Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

西多摩地区でがん患者サロン「ハローライフカフェ」を定期的に開催したい

現在の支援総額
179,000円
パトロン数
15人
募集終了まで残り
49日

現在14%/ 目標金額1,200,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2019/09/10 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

2018年より始めた、東京都の西多摩地区(青梅、あきる野、福生、羽村、瑞穂、日の出、奥多摩、檜原)で初めてのがん患者さんの交流サロンです。同じ経験をしている方々で語らい共有し、気持ちが少しでも楽になれる場所になればと思います。がんでお悩みの方なら誰でもご参加できます。これからも定期開催して行きます!


東京都の西多摩地区を中心に、がん患者さん・ご家族の、精神面や生活面のサポートを行うハローライフという団体です。2018年よりがん患者サロン「ハローライフカフェ」を1〜2ヶ月毎に参加費無料で定期開催しています。2019年7月には「がんになっても自分らしく生活するために」というテーマで講演会を開催します。

がん患者さんに、自分らしい生活を送ってもらえるようサポートする活動を応援していただける方を募集します。


がん患者サロン「ハローライフカフェ」を、東京都の西多摩地区(青梅市、あきる野市、福生市、羽村市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村 等)埼玉県西部を対象に、定期開催していきます。
また年に1〜2回、患者さん・家族・医療福祉関係者・市民に方を対象に講演会を開催します。

これにより患者さん・家族の安心につながる場所の提供、情報の発信、地域におけるがん患者サポートの意識の拡大につながればと考えています。

【主な活動】
・がんサロン(患者交流会・家族会)の開催
・講演会・セミナー・勉強会の開催
・イベントの開催
・患者さんの不安に応える情報の発信

※特定の治療法・薬・健康食品などの推薦は行いません。また宗教・政治活動等への勧誘も行いません。
※サロン内でお話される個人的な内容は他言致しません。






数年前にがんを患った親族の看病を経験しました。がんを告知され病状が進行していく段階で、患者本人、家族は様々な不安を抱えることを経験しました。病状や治療に対する不安だけでなく、精神的なこと、生活のこと、仕事や経済的なこと、家族に対すること、将来的なことなど、多くの不安がのしかかりました。 日本人の2人に1人ががんを患うと言われる中、そんな不安を少しでも和らげられることが出来ないかと考えたのが始まりです。

がん闘病中の患者さん・家族が、少しでも安心につながるような場所や情報を提供していきます。

また、東京都の都心部ではこのようなサポートがありますが、西多摩地区ではこのようなサポートがなかった事も、始める大きな理由です。患者さんが生活の場に近いところで開催され、気兼ねなく訪れることができる場所が必要であると考えます。




2018年7月よりがん患者サロン「ハローライフカフェ」を開催。
2019年6月までに全10回のサロン開催を行いました。
毎回平均して15〜20名の方がいらっしゃって頂いております。
参加費は「無料」です。

2019.6.15(土)第10回ハローライフカフェ
2019.5.18(土)第9回ハローライフカフェ
2019.4.20(土)第8回ハローライフカフェ
2019.3.16(土)第7回ハローライフカフェ
2019.1.19(土)第6回ハローライフカフェ
2018.12.15(土)第5回ハローライフカフェ
2018.11.10(土)第4回ハローライフカフェす
2018.10.20(土)第3回ハローライフカフェ
2018.9.15(土)第2回ハローライフカフェ
2018.7.14(土)第1回ハローライフカフェ

サロンの前半は、ミニ講座として、がんサバイバー、医療・福祉専門職などを招き、講演を行っています。患者さんへの知識になる情報提供の目的と、初めて来る方への来場のきっかけになればと思っています。

後半の約2時間はサロンタイムとして参加の方で自由に話をする時間にしています。テーブルごとにファシリエータとして専門職のスタッフが入り、会話が円滑に進むようお手伝いもしています。


これらから、患者さんの気持ち・精神面をサポートしていくにあたり、ピアサポート(当事者同士のサポート)がとても有効であると感じました。引き続き気兼ねなく参加できる場所(サロン)を作って行けたらと思います。


【目的】
1. がん患者さん・そのご家族の安心につながる情報の提供。
2. 地域における、がん患者に対する意識向上、サポート体制の拡充。
3. ハローライフの活動の訴求

がんサロンの参加の方々の声を聞かせてもらう中で、がん患者さんが、病気について話をできる場所がとても少ない事を深く実感しました。病気のことを気兼ねなく話し考える機会が必要な事を、あらためて感じています。

今¥がんになっても自分らしく生活するためにというテーマで、「患者さんの治療と生活の両立」「精神的に何かしら安心につながるようなお話」など、今回の講演会で、がん患者さん、家族、地域の方、医療・福祉関係の方々に対し、がんに対する何かしらの意識向上につながるきっかけになればと考えています。


・がん患者サロン「ハローライフカフェ」の開催経費 (1年分/7回開催)
(講師謝礼、会場費、印刷物作成、広報宣伝費、当日運営費 等)

・公開講座の開催経費 (1年分/1回開催)
(講師謝礼、印刷物作成、広報宣伝費、会場費、当日運営費 等)

※ 総支援額からCAMPFIRE手数料14%(税別)が差し引かれた額が、利用可能な資金となります。
※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


2019年9月より1年の間に、7回のがん患者サロン、1回の公開講座「講演会」を実施します。
開催に合わせ、より多くの患者さんに情報が行き渡るよう情宣活動も行います。

◯ 2019年9月 がんサロン「ハローライフカフェ」開催
◯ 2019年11月 がんサロン「ハローライフカフェ」開催
◯ 2020年1月 がんサロン「ハローライフカフェ」開催
◯ 2020年2月 がんサロン「ハローライフカフェ」開催
◯ 2020年4月 がんサロン「ハローライフカフェ」開催
◯ 2020年5月 がんサロン「ハローライフカフェ」開催
◯ 2020年7月 ハローライフカフェ公開講座「講演会」
◯ 2020年8月 がんサロン「ハローライフカフェ」開催



【3,000円コース】

◯ 「お礼のメッセージメール」
ハローライフから、熱い気持ちを込めた「お礼のメッセージメール」をお送りします。

--------------------------------------------------------------------

【5,000円コース】

◯「ハローライフオリジナル ラバーバンド」
がん患者サポートのテーマカラー、ラベンダー色のラバーバンドです。
「Live Your Life Own Way」(訳:自分らしく生きるために)のメッセージ入り。
※2019年10月以降の発送になります。
(画像はサンプルのため実際の製品とは多少異なる場合がございます)

--------------------------------------------------------------------

【10,000円コース】

◯ 「ハローライフサポーターとしてあなたのお名前を表示」
ハローライフの広報物(チラシ・ポスター・ウエブサイト等)に
「ハローライフサポーター」として、あなたのお名前を1年間表示します。
(ペンネーム、会社名、プロジェクト名の表示も可能です)

◯「ハローライフオリジナル ラバーバンド」
がん患者サポートのテーマカラー、ラベンダー色のラバーバンドです。
「Live Your Life Own Way」(訳:自分らしく生きるために)のメッセージ入り。
※2019年10月以降の発送になります。
(画像はサンプルのため実際の製品とは多少異なる場合がございます)

--------------------------------------------------------------------

【30,000円コース】

表彰状(フレーム入)
外寸 W149×H110mmの小型フレームに入れた表彰状です。
(画像はサンプルです。実際とは多少異なる場合がございます)
表彰状にあなたのお名前を記載します。
備考欄に「お名前」ご記入お願いします。
10月以降の発送になります。

--------------------------------------------------------------------

【50,000円コース】

◯ ハローライフ代表の細野健が講演会で話しに行きます
ハローライフ代表の細野健(社会福祉士)が、あなたの会社や地域に、
「がん患者サポート」についての講演にうかがいます(移動交通費別途)

--------------------------------------------------------------------

※すべてのリターンの支援金額はご自由に上乗せ支援が可能です。
※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


「がんになっても自分らしく生活するために」

人口の1/2が、がんに羅患する時代。
医療面の進歩はさることながら、患者さんの精神面での支え、生活面での支えは、まだまだに思えます。

またそれらの課題は、地域により様々だと思います。昨年から開催している「がん患者サロン ハローライフカフェ」はこの地域では初めての開催でした。まだまだ小さな動きですが、地域にとってはとても大きな一歩だと思います。私たちは、引き続きこの東京都の西多摩地区で、がん患者をサポートしていきます。

こういった活動が日本全国に広げられ、がん患者さんにとって少しでも安心につながるような場所が各地にできることを願っています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください