Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

みんなが主人公!医療的ケア児も家族も楽しむ時間を〜軽井沢キッズケアラボFINAL

現在の支援総額
2,878,000円
パトロン数
115人
募集終了まで残り
終了

現在95%/ 目標金額3,000,000円

このプロジェクトは、2019-06-01に募集を開始し、115人の支援により2,878,000円の資金を集め、2019-07-24に募集を終了しました

今年で5年目。ついにFINALを迎える軽井沢キッズケアラボです!来年は日本はもちろん、世界中から多様な人達が集まってくる年!私たちはこれまで同様、医療的ケアを必要とするキッズたちも家族もみんなが楽しめる時間と、誰もが楽しく関わり合える場所で、未来のあたりまえを作っていきます!

キッズたちのパワーを知ってほしい!

こんにちは!一般社団法人Orange Kids' Care Lab. 代表の紅谷浩之です。私たちは、福井県福井市で医療的ケアが必要なキッズたちとその家族の暮らしを、医療をはじめ様々な形でサポートしている団体です。「こたえていく、かなえていく。」を合言葉に、キッズたちの安心・安全はもちろん、彼らの成長と未来を一緒につくっていきたいと思っています。

キッズたちのパワーはすごいです。重い障害があっても医療的なケアが必要でも、彼らは決して守られるだけの対象ではなく、周りの大人や社会に影響を与えることのできる存在です。彼らにしかできないことを見つけ、それをサポートしていきたいと思っています。[ケアする][ケアされる]といった関係は固定化されることなく、いつだって入れ替わることがあります。互いの得意な分野を重ね合せることで、より良く住みやすい社会にしていけるはずです。


軽井沢キッズケアラボとは 〜どうして軽井沢?〜

[屋根のない病院]とも呼ばれる長野県軽井沢町に夏季限定でオープンした、医療的ケアが必要なキッズとその家族らの活動•滞在拠点です。誰もが安心して訪れ、楽しいひと時を過ごせるように、看護師らが常駐するなど医療面のサポートを充実させています。

当初、アニメやテレビの世界でしか知らなかったリゾート地 軽井沢ですが、2015年より活動を続ける中で気候はもちろん、医療的ケア児も特別扱いしない優しさと多様性を持つ、誰にとっても過ごしやすい場所であると感じています。
これまで福井をはじめ、長野、東京、埼玉、神奈川、などからのキッズやご家族または事業所からの参加があり、たくさんのチャレンジやつながりが生まれました。

5年目となる今年の開設期間は、毎年7月25日から8月25日にかけての約1ヶ月間です。
シンポジウムや地域とつながる様々なイベントも随時開催しています。

 

現地の運営体制について

一般社団法人Orange Kids' Care Lab.が中心となって、全国から集まっていただいた多数のボランティアの皆様とともに運営しています。また、急変などの事態に備えて、地元・長野県の佐久総合病院や軽井沢病院とも連携しています。毎年、福井や長野以外にも東京や神奈川など、日本全国から多数のキッズたちが参加しています。


活動にかける私たちの思い

「そろそろ、みんなで軽井沢へ行こう」。そんなキャッチコピーで軽井沢キッズケアラボはうぶ声をあげました。福井県福井市を拠点に医療的ケアが必要な子どもたちの日中一時預かりを行ってきた私たちは、“あたりまえ”の体験を大事に、医療的ケアが必要であっても、施設に閉じこもることなく、積極的に地域へと繰り出してきました。

 

こたえていく かないていく

キッズたちとたくさんの時間を過ごす中で確信していることがあります。それは全員が『強い発信力』を持っているということ。誰もが互いの役割を発揮し認めあい、自分を主語とした選択の元、生活し成長していける。そんな社会の実現のために、もっとも発信力のあるキッズたちは僕たちがもっとも頼りにしている仲間です。 


あたらしいあたりまえ

いくつもの初めてが重なるうちに、それはいつしか新しい“あたりまえ”になっていく。これまでの活動を通じて、私たちはそう実感しています。キッズたちのみならず、出会った多くの人たちの間で化学変化が起き、非日常の中に日常が彩られていくのです。将来、私たちのまわりにはどんな新しい“あたりまえ”が広がっているのか、とても楽しみです。


最後に〜軽井沢キッズケアラボFINAL〜

軽井沢キッズケアラボは、5年目をむかえる今年でFINALになります。これは活動の終了ではなく、大きなイベントとして、キッズたちの0から1へのチャレンジを後押ししてきた活動から次のステージへのスタートをあらわします。
福井を飛び出して初めてのひとり旅にチャレンジした子も、今は元気に毎日小学校へ通っています。キッズたちの成長に待ったはありません。わたし達は2020年から現地に拠点を持ち、医療・福祉・教育の垣根を超えて、新しい文化の拠点とな場所とするべく活動を続けて行きます。


ご支援いただいたお金の使い道

軽井沢での滞在またはイベント開催にかかる場所の確保や、様々な体験に使用する備品等の購入をはじめ、子どもたちの移動・サポートの交通費などに充てさせていただきます。また、滞在期間中の様子を記録するためのカメラマンへの委託費用のほか、活動内容をまとめたガイドブックなどの広報媒体を作成することで、同じように医療的ケアを必要とする子どもたちとそのご家族をはじめ、今後もサポートいただける関係者の方などに周知していくために使わせていただきます。

なお、本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


リターンについて

・サンクスメール
 イベント開始前にお礼を伝えるとともに、イベント終了の後には簡単な報告を踏まえて、改めてお礼のメールをさせていただきます。

・活動報告レター
 イベント期間中の素敵な写真とともに、活動のご報告を送らせていただきます。

・オリジナルTシャツ型ストラップ
 今年初めて限定で作ります。思い出とともに、手のひらに軽井沢の活動を感じていただければ。

・オリジナルTシャツ
 毎年楽しみにしてくださるファンの方もいるTシャツです。こちらもFINALになる予定です。
 支援くださった方は、備考に、希望のサイズをご記入ください。120,130,S,WM,M,L,XL
 サイズは全てちょっと大きめの印象です。

・オリジナルソングCD
 昨年リリースした、オレンジのオリジナルソングアルバムです。ケアラボのテーマソングを始め、素敵なオリジナルソングを5曲収録したCDです。

・軽井沢キッズケアラボ公式ガイドブック(2018)
 昨年の活動が詰まったガイドブックです。参加キッズのお母さん達の座談会や、動画のリンクも収録されています。


軽井沢キッズケアラボ-FINAL- 開催概要 

開催期間:2019年07月25日〜2019年08月25日 ※イベント等は随時開催

活動拠点:長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉

医療ケア内容:吸入、吸引、導尿、経管栄養、人工呼吸器管理など様々なニーズにお応えしています ※ただし、その時の状態や状況によっては対応が難しい場合もあり、その際は個別に相談させていただきます

運営団体:一般社団法人 Orange Kids’ Care Lab.
運営団体URL:http://carelab.jp

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください