こんにちは!福岡出身・在住ビーグルクルーです!メジャーデビュー10周年を迎え、10年前と10年後の姿を披露する為に昨年復活したZeppFukuokaの地で再びワンマンライブを開催を目指します!皆さんに満足して頂けるリターンも沢山ございますので、プロジェクトページを読んで頂けたら幸いです。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

初めまして。ビーグルクルーと申します。
僕たちは地元福岡出身・在住の二人組ボーカルグループです。
2019年4月1日にメジャーデビュー10周年を迎え、福岡を拠点に全国へ活動の幅を広げています。
Zepp Hall 20周年特別プログラム「Road to Zepp」始動ということで、
過去に4度ワンマンライブして、「もう一度」を諦めかけてたZepp Fukuokaにて入場フリーでのワンマンライブ開催を目指します!


このプロジェクトで実現したいこと

僕たちビーグルクルーは、有難い事に、ソフトバンクホークス王貞治監督の引退ソングや、現在では北海道日本ハムファイターズの中田翔選手の登場曲など、たくさんの名だたるプロ野球選手のテーマソングや登場曲を書き下ろしさせて頂きました。
そんな楽曲達が羽ばたき、気がつけば甲子園含めたくさんの高校野球の応援歌になっていました。
高校生活の中で、ビーグルクルーの曲を歌っていたり、聞いてくれてた卒業生の方々やたくさんの方々に、Zeppという最高峰のライブハウスで、生のビーグルクルーの音と声と言葉を体感してほしいという意味を込めて、全員無料のライブを実現したいと思っています。
平日ではありますが、学生の皆さんには夏休みシーズンに日程をきめさせて頂きました。

プロジェクトをやろうと思った理由

2008年から4度、Zeppのステージでワンマンライブを開催したのですが、2014年にメンバー編成を経た、現メンバー2人での再出発となる第二章はとても困難な道でした。
少しづつ安全な場所、失敗しない場所を進んでることにも気が付きました。
しかし、無謀と言われた全国ワンマンツアーを2015年か4年連続続ける事で、挑戦の大切さを知りました。
それでもやはり地元福岡で
「もう一度、咲かせ続けたい花がある」「もう一度大きな挑戦をしたい。」
という気持ちが強くなっている最中、「Road to Zepp」のお話と出会い、挑戦する決意となりました。


これまでの活動

★ 2006年結成、以降はZeppFukuokaにて過去4度のワンマンライブ開催し、最高動員1500人以上。
★ 2009年ユニバーサルJよりメジャーデビュー。
★ソフトバンクホークス王貞治監督の引退ソングをオリジナルで書き下ろし。             
★日本テレビ『 誰も知らない泣ける歌 』に主演し、「ときめきよ永遠(とわ)に」を全国ネットで披露  レコチョク総合ランキング2位にランクイン。


★ 2012年avaxよりリリースした「Try again」がオリコンチャート12位にランクイン。
★ 2014年 3月キャナルシティ劇場でのワンマンライブで1100人以上動員。
★ 2014年9月侍ジャパン/日本ハムファイターズの中田翔選手の登場曲「My HERO」書き下ろし、    高校球児がスタンドでその楽曲を演奏、合唱される他、各SNSで話題楽曲となり知名度が全国に拡大。
★ 現在の「My HERO」のYouTube再生回数は460万回超、iTunesやレコチョクでは60万以上の     ダウンロードを記録。シングルCDは1万枚弱の売り上げ。


★ 2018年再び、中田翔選手のオリジナル登場曲「My BROTHER」を書き下ろし、ユニバーサル ミュージックよりメジャー復帰。
★ 過去5度にわたり福岡ヤフオクドーム、札幌ドームにて公式試合前セレモニーに出演。


★ 全国に活動視野を拡大し、2015年より4年連続で単独の全国ツアーを敢行。
★これまで登場曲を使用、手がけたプロ野球選手登場曲は30人以上。
★2019年5月22日、ユニバーサル ミュージックよりメジャー初のアルバム「CREWSING X」を発売開始。


資金の使い道

皆様からいただいた支援は
・Zepp Fukuokaの会場費
・ライブの運営費
・リターン制作費・発送費
・CAMPFIREのシステム手数料

に大切に使用させて頂きます。

リターンについて

当日のライブにご来場いただける方のためのリターンと、
当日は来場できないけど応援していただける方のための
リターンをご用意させていただきました。

詳細については、ぜひリターン一覧をご確認ください。
フリーライブチケットはもちろんのこと、クラウドファンディング限定グッズや
スタッフとして参加できる権利など、喜んでいただけそうなものを用意しました!

【これないけど応援コース!1】
1,000円
・活動報告
・メンバー手作りポストカード(直筆サイン&メッセージ付き)
[これないけど応援コース]
3,000円
・活動報告
・メンバー手作りポストカード(直筆サイン&メッセージ付き)
・ラバーバンド×1
【前列座席入場コース】
4,500円
・前列ブロック座席チケット×1名(チケットレス)
・ビーグルクルーラバーバンド×1
【最前列座席入場コース】
5,500円
・最前列座席チケット×1名
・ビーグルクルーラバーバンド×1
【リハーサル見学コース】
10,000円
・前列ブロック座席チケット×1名
・ビーグルクルーラバーバンド×1
・リハーサル見学
【ゴールドコース】
15,000円
・最前列座席チケット×1名(座席指定権有)
・ビーグルクルーラバーバンド×1
・リハーサル見学
・楽屋ツアー
・ライブ前orライブ後、メンバーと楽屋で記念撮影。
【プレミアムVIPコース】
20,000円
・最前列座席チケット×1名(座席指定権有)
・ビーグルクルーラバーバンド×1
・リハーサル見学
・楽屋ツアー
・ライブ前orライブ後、メンバーと楽屋で記念撮影。
・非売品カラーTシャツプレゼント×1
【スペシャルマキシマムVIPコース】
600,000円
・企業用or ファミリー用or ご自身用のオリジナルテーマソング作成( ビーグルクルー歌唱)
・オリジナルテーマソングをCD にてプレゼント( 直筆サイン入り)
・自宅or 指定の場所へメンバーが伺い、ご本人前で歌唱( 会場費などある場合はお客様別途負担)メンバー交通費は、ビーグルクルー側で負担いたします。
・ライブ当日2階特別席/全フロアオールPASS贈呈

座席表
※当日の状況やプロジェクトの状況により座席エリアの変動がある場合があります。



実施スケジュール

2019年4月29日Road to Zepp クラウドファンディング開始
2019年6月29日Road to Zepp クラウドファンディング終了
2019年7月29日19時00分より、Zepp Fukuokaにてライブ開催

最後に

クラウドファンディングという初の試みで、不安もありますが、またZeppのステージを目指せるということに期待とやる気と夢が膨らんでいます。
自分たちのチカラだけでなく、この企画を下さったZeppの関係者の方々、CAMP FIREのスタッフの方々、たくさんの方のおかげでプロジェクトを始動できて最後はお客さんも含め全ての方々と笑って終われるよう、むしろそこからまたスタートできるようにと思っています。
夢に年齢は関係ないと思っています。
一緒に夢を叶えていけたらと思ってます。
よろしくお願いします。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。





▼Zepp 20th Anniversary Special LIVE FUNDING“Road to Zepp”について

クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」を運営する株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役社長:家入一真 / 以下、CAMPFIRE)は、株式会社Zeppホールネットワーク(本社:東京都港区 / 代表取締役社長 妹尾智 / 以下、Zeppホールネットワーク)と新人アーティストを主な対象とするライブ活動支援プログラム「Zepp 20th Anniversary Special LIVE FUNDING“Road to Zepp”」を開始いたしました。本プログラムは、Zeppホールネットワークが運営するZeppホールにてライブ開催を目指すアーティストの支援を目指すものです。

  • 活動報告

    ご報告

    2019/07/18 14:40

    本日、リターン発送第1弾として「来れないけど応援コース!1」のポストカード。「来れないけどもっと応援コース!2」のポストカード&ラバーバンドの発送を普通郵便にて郵送致しました。ラバーバンドは蓄光(ちっこう)タイプで発光する、限定数のものとなります※写真参照ポストカードは直筆サイン&メッセージ付...

  • 活動報告

    東京公演

    2019/07/05 13:08

    お疲れ様です!!本日東京公演!!まだまだ突っ走ります!!渋谷DESEO19時開場,19時半開演です!宜しくお願い致します。

  • 活動報告

    御礼コメント

    2019/07/01 10:41

    ビーグルクルーより御礼のコメントです。皆様のお陰で目標額達成致しました。7月29日のライブに向けて恩返し、感謝のLIVEを精一杯お届け致します。益々の御声援宜しくお願い致します今後も7月29日に向けたインフォメーションはアップしていきます宜しくお願い致します。 本当にありがとうございます。  ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください