汚い・危ないというイメージがあるアフリカの本当の姿を伝えるため、在ルワンダ大学生が日本の大学生へ、おしゃれなアフリカ布を使ったPCケースを販売するブランドを立ち上げます!

プロジェクト本文

「かわいいアフリカ」を届けたい!
~在ルワンダ大学生から日本の学生へリアルなアフリカの姿を~

  • はじめに

みなさんはじめまして!Dore共同代表のナス君、ふり子、トリス、百鬼丸(左から順)と申します。

全員大学4年次を休学中。

私たちは現在、ルワンダに拠点を置くE-gates.ltdというコンサルティング会社でインターンシップを行っています。

この度、新規事業立ち上げの一環として、インターン生のみでファッションブランドDoreを立ち上げることに致しました。


在ルワンダ大学生が挑戦する新規ブランドの立ち上げに、皆さんのお力を貸していただけないでしょうか。

ぜひブランド立ち上げのサポートメンバーとして一緒に盛り上げて頂けたら嬉しいです。


  • Doreとは


Doreとはルワンダの公用語キニアルワンダ語で「見て」という意味です。

商品を通じて「本当のアフリカの姿を見てほしい」そんな想いから名付けました。

アフリカのことを知らない人に、かわいいという感情を通じてアフリカに興味を持ってもらいたい。

そのために「かわいいアフリカ」を日本へ届けることをビジョンに掲げ、独特な色づかいがとってもおしゃれなアフリカ布を使ったPCケースの販売を日本で行います。

Doreホームページはこちらから。

ブランド立ち上げに際し、私たちは3つの柱を立てました!
Doreの商品はこの3つにとことんこだわります。

1、質
―商品の質。信頼できるテイラーさんのみに製作をお願いしていることに加え、日本人スタッフのクオリティチェックを行います。生地もしっかりしたもののみを使用し、老朽化しにくくしています。

私たちの高度な要求にも、一生懸命応えようと奮闘してくれている工房のテイラーさんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

2、デザイン
―かわいいデザイン。学生が使いたくなるようなかわいいデザインにすること、また、アフリカ布を全面に使うのではなくワンポイントで使い、普段使いしやすくことを心がけています。

頭の中のイメージと完成品が合致するまで、何度も話し合いを重ねます。
話し合いの様子。3、スピード
―注文を受けてから、商品をお客様のもとへお届けするスピード。最短でお届けできるよう様々な工夫をします。

販売開始予定は2019年8月です。


  • プロジェクトを始めた経緯
    ~日本を盛り上げるために、アフリカに興味を持つ学生を増やしたい~
  • 突然ですが、皆さんはアフリカに対してどのような印象を持っていますか。

  • 「アフリカって危なそう。汚そう。」
    こんな声が多く聞こえてきそうです。


    私たち自身もルワンダで暮らし始める前までは、アフリカに対し、貧困・紛争・危険などネガティブなイメージがなかったといえば嘘になります。

しかし、実際にアフリカで暮らしてみて、日々の生活の中で最も感じることは「アフリカの可能性」です。

例えば人口の若さと多さ。
私たちの生活するルワンダ共和国のの出生率は3.8%(一組の夫婦が平均して3.8人の子供を産むということ)で、首都キガリの人口70%が30歳未満だといわれています。

これはルワンダのみでなく、アフリカ大陸全体の傾向で、国連の推計によると、2050年には現在の人口が倍増して約25億人となり、世界全体の4人に1人を占める見通しです。

首都キガリの様子。

もう一つの例はITに力を入れていること。
現在、アフリカを語るうえで「リープフロッグ現象」という言葉は欠かせません。

リープフロッグ現象とは、新興国が新しい技術に追いつく際に、通常の段階的な進化を踏むことなく、途中の段階をすべて飛び越して一気に最先端の技術に到達してしまうことを指します。

アフリカで固定電話が流行する前にスマホが普及し、モバイルマネーが盛んになったことが代表例です。

ITの発展がどんどん進み、先進国との格差が徐々に縮まってきています。

このよう現在著しいスピードで成長を遂げているアフリカは、今後マーケットをどんどん拡大し、世界における存在感を濃くしていくと予測しています。

そして、そんなアフリカはグローバルパーソンとして、語らずにはいられない大陸になると考えます。

つまり、近い将来、アフリカは日本にとって欠かせないパートナーになると思うのです。

一方で、日本の学生にとって、アフリカは未だに物理的にだけではなく、精神的にも遠い存在です。

「アフリカでインターンをしている」と言うと、「すごいね」と意識高い系に思われてしまうのです。
日本でインターンをしている学生はたくさんいるのに、場所をアフリカに変えただけでいきなりマイナーな意識高い系学生になってしまうのです。

キガリのマーケットの様子。

私たちは現在のこの状況を課題と捉えました。

もっともっとアフリカを身近な存在にしたい。

そこで私たちが注目したのはアフリカ布です。
この私たちの目標と現実のギャップを、かわいいというポジティブな感情を通じて埋めることができないか。

そう思い、今回このプロジェクトを立ち上げました。

いきなりアフリカに行くのは厳しいかもしれません。
でも、かわいいと思ったものがたまたまアフリカ布で、それをきっかけにアフリカに興味を持った!
気づいたらアフリカに対する嫌悪感がなくなっていた!

そんな想いが芽生えるブランドづくりをしていきます。

作り手について

今回は、私たちがともに働く従業員のお母さんが経営する小さな工房「Komera Creative」に協力を依頼しました。

工房の様子。

工房の様子。

初めてその工房を訪れた時、カラフルなアフリカ布に囲まれてとても気分が高揚しました。

幸せな気分にしてくれるアフリカ布のとりこになってしまったのです。


後に話を聞くと、25年前のルワンダジェノサイドによって彼女は夫を失ったとのこと。

自分と同じようにつらい体験をしたテイラーさんたちを雇用して、アフリカ布を使った小物や服を製作し販売しています。

工房で働くテイラーさんたち。

工房で働く彼女たちの姿はとてもキラキラしていて笑顔と自信に溢れています。

悲しみを物語るのではなく、力強く生きる彼女たちのエネルギーを届けたい。

アフリカのことを知らない人に「かわいい」という感情を通じてアフリカに興味を持ってもらいたい。


そんな想いから、今回はこの工房と提携したプロジェクトを発足しました。


私たちのめざすもの

私たちが皆さんに届けたいのは「かわいいアフリカ」「おしゃれなアフリカ」。

写真はイメージ図です。裏地がアフリカ布となっています。

かわいそうだから買ってあげる、ではなくかわいいから買いたい!を目指したブランド作りを行っていきます。


Doreも商品を使っていたら、
いつの間にかアフリカを訪れてみたくなった。
気づいたら、アフリカのニュースをチェックしていた。

そんなアフリカに対する小さな関心を、学生の皆さんに芽生えさせることができれば、きっとこれからの日本の未来が明るくなると思います。

私たちはそんな日本社会を作り上げたいです。


支援していただいたお金はルワンダから日本へのシッピング費用やイベントへの出店料などのマーケティング費用として使用させていただきます。

内訳は以下の通りです。
輸送費:20万円
材料費:
 布代―5万円
 PCケース作成費―10万円
 ロゴ印刷費用―1万円
人件費(工房へ):3万円
マーケティング費用:
 HP作成費用―3万円
 ロゴ作成費用―1万円
 イベント出店料―5万円
 →7月14日に大阪石橋商店街で行われるアフリカ祭りでの出店が決定いたしました!
  グローバルフェスタにも出店できるよう準備を進めています。
雑費:2万円

計50万円

  • 今後のスケジュール

  • リターンについて

本プロジェクトは1000円からご支援いただけます。

ご支援いただいた方全員に製作者と日本人スタッフからの直筆メッセージ入りポストカードをお送りさせていただきます。

各金額のリターンは以下の通りになります。

●1,000円
―製作者と日本人スタッフからの直筆メッセージ入りポストカード

●3,000円
―製作者と日本人スタッフからの直筆メッセージ入りポストカード+アフリカ布を使ったハンドメイドピアス、もしくはルワンダで撮影した写真を共有(風景や現地人、現地の生活の様子など)

●5,000円
―製作者と日本人スタッフからの直筆メッセージ入りポストカード+アフリカ布を使ったハンドメイドピアス+ルワンダで撮影した写真を共有(風景や現地人、現地の生活の様子など)

●10,000円
―製作者と日本人スタッフからの直筆メッセージ入りポストカード+アフリカ布を使ったハンドメイドピアス+ルワンダで撮影した写真を共有(風景や現地人、現地の生活の様子など)+オーダーメイドPCケース

●30,000円
―製作者と日本人スタッフからの直筆メッセージ入りポストカード+アフリカ布を使ったハンドメイドピアス+ルワンダで撮影した写真を共有(風景や現地人、現地の生活の様子など)+オーダーメイドPCケース+アフリカ布(半そでシャツが作れます)

●50,000円
―製作者と日本人スタッフからの直筆メッセージ入りポストカード+日本人スタッフ2名とのお食事券※お食事代は含まれません(東京か大阪を選択いただけます)


  • 最後に

本プロジェクトはAll inです。
6月27日までに50万円を集めることができなかった場合も、リターンのお届けがございます。

アフリカをもっともっと身近な存在にしたい。

アフリカのパワーを日本に届けたい。


1,000円からご支援いただけますので、在ルワンダ大学生による日本の大学生へ向けた本プロジェクトにぜひお力添えをお願いいたします!!


お問い合わせ先
dore.rwanda@gmail.com
Twitter: @Dore_rwanda
Instagram: dore.rwanda


Dore共同代表
トリス、ナス君、百鬼丸、ふり子

  • 活動報告

    Doreの活動報告

    2019/08/13 10:36

    皆様、お久しぶりです。トリスです!先日、Doreのオンラインストアを公開したことを報告させていただきます。皆様から支援いただいた資金を元に何度も商品開発を繰り返し、やっと販売するという形にたどり着くことができました!本当にありがとうございます!PCケース1つ作るにしても、なぜか寸法がバラバラで...

  • 活動報告

    クラウドファンディングの御礼と報告

    2019/07/17 09:11

    こんにちは、トリスです!クラウドファンディング終了致しました。目標金額には届かなかったものの、39名の方から208,000円の支援をいただくことができました!本当にありがとうございます!このクラウドファンディングを通して、自分たちの未熟さ等々たくさんの気づきがありました。我々もDoreとともに...

  • 活動報告

    イベントでの出店が決定しました!!

    2019/06/26 19:13

    こんにちは!前回に続き、Dore共同代表のトリスです!今回は皆様にご報告があります。Doreのイベントでの出店が決定致しました。イベント名『第3回アフリカ祭in石橋商店街』日時 2019年7月14日(日)10時〜16時場所 大阪府池田市石橋商店街同じくルワンダで活動されている方主催のイベントで...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください