「残りの人生は消化試合だ…」そんな事を考えていた、今から約2年前の僕。そこから、様々な人との出会いを経て、ついに今年の6月、16年勤めた会社を辞めて、別の会社の社長になることになりました!そんな僕の人生を変えてくれた人たちから祝辞をもらいたくて、自分で自分のために卒業式を開催することにしました!

プロジェクト本文

▼はじめに・ご挨拶

初めまして。プロジェクトページをご覧いただき、ありがとうございます。
私は現在、埼玉県にあるパチンコ店で働いております、野見将之と申します。

※とある経営者の集まる朝会で、一人蝶ネクタイをつけてふざけてるシーン。

現在38歳、妻と中一の娘の3人で暮らしています。

2019年6月、僕は新卒から16年勤めた会社を辞めることになりました。

「ただ会社を辞めるだけでしょ?」
って思われるかもしれませんが、でもちょっとだけ聞いてください。

僕にとって、会社を辞めるということは“大きな大きな決断”だったんです。

妻も子供もいて、35年の住宅ローンもあり、「転職するなら35歳まで」という言葉を頑なに信じていた僕にとって、今の会社を出たとしても、他に働けるところなんてない。。

ましてパチンコ屋さん以外で働いたことのない僕にとって、外に出て働くことになったとして、どれだけ自分が使い物になるのかなんて分からない。。

そんな思いから、いつしか自分でこんな風に思うようになりました。


今の僕からすれば、「何を言ってんだ!」って思います。
でも、当時はとてもそんな風には思えなかった。

でも、ですよ。
そんなやつが、ですよ。


「え?パチンコ屋さんの店長がいきなり社長に?」
そんな疑問が浮かぶと思うのですが、その経緯を今回のプロジェクトに込めました。
なので、よろしければ、もう少しだけ話を聞いてください。

▼このプロジェクトで実現したいこと

第一部:≪一歩踏み出す勇気を持てなかった昔の僕に捧げる、一人卒業式≫
2年前までの僕は、本当に何にも出来ないダメ人間でした。
やることなすこと中途半端で、好きなことも見つけられず、休みの日も特にすることはなく、家でゴロゴロしているだけの変わり映えのない毎日でした。

「転職するなら35歳まで」
その言葉が頭の中にあった僕は、過ぎていく時間と共に年齢を重ねていく自分に焦りを感じていました。
しかし、かといって何かをする気力が湧いてくる訳でもなく、惰性のような生活を続け、、
そしてとうとう35歳を過ぎたころに、こんなことを思うようになりました。特にこれと言って大きな不満はないけれど、でも本当に自分の人生、これで良いのだろうか。。。
なんとなく心の奥底にあったモヤモヤを、見て見ぬふりをしながら日々を過ごしていました。

それは、ある1冊の本との出会いです。
それが、キングコング西野さんの≪魔法のコンパス≫です。


僕はこの本を読んで、これまで受けたことのない衝撃を受けました。

そんなことを聞かれている気がしました。


何度も何度も、頭の中で繰り返します。

そして僕は思いました。

そう決意し、僕は自分の人生のコンパスを探す旅に出たんです。

そして、それからというもの。

僕は限られた休みの日を使って、外に出ることにしたんです。

初めてセミナーに行ってみたり、外部の勉強会に参加してみたり、講演会に行ったり、資格試験の説明会に行ったり。


そう心に決めて、とにかく行動しました。

でも、最初はちっともうまくいきません。
高額の怪しい情報商材を買わされそうになったり、深夜まで連れまわされた挙句に財布を盗まれたり、やっぱり僕には無理なのかなって、何度も諦めそうになりました。

でも、そんなことをしている中で、「僕の人生を大きく変えることになったきっかけ」を下さった恩人の方がいます。

その方は

・横山信弘さん
≪株式会社アタックス セールス アソシエイツ 代表取締役≫
https://www.attax.co.jp/consultant/09consultant/
横山さんに初めてお会いしたのが、2017年6月。とあるセミナー終了後に、名刺交換をさせてもらった時のこと。

「野見さん、絶対達成社長の会に来ませんか?」
※絶対達成社長の会は、横山さんが主催する日本一「達成意欲の高い経営者やビジネスパーソン」が集まる会です。
http://pag-presidents.jp/

僕は一瞬、ためらいました。

「あ、いや、すいません、僕は社長じゃないので…」

そういうと、

「大丈夫です!社長じゃない人もたくさんいます!」

あ、圧がすごい!汗
でもこういうのって、ノリで参加したほうがいいんだろうな。。

そう思い、誘われるがままに飛び込んでみることにしました。

そこからです。
今の僕にとって、かけがえのない多くの仲間は、この会で出会えました。



そして、2017年8月。
3回目となる朝会で、またしても僕に大きな人生の転機を与えてくださった方と出会いました。

その方は

・平野友朗さん
≪株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役 ≫
http://www.sc-p.jp/
平野さんは、日本ビジネスメール協会の代表理事でもあられる、ビジネスメールの専門家です。

そんな平野さんに、僕はこう声を掛けられました。
「野見さん、メルマガ書いたらどうですか?」

僕は一瞬、ためらいました。

「あ、いや、すいません、僕パソコン苦手なんで…」

そういうと、

「大丈夫です。1日で配信まで出来るように、手取り足取り教えますよ」

あ、圧はそこまですごくない…うん。
これも何かのご縁だ。とにかくやってみよう。

そんなこんなで平野さんのメルマガ1日セミナーに参加し、2017年10月25日、メルマガ第1号を配信することになりました。
そして現在550日以上、【人生のアップデート】として、毎日配信を継続しています。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=nomi

さらに、それから約1年後の2018年9月。
僕は相変わらず自分のやりたいことが明確になっていない中で、ふとあることを思いました。

「そーだ、自分でもセミナーをやってみよう」

そんな時に、僕の相談に乗ってくれたのが、友人の

・高杉宣蔵さん
≪革命的コンセプトの設計士≫
http://www.marke-d.com/about
高杉さんとも絶対達成社長の会で知り合い、いつも僕がやりたいことを
「こんな風にしたらいいんでねーの?」
って、アドバイスを下さるんです。

何を隠そう、この僕の卒業式も、この高杉さんにアドバイスをもらいまくって作りました。



長々とご紹介してしまいましたが、
今回のプロジェクト(卒業式)では、この僕がお世話になった恩人たちに「卒業メッセージ」をもらいたいと考えています。

「野見さん、卒業おめでとう!」
「すごいね、良く頑張ったね!」

と言っていただきたいのです。
はっきり言って、これは僕の自己満足です。それは分かっています。

でも、もしかしたら、昔の僕のように、
「何かをしたい気持ちはあるけれど、一歩踏み出す勇気が出ない」
「自分の人生なんて、こんなものだ」
そんな風に思っている人がいたとしたら、僕の恩人たちからのメッセージを、僕と一緒に聞いてくれたら、何かが変わるきっかけになるかもしれない。

そう思っています。

だから、今回の卒業式では、
を書いてください。

そして、その思いも一緒に卒業させたいと考えています!
僕と一緒に、新しい一歩を踏み出しましょう!

※追記(2019.06.12)
なんと!なんと!なんと!キングコング西野さんからもご祝辞をいただきました!!

当日はこちらのVTRも流します!!

プロジェクトをやろうと思った理由

きっかけは、ホントに軽い気持ちでした。

僕には、今年小学校を卒業した娘がいるのですが、娘の卒業式に参加した時に、
「もしも卒業生が一人だけで、あと他の全員が来賓の方だったら、面白いな…笑」
って、単なる妄想を楽しんでいたんです(ちょっと不謹慎ですいません)。

でも、そんな妄想をしているうちに、
「あ、そう言えば僕も今年の6月に会社を辞めて、次のステージに行くし、僕が自分で卒業式を開いて、友人知人に参加してもらったら楽しいかも」
と思い始めたんです。

それを、先ほどの高杉さんにお話したら
「それおもろいやん!」
という事になりまして。

「せっかくやるなら、たくさん人を集めて、卒業生がポツンと一人立ってたら、めちゃくちゃシュールだよね!笑」
って、盛り上がったんです。

で、そこからどんどん話が膨らんで、結果的に
「300人集めて一人卒業式をやろう!」
という話になりました。

先ほど書いた「それっぽい理由」は、実はこんな妄想からスタートしたんです。

でも、そんなバカな企画でも、本気で取り組んだら、それがまた誰かに勇気を与えるきっかけになるかもしれない。

「あんなやつでも出来るなら、俺(私)にも出来るはずだ!」
って、思ってもらえるかもしれない。

そう思って、本気で挑戦することにしたんです!

だから、絶対にこのプロジェクトを成功させたい!
そして、昔の僕と同じような思いを持った人の、一歩踏み出すきっかけを作りたい!

そう思っています。


▼リターンについて

今回の卒業式で一番肝になるのは、“300人”を集めることです。
さすがに1か月後の開催では、すでに予定埋まってしまっている方も多いと思います。
そんな中で“300人”集めるのは、かなり至難の業です。

そこで思いついたのが
当日、どうしても用事があって会場には行けない。
けれど、卒業式には参加したい。
そんな時には、偽兵(人形)が、あなたの代わりに、卒業式に出席してくれます。
そしてそれを、LIVE(ZOOM)中継、及び後日録画視聴にてご覧いただけるようにします。

もちろんリアルで一緒に参加をして下さることが一番ですが、どうしても当日足を運ぶのが難しいという場合は、こちらの偽兵に魂を込めて、一緒に卒業式に参加してください!

さらに今回は、
「あなたが一歩踏み出したいこと」
「チャレンジしたいこと」
を、当日ご参加できない場合も、ぜひメッセージで送って下さい。

これを、卒業式が終わった後に≪お焚き上げ≫をし、その想いが成就するように願いを込めます(支援3000円)。
※お焚き上げは後日、近くの神社でまとめて行います。


この卒業式を通じて、ぜひあたなの「一歩踏み出したいこと」や「チャレンジ」が成就しますように!!

ということで、卒業式に参加する方法に合わせて、リターンの選択をお願いします!!

【当日参加が可能な方で、第一部のみ参加される場合】
下の2つからリターンをお選びください。

・1000円支援コース
卒業式参加権

・3000円支援コース
卒業式参加権+お焚き上げ

【当日参加が可能な方で、第一部・懇親会ともに参加される場合】
下の2つからリターンをお選びください。

・6000円支援コース
卒業式参加権+懇親会

・8000円支援コース
卒業式参加権+懇親会+お焚き上げ


【当日参加が可能な方で、懇親会から参加される場合】
下の2つからリターンをお選びください。

・6000円支援コース
卒業式参加権+懇親会

・8000円支援コース
卒業式参加権+懇親会+お焚き上げ



【当日参加が不可能な方】
下の2つからリターンをお選びください。

・1000円支援コース
卒業式参加権(当日LIVE(ZOOM)配信or後日動画配信)

・3000円支援コース
卒業式参加権(当日LIVE(ZOOM)配信or後日動画配信)+お焚き上げ



★【限定5名】秘密の三次会 21:30~23:00
・20000円支援コース
第二部の懇親会が終了した後に、超少人数で三次会をしましょう!
当日だけしか語れない熱い会話や、その場であなたの「踏み出したいこと」を語り合いましょう!

★【限定5名】あなたの主催する飲み会に「野見」を呼べる権利
・50000円支援コース
後日、あなたが主催する飲み会(懇親会・送別会など)に「野見」を呼ぶことが出来ます。
「サシ飲み」するもよし、「グループ飲み」で呼ぶもよし。
お好きなようにお使いください(原則2~3時間程度)


▼資金の使い道について
今回集まった資金では、卒業式の運営費+書籍代に使用します。
会場費:約90万円
運営費:約30万円
書籍代:約20万円
ALL-IN方式で実施のため、資金が集まらなくても開催致します。
その際は実費にてまかないますので、可哀そうだなと思ったらそこはご支援お願いします!笑

 

最後に

ついこの間までパチンコ店で働いていた普通の人間が、いきなり社長になったり、300人集めて卒業式やったり。そんなシーンを、2年前の僕が見たら、たぶんびっくりすると思います。それと同時に「こんなやつでも出来るんだったら、僕だって出来るはずだ!」って、きっと思うはずです。

「必要なのは、一歩踏み出す勇気と、それを支えてくれる人たちとの出会い」

それさえあれば、本当は誰でも人生は変えられる。

けれど、もしも

「勇気はあるけど、支えてくれる人たちがいない…」

と思っている人がいたら、ぜひこの卒業式に来てください。

次は僕があなたの背中を押します。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。ぜひ、こんな僕の悪ノリに乗って下さる、素敵なあなたの応援を心待ちにしております。

日時:2019年6月29日(土)
第一部≪卒業式≫:18:00〜18:45
第二部≪懇親会≫:19:00~20:30
場所:シーバンスホール
東京都港区芝浦一丁目2番2号
http://www.seavanshall.jp/access.html?20170310

  • 活動報告

    最後のお願い

    2019/06/16 11:20

    ≪一歩踏み出す勇気を持てなかった昔の僕に捧げる、一人卒業式≫こんなヘンテコな企画にご支援くださったみなさま、本当にありがとうございます。プロジェクト主催者の野見です。初めてのクラウドファンディングで、戸惑う事もたくさんありましたが、おかげさまで目標金額を達成することが出来ました。応援して下さっ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください