応募作品 ゴジラ対レキオが落選するもダントツの人気で50日で100万再生を越えたため期待に応えるべく実写ミニチュア特撮短編を企画します。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

個人自主特撮のセンターアイランドです。

https://www.youtube.com/channel/UCe2YSQiQurqip7c1b9IkTwg 

youtubeチャンネルはまだ登録者2万人程度ですが

等身大から巨大ヒロインアクションをメインとして展開しています。

レキオシリーズは先行する特撮シーンのみを公開し

日本語を排したチープ特撮として内外で好評です。


このプロジェクトで実現したいこと

今までは個人制作としてポケットマネーで出来る範囲で撮ってきました。

人からお金を集めての制作には今でも抵抗があります。

ですが一日に数万再生 1秒に1回以上再生されていて

多くの人がリピートし新作を待ち望んでいるのは確かで

その期待に応えるべく集まった金額 期待を越える完成度

一段上の制作を目指します。

制作中のレキオシリーズの特撮シーンの充実 (現在10話分)
新規制作30分程度 

       ↓
特撮シーンのクランクアップ。完成。

  ↓

 ドラマシーンの撮影※
(特撮シーン優先からの尺合わせ)

※時間的に今回募集の制作には含めず。


プロジェクトをやろうと思った理由

今回 応募作のゴジラ対レキオがダントツの人気にも関わらず落選。

しかしその後も衰えない人気で

50日で100万再生を越えたのと

CAMPFIREでのキャンペーン期間が重なったので

思い切って募集してみようと考えました。


これまでの活動

https://www.youtube.com/watch?v=olM5dUfKav8

https://www.youtube.com/watch?v=1nvNSgm_H_Q

外注では等身大ヒロインアクションを多数こなしていて

パルテオン 雪姫シリーズなどがありました。

当初はヒーローアクション志向だったのですが

世間からの要望は地上波では観れないヒロインアクションに偏り

センターアイランドの名はそれで認知されているようです。

怪獣映画のようなハイスピード撮影が可能になり

今はレトロでアナログな対怪獣の巨大ヒロインもの

レキオシリーズをデモとして進めています。


資金の使い道

アトリエ兼スタジオを用意し狭いのですがオープンセットを組んでいます。

セット製作費

ミニチュア製作費

スーツアクターのギャランティ 食費

などが主。

編集は未だにSD画質4:3の画面なのですが

これはハイスピード画像がその程度なので

それに合わせてのレベルになります。

今は画質向上の投資は考えていません。


リターンについて

各話特撮シーンの全長版
新規制作の全長版DVD

企業名や店舗名を劇中ミニチュアに使用
※ご希望の企業名や店舗名をご支援時の備考欄にご記入ください。
但し公序良俗に反する等、内容次第ではご希望に沿えない場合がございます。
その場合はご連絡の上ご調整させていただきますので、予めご了承ください。
ロゴデータ等ございましたらメールにてお送りください。
また破壊NGの場合はその旨も明記ください。


実施スケジュール

下準備は日々進めています。

制作費が確定してから制作規模を決め

秋口からのクランクイン 年内の完成を目指します。


最後に

昨今のCG特撮の素晴らしさと真逆のアナログミニチュア特撮です。

三流を自認する個人作家ですが

観てくれる人の日々の生活の中で 少しは気晴らしになるような

フェチでバカバカしい 途中で観るのをやめても構わない

気楽な娯楽作を作ることが

自分に出来うる社会奉仕だと思っています。

https://www.facebook.com/hironobu.nakashima.50


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。

目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 活動報告

    CM動画 第二弾です。

    2019/05/19 11:38

    CM動画の二弾を作りました。https://www.youtube.com/watch?v=4-lDJ9CuVfI&t=6s ドラマシーンは特撮シーンの完成後になりますので今回のDVD化には未完のままのモノもあります。まずは新規話数からの特撮シーンを優先します。

  • 活動報告

    クラウドファンディングCM動画を作ってみました。

    2019/05/17 15:34

    CM動画を作ってみました。https://www.youtube.com/watch?v=dUr9zN1hO1E&t=35s すぐに反応があり嬉しく思いました。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください