記録的大ヒット映画「君の名は。」で題材になった”組紐”製造元は、皇族をはじめ歌舞伎界や茶道界などから愛され、世界にも進出している龍工房。日本伝統技術を駆使した組紐のブレスレットを、selectのテーマカラーである”赤”を使い製品化。ここだけにしかない、赤の三重巻組紐ブレスレットです。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

初めまして、”和” ”土産”を合わせた

和土産をコンセプトとしたセレクトショップを運営している株式会社selectです。

5月に品川にある実店舗がリニューアルOPENします。


2018年8月、北品川にオープンしてから、ハンドメイド雑貨、リペア、修理、ネイルサロンなどを

主に取り扱ってきました。


このたび、”和土産”をコンセプトとしてリニューアルオープンし、

日本にも、そして世界にも”和”を広げるために初のクラウドファンディングに挑戦いたします!


このプロジェクトで実現したいこと

実店舗のリニューアルオープンに先駆け、

皇族や歌舞伎、茶道など様々な業界ご用達の龍工房と弊社セレクトショップの

テーマカラー”赤”の糸を使った組紐のコラボ商品を発売する事で、

日本はもとより世界に組紐を広めたい。


プロジェクトをやろうと思った理由

selectのコンセプトである”和” ”土産”の文化を世界に広める第一歩として、

日本の伝統技術をもつ”龍工房”とのコラボレーションにつながります。


これまでの活動

プロジェクトにつながる活動は今回が初となります。


資金の使い道

組紐の制作費


リターンについて

”組紐”とは、専用の台を使い、職人が数十本の絹糸を一定の法則で交互に1本1本手作業で組み上げていく紐です。
複雑な柄になると熟練の職人が集中しても、1時間で数センチ”しか組むことができないという希少価値高い伝統工芸品です。

『龍工房』
純国産絹糸を使用
上質な純国産絹糸でものづくりを行う為に、養蚕家による元気な桑作りにはじまり、
育成・管理・製糸・合糸・撚糸・精錬に至るまで、
昔ながらの「ゆっくり」を合言葉に絹糸づくりから取り組んでおります。
伝統継承する組紐職人の技で「空気」をも組み込みながらしっかりと仕上げました。

伝統的な商品だけではなく、ブレスレットのほか日本の高級ホテルのフロントに設置されているぺン、
ドイツのデザイナーとコラボしたカメラストラップなど新たな商品づくりにもチャレンジし続けています。


実施スケジュール

2019年4月下旬:クラウドファンディングスタート
2019年4月末 :プロジェクト終了
2019年5月1日 :selectリニューアルオープン
2019年5月上旬:オーダー・製造開始
2019年5月下旬:検品・出荷・輸入
2019年6月上旬:リターン出荷予定


最後に

海外の方の言う、サムライニンジャなど日本人からすれば多少違う認識をされていると感じる言葉があります。

しかし、それも海外から築いた日本文化だと考えています。

日本ではお菓子などをお福分けする"土産"という文化がありますが、海外、特にアジア以外にはありません。

旅先で誰かを想い、品を買い、渡す。

こういった新しいミヤゲ、和の土産、”ワミヤゲ”という文化が海外に広まれば面白いと考えています。

その先駆けとして今回のクラウドファンディングは第一歩となると思います。

どうぞ、弊社selectをよろしくお願いいたします。


本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください