金沢武士団は、今期3期連続の赤字のためにB2からの降格が決まりました。しかし、B3リーグでプレーするためには、新たに4000万円が必要であるということでした。このプロジェクトは、選手が心置きなくB3でプレーできるよう、クラウドファンディングによって資金を集めることを目的として立ち上げました。

プロジェクト本文

Nacss(ナックス)は地域活性化を行うにあたり
金沢武士団後援会の一員として支援活動を行っております。

はじめまして。Nacss(ナックス)の京堂と茶谷です。

私たちは”スポーツで地域創生”という金沢武士団、中野社長の理念に共感し
試合運営やイベントのお手伝いなど
微力ながら金沢武士団の応援をしてきました。

【試合開始前トークショーで司会担当をするNacss茶谷義隆】

先日、3年連続の赤字によるB2リーグからの降格という情報が
突然飛び込んできました。

私たちは、金沢武士団の中野社長に
降格に至る事情や、その原因などを詳しくお聞きしました。

【金沢武士団の現状を語る中野社長(左)Nacss茶谷、京堂(右)】

中野社長によると、B2リーグから降格が決定し
またB3リーグでプレーするにしても資金が必要であり、
これについては、窮状を知った新たな支援者によって支援いただいているが
あともう少し資金が不足しているという情報をいただきました。


私たちもこのB3リーグ参入を現実のものとするために
出来るだけのことをしたいと考えました。


金沢武士団をB3参戦させたい!!

チームは、「再度挑戦するんだ」という気持ちで来シーズンに向けて心一つにしています。

私たちは、金沢武士団が経営理念としている
”スポーツを通した街づくり”を今後も続けてほしいと願っています。

ここを乗り切れれば日々応援していただいている皆様に
新たな価値を提供することが出来ると確信しています。

私たちは地域活性化のため活動する人たちを応援する目的でNacss(ナックス)を立ち上げました。

このNacssという受け皿を使って、B3で選手たちが一歩を踏み出すための
クラウドファンディングを実施することとなりました。。

皆様のお力で、まずは金沢武士団の財務状況の改善の支援として、何卒ご協力をよろしくお願い致します。

チームが再挑戦して、B3リーグに参戦する姿を見てくれた人に
諦めないことや勇気を与えたい!!

地元のチームの活躍を見てもらい、地元の人たちが地域に対しての愛着を感じ
誇りに思ってほしいと考えています。



Nacss (ナックス)とは

Nacss(ナックス)代表の京堂です。
前田利家公の出世城「小丸山城」の麓
能登の城下町「一本杉通り」を拠点に活動をしています。

このプロジェクトでは
能登七尾、石川の文化、芸術、スポーツとの融合により
地域を、より楽しい場所に活気のある場所にすることが目的です。

文化では知られていない歴史や
地域資源を皆様に知っていただき
実際に足を運んでいただく取り組んでいきます。
こういった支援することで地域の活性化につなぎます。

芸術では石川の若きアーティストの
知名度、認知度を上げる取り組みをすることによって
全国的、世界レベルで認知される支援をします。

プロスポーツでは
各プロスポーツの試合来場応援者を増やし
スポーツを通じた賑わいにより地域を活性化します。
ホーム、アウェイ問わず石川の方、石川にかかわる方の観戦、応援で
スタジアムやアリーナが盛り上がるよう最大限に支援をしていきます。

メンバー活動実績(代表理事 京堂竜也/理事 茶谷義隆)

Bリーグ 金沢武士団 後援会
BCリーグ 石川ミリオンスターズ後援会幹事
V1リーグ PFUブルーキャッツサポーターズクラブ
地域食材資源広報活動
児童養護施設寄付活動等


資金の使い道・実施スケジュール

集めた資金は全て金沢武士団の支援に使わせていただきます。

資金内訳(10,000,000円)
支援金額7,164,000円
サイト手数料(17%税抜)+運営費(リターン等約10%)2,836,000円


リターンのご紹介

・お礼メッセージメール
・サイン付き金沢武士団集合写真ポストカード
・サイン色紙
・感謝のお食事コース招待
・全米5連覇チアリーダーの【全米を沸かせたチーム】をテーマとした講演権
・金沢武士団、中野社長の【プロスポーツを活用した地域活性化】をテーマとした講演権
 (元新潟アルビレックスBB社長、元BJリーグ社長)


最後に

ぜひ皆様の力で金沢武士団がB3リーグ参戦できるようご支援よろしくお願いいたします。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
 目標金額に満たない場合も、計画を必ず実行し、リターンをお届けします。
※本掲載画像は金沢武士団より掲載許可をいただいています。
※今回のプロジェクトは金沢武士団のご協力のもと共同で進めています。
※関係団体名、関係者名の掲載許可をいただいています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください