「HI-CONDITION」は2011年に現店舗を東京の下町 浅草橋にオープン。ステンシル作品やレザー製品、オリジナルウェアを制作するギャラリー兼工房です。今年7月、同じ浅草橋により多くのお客様が《集い・つながり・楽しめる場所》を目指し「新しいHI-CONDITION」をリニューアルオープンします。

プロジェクト本文

はじめまして。HI-CONDITION 代表の長田勇次です。

数多のプロジェクトの中から興味を持って頂きありがとうございます。

僕は現在、HI-CONDITIONのオーナーとして店舗運営をしつつ、ステンシル作品や革製品の制作を中心に最近はオリジナルウェアのデザインや制作を行っています。

10年前、よく遊びに行っていた下北沢のカフェバーで、所ジョージさんがブランドバッグにステンシルで印字をしている作品を見て「カッコいい」と仲間と盛り上がりました。初めてステンシルの存在を知り、仲間と一緒に作品を作るようになったのが始まりでした。

その後、ご縁があって作品を買いたいという方に出会い、当時の仲間たちで名付けた「HI-CONDITION」としての活動がスタートしました。

活動していく中で、ステンシルなら文字だけじゃなくて絵もできるんじゃないか、レザーと組み合わせたら面白いんじゃないかと多くのアイデアが生まれました。

活動を始めて2年後、2011年に浅草橋でレザークラフトショップのオーナーとご縁があり、現店舗をご紹介頂きました。そして現在に至るまでの活動へと続いていきました。



浅草橋は、秋葉原と両国の間に位置しています。 何世代にも渡り住み継がれた町家づくりの建物と、現代のカルチャーが吹き込まれた建物が立ち並び、数十のレザー問屋やハンドメイドショップがひしめく「ものづくりの街」です。

そんな浅草橋に2011年、仲間と2人でHI-CONDITIONをオープンしました。

現店舗は戦前から残る長屋づくりの建物で、改装が必要でしたが、店舗改装工事や部材の仕入れ等、自分たちで全て行いました。

個人のお客様はもちろん、コーヒーショップ、居酒屋等、これまでたくさんのお客様に支えられて来ました。 活動場所も浅草橋だけでなく、大阪やカナダ、アメリカ、イギリス、オーストラリア、香港での製品展開を行っています。オープン以来8年間で、1800点を超えるハンドメイド作品を制作してきました。 

壁面に展示できるステンシル作品の制作から活動を始め、厳選した革からバッグやキーリング、財布、パスケース等の制作を行うようになりました。近年ではシャツやジャケット、スカートといったオリジナルウェアの制作まで活動の幅を広げています。



HI-CONDITIONはものづくりをする時、「材料選びの時間」を大切にしています。
バッグに使用している帆布(はんぷ)は、「富士金梅®」という大阪の繊維メーカーの帆布を使用しています。この帆布は、作りたいものとの相性を考え抜いた上で、数多ある帆布の中から厳選して起用しました。財布やアクセサリーに使用するレザーも最高級の本革を使用しており、必ず1枚1枚現物を確認した上で最大限高品質なものを仕入れるように心がけています。

選び抜かれた材料は僕の中の原動力となり、ものづくりへの愛情を生み出してくれます。
そしてなによりもHI-CONDITIONが材料選びを大切にしている理由は、「誰かの日常に少しのワクワクを」という想いを込めているからです。



この8年間、多くの方々との交流を経て「一人で作品を創りだすこと」から「仲間と何かを作り出すこと」へとHI-CONDITIONの姿が変化していきました。

シルクスクリーンを用いたTシャツ制作、バリスタを招いた出張コーヒースタンド、スタイリストのヘアアレンジ体験、メイクアップアーティストのメイク教室等、多様なものづくりをワークショップという形で展開してきました。

しかし、多くの方々と新しいものづくりをするには現店舗は少し手狭になってきました。
そんな折、ご縁があり現店舗から徒歩1分の距離に現在のほぼ2倍の2階建物件をご紹介頂きました。

これまで支えてくださった皆様と過ごしてきた浅草橋で、今回のプロジェクトを通じて出会う新しいお客様と共に、新しいHI-CONDITIONをオープンします。



集まった資金は店舗の工事費をはじめ、店内に配置するソファーやテーブル等の家具、コーヒーマシン等の機材の購入費に充当する予定です。

これまでは提供できていなかったサービスをお客様にお届けするため、「空間づくり」に資金を用いたいと考えています。


<1階について>

前店舗同様に白を基調とし、HI-CONDITIONの作品展示やクリエイターの展示会に利用頂ける貸ギャラリーとしての機能も持たせる予定です。


<2階について>

天井板を取り払い、開放感のある広々とした空間にする予定です。ワークショップやイベントの無い日でもコーヒーブレイク等、ご自由にご利用頂ける大きなテーブルを配置し、ワークショップで制作したものやご購入頂いたものをすぐにお試し頂けるフィッティングルームもご用意します。

1階も2階もHI-CONDITIONで過ごす時間やものづくりを通じて、お客様同士のコミュニケーションが自然に生まれる居心地のよい場所を目指します。



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合でも、リターンをお届けします。

また今回、ほぼ全ての製品に使用しているHI-CONDITIONのタグは通常の黒色のタグではなく、クラウドファンディング限定の水色タグをご用意いたしました。

ご支援頂いた皆様がわかるように、また感謝を忘れないようにとの思いを込めています。

本プロジェクトのもう1つのテーマとして、「恩返し」があります。
これまで支えてきて下さった皆様へご恩をお返ししていく。それがいま一番自分のしたい表現です。

そして皆様から頂いたご縁やご恩を次につなげる。それが新しい店舗の役目だと思っています。

このクラウドファンディングではここまで歩んでくることができた感謝を表現したいと考え、突き抜ける様な青空の色をメインテーマにしてみました。


<リターンの詳細について>
・限定 HI-CONDITION ステッカー(全リターン共通)
 交通系ICカードにピッタリ貼れるサイズです。防水仕様の為、自転車や車等にもお使い頂けます。

・レザーコインケース(15,000コース)(※1)
 片手に収まるサイズで、両開きの便利なコインケースです。

・レザーカードケース(15,000コース)(※1)
 カードが5枚程度入り、小銭も入れられるので小さなお財布としてもお使い頂けます。

・レザートレイ(15,000コース)(※1)
 ペンや鍵を置くのに丁度よいサイズです。

・新店舗 2階に手形とお名前を残せる権利(50,000コース)
 プロジェクト終了後、詳細をメールにてご案内いたします。
 また支援時、必ず備考欄にご希望の名前をご記入ください。
 記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。

・セミオーダーメイドレザーバッグ(100,000コース)
 プロジェクト終了後、サイズや色等新店舗にて直接お打ち合わせをさせて頂きます。
 遠方の場合はメール・電話・テレビ電話等、ご都合の良いお打ち合わせ方法で対応させて頂きます。

リターンのレザー製品は全て、フルベジタブルタンニンなめしの本革を採用しています。

(※1 革のお色はこちらで厳選いたします)


<リターンのTシャツについて>

サイズをXS〜XXLまでご用意しております。
下記のサイズ表を確認の上、購入時にはサイズの希望を忘れずにご記入ください。


ある時、「新しい店舗になって、HI-CONDITIONはどう変わっていくのですか?」と尋ねられ、とっさの事で答えられませんでした。

これまでの8年間、HI-CONDITIONは本当に多くの方々に支えて頂いたお陰で、ここまで歩んで来ることが出来たと感じています。

この先、活動の場所や形が変わったとしても、その全ての活動の根幹には支えてくださった方々への感謝が息づいています。これから創り出すあたらしい店舗では、自分の作った作品を通して「人と人との新しいつながりが持てる場所作り」という形で恩返しをしていきたいと考えています。

「SNSや雑誌で話題になってお客様が100人来るお店よりも、信頼している1人から信頼している1人を紹介してもらえるお店にしたい。」 

これがその時に答えられなかった質問への、僕からの答えとしたいと思います。 

最後までご覧頂きありがとうございました。ご支援の程、心よりお願い申し上げます。

HI-CONDITION代表 長田 勇次


※本文中に使用されている写真は、非撮影者に使用許可を頂いた上で使用させて頂いております。

  • 2019/09/11 19:29

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

  • 2019/09/09 16:02

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

  • 2019/06/13 20:00

    こんばんは。HI-CONDITION 代表の長田勇次です。プロジェクトを公開から23日、本当にたくさんの方々からのご支援を賜り現時点で支援人数は121人を数えます。まずはご支援頂きました皆様に、心より御礼申し上げます。本当にありがとうございます。そこで、そうした感謝を込めてより多くのみなさまへ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください