インドで3年間修行をした奥さんの作るキーマカレーを「瀬口家の超キーマ」として、広げていきたいという思いで、本プロジェクトをスタートしました。※気がついたら3,000時間以上研究してました。

プロジェクト本文


「瀬口家のカレー」を世界に広める、企画運営を担当している瀬口と申します。
このプロジェクトを通して、全世界に「瀬口家のカレー」を発信していきたいと強く思っています。
今は商品のパッケージを考え中&レトルトカレーとして、どこまで再現できるか努力中です!!

 「瀬口家のカレー」とは

瀬口家の奥さんはインドに3年間の滞在経験(修行)があり、インドで販売しているありとあらゆるスパイスを研究し、インド人の口にあうカレーをつくり、さらに日本人の口にもあうカレーをつくり、どちらも高いパフォーマンスを発揮していました。インドで調理する場合は、もちろんインドから材料を仕入れていましたし、日本で調理する場合は、基本的には日本で材料を仕入れますが、どちらの国でつくっても同等のパフォーマンスを発揮する「カレーの達人」へと成長を遂げていきました。中でも「キーマカレー」は絶品中の絶品で!仲間内でふるまった時も好評いただきました!!友人のリクエストもあり月に1度BARを貸し切って「瀬口家のカレー」をふるまうほどに広がりをみせ!!より多くの人に届けたいと思うようになりました。3,000時間以上研究してつくられた瀬口家のカレー「超キーマ」はジンジャー、ナツメグ、マサラ、●●●●、●●●●、●●●●(秘密)を大量に入れ込んで、冬の寒い季節の体を温め、ストレスの発散効果があります。個人的にはクリエイティブ力が上昇する力があるといっていますw
※レシピに関してはリターンで用意しています。




3年後の夢はインドに瀬口家のカレー店を出すことです。6月は50度を余裕で超えるほど暑過ぎる国ですが、どの街でもスパイスの香りが漂う、カレーの国です。ホントみんなカレーしか食べてないのでいったら驚きますよ^^そんな国で日本のカレーライスと瀬口家のカレーを流行らせたいのです!!





このプロジェクトが成功すると2,000食分の瀬口家のカレー「超キーマ」レトルトカレーが誕生します。差し出がましいですが、卸先も探しています。ご協力いただけると幸いです。何卒宜しくお願い致します。


プロフィール
 

スペシャルアドバイザー
HIU(堀江貴文イノベーション大学)、二木 博(カリガリカレー)、遠藤 温子(弁護士)

アドバイザー
三森佳代子 、濱 彰史、荒木 賢二郎、住田 広樹 、本間 良一 、
Akko Tera、Takeo Mizushima、Kenichi Honda 、Kaori Kiyokawa、
進 利栄、Kouji Wakita

 



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください