皆さんもテレビやSNSで目にしたことがあるのではないでしょうか?2016年にアメリカで火が付き、今や全世界で約30店舗が展開されている「物がぶっ壊せる部屋」。日本にも物を壊してスッキリしたい人がいるはず!そしてついに第1号店のオープンが決定しました!!しかしそこには大きな落とし穴が…!!

プロジェクト本文

【先着10名限定!サービス利用招待券2枚セット】 ¥5,800

通常利用¥3,800のスタンダードコースの招待券2枚セットがクラウドファンディング特別価格の¥5,800でゲットすることができます!!
更にREEAST ROOMステッカーもついてくるお得なリターンです!
ご家族や友達や彼氏・彼女と一緒に日本初上陸のサービスを楽しみに来てください🐻

【REEAST ROOMオリジナルトートバッグ】 ¥5,000

REEAST ROOMロゴ入りオリジナルトートバッグと招待券1枚とREEAST ROOMステッカーのお得な3点セット!!
普段使いもできるデザインに仕上げています🐻

※画像はあくまでイメージですので予めご了承ください。
※リターンの項目の一番下に追加してあります。

遂に、物が壊せるサービス『REEAST ROOM』が5月1日に浅草でオープンすることが決定しました!!
スマホ版公式サイト*予約受付中!
※pc版は只今準備中ですのでスマホからご覧ください
【店舗場所情報】公式サイトより抜粋 ※Googleマップはこちら

私たちは「物が壊せるサービスREEAST ROOM(リーストルーム)」を「日本で初めて」立ち上げるために活動をしております。

そう「日本初」なのです。
「日本初」という響きを聞くと、みなさんは「良いよね~」と思うかもしれません。
私たちもそう思っておりました。

しかし、「日本初」とは「前例がないサービス」ということと同義なのです。
この「前例がないサービス」という要素が、物件を見つける上で様々な障壁を生み出しました。
さらに「物が壊せるサービス」という少しぶっ飛んでいるがゆえに生まれる懸念が障壁をどんどん高く高く強固なものにしていきました。。。

大きく障壁は2つ。
「怪我問題」と「騒音問題」
これらに対してどれだけ対策案を不動産会社、家主に提案しても電話、メールで断られ、内見すらもさせてもらえない毎日。。
そんなある日、、

「浅草の物件で内見ができる?」
「え?まじ?よし!行こう!」
「え?スッゲーいいじゃん!!」
「え?契約できるって?」
「え?まじで?ここにしよう!!」
契約完了

という感じで疲弊しきった餓死寸前の私たちに神様がご褒美をくれたのでした。

しかしそこには大きな落とし穴がありました...。
新たなビジネスを行う際には基本的に、仕入れコスト・家賃・販促費等の運転資金を3ヶ月分確保した状態で臨むのが定石です。「日本初」であれば特にです。

しかし、物件探しで餓死寸前だった私たちの前に、最高級の特上ステーキが出現したために、運転資金を確保しきれていない状態でも契約に踏み切ってしまったのです。
勿論、事業運営を行う最低ラインの資金は確保しておりますが、
皆様により良いサービスを提供する上であと少しの運転資金が必要になります。

そこで皆様のお力をお借りしたいと思い、クラウドファンディングを実施することを決意しました。


まずはこちらの動画をご覧ください。

スマホ版公式サイトはこちら*予約受付中!
(※pc版サイトは現在制作中)

アメリカ発祥のこのサービスは2008年に「ANGER ROOM=怒りの部屋」という名前で、女性起業家が自宅の倉庫で物を壊すことで「ストレス発散」をする目的で開始したのが起源です。

しかし世界各国でサービスが展開された2017年には、サービスの目的が「楽しむため」「爽快感を得るため」といった方向へ変わっていったのです。

実際に韓国のSEOUL RAGE ROOM、アメリカのSIN CITY SMASH、WRECK ROOM、RAGE GROUNDなどの店舗を視察し、オーナーさんへのインタビューを行った際にも、
「For Fun=楽しむため」ということを全員がおっしゃっており、ストレス発散だけが目的のサービスではないということがうかがえました。

インタビュー風景の写真

つまり、単なるストレス発散ではなく、「やってはいけないこと」をすることにより圧倒的な爽快感や刺激を得ることができるのです!

「REEAST ROOM」

これが私たちのサービス名であり、「Release Of Beast=野獣の解放」という語源から来ており、誰でも楽しくやってはいけないことをやって、内に秘める野獣のような心を解放することができるというサービスになっています。

       野獣の象徴である熊をモチーフにしたロゴ

【公式Facebookページはこちら
Facebookページには事業立ち上げ店舗の運営状況それぞれの想い等を毎日メンバーが順番に投稿していますのでそちらも合わせてご覧いただけますと幸いです。
また、応援したいと感じていただけた場合、フォローやシェア、いいね!を是非よろしくお願い致します!

【公式Instagramはこちら
【公式TikTokは
こちら
【公式Twitterはこちら

公式SNSアカウントにてフォローやコメントお待ちしております!!!

このサービスは2017年から現在までの約2年間で、アメリカ・韓国・ベトナム・シンガポール・アラブ・イギリス・スペイン・ウクライナ・ロシアなど様々な国で展開され、世界で約30店舗が存在しております。
2018年3月にオープンした本場アメリカにあるラスベガスのSin City Smashでは、近々2号店目をオープンする予定で、現在進行形で流行っているサービスの一つと言えるでしょう。

ラスベガスにあるSIN CITY SMASHを視察した時の写真

また、ロシアではデボッシュと呼ばれるサービスがストレス発散方法としてブームとなっており、日本のメディアでも取り上げられています。

ロシアのサービスであるデボッシュが日本のメディアで特集された映像より抜粋

皆さんもこの写真の女性のように圧倒的な爽快感を得て、最高な気分になってみてはいかがですか?

さらに、日本で5本の指に入るYouTuber「フィッシャーズ」がドバイにある「THE SMASH ROOM」のサービスを利用した時の動画をアップロードし1,200万回再生されていたり、フジテレビの深夜番組「マツぼっち」でシンガポールにある「The Fragment Room」が特集されていました。

Youtuberがドバイのスマッシュルームを利用した時の映像の一部より抜粋

このように、国内外問わず注目を浴びている「物が壊せるサービス」ですが、日本では未だ0店舗です。

そこで我々が日本初店舗を5月浅草にオープンさせ、最高にイカした新感覚エンターテイメントとして普及させていきます!


※全てのリターンにスタンダードコースの無料招待券(約3,800円分)が付いています!!
かなりお得なリターン設定にしていますので是非ご支援よろしくお願いします!

1店舗目をオープンする為に必要な内装費・保証金・備品などの初期費用はなんとか捻出できたのですが、冒頭の挨拶にも記載した通り、仕入れコスト・家賃・販促費等の運転資金の一部を支援していただきたいです。
また、ありがたく目標金額以上のご支援を頂いた際にはイカしたプロモーションムービー等販促費へ当て、還元させていただきます!!

スマホ版キャンペーンページはこちらをクリック!!※pc版ページは現在制作中

5月1日から「アーティスト×一般客」で内装を共創する「Free Art Wall Project」を実施します!!

Free Art Wall(フリーアートウォール)とは、自由に多彩な色を使って描ける壁のことです。
PROJECT参加者はその壁に自由に何でも描くことできます!
まるで幼少期にクレヨンで壁に落書きを描くような体験ができちゃいます。
(おそらくその時は親から叱られた思いますが、弊社では誰からも叱られるようなことはありません!笑)

また少しだけ補足説明をしておくと、、
5月1日にオープンする浅草店は「内装ペイントが全く描かれていない未完成の状態」でオープンします。

通常、内装は全て完成しきった状態でオープンします。
つまり内装は「一般のお客様には関与できない部分」という通例が存在します。

しかし、我々はその通例をぶっ壊し、
「プロの絵描きのアーティスト×一般客」で段階的に内装を完成させていきます。

そして、当PROJECTは一定期間開催した後、上書き・更新を行い、連続的に実施していきます。


ぜひこの機会に普段できない落書きを目一杯してみてはいかがでしょうか?

そして我々の内装を共に完成させていきましょう!
ーーーーーーーー
▼開催日
5月1日~
▼料金
入場料:無料
物が壊せるサービス利用者:500円
ペイント料金:1,000円

  • ▼参加予定のアーティスト様(50音順)合計8組
    大橋優太 様
    沖冲. 様
    Gravityfree 様
    COIN PARKING DELIVERY 様
    NEUE(2wei)SCHNEIDER 様
    Hideyuki Katsumata 様
    WHOLE9 様
    中武大典 様
    ーーーーーーーー



「本能的自我を表現する場」

我々は「REEAST ROOM」をこのように定義しています。

自我には「社会的自我」と「本能的自我」の2つがあります。

「社会的自我」とは、秩序化された現代社会の枠組みの中で生成される全ての自我です。
「本能的自我」とは、社会的自我では生成されることが許されない禁じられた全ての自我です。

発展を繰り返してきた社会秩序が生産する画一化、調和、ヒエラルキー、慣習、常識はそれらに順応することで人生の幸福を高める触媒となっていることは間違いありません。

ただそういった高度に統制化された現代だからこそ、人間が本来持っている「本能的な自我を表現する場」が必要だと我々は考えます。

我々が手掛ける「REEAST ROOM」は
社会秩序上では不正解とされることが正解となるよう、人間の幸福度を高める唯一の触媒として存在し続けます。

Release of Beast,,

株式会社BrickWall

2019年1月設立。
「ワクワクし、ワクワクを創造し続ける」をミッションに置き、時流の半歩先にあるような新しい物事に挑戦し、世の中を変革させる価値を創造し続けます。   

◆らぶぅ(ロゴの熊の名前)挨拶

Hello!!んちゃっ皆様🐻
REEASTROOM公式キャラクター
野生代表のクマのらぶぅです(´∀`)!
好きな概念はLove&Peaceですっ☆彡

この度はREEASTROOMの1店舗目が
OPENするってことで。哺乳類タチよ。
いまこそ共にプロジェクト完遂の時ダ。

ここまでページを進めてくれたそこの
哺乳類タチよ。すでにあなたたちも
立派なREEASTROOMクルーデスヨ。

今こそ解き放て己の野性を。
そして作りあげよう新たな非日常を。
これこそまさにLove&Peace.
よろしくお願い致ス。

◆出資/コラボ企画など、何かお問い合わせがございました下記にご連絡ください。

代表取締役 河東 誠(カトウ マコト)
TEL:080-6954-5949
mail:brickwall.1994myky@gmail.com

Q:何歳から利用可能ですか??
A:特に年齢制限は設けていませんが、中学生以下のお客様は保護者同伴を義務付けさせていただいております。また、サービス利用承諾書を記入した後に利用するといった形をとっております。

Q:どこから物を仕入れていますか??
A:提携している不用品回収業者です。主に廃棄品を仕入れているので壊すことで再利用することが可能となります。また、廃棄品も業者が分別している為環境への配慮も行なっております。

Q:予約なしでもサービスを体験できますか??
A:はい、体験できます。しかし、予約状況や店舗の混雑状況によってはお待たせしてしまう可能性もございますので、WEBサイトから予約してからお越しいただくことをオススメしています。

Q:どのような服装で行くべきですか??
A:動きやすい服装をオススメしています。ガラスの破片等での怪我を防ぐ為に、つなぎとヘルメット、グローブの装着が義務付けられていますので服の上から着ていただく形をとらせて頂いております。また、靴に関しましてはシューズカバーを無料でお貸ししていますが、サンダル等のつま先が開いている靴はこちらが用意したレンタルシューズ(無料)を履いていただきますようお願い致します。

Q:私物を壊すことは可能ですか??
A:オープン当初は出来ませんが、今後、私物を持ち込みで壊すことのできるプランを用意する予定ですのでWEBサイトや公式SNSアカウントをチェックしていただけると助かります!

Q:なぜ熊なんですか??
A:Love&Peaceが口癖の「らぶぅ」という名前のマスコットキャラクターです。破壊等の怖いイメージとハチミツが好物という可愛いイメージが、「楽しく物を壊す」というこのサービスに合っていると感じたからです。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください