Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

『耳のきこえない人、オモロいやんけ!』と思わず言っちゃう本を創りたい!!!

現在の支援総額
2,538,000円
パトロン数
402人
募集終了まで残り
終了

現在126%/ 目標金額2,000,000円

このプロジェクトは、2019-05-12に募集を開始し、402人の支援により2,538,000円の資金を集め、2019-07-08に募集を終了しました

みなさんは耳のきこえない人に会ったことがありますか?耳がきこえないのって周りから見ただけじゃわからないし、どんなことに困ってるかも気づかれにくい…。だから!それを多くの人に知ってもらうためにきこえない人に関するめっちゃオモロい本を創りたいんです!


(2019/6/9追記)

ついに・・・みなさまのおかげで目標金額200万円を達成しました!!!

応援してくださったみなさま、本当にありがとうございます!!!!
oioiメンバー一同、心より感謝しております。

そして、私たちの挑戦はここで終わりません。

きこえる人ときこえない人の間にある心のバリアをぶっ壊すために、
"手話エンターテイメント"という手段をとる私たちは
残りの29日間でネクストゴールに挑戦いたします!!

新たな目標額は【300万円!!!!!!

ご支援いただいたお金は、
"手話パフォーマンス"をより盛り上げていくための
イベントづくりの費用
として使わせていただきます。

"手話パフォーマンス"を新しい文化として
もっともっと今以上に盛り上げていくことができれば、
今以上にたくさんの人が手話に触れるようになり、

"きこえる人"と"きこえない人"のコミュニケーションが
自然と盛んになっていくと心の底から信じています!!

どうかこの私たちの夢を実現させるためにも、
最終日の7/8(月)23:59まで、引き続き、応援をお願いいたします!

※新しい目標設定に伴い、リターンも一部、新規追加いたしました!



ーーーーはじめに/ご挨拶
ーーーー私たちの活動
ーーーー私たちが創りたい本とは?
ーーーー私たちのプロジェクトにかける思い
ーーーーメンバー紹介
ーーーーリターンのご紹介
ーーーー資金の使い道
ーーーースケジュール
ーーーー最後に


こんにちは!
一般社団法人手話エンターテイメント発信団oioi(オイオイ)です!
私たちは「きこえる人ときこえない人の間にある心のバリアを壊すこと」活動理念として、手話コントや手話歌など手話エンターテイメントを発信している団体です。

私たちの特徴は、
耳がきこえるメンバーときこえないメンバーが共に活動し、
「きこえないこと」をネタにした明るいコントを行ったり、
きこえないメンバーが音楽に合わせて歌を手話で表現したり、
とにかく明るくて笑顔を絶やさないようなパフォーマンス

披露するところです。

そんな私たちのパフォーマンスは、
「思っていたより手話ってカンタン!」
「障害者は暗いと思っていたけど、めちゃくちゃ明るくて驚いた!」
「きこえない人でもめっちゃ喋るんですね!」
など、"手話"や"きこえない人"に対するイメージを良い意味で裏切ることが多いです。

しかし、それが逆に言うと、"手話"や"きこえない人"に対する"誤解"や"偏見"がまだまだたくさん存在するという意味でもあると思います。

普段から耳がきこえない人と交流する機会のない方にとって、耳がきこえない人の存在は未知の存在であり、きこえない世界というものは未知の世界に等しいものがあると思います。

心のバリアはお互いのことを知らないことから起こる"誤解"や"偏見"から生まれます。
そんな心のバリアを少しでも壊せるように、「きこえない人の生活」についてオモロく、ププッと笑って理解していただけるような本を創るための資金を募ります。
今までにないオモロい本にしていきます
ので、ご支援の程、宜しくお願いいたします!


『手話エンターテイメントには、世界を変える力がある』

団体を発足する前は、手話パフォーマンスが好きな1人の学生だった私たちですが、あるときに全力で手話パフォーマンスを披露した際に、障がいの有無やきこえる、きこえないの違いに関わらずに一緒に笑い合う人たちの姿を見て、手話を用いたエンターテイメントの「人の心を動かす魅力」を強く感じました。

手話パフォーマンスを見てくれた人たちが手話やきこえない人たちに関心をもってくれれば、世界は変わっていくのではないか? あの時パフォーマンスを見て笑いあえたように、みんなで一緒に笑いあえる社会になるのではないか?

・・・そんな社会にしたい!!!!!

そこで、2005年に手話パフォーマンスが好きなメンバーを集めてできた団体がoioiです。

当初は任意団体として、ストリートライブや地域のイベントへの出演等を中心に活動しておりましたが、少しずつ少しずつ手話パフォーマンスの需要が増え、今では関西を飛び出して、東京、神奈川、名古屋、広島などでパフォーマンスする等、その活動範囲が広がってきております。また、パフォーマンス活動をしていく内に、手話パフォーマンスや手話そのものに興味をもってくださった方が増えてきたため、さまざまなワークショップ活動も行うようになりました。

上記以外にも、SNSを使って、手話パフォーマンスの魅力を発信したり、きこえない人の生活に関する啓発を行ったり、世の中の関心を引き出すためのあらゆる取り組みを行ってまいりました。

2016年4月には一般社団法人となり、現在は以下のような活動を行っております。

関西を中心に、地域のイベント・ライブイベントに出演したり、行政、学校関係、福祉施設等からの依頼を受けて、出張パフォーマンスを行うなど、小さな子供から高齢の方まで幅広い層のお客様に「笑い」と「手話」の魅力を届けております。

「手話」あるいは「手話エンターテイメント」の楽しさをたくさんの人たちに知っていただくために、定期的にワークショップを開催しております。硬い内容ではなく、みんなが笑って、楽しく学んでいただけるようなやり方を工夫しています。また、依頼に応じたワークショップも開催しており、リクエストに応じて、「きこえない人の生活」をテーマにした講演(コント付き)も行っています。

上記以外に「手話」および「手話エンターテイメント」のさらなる発展、普及を図るための取り組み(イベント事業の運営やコラボパフォーマンス活動)を行ったり、SNS(Facebook、Twitter、instagram、YOUTUBE等)を通した「手話」や「きこえない人の生活」に関する啓発活動等も行っております。


新聞・ラジオ・テレビ番組などへの出演も少しずつ増え、手話エンターテイメントの魅力をじわじわと確実に世間に広めつつあります。

※写真をクリックすると動画がご覧いただけます。



みなさんはきこえない人について
        どんなイメージをもっていますか?

「耳がきこえない人と話すためには手話が必要?」

「耳がきこえない人は喋ることができない?」

「耳がきこえない人は音楽が好きじゃない?」

「耳がきこえない人は電話することができない?」


と、いろんなイメージを持っておられるでしょうし、
そもそもまったく関心がないという方もいることでしょう。

ちなみに正解は全て「×」です。

耳がきこえない人は全員手話ができるわけではないし、
普通に喋ることができる人もいるし、
普通に音楽好きな人もいて、
普通に電話もできる人もいたりして、
決して一概に言えるものではなく、みんな人それぞれなのです。

oioiには
きこえるメンバーもいれば、きこえないメンバーもいます。
長年活動を共にしているメンバー同士でも、
いまだに「え!そうなん?!」と驚くような話がよくあります。

今回はそんな未知の世界を多くの人たちに知ってほしいと思い、
「きこえない人の生活」をテーマに本を創ることにしました。

そんな私たちのこだわりポイントは以下の3つです。


おそらく一般的には「きこえない人の生活」はあまり関心がないことだと思います。だからこそ、私たちはそんな関心のない人たちにも読んでいただけるように、「アホやな!」っていうエピソードから「そうなんや!」ってなる驚きのエピソードまでオモロさにこだわってまいります。

なお、執筆者ももちろんオモロい人で、グッドニュース発信塾の塾長である大谷氏によるインタビューで掘り起こされたoioiのきこえないメンバーの赤裸々な生活風景をイラスト付きの分かりやすい構成で書いてくださる予定です。


大谷邦郎氏
情報発信のコンサルタントやセミナー講師、障害者が主催するイベントのプロデュース、さらに「講談作家」としても活躍する傍ら、「HEROES~車いすダンスの軌跡~」や「なんでもない日はとくべつな日~渡航移植が残したもの~」などの執筆活動もされております!!


<大谷氏からのメッセージ>
 今回、本の執筆をさせていただくジャーナリストの大谷邦郎です。こう書いちゃうと、応援にならないのかも知れないけれど、「お金が集まらなくても」出版するつもりでした。それほど、彼らoioiのメンバーたちを紹介したかったからです。「聞こえない世界」とはどう言うことか?彼ら・彼女らの声を通して、知ってもらいたいからです。障害があるとか無いとか、なんかそんなことを“飛び越えて”、誰もが「へぇ~」と楽しめる面白い本を、皆さんの後押しを受けながらお届けしたいです。応援お願いいたします。


私たちはこの本を通して、
「聴覚障害者って大変」って思ってほしいわけではありません。

聴覚障害者の生活にもいろいろあり、きこえる人からすれば驚きの事実もたくさんあると思います。

ぜひ、そんな驚きを純粋に楽しんでもらいたいのです。
少しでも「福祉っぽさ」や「障害者観」を払拭できるように
本のデザインにもエンターテイメント性にこだわります。
この本は福祉コーナーではなく、コメディ分野に置かれることを目指します(笑)


今回の本は主に私たちoioiのきこえないメンバーの体験談がベースであり、必ずしもすべての聴覚障害者が同じように当てはまるものではありません。しかし、それでも私たちの中だけでも共通する部分はあるし、それぞれ異なる部分もあるのだというガチでリアルな話を取り上げていきます。

(以下、本の原稿より一部抜粋)

あなたには何人の「耳の聞こえない」お友達がいますか?

こんなデータがあります。平成25年版の障害者白書によりますと、18歳以上の聴覚・言語障害者は34万3000人。18歳未満の聴覚・言語障害児は1万7300人。合わせて約36万人。すなわち、日本人の1000人に3人がそうだと言うのです。この聴覚・言語障害者児の数は決して少なくはありません。しかし、どうですか?あなたにはそれだけの数の「耳の聞こえない」お友達はいますか?多分あなたが聴覚に障害があると言うのであれば、それだけの、あるいはそれ以上の「耳の聞こえない」お友達はいるでしょう。一方、あなたが聴覚には何ら問題はないと考える健聴者であるなら、その数は格段に少ないはずです。いや、全く出会ったこともない、と言う人もおられるかもしれません。しかし、それは何もあなたの交友関係が狭いからではありません。多分、あなたは出会っていた。それに気づかなかっただけ。いえいえ、決してあなたが鈍感だったと言っているわけでも、ディスっているわけでもありません。聴覚障害者は、時に、その聴覚障害を隠そうとするからです。(続く)

ちょっと読みたくなっていただけたでしょうか?笑

今回の創る本のジャンルは

 「ノンフィクション」
 「社会問題」
 「生活・暮らし」

 ・・・「お笑い」

という感じで、
ちゃんとマジメな話もあれば、オモロい話もある!

そんな風にメリハリを意識した構成
いろんな方に楽しんでいただける本にする予定です。


私たちはきこえる人ときこえない人の間にある
心のバリアをぶっ壊すために手話エンターテイメントを通して、
"手話"や"きこえない人"のことを発信している団体です。

なぜ、エンターテイメントなのか?

とよくきかれますが、その理由はとてもシンプルです。

通常、こういった啓発活動は堅い内容のものが多く、
普段から関心の高い人は、興味をもって話をきいてくださる方が多いのですが、残念ながら、堅い話だけではもともと関心のない方には興味を持ってもらえないのが現状です。

そこで、私たちはエンターテイメントという手段を選びました。

エンターテイメントでオモシロく伝えていけば、
"手話"や"きこえない人"について、興味を持ってくれる人が増える
と信じています。

これまでの14年間、関西を中心に手話エンターテイメントの発信を続けてまいりましたが、私たちに出会った方々のほとんどが私たちの姿を見て、"手話"や"きこえない人"に対するイメージがポジティブなものに変わったと言います。


だからこそ、私たちはエンターテイメントには「人の関心を引き付ける力がある」と信じています。

この世の中に存在する多くのバリアが"無関心"から生まれるものであれば、私たちはエンターテイメントをうまく使って、たくさんの人の関心を引き出したい。

それが将来的にきこえる人ときこえない人の間にあるバリアをぶっ壊すことに繋がると信じています。

今回のプロジェクトでは、そんな私たちのエンターテイメント活動の一環として、
「オモロい本」を創ることで、
より多くの人たちに「きこえない人の生活」について知っていただく契機にしたいと考えています。

もちろん、本創りにおいても私たちのスタンスは変わりません。
エンターテイメント性を意識し、普段、きこえない人に関心がない方にも楽しんでいただける、そんなオモロイ本に仕上げてまいります。
なにとぞご支援ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


今回、私たちが創る本に登場するoioiメンバーの一部をご紹介いたします。

こんにちは!oioi代表の「のぶ」です!

生まれた時から耳がきこえない36歳です。
僕は極度の方向音痴で道には迷いますが(笑)、夢には迷いません!

何もしなければ世界は変わらないが、
         何か動くことで世界は変えていける。

そんな気持ちで日々燃えております!!!!


こんにちは!「りょーじ」&「らんま」です!

りょーじは生まれた時から耳がきこえません。
オシャレとメガネが大好きな29歳!

らんまは生まれた時から耳がきこえます。
雑貨と音楽が大好きな27歳!

僕らは今年で結婚4年目を迎えます!
今回出版する本では僕らの実生活も赤裸々に語っています!
きこえない夫ときこえる妻の生活、ぜひ読んでみてください。

※のぶ、りょーじ、らんまの他にも数名oioiメンバーが登場する予定です。


◎3,000円

①【オリジナルしおりとクリアファイルコース】

・出版記念デザインのオリジナルしおり×2枚
 ※しおりデザインは決定次第、掲載いたします。
・指文字が勉強できる便利なオリジナルクリアファイル
・心を込めた感謝のメールをお送りします。

②【オリジナル缶バッジとクリアファイルコース】

・2019年度新デザインオリジナル缶バッジ×3個
 ※缶バッジデザインは決定次第、掲載いたします。
・指文字が勉強できる便利なオリジナルクリアファイル
・心を込めた感謝のメールをお送りします。

③【とにかく応援コース 3,000円~】
とにかく応援したいという方はコチラ!
心を込めた感謝のメールをお送りします。
※金額は3,000円~任意で指定いただけます。


◎5,000円

①【限定カラーオリジナルTシャツコース】
・出版記念限定カラーのオリジナルデザインTシャツ!
 ※サイズはS~XXXLまで選んでいただけます。
 ※カラーは今回の出版記念限定カラーに変更予定です。
・心を込めた感謝のメールをお送りします。

②【オリジナルトートバックコース】
・大人気!
 オリジナルデザインのトートバッグをプレゼントします!
 ※指文字で「ト」と「ト」を表現しているデザインです
・心を込めた感謝のメールをお送りします。

③【自主公演イベントご招待コース 】
・支援者様限定!
 oioiの自主公演イベント 『HANDER WORLD Ⅱ』に
 1名様をご招待いたします。(自由席)
 ※今回の公演は出版記念イベントも兼ねております。
 ※座席のチケットは当日の受付でお渡しいたします。
 ※当日はoioiのパフォーマンス以外に執筆者の大谷氏との
  トークショーも予定しております。

 ★イベント概要
 日時:7/13(土) 午後の予定
 場所:ESAKA HALL
    大阪府吹田市江坂町1丁目18-8
    大阪メトロ御堂筋線 「江坂」駅下車、1番出口徒歩4分
 ※交通費は自己負担でお願いいたします。
・心を込めた感謝のメールをお送りします。

④【出版予定の本コース】
・みなさまのご支援で完成した本を差し上げます。
・心を込めた感謝のメールをお送りします。


◎10,000円

①【出版予定(サイン入り)の本コース】 
・今回の執筆活動に関わったoioiメンバーの
 サイン入りの本をお届けします!
・心を込めた感謝のメールをお送りします。


②【自主公演イベントのエンドロールにお名前を載せるコース】 
・希望者は7/13(土)開催の出版記念自主公演イベント
 「HANDER WORLD Ⅱ」のエンドロールにて
 社名または個人名を記載いたします。
・みなさまのご支援で完成した本を差し上げます。
・心を込めた感謝のメールをお送りします。
 ※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。
  記入が無い場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載します。
  ご了承ください。


◎30,000円

①【あなただけのオリジナルHAND BEAT映像コース】 
・お好みの言葉であなただけの特別なHAND BEAT映像を作成!
 ※手話で表せる単語に限ります。
  内容はメールにてご相談させていただきます。
 ※映像はデータでの提供とさせていただきます。
 ※最初にあなたのお名前を叫ぶ映像もお好みで追加OK(笑)
 ★サンプル映像はこちら!  

・みなさまのご支援で完成した本を差し上げます。
・心を込めた感謝のメールをお送りします。

②【HPにお名前を載せるコース】
・oioiのHPの支援者ページにて社名または個人名を記載します。
・みなさまのご支援で完成した本を差し上げます。
・心を込めた感謝のメールをお送りします。
 ※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。
  記入の無い場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載します。
  ご了承ください。


◎50,000円

①【世界に一つだけのオリジナルソング映像コース】 
・耳がきこえないメンバーがアナタのために全力で歌います。
 ※ただし、質は保障できかねます(笑)
 ※映像はデータでの提供とさせていただきます。
・みなさまのご支援で完成した本を差し上げます。
・心を込めた感謝のメールをお送ります。

②【座談会にご招待コース】 
・oioiのきこえないメンバーの座談会にご招待
 ※日程は別途調整いたします。
 ※場所は大阪市内または近郊を予定しております。
 ※オンライン参加でもOK。
 ※交通費は自己負担をお願いします。
 ★対面での座談会に参加してくださった方には、
   オリジナルグッズのお土産をご用意予定です!
 

・みなさまのご支援により完成した本をお届けします。
・心を込めた感謝のメールをお送りします。

③【本にお名前を載せるコース】 ※5月末までの限定コース 
・出版予定の本に社名または個人名を記載します。
・お名前が載った本をプレゼントいたします。
・心を込めた感謝のメールをお送りします。
 ※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。
  記入の無い場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載します。
  ご了承ください。


 ① 出版費用 1,200,000円 ※2,000部
 ② イラストデザイン 200,000円
 ③ リターン&郵送料 290,000円
 ④ クラウドファンディング手数料 310,000円


 2019年5月     PR活動、入稿
 2019年6月     PR活動、校正
 2019年7月     オモロい本(仮題)の出版
 2019年7月~8月   リターン品の送付
 2019年7月13日(土)  出版記念自主公演イベント
          「HANDER WORLD Ⅱ」開催 


今の社会は"きこえる人"と"きこえない人"の間にたくさんのバリアがあり、なかなか相互理解が進んでいない部分がありますが、コミュニケーション方法については、ちょっとした工夫があれば解決しますし、ちょっと踏み込むことができれば、あっという間に分かり合えると思います。


今回、私たちが創ろうとしている本がそんな風に
"きこえる人"と"きこえない人"の歩み寄りをお手伝いする。
そんなツールになれれば嬉しく思います。


そのためにも多くの人たちに私たちが創る本の存在を知っていただき、多く人に読んでいただくことが重要となりますので、みなさまにも、ご支援のお願いを申し上げると共に周りの友人・お知り合い等への発信にもご協力をお願い申し上げます。


私たちと一緒に「バリアクラッシュ」して、きこえる人ときこえない人がより歩み寄れる社会を創っていきましょう!!

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
 目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください