《本日最終日》 今世界に対して、出来るアクションを取りたい! 自分の持ってる知識と今までの経験を活かして、『挑戦』したいと強く想ったエシカルファッションでオンラインストアを立ち上げました!! 人も動物も地球も平和で公正に、共に優しさを持って生きれる世界の実現は出来ると信じています!!

プロジェクト本文


▼はじめに、ご挨拶

はじめまして!!

数あるプロジェクトの中からこのページに来てくださり、
ありがとうございます!!!

大阪出身の知加(トモカ)です!!

『SRABS』という
主にヴィーガンアパレルを
取り扱った
エシカルファッションの
オンラインストアを
運営しています!



突然ですが、
皆さんは動物は好きですか?

僕は小さい頃から動物が大好きで、
当時はやっぱり犬が。
そして、学校の授業などで
既に絶滅した動物がたくさんいると事実を知った時
すごくショックだったことを覚えています。



15歳になるビーグルの女の子で
我が家のコオちゃんです。

今は少し大人しくなりましたけど
まだまだ元気にお散歩してます。

動物が好きで、様々な動物と
一緒に生活されている方も
多くいると思います。


僕は今回のプロジェクトを始め、
『SRABS』を通して、
『動物が動物らしく
豊かに生きる』

だけでなく、
人も、地球も傷つかない、
『全ての生き物と平和で公正に生きる優しい社会』
目指したいと思っています。


▼このプロジェクトについて


僕は2018年1月、当時の彼女と共に、オランダ移住のために
オンラインストアの起業立ち上げ準備をしていました。


それから4ヶ月ほどで彼女は仕事で良い関係を築いていた男性と恋愛関係になり、
僕たちは別れ、オランダ行きも無くなりました。


当時の僕は失恋によるあまりの辛さに、
自分を責め、後悔し続け、
何もやる気が起きない毎日を過ごしていました。


しかし自分を変えるキッカケを
つかもうと毎日読書をし、
何度も自己分析や
過去の振り返りをして、
自分のしたかったことを
改めて見直し、
自分の為に生きようと決めました。



そして子供の頃からずっと動物が大好きだった僕は、
不当に動物が殺されることがない社会にする為に何が出来るだろうと考え、
動物に優しいヴィーガンやエシカルのことについて専門家の元で学びました。


そして今までの引きずっていた過去を振り切り、
新しい自分の物語を始めようという想いで、
構想途中だったオンラインストアと

自身のアパレル職での経験を活かす事のできる
ヴィーガンアパレルストアの立ち上げを決意し、

商品を充実化させて
この新しいファッションの価値を広めるため
クラウドファンディングをすることを決めました。


このプロジェクトには僕が経験して得た、
好きなことを自分で選択する『意志力』
そして
『悲しみや失意を優しさに変える力』

強く込めています。



我が家のコオも、
僕の心の成長と共に、
患っていた癌も
回復に向かっており、
毎日元気に生活しております。




人生で悩んでいる、楽しくない、許せないことがある。過去にとらわれている。
動物が大好き、動物がもっと公正に暮らせる社会を実現したい
そんな方々と共に前に踏み出したいという想いを持っています。


▼エシカルファッションとは


「倫理的に配慮をしたファッション」という意味です。


素材の生産過程で動物が虐待されていないか、
また労働環境が劣悪でない工場で縫製されているか、
といったように、地球や人、動物に
配慮を持った新たな価値観のコンセプトのファッションです。


全ての動物、生き物の命を大切にしたい。


デザイン、生産、流通、小売といったらプロセス全てにおいて、
関わる人たちが誇りを持って豊かに仕事ができる労働環境を大切にしたい。


しかし、ヴィーガンやエシカルファッションのイメージとして
・かっこ良くはない
・種類が少なく、デザイン性に富んでいない
・若者向けの商品が少ない

などがあると思います。


イギリスのデザイナーによって
作られたブランド
PLANT FACEDの協力で
リターンを用意しており、
イギリスらしく、パンクで、
かつファッショナブルな
デザインのものが揃っています。



・ほぼ全ての商品がオーガニックコットン100%
・環境に優しい水性インク使用
・ほぼ全ての商品がフェアトレード、”WRAP認証”

・ジェンダーニュートラル
などが特徴的です。


▼プロジェクト終了後


SDG'sという持続可能な開発目標の指針として
“2030年までに達成すべき17の目標”が
国連から全世界に向けて
共に目指そうと動き出しています。


僕個人としても
『SRABS』を通して
日本に限らず世界中で
『優しいファッション』
販売できるような形態を、
早く作りたいという考えから
インターネット中心の
販売にしました。



このプロジェクト終了後も、
多くの人に感動体験を与えることの出来る
『共に生きるストア』を目指していきます。


人、動物、地球がより良く、平和に公正に生きる社会のために、
たくさんの支援をお願いいたします



▽今後の計画

2019年5月下旬 契約メーカー打ち合わせ
2019年6月サイトリニューアル
2019年6月 クラウドファンディング終了
2019月7月上旬 商品調達
2019月8日 リターン発送

皆さまからいただいた支援金は、
商品仕入れ、それに伴う送料、関税費用、
ホームページの作成にあてさせていただきたいと考えています。


▽さいごに

これからもたくさん面白く、楽しい、平和な世界を目指して活動していきます。
皆様と多くのことを共有していきたいと思いますので、
暖かい目で見守っていただければ幸いです。



▽リターンアイテムと当店の取り扱い商品

当店ではヴィーガンアパレル商品のみを取り扱っています。
動物性を一切使用して製造しないこと、そして動物実験していないことが大前提です。

【Tシャツ各種】
サイズ:XS・S・M・L・XL ¥4000
身幅:(XS)45cm (S)48cm(M)51cm(L)54cm(XL)57cm
着丈:(XS)67.5cm(S)69.5cm(M)71.5cm(L)73.5cm(XL)75.5cm
【日本トップメーカーメンズサイズ】
身幅:(XS)43.5cm (S)46.5cm(M)49.5cm(L)52.5cm(XL)56.5cm
着丈:(XS)59cm(S)62cm(M)65cm(L)68cm(XL)71cm

【日本トップメーカーウィメンズサイズ】
身幅:(S)41.5cm(M)44cm(L)47cm(XL)50cm
着丈:(S)57.5cm(M)60cm(L)62.5cm(XL)66cm


▲スーパーフードとして知られ、 キャベツやブロッコリーも ケールから品種改良されて作られた。
栄養価がとても高いです!最もよく知られてるのは青汁の主成分。オーガニックコットン100%。
・食物繊維 ・ビタミンB6 ・ビタミンA ・ビタミンC ・ルテイン ・カルシウム ・メラトニン

▲ファンダーが日本好きということもあり、
PLANT BASEDの英文字と植物の素材の日本語文字のダブルデザインの
オーガニックコットン100%Tシャツです。

▲波状のイリュージョン柄で書かれた文字は
『STOP EATING ANIMALS』
オーガニックコットン100%Tシャツです。

▲ケールという非常に栄養価の高い植物に対しての
身体の健康に及ぼす信頼を表したデザインの
オーガニックコットン100%Tシャツです。

▲シンプルにplantとbasedを前後にプリントした
オーガニックコットン100%Tシャツです。

▲ゴシックレターで『EAT PLANTS』がプリントされた
オーガニックコットン100%のTシャツです。

【ロンT各種】
サイズ:S・M・L・XL ¥5500
身幅:(S)46cm(M)48.5cm(L)51cm(XL)54cm
着丈:(S)70.5cm(M)72.5cm(L)74.5cm(XL)76.5cm

▲左胸PLANT LIFEのプリント、スリーブにはKaleやSkullのプリントされた
オーガニックコットン100%の長袖Tシャツです。

▲ゴシックレターでの「EAT PLANTS」とトゲのあるバラのプリント
スリーブにはバラのプリント
オーガニックコットン100%長袖Tシャツ

▲ゴシックレターでの「EAT PLANTS」とトゲのあるバラのプリント
スリーブには炎のプリント
オーガニックコットン100%長袖Tシャツです。

【スウェット各種】
サイズ:XS・S・M・L・XL ¥6500
身幅:(XS)50cm(S)52cm(M)56cm(L)60cm(XL)64cm
着丈:(XS)67.5cm(S)69cm(M)72cm(L)75cm(XL)78cm
袖丈:(XS)65.5cm(S)67cm(M)68.5cm(L)70cm(XL)71.5cm

▲I DON’T GOT NO BEEF COS I DON’T EAT NO MEAT!が
プリントされたプレミアム品質のスウェットシャツです。



本プロジェクトはAll-In方式で実施します。

  • 2019/06/25 13:00

    初めてSDG'sの勉強会に参加させていただきました。今までぼんやりとしか知らなかったこと教えていただきすごい勉強になりました。このままの生活を続けていたら、『持続不可能な未来がくる』って感じたのが最も印象的でした。そして今僕が始めたエシカルファッションがどのような影響を社会に及ぼすことができる...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください