プロジェクト本文

 PostPet の新タイトル、PostPetVRを作ります。

<動画は現在開発中のものです。これをどんどん良くしていきたいです!>

▼はじめにご挨拶
みなさんこんにちは。ペットワークスの八谷和彦ともうします。
今回は、PostPet の新タイトル、PostPetVR開発のクラウドファンディングのご案内をいたします。

▼私たちについて
PetWORKsは、PostPetの開発メンバーにより設立された会社です。
(代表取締役:真鍋奈見江 取締役:八谷和彦 取締役:幸喜俊)

ペットワークスサイト

私たちは最初のPostPetDX、PostPet2001、ポケットPostPet、PostPet Kids,PostPetV3などを開発してきました。また、ポストペットパークというペットを送って楽しむWEBサイトの企画なども行ってきました。
つまりPostPetの原案から初期のアプリケーション開発まで一貫してやっていた会社です。

(PetWORKsで開発したもの)

現在、私達の会社は、お人形の開発や

小さな一人乗り飛行機の開発

などを行っており、PostPet関係のお仕事はあまりやっていないのですが、
私たちにとっても、ポストペットは単なる商品ではなく自分たちの子供のように大事な作品でもあります。
そこで、来年のポストペット20周年に向けて、ペットたちの親でもあるポストペットの元ユーザーの皆様と一緒になにかできないか、と考えていました。

▼PostPet20周年について
最初のPostPetのβ版の公開は1997年。つまり2017年はPostPetの公開20周年にあたります。

(パッケージ版であるPostPetDX)

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(以後So-netと表記)でも2017年に向けて、新グッズなどの企画が進んでいますが、せっかくなので、生みの親(たち)として、ユーザーさんたちと共にこの20周年イベントを盛り上げたい、というのがこの企画の発端です。もちろん、この「PostPetVR」に関してはSo-netの正式なライセンス承認のもとで作ります。

▼PostPetVRについて。
ただし、今回のアプリケーションは今までのようにSo-netからリリースされるわけではなく、ペットワークスのリスクで開発され、ペットワークス自前でリリースされる
ある意味インディーズのアプリケーションになります。

内容なんですが、上のYouTube動画のように、ペットの部屋に入って、ペットと遊ぶVRコンテンツになります。

PostPetVRイメージイラスト。(Oculus touch版)

あなたは紙袋をかぶったキャラクター「アンノウン」となってペットたちの住む家の中に入り、ペットたちにおやつをあげたり、なでたり、抱っこしたり、抱っこされたり、遊んだり、洗ったり、自分で手紙を運んだり※、そんなことを楽しむアプリケーションになる予定です。

※「手紙を自分で運ぶ」機能の実装は、スマホ版の開発が正式に決まってからの実装になります。
また、「ドクターコース」をご支援していただいた方のペットデータをPostPetVRに移植し「VR空間内で、自分のペットと会える」ことを目標にしています。

(PostPetV3のペット)

対象プラットホームはWindowsPC,VRゴーグルは「HTC Vive」および「OculusRift CV1」を対象に開発します。
(PlayStationVR版の開発予定は、今はまだありません…)

▼高価なVRマシンが必要? いいえ。20周年イベントで体験できます。
PostPetVRは、ポストペット20周年イベント用のアプリケーションです。
ですので、このクラウドファンディングにご参加した方には、東京都内でのβ版先行体験会(3〜4月頃に実施予定)に参加いただけるようにいたします。

なお、他の都市での体験会については未定ですが、夏?以降の公式の体験会に関してはSo-netさんと相談し、なるべくいろんなところで実施したいとは思っています。(規模は予算しだいなのですが・・・)

▼仮に目標額まで集まらなくても「PostPetVR(β版)」の開発は、必ず行います。
なお、仮に今回のクラウドファンディングが目標額まで集まらなかった場合においても、ぼくらは「PostPetVR(β版)」の開発は、自分たちの負担で必ず行います。また今回ご支援いただいた方を対象とした「PostPetVRβ版体験会」までは、必ず実施する予定です。

▼エクストラゴールとして…野望は「スマホ版PostPet」
上記のように、PostPetVRは「基本的には20周年イベントのためのアプリケーション」なのですが、本当に作りたいアプリは実はその先にあります。
それは「スマホ版PostPet」(iOS&android)です。
今回のクラウドファンディングで目標額以上の金額が集まった場合、まずは「正式体験会の複数都市での開催」、それ以上集まった場合は「スマホ版PostPet」の開発費用にあてたいと考えています。

(過去に試作した「スマホ版PostPet」)


つまり、今回の「PostPetVR」は「スマホ版ポストペットのニーズがどのくらいあるか?」のテストマーケティングでもあります。スマホ版を作った場合、サーバを維持できる規模のユーザーさんがいるか見極める、というのはとても重要なことなのです。

▼挫折について…幻のソフト「PostPetNow」
ご存知の方もいらしゃるかもしれませんが、私たちは2010年ごろ、ツイッタークライアントである「PostPetNow」という企画も進めていました。これは TwitterのDMの仕組みを使ってペットでのメッセージングを行うアプリで、実はMacOS上で動くところまでは出来ていました。


<開発を中止したPostPetNow>

ただ、その後、TwitterAPIの大幅な仕様変更(外部アプリは最大ユーザー数が制限されることになりました)などもあり、このまま開発を続けていても採算が取れない、と判断して開発を中断しました。実はそのとき、スマホ版PostPetNowもある程度開発していたので、今回のスマホ版はその技術をベースに開発されます。

▼リターンについて

ご支援コースとリターンは下記になります

・開発進捗ご案内コース 5000円
お礼メッセージ(活動報告にて)
開発状況のご案内(活動報告にて)
お礼状の発送(郵送)
PostPetVR(β)アプリ内での、お名前の掲示
※お名前掲示は、ご支援いただいた金額により、大きさが変わります。

・体験会ご招待コース 9000円
上記に加え「PostPetVR β版」限定体験会にご招待。
(都内のどこかで3月〜4月ごろ開催予定)
招待券も兼ねた、PostPetVRラバーストラップのプレゼント(郵送)

(ラバーストラップのデザイン案)

・アプリダウンロードコース:このコースはHTC Vive版かOculusRift 版の選択になります。 各15,000円

・HTC Vive版コース
上記に加え、PostPetVR(β版)のHTC Vive版ダウンロード権。
※ダウンロード方法は、ご提供前にご連絡します。

・OculusRift 版コース
上記に加え、PostPetVR(β版)のOculus 版ダウンロード権。
※ダウンロード方法は、ご提供前にご連絡します。

※「PostPetVR(正式版)」のリリース方法、時期などは現時点では未定ですが、上記コースでご支援いただいた方へのβ版ご提供は、かならず行います。

・両方ダウンロードコース。20,000円
HTC ViveおよびOculusRift 両方お持ちの方はこちらもご検討下さい。
上記に加え、PostPetVR(β版)のHTC Vive版&Oculus 版ダウンロード権。

・ナースコース(α版体験&モモぬいS復刻版) 28,000円
上記(両方ダウンロード)に加え、「PostPetVR α2版体験会」にご招待。ご意見を聞かせてください。※無人島プロダクションで2月〜3月くらいに開催予定(1〜2日程度予定)開発トークイベントも併設予定。
初代のモモぬいぐるみ「PPP-032(モモぬいS)」の復刻版のクラウドファンディングスペシャルバージョンをプレゼント。

・ドクターコース(V3ペット召喚付き) 36,000円(限定50口)
上記に加え「PostPetVR α1版体験会」にご招待。ご意見を聞かせてください。
無人島プロダクションで1〜2月に開催予定(1日程度) 
また、あなたが過去に飼っていたペットを、PostPetVR内に召喚します。
※PostPetV3のペットデータが必要になります。 

試作中の「初代モモぬいS復刻版」

以下は、企業様向けの特別枠になります。

・シルバースポンサー枠(限定5口※審査有り)20万円 
ドクターコースの内容に加え、PostPetVR内に、看板を出します。お好きなロゴなどを表示できます。(ビルボード看板は4秒毎に切り替わります)

・ゴールドスポンサー枠(限定3口※審査有り)40万円 
上記に加え、さらに「PostPetVR β版」体験会イベント(3日間ほど実施)会場内にスポンサーブース(90X180cm程度)を設置します。

・プラチナスポンサー枠(最大1口※審査有り)80万円  
貴社ロゴなどの入った飛行船を、PostPetVR 内に飛ばします。
「PostPetVR β版」体験会イベント会場内にスポンサーブース(180X180cm程度)を設置します。

※申し訳ございませんが、各スポンサー枠に関しましては、PostPetのイメージにあうか、So-netとともに審議をさせていただくことがあります。

 

▼最後に
PostPet20周年に向け、皆様と一緒に愉しい企画が実施できればと思っています。どうぞよろしくおねがいいたします。

©1996-2016 Sony Network Communications Inc.,PetWORKs

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください