【プロになれなかったら、サッカーの夢は終わり?】小さい頃からの夢「プロサッカー選手」を諦めて大学へ夢は諦めても、愛は捨て切れずに始めた『フットサル』でイタリアのプロリーグに挑戦するキッカケを掴む。この挑戦を通して同じ大学生に刺激を与えたい!

プロジェクト本文

▼はじめまして!

多くのプロジェクトの中から興味を持っていただきありがとうございます!

これからイタリアのプロフットサルリーグに挑戦する大阪・追手門学院大学 経営学部マーケティング学科 4回生『石川 魁我』です!


追手門のフットサルサークルFC BAMBiを部員が6〜7人の状態から、 チームを大きくするため自ら代表に名乗り出て《《学校に来るのが楽しくなる学生を生み出す》》ことを目標に、学生にとってのモチベーション・やりがいをフットサルで作り出し、チームの人数は今では100人を超えるようになる。


「Chaluer Cup」という80チームほどが参加した学生フットサル大会で優勝し、優勝者への特典であるイタリア遠征へ。遠征先で現地のプロフットサルリーグの関係者からスカウト、今年からイタリアでの挑戦が始まる。


石川 魁我 とは?

大阪府 枚方市 生まれ
3兄弟の長男。

口開き白目系男子が僕です。笑
HE  IS STILL  FULL OF FIGHT

Tシャツの文字の通り
僕の戦い続けの人生を少しご紹介します^^


幼少期は一家の長男として、小さな背中にいっぱいの責任を背負い込んで兄弟・友達の間でも「面倒見のいい」お兄ちゃんとしてみんなとよく遊んでました。


こんな写真写りですが、結構しっかり者な少年でした。


2~5歳を父の出身地である沖縄で過ごし、再び大阪に帰ってきた時に双子の友達の影響で始めたのがサッカー。


《西長尾FC》という地元のチームへ
親が僕の活躍や試合の勝利で喜んでくれるのが嬉しくて、サッカーが大好きになり、将来の夢はプロサッカー選手に。



中学では、僕たちがジュニアユース1期生で出来たばかりの《FC TIAMO枚方》へ
どうせやるなら1からチームを作り上げたい。
「純粋な好奇心」でこのチームに入団。
大学のフットサルサークルを運営するようになる時に、この時学んだことが活きてきました。


1番下位のリーグだったのですが、無敗かつ200点以上の得失点差でリーグ優勝。
20点差で勝っても、外周を走らされるほどの厳しいチームで鍛え上げられました。

その頃に芽生えたのが監督・コーチの見ていないところでどれだけ、こそこそ努力を積めるか。という意識。



興國高校。プロの選手を排出するような名門校へ。
200人近い選手が所属するチームを選んだのはやはり、自分を成長させる“環境”に身を置きたいから。


Aチームに所属できるのは35人。
僕はその35人の外。

初めて、「壁」にぶち当たった瞬間でした。


トップの選手ほど「こそこそ努力」を積んでいて、僕もやれることはやり尽くしたつもりですが最終的に、メンバーに入れず悔しい思いをしました。
プロの道を諦めたのもこの時で「全く通用せんな...」というのが本心。



とはいえ、大学でも「フットサルサークル」や「小学生のコーチ」をしていたのでサッカーの関係性は続いたままです。


大学のフットサルサークル話は上記情報にがっつり載せてますんで、コーチの話を。


僕がコーチとして携わっているのが
《西長尾FC》そう。小学生の時にお世話になったチームです。

僕をコーチに誘ってくれたのが
僕が小学生の頃にお世話になっていた大学生のコーチ。
コーチは監督になり、僕もあの頃のコーチと同じ大学生に。


「コーチ業」は僕のサッカーのレベルを飛躍的に上昇させました。
僕を成長させたのは、僕の指導がこどもたちのサッカーの基盤になるという「責任」。
こどもにも伝わるほど、知識・感覚を丁寧に説明するための「分析」。
こどもたちの活躍や、保護者様からの感謝の言葉による「喜び」でした。


特に3つ目は僕がはじめにサッカーを楽しい!と思ったきっかけを再認識でき、サッカーを楽しむという原点に立ち返れました。


こどもたちに教えながら、色々なことを学んだことで今のイタリアに挑戦できるような選手になれたと思っています。


【フットサル歴・成績】

FC BAMBi(フットサルサークル)

カミツレ枚方(現在 大阪1部リーグ)

2016年度 大阪3部優勝 個人成績(15得点 ランキング1位)

2017年度 大阪2部優勝  個人成績(9得点 ランキング7位)

2018年度 大阪1部6位 個人成績(12得点 ランキング5位)


▼このプロジェクトで実現したいこと

自らのイタリアリーグへの挑戦・活躍を通して、若者の世界を広げ、人生における選択肢を考えるきっかけを作り出す!


フットサルを大学から始めた、プロになれることすら知らなかった僕が、目の前のボールに夢中になれたことで、本場のプロリーグに所属することになった。


僕の可能性はこれに留まらないと思っています。1チームに10個のスポンサーが付く本場のトップリーグの舞台に絶対立って、学んだことを持ち帰り、日本のプロフットサルリーグに還元する!!


▼このプロジェクトをしたいキッカケ

きっかけは二つあります。

・1つ目は、お金が理由でせっかくの機会を諦めたくない。

バイトもしていますが、活躍するためのトレーニングや言葉の勉強など、向こうに行ってからの準備をして行かないといけないため、ずっとバイトしてるわけにもいかないんです。


・2つ目は1人でも多くの方に挑戦する勇気を届けたいと思いこのプロジェクトを立ち上げました。


正直、サークルからプロとなるとなかなか厳しいんじゃないか。というのが現実の声。


しかし、僕は厳しいからこそチャレンジする価値があると思います。

そこを乗り越えるために試行錯誤して失敗や成功をするから面白い!!



すでに、クラファンをしてまでチャレンジしたいと思っている自分にワクワクしています。

不安なこともありますが、自分の成長が楽しみです!



皆さんも、人生一度きり自分に期待して生きてみませんか??



▼資金の使い方

・イタリアでの活動費(チームが決まるまでの支援)20万

リーグに所属することは確定なのですが、どのチームに所属するのか“マッチング”期間が1ヶ月ありまして。その期間の生活や渡航費など、僕の夢へと挑戦する期間を支援していただきたいです!!

・渡航費 10万

・学生ビザ 5万

・語学学校 25万

・サポート費用(通訳・リーグのガイド)20万

・手数料 20万

・リターン費用 10万

合計1100000円

上記にありがたく使用させていただきます。


▼リターンについて

直接お会いして感謝の気持ちを伝えると共にいろんなお話ができたらと思い、ダイレクトな内容を多くしました!


もし「こんなリターンが欲しい」などございましたら、連絡していただきたいです!!

▼実施スケジュール

19年5月下旬 クラウドファンディング終了
19年6月中旬  【出発前パーティー】
19年7月上旬 イタリア出発
19年10月 アパレル発送
19年8月 チーム活動スタート
19年9月 シーズンスタート
20年4月  シーズン終了
20年5月 帰国。リターン【主催フットサル】&【活動報告会】




「6月は予定が開けられない。」って方は"報告会"や"主催フットサル"で1年後成長してデカくなった僕に会いに来てください!!


・アパレルは準備が整い次第の発送になります。予定より前後する可能性がございますがご了承ください。


・その他諸々は

連絡を取って決めていきましょう!



最後に

「自分も頑張ろう!」と思ってもらえるよう"結果"を求めていきます!!

最後になりましたが、僕の活動に共感していただけましたら、是非支援よろしくお願いします。

読んでいただきありがとうございました!


《本プロジェクトはAll-in方式で実施します。》

リターンできる期間が限られていて予約等の関係で、目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 活動報告

    御礼と石川魁我からの最後のお願いです!

    2019/05/25 01:21

    石川魁我です!この度はプロジェクトの支援をいただき、本当に有難うございました。皆さまの貴重なご支援のおかげで、91%まで来ました。プロジェクト終了は、本日の5月25日(土)23:59です。ラスト1日、どうしても達成したいです。僕は、イタリアで所属できたチームで結果を出し、上のリーグを目指してい...

  • 活動報告

    残り1週間!!

    2019/05/19 07:56

    クラウドファンディングを初めてちょうど1ヶ月が経ち、残り1週間になりました!!皆さん協力ありがとうございます!現在783500円 71%支援者なんと174人!!お陰様で多くの方に支援していただけてます!​​お金だけじゃなく、無形資産の人脈を繋げてくれる人も多くいて、繋がりが出来ると自分自身の幅...

  • 活動報告

    フットサル日本代表

    2019/05/10 12:16

    このクラウドファンディングを通して出会った方々の紹介で、ペスカドーラ町田でプレーしていて、フットサル日本代表の【滝田 学】さんに会わせて頂きました!まだまだプロとの意識の違いを感じました。貴重なお時間ありがとうございました!!現在59%!154人の方に支援して頂いています!皆様、協力ありがとう...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください