加する。


▼プロジェクトをやろうと思った理由

今まで日本で歌を歌ってきました。

去年アルバムを出して、色々自分の歌と向き合いました。

本場に行って自分も歌はオーディエンスにどう聴いてもらえるのか、自分の身をもって感じたいと思ったからです。


▼これまでの活動

10歳から歌とダンスを習い始める。

14歳の頃、作詞家の松井五郎氏に曲を書いてもらい「自分の詩」でデビュー。

そこから浅倉大介、LGYankees、スポンテニア、SEAMODef Techなどさまざまなアーティストとフューチャリング、ライブ活動などにも参加する。

バックダンサーとしてさまざまなアーティストについたり、乃木坂46などには振付氏として参加する。

現在は歌も活動する一方、大阪でのバラエティー番組のレギュラーや、企業パーティーのMCなどもこなす。

またダンロップのマスコットユニット

Mottie‼︎のリーダーとしても活動中。

ソロ歌手としては20189/121stアルバム「HAPINESS」のリリース。


ニューヨークまでの渡航費


▼リターンについて

オリジナルCD

権利につきましては、起案者のものとなります。


▼実施スケジュール

飛行機の予約

ホテルの予約


4/20のオーディションに向けての準備


▼最後に

こんにちは。橋本真依です。

今回アポロシアターアマチュアナイトオーディションの参加をしたく、このクラウドファンディングを行いたいと思った経緯は

私は日本で幼い頃から歌とダンスを習ったり、たくさんの方の前で歌わせていただける機会はあったのですが、海外の方は私の歌を聴いてどういうリアクションをして下さるのか、それがすごく気になりました。

そして、ブーイングであろうとスタンディングオーベーションというオーディエンスが全力で身体で表現して下さることを体験してみたいと思いました。


私自身、知らないもの・場所・経験などへの探究心が強くなんでも自分で経験してみたい。という気持ちが昔から強くあります。

あまり英語も話せない私ですが、とにかくジェスチャーやつたない英語でどこまでできるのか、NYという街はどんな所なのか、アポロシアターは日本人を受け入れてくれるのか、とにかく経験したい。

そして、その経験からこれからNYやアポロシアターに行ってみたいと思った方に色々お伝えしたいという気持ちがあります。

もちろん動画に撮り、自身が経験したことをまとめたYouTubeも載せたいと思っています。


私は歌うということの職業で武道館や東京ドームを満員に出来るようなアーティストにはなれていません。

なので、歌手としてまだまだ未完成でいつも模索していて、胸を張って歌手を目指してる方にたいして自信をもってすごくいい職業だよ‼️という気持ちにはなれていません。

ただ、幼い頃から夢を持つ、好きなことに一生懸命取り組む、という事に出会えたおかげで

たくさんの素敵な方々と出会えたこと、

そして応援してくださる方への感謝の気持ち、一途に夢を追いかけてその中での自分との葛藤など、知らなかった自分にも出会うこととなりました。

「夢を持つ!」ということに幼い頃から出会えた私は本当に幸せです。

このことは、これから挑戦したいと思ってる方々にお伝えしたい。

やっぱり1人で戦っていくのは不安だと思います。いろんな情報に触れて、味方をつけるのも実力の内だとも思います。


話は逸れましたが、そのことをお伝えするためにはまず自分が経験したいということ。

そのためには、皆さまの応援が必要です。

自分のやりたいことのために、甘えることとなりますが、どうかよろしくお願い申し上げます!


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください