沖縄唯一のプロレス団体、琉球ドラゴンプロレスリング。こんな時だからこそ、トンネルの先に光を見出したい!2人だった所属選手が15人になった今、初のタッグベルト設立! このベルトを巡る戦いで笑顔を届けます! ベルトにあなたの名前が入ります!

プロジェクト本文

ご挨拶


<(6/27追記)まずは皆様に御礼!>

6月25日、目標である1,500,000円を達成いたしました!

ご支援頂きました皆様本当にありがとうございます!

集まりましたお金はもちろんベルト製作、リターンの製作に充てさせていただきます。

しかしながら、コロナウイルス感染防止で業務を縮小したため、運営費が不足している現状には変わりありません。

そこで、団体運営、選手の報酬等を補填させていただくべく、


NEXTゴールを【200万円に設定】いたしました!


団体存続にご理解ご協力を、引き続きよろしくお願い致します!

(追記終わり)




みなさんこんにちは!

私は沖縄県で活動するプロレス団体、琉球ドラゴンプロレスリングの代表、グルクンマスクです。

48歳、乙女座のAB型です。


「プロレスで、夢と勇気と感動と笑顔を!」をスローガンに、沖縄をプロレスで元気にしていこう!そして全国にも笑顔を届けよう!と県内様々な場所や地域で活動を続けています。琉球ドラゴンプロレスリングは沖縄県の嘉手納町というところで、2013年に誕生した県内に根ざすプロレス団体です。

https://rd-pw.com/

沖縄らしい場所・・・たとえば、

ガンガラーの谷、という洞窟で開催した「洞窟プロレス」

沖縄だけにしかないハンバーガーチェーン店、A&Wで開催した「エンダープロレス」

国際通りの商店街で開催した「商店街プロレス」

海の上にリングを浮かべた「海上プロレス」

久米島や粟国島など、離島なんかでも開催しちゃった経歴もあります。


覆面レスラーや外国人選手、女子選手も所属し、みなさんにプロレスを楽しんで頂いています。

公式youtubeチャンネル



このプロジェクトで挑戦したいこと

現在、世界中でコロナウイルスが猛威を奮い、日本中、そしてここ沖縄でも、数々のイベントが中止・延期の憂き目に遭い、どの団体・組織も困窮を強いられています。

我々プロレス業界も例に漏れず、たくさんの興行が中止・延期になり、暗い影を落としています。

4月からずっと試合をしていません。いつから開催できるのかも、現時点では未定です。


(6/27追記)

おかげさまで有観客試合を6/21から再開いたしました!

会場には70名様に限定させていただきましたが、ようやくお客様の前でプロレスが出来る日が少しずつ戻ってまいりました。

(追記おわり)


何か手だてはない物か。


四六時中頭の中ではこの言葉が回っていますが、なかなかに気持ちの晴れない、出口の見えない日々が続いています。ただ待っていても仕方ないし、ただ物を乞うだけではなにも生まれない。


それならば自分たちで光を呼ぼう!

その光を希望にしよう!

ということでタッグチャンピオンのベルトを作る事にしました!


ただしベルトを作るからには、団体の存続は絶対条件。

いま団体も、選手も、経済的に苦しい日々を送っています。

そんな選手の気持ちの支えになれる様、皆さんのお力をお貸しいただきたい。


実はシングルのチャンピオンベルト「御万人王座『琉王』」のベルトもクラウドファンディングで製作しました。

その際は500,000円の目標を達成しました。

「御万人(うまんちゅ」とは、沖縄の言葉で「万人に認められた者」の意味合いがあります。

今回ももちろん、「御万人」の名称は付けたい。

ベルトの名前は「御万人王座『双琉王』(うまんちゅおうざ そうりゅうおう)」!


我が団体には個性的な選手が揃っています。正統派、大型選手、トリッキーな選手、悪い選手も。

現チャンピオン!
185cm、120kgの巨漢ウルトラソーキ

団体代表グルクンマスク
正統派スタイルが得意

美ら海セイバー
ヒール(悪者)ながらも絶大な人気

男子とも戦う女子レスラー!
ハイビスカスみぃ

そんな個性豊かな選手達が二人で組んでベルトを狙う。

誰と誰が組むのか?誰が勝ち上がってチャンピオンになるのか?

チャンピオンは、誰を挑戦者に迎え撃つのか?

沖縄だけじゃなくて、東京や大阪や北海道、いやいや海外の選手相手にも防衛戦やるとか!?

僕たちだけじゃなくて、

それを見守るファンの皆さんも一緒にワクワク出来る!

想像しただけでニヤニヤしちゃいます。


私がこのプロレスを始めたきっかけ

小学校のとき、喘息を患いました。

1年の3分の1を休み、年がら年中薬を飲んで青白い顔をしていました。

おまけに薬の副作用で肥満体だったため、軽いいじめにも遭ったりもしました。

そんな僕が子どもの頃に憧れたのが「初代タイガーマスク」。

いままでにない動き、黄金の覆面に魅了され、いつしかプロレスラーになる夢を抱きます。

しかしながら喘息は完治せず、様々な経緯で諦めたこともありましたが、

幸運に恵まれ30歳の時にプロデビューしました。

その時から一貫して思うのは、「プロレスにはチカラがある」ということ。

病弱でいじめられていた僕が遅咲きとはいえ、プロレスに憧れ、

プロレスラーになる夢を叶えることができた。

そればかりか、子どもの頃に見ていた選手との対戦も叶いました。

逆境から、プロレスに救われました。

僕らがプロレスからチカラをもらったのだから、今度はプロレスで皆さんにチカラを届けたい。

綺麗事でもなんでもなく、プロレスラーって結局は皆さんの喜ぶ顔が自分の喜びなのです。

正直、この情勢の中いつになるかわかりませんが、このベルトを使ってこれからの沖縄を

プロレスで元気にしていきたいし、生きる糧にしていきたい。


これまでの歩み・軌跡

周年大会には、沖縄が誇る歌手の古謝美佐子さんも
毎回駆けつけて下さいます

琉球ドラゴンプロレスは常に御客様とともに歩んできました。

それは地域密着団体だからこそ、成し得た事だと感じています。

県外の試合に沖縄からたくさん御客様が駆けつけてくれる。


地域の支援もどこよりも誇れるくらい厚い、いや熱いです!


◇2013年◇

4月 嘉手納町 カデナアリーナで旗揚げ

8月 高山善廣選手参戦 

12月 藤波辰爾選手参戦


◇2014年◇

8月 獣神サンダーライガー選手参戦 

12月 天龍源一郎選手参戦

◇2015年◇

4月 天龍源一郎・越中詩郎組が実現

8月 鈴木みのる選手参戦

10月 グルクンマスクが「天龍源一郎引退興行」に参戦

11月 クラウドファンディングによりシングルのベルト「御万人王座『琉王』」完成


◇2016年◇

7月 グルクンマスクが新日本プロレス「SUPER J-CUP2016」に出場

11月 秋山準選手参戦

◇2017年◇

4月 クラウドファンディングにより団体テーマ曲が完成

7月 グルクンマスク、首里ジョーがプロレスリングNOAH「グローバル・ジュニアタッグリーグ戦」に参戦

11月 拳王、マサ北宮選手参戦

12月 青木篤志選手参戦

日本中のローカル団体が参戦する『群雄割拠in後楽園ホール大会』で優勝し全国統一覇者に

◇2018年◇

1月 団体まるごと台湾遠征

8月 グルクンマスクがTAKAYAMANIA EMPIREに参戦

11月 丸藤正道、Hi69参戦

◇2019年

11月 獣神サンダーライガー最後の沖縄参戦

◇2020年

2月 御万人王座『琉王』第6代王者に生え抜きのウルトラソーキが初戴冠


資金の使い道・実施スケジュール

集まった資金を元に発注をかけます。

ベルトのデザインはシングルのものと同じにして、

細部で少し変更を加えていきます。

作成期間は2ヶ月ほどかかるそうなので、決定戦を11月以降に出来たらと思っています。


リターンのご紹介

お客様との距離が近いのが我々ローカル団体の強み。

選手からのメッセージや会場でのふれあいの特典、

ご協力いただいている企業様の御協賛をいただき沖縄県の名産品も入れていけたらと思っています。

プレミアムな特典として、新チャンピオンとベルトを持って記念撮影も!

また今回は沖縄にしかないハンバーガーチェーン店「A&W」様のご協力により、

普段はなかなか手に入らないレアなグッズもリターン品としてご提供いただきました!!



最後に

日本の端っこでやっているプロレスだからといって、熱い気持ちは大手にも負けてないと、

僕らは信念を持っています。

沖縄だけではなく、日本中にプロレスで夢と勇気と感動と笑顔を!

このベルトを持って、届けに行きます!


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください