世界中で人気のファイヤーキングが手がけるミルクガラスを、日本で初めて復刻させた井置仁が立ち上げるニューブランド『オールドミルクガラス』食器や照明、今までにない和テイストのタンブラーは透け感を強調した新たなカラー展開でご用意しました。ミルクガラスを世界最大の雑貨展示会「メゾンエオブジェ」に出展したい!

プロジェクト本文

世界に飛び立つ日本復刻 ”オールドミルクガラス” 

  欧米への逆上陸を果たしたい !!


ミルクガラスはヨーロッパで誕生し、アメリカでその全盛期を迎え1970年代にほぼその生産を終了しました。ぼってりとしたフォルム、手にずっしりと伝わる質量感、やさしい乳白色の魅力は現代の生活にも馴染みます。このミルクガラスを日本で復刻をし、世界最大の雑貨の展示会『メゾンエオブジェ』への出展を通じて世界の人々にミルクガラスのある生活を届けたい。

メゾンエオブジェ https://www.maison-objet.com/en



ミルクガラスの特徴

1) よりガラスの透け感を実現
ミルクガラスの魅力は何と言ってもそのやさしい乳白色にあります。しかしあまり乳白色が強調されすぎると陶器やプラスチックと識別しずらくなります。このプロジェクトで先行販売するすべての色はよりガラスの透け感を実現しています。 

ガラスの透け感がもっともわかりやすい色は白です。今回キャンプファイヤーで先行販売をする白は新色で、よりガラス感を強調したのはアラバスターホワイトです。

  

2)新色
このプロジェクトでは従来の色を改良した色と更に今までには無かった新色を先行販売します。
ジェードはもっとも人気のある翡翠に由来するグリーン。乳白色とグリーンの配合を改良してガラスの命である透け感をアップしています。マグにそそぐコーヒーや紅茶がやさしく透けて見えます。

オールドローズ(ピンク):落ち着いたアンティック感にあふれる大人の男性でも違和感なく使用できる色です。
アラバスターホワイト:非常に微妙な調合でガラスの透け感を実現した現在流通しているミルクガラスの白とは違う次元の白・アラバスターホワイトです。
スカイブルー:夏の朝の大空を意識して作りました。今までには無い新色です。
バターミルク:アイボリーの少し黄味ががったやさしい色です。新色です。
ライラック:上品な紫色です。今までには販売されたことが無い新色です。

ジェード

アラバスタ―ホワイト

2010年に復刻して以来現在の白よりもよりガラスの透け感を実現しています。  

左から バターミルク ライラック オールドローズ スカイブルー











  




3)新しいアイテム

  ★ オールドダイナーマグ
従来のオールドダイナーマグを少し軽量化しました。シンプルで古き良きアメリカのダイナーで使用されていたようなマグです。オールドダイナーマグはアンカーホッキング社でファイヤーキングの企画や生産2000年のブラジルでの復刻生産に実際に携わったシューク氏により命名して頂きました。

よりガラスの透け感を強調したアラバスターホワイトとジェード、新色のオールドローズ、スカイブルー、バターミ ルクとライラックの6色展開です。

ブラウンとグレーは参考商品です


底面の刻印


サイズ:高さ 90mm 飲み口 85mm 重さ330g 容量約230ml

熱衝撃テストの結果

耐熱となり得る120度の温度差の熱衝撃でも大丈夫でした。2010年に初めて復刻した際は約100度でも割れていましたが、オールドミルクガラスとして調合を改良してより強いガラスになりました。個体差がありますので、耐熱ガラスとしては販売しておりません。
 

新型のスタッキングマグカップ



ワイングラスの形状を参考に飲み口にかけてシェイプしてコーヒーや紅茶の香りをより一層楽しめるようにと考えました。丸っこくぼってりとしたフォルムがミルクガラスとよくマッチしています。スタッキング収納が可能です。

サイズ:高さ82mm 飲み口70mm 底55mm

ジェード、オールドローズ、バターミルクの3色での先行販売です。


ワイングラス
繊細でスタイリッシュなミルクガラスのワイングラス。

Image caption

ジェード、スカイブルー、オールドローズとアラバスターホワイトの4色で先行販売致します。

サイズ:高さ160mm 飲み口60mm ステム80mm


生産風景


ヨーグルトスプーン
カラフルでかわいいミルクガラスのスプーン。マグカップと共にご使用ください。
ミルクガラスの口当たりの良さが魅力です。

 サイズ 長さ10cm

アラバスタ―ホワイト

ジェード

スカイブルー

オールドローズ

照明ランプ、ヴィンテージグローブライト
食器だけではなくミルクガラスに囲まれたライフスタイルを提案するのがオールドミルクガラスのコンセプトです。 

地球を意識した丸い照明を点ければ、お部屋の雰囲気が一気に1960年代のアメリカンダイナーに!!!

  ジェード点灯したところバターミルク点灯したところ

 

和風のミルクガラス、タンブラー
他には無い和風のミルクガラスのタンブラー。
金型を轆轤の様に回転させて遠心力で成形するため、全てが微妙に違ったフォルムに仕上がります。
飲み口も緩やかに自然に波打ったような仕上りになります。日本発ブランドならではのオールドミルクガラスアイテムです。

キャンプファイヤーからの先行発売です。

サイズ 高さ 80mm  飲み口 82mm 底48m 

ジェード アラバスターホワイト バターミルク オールドローズ ライラックの5色で先行販売致します。

4)ミルクガラスとは?
ミルクガラスはイタリアで誕生をして1900年代にアメリカで絶大な人気を誇っておりました。ジャネット ヘーゼルアトラスそして日本に多くのコレクターを持つ、ファイヤーキングは当時は大量生産されておりました。

ファイヤーキングを生んだアンカーホッキング社(2010年ころ)

アンカーホッキング社には大量のファイヤーキングが在庫されていました。

当時のファイヤーキングのポスター

しかし生産が難しく、環境に影響をあたえる薬品を使用していた事などから1970年代にはそのほとんどの生産が終了をしてしまいます。現在ではコレクターアイテムとしての人気が高いです。

1900年代のアメリカではミルクガラスはオートメーション設備で、ファイヤーキングは全米で最も安価な食器として大量生産されていましたが2010年に私がファイヤーキングを復刻して以来、日本ではほとんど手作りの生産となっております。

注意点
・ 耐熱ガラスではありません。
・ 急激な温度差を伴うご使用はお避け下さい。
・ 通常の室温でコーヒーや紅茶等についてのご使用は問題ありません。
・ 色ムラ しわなどはミルクガラスの特徴となります。

5)オールドミルクガラスについて 
オールドミルクガラスのコンセプトはミルクガラスに囲まれたライフスタイルの実現です。
先ずは食器から初めて照明器具や雑貨、ミルクガラスを一部に使用したテーブル等の家具を順次提案して行きます。
生産や企画については1970年代にアメリカにてファイヤーキングの企画や生産を担当していたシューク氏の協力を得て進めています。
このプロジェクトを通じてミルクガラスを生み育んだ欧米への逆上陸を果たしたいと考えております。皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。


  2010年ライセンス契約のために訪れた際のシューク氏とデザイナー

  • 活動報告

    自然で斬新 美しいマーブルカラーのミルクガラス

    2019/07/10 17:00

    美しいマーブルカラーのミルクガラス次に是非とも商品化を進めたいのが自然で美しいジェードの濃淡のマーブルカラーのマグやタンブラー。水の流れや青空に白い雲が浮かぶようなイメージの美しいマーブルカラーのミルクガラス。もちろん一つ一つが違った表情に仕上がります。ほとんど偶然の賜物です。白とスカイブルー...

  • 活動報告

    ファイヤーキングの事

    2019/06/21 22:22

    オールドミルクガラスを設立する根本的なきっかけとなったファイヤーキングの復刻について書いておきたいと思います。友人との会話からのスタートファイヤーキングが大好きな友人との普段の会話からファイヤーキングを復刻出来たら凄いねと話した事から全ては始まりました。2008年の頃の事です。ファイヤーキング...

  • 活動報告

    和のテイストのミルクガラス

    2019/06/17 22:55

    他には無い和テイストのミルクガラス!日本のミルクガラスのブランド ”オールドミルクガラス” ならではの和のテイストを持ったアイテム。その製法も非常にユニークです。通常は金型でプレスしますが私たちの和のテイストのタンブラーは金型を回転させてその遠心力で成形するものです。スピン成形と言っております...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください