「みなぎるソーセージ」と「己の肉体」を武器に、ノンストップで業界を駆け抜けてきた男たちによる、更に次のステージへ進むための第一歩。

プロジェクト本文

▼ソーセージクリエイターとして圧倒的にソーセージを作っています

はじめまして。中山浩彰と言います。
ソーセージクリエイターと名乗って活動しています。

「どうしてソーセージなのか。」

経緯を簡単にご説明します
少し遡りまして自分が格闘技やっていた頃。身体作りとトレーニングに費やした20代。

「食べたもので身体は作られる」

5年ほど前、誘われて狩猟を始めたときに
自然のなかで育ち、自然のものを食べている天然のお肉としての素晴らしさに惚れて。
相方である野村俊介氏と共にジビエの食肉処理場(ドットコミュ)を立ち上げたのが3年前。


▼野生の肉から作られる、食べたら「身体みなぎるソーセージ」

最初は生肉のみを販売していましたが、より多くの人に親しみやすいカタチで届けたいと
約2年前、思いたってソーセージ作りを独学で始め、
知識と経験がないぶん、とにかく圧倒的に試行錯誤で作り続ける毎日。


余計な添加物は使わず、挽きたてのスパイス、広島近郊のフレッシュなハーブ。
素材にこだわり、肉屋経験もソーセージ修行もしたことがないが故に
とにかく自分たちが追求したいものだけを追求して。


▼バラエティ豊かな個性派ソーセージ

広島の飲食店、ハーブ農家、はたまた理髪店までも巻き込み
生まれた個性派ソーセージは約20種。


定番の猪、鹿肉ソーセージはもちろん、

広島の新ソウルフード、「汁なし担担麺専門 キング軒」とコラボした山椒味ソーセージ「キングチェン」
鹿肉ソーセージとしてはこの世で一番美味しいです。


パプリカ、カイエン、トマト。3種の赤。
赤色にこだわったスパイシートマトな猪ソーセージ「燃える闘魂アントニオチョリソ」
何度でも言いたくなるネーミング。


野性味が足りないんじゃないの最近?

それでいいのか日本の男達よ。ってことで
溢れる活力、男の自信。
野生の猪を使った“イカ、マカ、ハカ“入りのイカ墨ソーセージ
「オールブラックス」



丁寧にとった猪コンソメをジュレにして生地に練りこみ、焼きながらひと刺しするとコンソメがさながら潮吹きのように噴き出すという「潮吹きソーセージ」などなど。

紹介したくても紹介しきれないほど思い入れがあるソーセージばかり。


▼全部手作業で作っているが故に。

ソーセージ作りは
肉のカット、ミンチ、生地作り、腸詰め、形成までを手作業で行っており
僕の仕事の大半がコネコネと捻るっていう、時間を費やしているのは極めて単純な作業。

これは生地作りですが、こんな感じで
全行程ほぼ一人で行っており、設備不足を体力でカバーしています


▼ソーセージで世界を熱狂させるために、新たな挑戦がしたい

ソーセージを作り始めて2年。
もっと多くの人に自分たちのソーセージを食べてもらうために

新しいソーセージ開発、圧倒的ソーセージ活動。
僕はまだまだやらないといけない。

世の中初登場なエキセントリックなソーセージを生み出し続けたいし
ただ食べるだけでなく、ソーセージを如何に最大限楽しんでもらえるか


そのために。今手作業で時間が取られているところを削減するために
めちゃくちゃソーセージを作ることの出来るマシンを購入したい!


手作りの良さって言ってくれる人達がいるのも十分理解しておりますが
効率化できるところは効率化したい!

その分本当に時間をかけたいところに時間をかけられる。そして次のステージへ。


↓現在開発中の酒粕を使った発酵ソーセージや、緑のソーセージ。

アイディアは無限にある(ちょっと大げさ。)

加えて、これをきっかけにジビエ以外のソーセージにも取り組みたい。
まだまだ幅は広げられる。

現在飲食店向けに、その店オリジナルブレンドのような、オリジナルソーセージを依頼いただいて作ってもおりますが、要望はあるもののジビエ以外の肉まで扱える時間がないのが現状です。


▼ソーセージマシンが入ったらこう変わる!

購入したいマシンは
生地中の空気抜き、腸詰め、捻り形成などを自動で行ってくれるため

作業が早い、上に、僕が手作業するより質の良いものが出来ます笑。正直。
(ムラ無くギュッと詰めることが出来るし、手で直接触らないので温度上昇も防げる、使用できる腸の種類も幅が広がる、などなど)

地元から北海道まで、各地の加工所を見学させてもらい
コレだと思うマシンは648万円(税込)

さすがに安くない。
しかしそれ以上の価値は生み出せる。

だって僕が5人に増えるようなものだもの。
(性能的に)


▼ソーセージを作るための、まずは自分たちをカタチ作るもの。

ホームページに掲げてある6つのルール。

いつだって行動と情熱で体現してきた。
自分たちのソーセージは単なる商品ではなく、生き方の結果だ。


▼これまでの活動

商品ほとんどソーセージなのに
伊勢丹新宿店のフードコレクションに2年連続出店。


ソーシャル&エコマガジン「ソトコト」にて特集。


2018年4月には「24時間ソーセージ」と銘打ち、24時間ソーセージ作り続け
その様子を生配信アプリで日本中に向けて生配信するという誰得企画で
3000本のソーセージ作りを達成。(ギネスとかは興味なし)


料理経験ないのにうっかり料理王国の表紙に登場。




↑直近公開されましたジモコロ記事(2019年3月25日公開)



▼資金の使い道

ソーセージマシン購入費用648万円の1/3の213万、
現在の加工場に動力の電源を引き入れるための電気工事費が約47万円(税込)


▼リターンについて

・お礼のメッセージ&ドットコミュにご来店でお好きなドリンク1杯【1000円】


・お礼のメッセージ&ドットコミュオリジナルマグカップ【3000円】


・お礼のメッセージ&ドットコミュのソーセージ4パック詰め合わせ【5000円】


・「君もドットコミュcrewだ券」
ドットコミュで1日一緒に働ける。トレーニングとまかない飯付き。

日々暮らすように鍛え、食べたもので身体は作られる。そのマインドセットをあなたにも。
ドットコミュcrewの証としてオリジナルキャップを進呈【1万円】


・ドットコミュファン必見。
ドットコミュ店舗&オンラインストアでのお買い物が死ぬまで10%OFF券【1万円】

・ヘビーユーザーはマストバイ。
ドットコミュ店舗&オンラインストアでのお買い物が死ぬまで20%OFF券【2万円】


・一生の思い出?ある意味宣伝効果も?
支援者のもとに会いに行き、あなただけのオリジナルソーセージを開発します。
そして未来永劫ドットコミュの店舗とオンラインストアにてメニューイン。

今後ドットコミュでお買いものされる方の目に毎回とまることになります。
未来永劫。ドットコミュがある限り。【50万円】


▼実施スケジュール

プロジェクト終了後(5月)、業者に発注。
発注から納期が約3ヶ月かかるそうなので
その間に電気工事を済ませ、8月~9月導入予定。

リターンは準備ができ次第順次お返ししていきます。


▼お店の情報 

ドットコミュ
〒733-0031 広島県広島市西区観音町16-33−102

ソーセージをはじめとして商品の販売、
オリジナルホットドッグのテイクアウト。
ソーセージ作りも全てここで行ってます

【営業時間】
12時~17時(火水定休)



▼最後に

僕にとってソーセージとは、単に商品として売っているだけでなく、自分の生き方を表現するツールの一つだと考えてます。英語が話せれば世界の人とコミュニケーションが取れるように、ジビエのソーセージばかり作っていたからこそ出会えて友だちになれた人たちもいる。


ソーセージの本場と言えばドイツでしょ、って
そらまあそうなんだけど
こちとら勝手に始めたジャパニーズソーセージだし
本場が何処だろうと僕はプライドかけてやってるから。


どこかで修行したわけでもなく、未経験で始めたソーセージ作りというスタイルを発信し続けることで
「やったことないから出来ない」「前例がないから出来ない」」
「そんなこと出来ない」
そんな閉塞感ある常識とかをぶっ壊せればなと。


さあ、レッツソーセージ。


(2018年末。ドットコミュリニューアルオープン記念にて。テープカットならぬソーセージカット)



宝くじに夢はないが、
ソーセージには夢がある。
世界を熱狂させるソーセージをみなさんにお届けしたい。



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

ドットコミュ鹿さんこと、
ソーセージクリエイター 中山浩彰



<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 活動報告

    ソーセージリターンの発送時期について

    2019/06/14 20:28

    どうもこんにちは。当初の予定よりだいぶ遅れに遅れているクラファンリターンの発送時期を、おおよそ目処が立てれる範囲でメールさせていただきました。(それでも全体の2/3程度)定期便は除いて、リターンの発送は7月中には全て送りたいなの気持ちです今のところ。本日のお仕事はスパイシートマトな猪ソーセージ...

  • 活動報告

    お詫びとうっかり。

    2019/06/06 11:01

    おすおすどうも僕です。ちょいと皆さんにお詫びを。クラファンのリターンのお届け予定日を2019年5月にしていたのですが、先月からソーセージの生産が全く追いついておりません。というかマシンの導入を8〜9月予定にしてるのにリターンのソーセージが5月お届け、とはよくよく考えれば全くもって事を急ぎすぎま...

  • 活動報告

    クラファンリターン、進捗状況。

    2019/05/21 23:08

    おすおすどうも。クラウドファウンディングのオリジナルソーセージリターン。その打合せのために3日間東京へ行ってました。まずは意外と.comm初上陸、千葉県市川市に。ビーガンやベジタリアンという食のスタイルをもっと広げたいと、千葉東京でキッチンカーでの活動をしてますTABELLのリキくんマミちゃん...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください