はじめに・ご挨拶



初めまして。プロジェクト発起人の柿澤徹と申します。どうぞよろしくお願いいたします。私は現在、全国民泊同業者組合連合会という民泊事業者の団体に唯一の個人ホストとして参加し、民泊の適正化・価値向上に取り組んでいます。まだAirbnbが日本法人もなく、世界でもほんの一部の人にしか知られていないころから、ゲストとして、世界各地のユニークな民泊を泊まり歩いてきました。ホテルには期待できない地元の人達との出会いに感動し、自分も2013年ごろから神戸でいち早くホストとして活動しています(現在停止中)。昨年末に母が脳出血で倒れたのを機に、自分が少年時代を過ごした東京は下北沢の実家に戻りました。サブカルの聖地として知られ、海外からも数多くのアーティストやミュージシャンが訪れる街、下北沢でも、神戸時代と同じように、いやそれ以上の旅人のサポートをして、地元ならではの体験と出会いのお手伝いをしていきたいと思います。


このプロジェクトで実現したいこと
---誤解だらけイメージを覆す、創生期のスピリットにあふれた「民泊」を作りたい

神戸時代のゲストとの交流

皆さんは、「民泊」と言うと、どのようなイメージをお持ちですか?

残念なことですが、分譲・賃貸マンションやアパート、住宅街の一軒家を、安ホテルとして見知らぬ外国人旅行者に貸し出し、周辺の環境悪化や犯罪の温床になる迷惑な存在と感じている方が多いと思います。実は、これは日本で民泊が「儲かる副業」として、主に海外アマゾンなどに日本の商品を転売する業者から広まってしまったことに原因の一端があります。世界中の旅行ブーム・政府による急速なビザ緩和と観光立国化・先進国では驚異的な空き室率が複合的に影響しあい、日本の住宅は「日本での仕入れ価格の何倍の値段で海外に売れる美味しい商材」となっていたのです。その結果、どこかで見たようなワンルームマンションをニトリの家具で揃えた「闇民泊」が粗製濫造されてしまいました。

まだAirbnbがビジネスとして爆発的なブームを起こす前は、様子はまったく違っていました。民泊の魅力は何と言っても、見知らぬ土地の普通の住宅に宿泊することで、地元の人たちがどんなところで遊び、どんなものを食べ、どんな暮らしをしているのか、が体験できることです。

もともと友人や、そのまた友人のツテを頼って海外を旅してきた僕にとって、案内してくれる友達がいない国でも、初めて出会うホストがまるで長年の友人をもてなすように、地元の人しかしらない隠れスポットや、人気のレストランを案内してくれる民泊は衝撃的でした。2011年にマウイ島のエコビレッジで暮らすデザイナーの家に泊めて貰って以来、パリのセーヌ川、エッフェル塔の真下に停留するハウスボートで暮らす家族、オランダの風車小屋に風車守として住んでいるアーティストの家など、他では絶対に泊まれない場所で、他では出会えないような人たちにホストして貰いながら、世界中を旅してきました。

僕が作りたいのは、ホテルの格安・格下の代替品としてではなく、「体験」がキーワードとなる新しい旅行のスタイルとして、世界中の人と人、地域と地域、文化と文化のかけ橋となれるような、そんな住宅宿泊施設です。


ホテルと民泊の違いって?民泊ならではの価値って何?

これまで自分がしてきた海外での「民泊」体験

まず、最初にハッキリと言っておきたいのは、古くからAirbnbを使って旅行客のおもてなしをしてきたホスト達は、「民泊」と言う言葉に大変戸惑っている、と言うことです。まず、ダサイ。いや、そこは言わないにしても、僕たちを最も戸惑わせたのは、メディアを連日賑わせる「民泊」像が、僕たち知っている「エアビー」と、全く違うことでした。(当時は民泊という言葉が無かったので、世界初の民泊サイト「Airbnb」を縮めた「エアビー」が、一般名詞のように使われていました。)先に触れたとおり、副業としての民泊が爆発的ブームとなるまでは、「エアビー」は、新しいモノにアンテナが高く旅好きの仲間達が、世界中どこに行っても見つかる、コミュニティのようなものでした。普通の人にとっては絶対にそんなところに泊まりたくもないし、ましてや人を泊めるなんて、まっぴらゴメンだ。というようなイロモノでしたが、むしろそこに魅力を感じる旅人にとっては今までにない体験のできる全く新しいツールだったのです。決して住宅を格安ホテルとして利用するビジネスモデルではありませんでした。

僕は、本来の「民泊」とホテルの最も象徴的な違いは、人々が、そこに何を求めて行くのか、にあると思います。ホテルは、もともとヨーロッパの貴族が「世界中どこに行っても、ヨーロッパと同じような暮らしができるよう」発展してきたものです。それに対してエアビーは、主にミレニアル世代を中心に「その土地でしか体験できない暮らしをしながら旅ができる」ことで人気を呼んだ、まったく違う性格の宿泊施設なのです。

本プロジェクトでは、僕が海外で創生期のAirbnb体験に感動したような、日本の生活文化にどっぷり浸かり、地元の人と交流できる、その場所にしかない、そこでしか出会えない「民泊」のショーケースとなるような宿泊施設を作り上げることを目指します。


私たちの地域のご紹介

今回リフォームしたい実家の外観です。(木の生えている家)下北沢の位置日本だけでなく、海外からも技術者が集うOpenSource Cafeまで歩いて30秒ご存知の方も多いと思いますが、下北沢は東京世田谷区にある小さな街の名前です。下北沢は劇団・小劇場ブームやバンドブームなど、数々のカルチャーシーンを牽引してきた「サブカルの聖地」として知られています。近年では、ビンテージレコードや古着、ライブミュージックやカフェ・バーを目指して、様々な国からアーティストやミュージシャン、旅人が集まってきています。同時に、世田谷区は、その住環境の良さでも知られています。中心まで出てしまえば賑やかで活気にあふれる街ですが、一歩裏手に入れば、閑静な住宅街が広がっています。僕の実家は、駅から徒歩7分ぐらいでたどりつく、下北沢でも最も環境のいいエリアの一つに建っています。

新宿にも渋谷にも乗り換え無しで10分ほどでアクセス出来る便利な駅ですので、都会の喧噪を楽しんだあと、ゆっくりと静かに過ごせる「我が家」に帰ってこれる、東京を体験しに来た旅人にとって、理想的な滞在場所です。下北沢の街自体の持つ「バイブ」が、海外のトレンドにもマッチして、下北沢が東京で一番好きな街だ、という人も少なくありません。

もう一つ大きな特長は、古くから多くの「よそ者」を受け入れてきた土地柄からか、オープンでウェルカムなコミュニティがゆったりと存在していることです。僕の実家から徒歩1分の場所には「OpenSource Cafe」という知る人ぞ知るコワーキングスペースがあり、日本だけでなく海外からも、ミレニアル世代のテックノマド達が集まってきています。ちょうど下北沢駅の改修工事が終わり、新しい街作りに向けて地元の人たちも前向きになっている時期です。宿泊施設の少ない下北沢では、地元のカルチャーを破壊するような大規模なホテルではなく、地域に根ざす人たちとの繋がりに基づいた、コミュニティベースの宿が求められています。アーティストや表現者、技術者どうし、旅人と地元人が繋がって新しい文化の芽生えとなるような、そんな民泊ならではの価値が最大限に発揮できるポテンシャルを備えています。

是非、このプロジェクトを応援して頂けますと幸いです。


プロジェクトを立ち上げた背景とこれまでの活動

北野のご近所さんとゲストを交えた交流
東京に戻るまで、僕は神戸の北野という街で5年以上民泊ホストをつづけ、海外の人たちと地元のコミュニティを繋いできました。北野という街は、明治から大正にかけて海外から日本にやってきた外交官や商人が住んだ異人館が残る、異国情緒にあふれる街です。もともと海外の文化になじみ深い土地で、小さいながらも下北沢のようなクリエイティブなコミュニティがあり、海外からのゲストにも、地元の人たちにも、大変喜んで頂いていました。そういった活動がAirbnbからも認められ、2014年の10月には、スーパーホスト・オブ・ザ・マンスという賞をいただいています。また、神戸ホストコミュニティという、ホスト同士のコミュニティでは公式オーガナイザーを務めさせて頂き、地域のホストを繋げる相談役として活動してきました。サンフランシスコ、パリ、ロサンゼルスでこれまで3回開催された、世界中の優れたホストが集まる「Airbnb Open」にも全て招待参加させて頂いています。

残念ながら、神戸は日本でも最も民泊に厳しい条例を敷き、現在北野では民泊事業を営むことが出来なくなってしまっています。神戸は観光客が少なかったため、東京や京都のような儲け主義の転売ホストが見向きもしない土地で、創生期からの良い民泊がすこしずつ根付いてきている場所だったのですが、行政は「そもそも観光客が少ないのだから既存の旅館やホテルを圧迫する民泊は必要ない」と判断したのです。ここにも、民泊と旅館・ホテル業界が同じパイを取り合っているという誤解があります。僕は、その誤解を解き、北野という魅力的な街で民泊ができるよう今でも活動を続けているのですが、そんな道の半ば、東京に住む母が認知症を発症し、その上脳出血で倒れるという事態が発生し、実家に戻って母と実家の面倒をみなければならなくなってしまいました。

私事ですが、もともとちょっと複雑な家庭環境で、僕が実家を離れていた間に家も荒れ果ててしまい、修復を必要としています。母の介護費用を捻出し、また複雑な家庭環境を経済的にも立て直すためにも、これまで自分が情熱を注いで来て、誰よりも詳しい民泊を活用していきたいと考えています。ところが、ここで直面してしまったのが、家の権利者が認知症になってしまったため、ただでさえ民泊に対する融資を制限している銀行から資金調達することが出来ないという点です。

そこで、皆様のお力を貸して頂いて、僕が理想と思うような民泊を作り上げるための第一歩を後押しして頂けないかと、クラウドファンディングに初挑戦させて頂きました。民泊は、ただしく使えば、中高年ニートが高齢者を支えなければならない「8050問題/8040問題」の解決にも繋がると考えています(恥ずかしながら、私の実家はまさにこのような状態に陥りかけていました)。このプロジェクトを通じて得たさらなる知見は、ウェブサイトを立ち上げるなどして同じような悩みを抱える人たちに公開していきたいと考えています。

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングとは、インターネットを使った資金調達の方法です。このプロジェクトの場合、民泊にリフォームするための費用を、部屋のリフォーム後に使える宿泊券や、既にある他の部屋の宿泊券などを「リターン」として販売することで捻出します。売上金額は、所定の手数料を引かれた後、僕の口座に振り込まれます。

資金の使い道・実施スケジュール

今回のクラウドファンディングでは、荒れ果てた実家を修復し、ベッド・エアコンなど必要な設備を購入して宿泊施設として最低限のレベルまで準備するための資金を集めたいと希望しています。

7/14日現在、およそ20万円の売上ができていますので、こちらは、全体の概算見積のうち、

■壁補修・クロス工事:32万円
に当てさせて頂きます。DIYで行うことで、材料費、職人さんの謝礼含め、20万円の予算に収めようと思います。

次の目標金額は、ベッドの購入金額として20万円(10万円×2)を目指したいと思います。
皆様にご支援いただくと、民泊秋間に新品のいいベッドが備えられます。
欲しいと思えるリターンがあった方は、購入してご支援いただけますと幸いです。

その他、
・クリーニング費:10万円
・ドア・建具修復工事:20万円
・エアコン・ガスレンジなど設備購入:40万円
・運搬費:10万円
・諸経費(現場管理・建築士ギャラなど):35万円

といった予算が必要になります。足りなかった金額は、何とか自力でかきあつめますが、民泊には銀行が融資しなかったり、ハードルがかなり高い(実質消費者金融しかなさそう。。)ので、可能なところまでクラウドファンディングで資金調達しておきたいです。

民泊施設開業に必要な届出などは、完了済みです。(第M130000352号)プロジェクト締め切り後、2ヵ月〜3ヵ月ほどでリフォームを完了して、年内にはオープンの計画です。

リターンのご紹介

これまでの活動から得た独自の視点と経験を活かした豊富なリターンをご用意いたしました。グッズなど【物販系】下北沢ガイドなど【イベント系】お友達からのプレゼント【ヒーリング系】下北沢の民泊宿泊券【宿泊券】1ヵ月の滞在【滞在券】に分かれます。ご支援は、→からお願いいたします。


最後に

本プロジェクトを始めるにあたって、いろいろな人に相談させていただく中で「クラファンの成功には大義名分が必要だよ」というアドバイスを複数の方からいただきました。正直いって自分のプロジェクトに、「大義名分」といったようなものが存在しているのかどうかは、よく分かりません。一般の日本人にとって「民泊」はあってもなくてもいいもの、それどころか現状では「できたらない方がいいもの」だからです。しかし、日本が急速に観光化に踏み切ったのには理由があります。長引く不況の中、外貨獲得手段として、観光は日本唯一の成長産業とも言えるのです。少子高齢化・空き屋・労働環境など、民泊を利用して(特にその当事者個人が)解決の糸口となるような問題も数多く存在します。「しっかりとしたホテルが同じ事をやって経済を回してくれればいいじゃないか」という人もいらっしゃいますが、僕は「民泊」というように、これまで力の無かった個人=民が、世界と対等に向き合ったビジネスを展開できることに、その意義があると考えています。「個人の世紀」と言われるよう、これからは個人と個人が直接繋がり、活躍していく時代になっていくことと予測されます。同じ想いを持った個人の方々のお力をお借りすることが出来たら、大変ありがたく存じます。資金力をもったものだけが展開できる宿泊ビジネスではなく、個人ができる場所から初めて行きたいと、クラウドファンディングを選びました。僕の個人的なワガママにしか見えないかもしれませんが、何卒お力を貸していただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2019/12/22 05:13

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2019/09/18 00:26

    ご支援いただいた皆さま、しばらく音沙汰がなく、本当に申し訳ございません。心配されていた方や、あきれていた方もいらっしゃるのでは、と思います。まずはお詫び申し上げます。実は会社の決算があったり、引っ越しがあったりで、てんやわんやしていました。本当は世界一クレイジーな祭りと呼ばれている「バーニング...

  • 2019/08/08 10:21

    おはようございます。長らく報告も連絡も出来ず、申し訳ございません。支援額が決定してからでないと詰められないことが多かったため、クラファン終了してからものすごい勢いでプラン作ってます。皆様のご支援のおかげで、秋間の将来像が見えてきました。最初思っていた以上に、良いところまで持って行けそうです。い...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください