Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

いつでもどこでも手話を学べるWebサービス「サインアイオー」

現在の支援総額
798,500円
パトロン数
96人
募集終了まで残り
29日

現在114%/ 目標金額700,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2019/07/15 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

プロのネイティブ教師陣といつでも、どこでも、”手話” を楽しく学べる環境を

いつでもどこでもゲーム感覚で手話を学べるWebサービス「サインアイオー」

手話に対する知識が全く無くても、ゼロから日本手話をしっかり体系的に学ぶことができます。また、手話の単語も繰り返し学んで覚えられます。

2019年7月25日に、クラウドファンディング支援者および関係者に限定して公開予定!

一般公開は8月を予定しております。

プロの手話教師による指導が受けられます。

サインアイオーの先生は全員がろう者で日本手話を第一言語としており、『NPO法人手話教師センター』に属する教師たちです。彼らからナチュラルアプローチ教授法による、自然な手話学習が受けられます。

どんな会話をするかな!「語学は楽しい!」をモットーにレッスンを!いつも目指しています。

語学教授法として手話のネイティブ・サイナーろう者が手話学習者に直接教える「ナチュラル・アプローチ手話教授法」という指導法を始め、もう20年近くにたっています。語学教育の理論と方法を身につけた講師の指導のもとで学習できる環境を作り上げるよう努力しています。現在、民間会社や大学などに派遣し、通訳養成指導も含めて幅広く活動をしております。

NPO法人手話教師センター理事長 赤堀仁美

実績
中部学院大学, 株式会社ソフトバンク, 新潟県聴覚障害者協会, 沖縄県聴覚障害者協会, 新潟県聴覚障害者協会, 特定非営利活動法人北海道バイリンガルろう教育を推進する会, 新潟・長岡市ろうあ者福祉協会, 京都・手話教授法講座, 株式会社ワールドパイオニア

あなた専用の手話辞書がもらえます。

学習を続けると、あなたの「マイ辞書」に学習済みの言葉が増えていきます。自分の成長を実感できます。

教材は誰が監修しているの?

慶応義塾大学の教授で、手話が学べるテレビ番組を監修している松岡和美さんと、ネイティブのろう者で NPO法人手話教師センターの小林信恵さんに、サインアイオーの監修をやっていただいております。

松岡 和美さん
大阪出身。大学院留学でアメリカに行き、博士号をとってそのまま大学の日本語教員になりました。2000年に転職した慶応義塾大学で、英語科目と言語学科目を教えています。研究分野は手話言語学・統語論(文のしくみの研究)・言語発達です。2018年度からNHKEテレ「みんなの手話」手話監修を担当しています。著書『日本手話で学ぶ手話言語学の基礎』(くろしお出版,2015年)。Signs I/Oでしっかり日本手話の基本を勉強して、ろう者の皆さんとの交流を楽しんでください!

小林 信恵さん
愛知県出身。現在、都内の大学等で手話、または日本語⇒日本手話の翻訳を教えています。Signs I/Oで日本手話について楽しく学んでもらえたらうれしく思います。

運営団体について

ろう者や難聴者と彼らに関わる人たちのライフを ICT(情報通信技術)を通してより豊かにすることをコンセプトに活動している団体「しかく」が、サインアイオーの開発、運営を担っています。メンバーの全員がろう者もしくは難聴者で、当事者ならではの視点を持ち、メンバーそれぞれの専門性を発揮したさまざまな活動を行なっています。

これまでの活動とこれからの実施スケジュール

・2010年、ろう者や難聴者、手話関係のポータルサイト 「しかくタイムズ」をリリース
・2012年、手話サークル「しかく広場」を立ち上げる
・2015年、日本財団から助成をいただき、サインアイオーの前身となるサービスをβ版として無料公開。多くの反応やご意見をいただく
・2017年、教材内容を見直すために一旦サービスをクローズし、教材の監修を専門の方に依頼する
・2018年~、教材の再編、撮影、編集開始
・2019年7月、サインアイオー正式版を限定公開予定
クラウドファンディングご支援者様およびご関係者に限定して公開いたします
・2019年8月、サインアイオー正式版一般公開予定

プロジェクトをやろうと思った理由

いろんな方と会うと、よく「手話に興味がある」「手話を覚えてみたい」と言われます。

そして、

・どうやって手話を勉強すればいいのかわからない
・手話サークルはなんとなく敷居が高くて行きづらい、行く時間が取れない、地方のため遠い
・本を買ってみたものの、写真や絵だけではよく分からない…
・アプリで遊んでみても、ほぼフレーズや単語だけしか覚えられない
・ちゃんと手話を言語として勉強したい!
・ろう者と会う機会がなかなか無く、覚えてもすぐに忘れてしまう

というようなことも、よく”目”にします。

これでは非常にもったいない!せっかくインターネットという文明の利器があるのに、なぜ本格的に手話を学べるサービスが無いのだろうか?

無いのなら、当事者の自分たちで作ろう!というのが、サインアイオーを作り始めたきっかけです。

サインアイオーがあれば、自分の好きな場所、好きな時に、自分のペースでゆっくりと、手話を体系的に学ぶことができます。また、単語やフレーズもゲーム感覚でしっかり覚えることができます。

コースはリリース時点で6コースあり、今後も継続的に拡張していきます(現在16コース相当分の撮影が済んでおります)。また、手話だけでなく、ろう者や難聴者の文化や生活など、ろう者たちにまつわる幅広いコラムも追加する予定です。

資金の使い道

皆さんからいただいたご支援金は、サービスの制作費(追加教材の作成費、新機能の開発費、宣伝費など)に使わせていただきます。

リターンについて

クラウドファンディングでご支援いただいた方には、サインアイオーがオトクに遊べるチケットがもらえるリターンを用意しております。

また、このプロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

お礼のメールまたは手紙
心をこめたお礼のメールまたは手紙を送付させていただきます。

非公開コミュニティグループに招待(ご希望者のみ)
Facebookの非公開グループに招待いたします(ご希望者のみ)。グループでは、サインアイオーの教材の開発状況や開発裏話などを掲載していきます。

非売品ロゴステッカー
サインアイオーのロゴが入ったステッカーをプレゼントいたします。

お試しプレミアム会員チケット
Signs I/Oの有料コースが遊べるプレミアム会員に招待するチケットを送付いたします。このチケットは重ねて使用することが可能です(例:3枚あれば3ヶ月遊べる)。また、ギフトとしてプレゼントすることもできます(周りに手話に興味のある方がいればぜひ!)

サインアイオーは、サービス会員にご登録いただくだけで、無料で一部の教材(1~2コース+α)が遊べますが、もっと遊びたい場合は有料サービス(プレミアム会員)に加入する必要があります。有料サービスは月額払いで全て遊び放題となり、金額は 2,980円(税込) を予定しています。もちろん、いつでも解約が可能です。

あなた限定の自己紹介動画
あなたの自己紹介の文章をネイティブの講師が手話に翻訳します!その動画をあなたにプレゼントいたします!(文章の長さの目安は、日本語で100文字程度以内となります。)

最後に

手話は私たちにとって大切な「言語」です。

私たちろう者や難聴者をはじめとした、聴覚障害者は外見だけでは聞こえないまたは聞こえづらいとは分かりません。そして、耳が聞こえることが前提となっている社会のなかにおいて、聴覚障害は「情報障害」や「コミュニケーション障害」とも言われています。

つまり耳から情報が入りにくく、そのことで情報格差を著しく受けています。また、対面でのコミュニケーションは圧倒的に音声によるものが多く、聴覚障害者は社会的に孤立するケースが多いです。

最近は、スマホや音声認識などテクノロジーの進化による恩恵で、私たちを取り巻く環境はかなり良くなってきていますが、対面でのコミュニケーションとなるとまだまだ課題が多いのが現状です。例えば、音声認識や文字情報で話の内容が分かってもその話は既に終わっていたり、雰囲気が盛り上がっていてもなぜ皆が笑っているのか分からなくて取り残されたり、などなどです。

もし手話がもっと社会で広まっていったら?

手話が分からなくても簡単に学べるようになったら?

サインアイオーを通して、手話が広まり、より社会がフラットになってほしい。それが私たちの願いです。

しかく代表 伊藤浩平

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください