アメリカのマザーロードと言われるルート66。僕らにとって夢だったその道を大学生活最後の思い出としてチャリで駆け抜けることを決めました。このバカ2人の旅にどうか応援お願いします!!

プロジェクト本文

<はじめに>

初めまして! ご覧いただきありがとうございます!

関西の大学生リョウタとりきやです!!



簡単な自己紹介から

リョウタ


茨城出身 小1から高校まで野球部 

好きな言葉は「とりあえずビールで」


2017年休学してボストンにて1年間留学。

(友達とナイアガラの滝旅行にて、写真:一番右)


旅とアウトドア好き。2ヶ月間ヨーロッパバックパックしたり、1ヶ月北海道の山でスノボーしまくったり、とにかく自分の興味を持ったもの全てに挑戦。

スペイン巡礼 山道を5日かけて歩いた時の写真

クレジットカード使えなくてろくにご飯食べれなかったのが良い思い出です笑

ドイツでボランティアした時のファミリー。羊やうさぎ、鶏の飼育や、ラズベリーやリンゴを拾ったり、教会のお手伝いなどいろんなことしました!その土地の文化や人などを知るのが大好きです。


北海道ヒッチハイクの旅

トラブル続きでしたが人の暖かさに助けられ、なんとか着けました!


趣味は筋トレ、キャンプ、コーヒー、

マイブームは読書。最近は哲学系にハマってます。



海外ドラマ”Friends”が一番のお気に入り。何回もリピートしてるエンターテイメントってこれの他あんまりない(めちゃくちゃおすすめです!)


将来このドラマに出てくるような

みんなから愛されるアットホームなコーヒーカフェを作ることが夢です!


りきや 

 21歳   大阪府出身  

将来の夢はパイロット👨‍✈️

4歳から13歳まで空手をしていました。それからはテニス、陸上競技をしてました!


アメリカのインディアナポリス🇺🇸とオーストラリアのシドニー🇦🇺に交換留学し

現在は大学を休学してフィリピンのクラーク🇵🇭に留学中。

高校2年生の時から1年に一度何かに挑戦していて今年までに5回のチャレンジを行ってきました!



これまでのチャレンジ🏆


淡路島までの自転車旅🚴‍♂️

これが僕の人生初自転車旅でした!行きも帰りもハプニングの連続でしたが、今思えばこの旅のおかげで自転車が好きになったのではと思います!写真はあまり関係ないです!


白浜までの自転車旅🚴‍♂️

高校3年生の思い出として白浜に自転車で向かい温泉に入りに行きました。だいたい150キロを17時間もかけて向かいました笑


無人島3泊4日サバイバル生活🔥

釣竿とモリと水、コンロなどの調理器具だけを持って和歌山の友ヶ島で生活をしました!


東京までの自転車旅🚴‍♂️

4泊5日で神戸から東京までの約600キロを走行しました!


世界遺産の富士山を登る🏔

この日の富士山は大雨で上級者でも厳しいと山小屋の人に言われる中、登山を続け頂上までついたのですが、風と雨が強く目を開けて立っているのも大変でした!笑

今まで僕はこのようなチャレンジを行ってきました。このチャレンジを見てわかる通り、面白いことと体を動かすことが大好きです。

そして4回生となった今最期のチャレンジはアメリカのルート66を自転車で横断するという大きなものになりました。学生生活最後ということでみんなから驚かれるようなチャレンジをしたく、思いっきり厳しいチャレンジに決めました。


趣味

サイクリング🚴‍♂️スキー⛷スノボー🏂     旅行✈️

親が旅行好きなこともあり幼い頃から車でよく旅行に連れて行ってもらいました!その頃から旅行が楽しくて今でも旅行が大好きです。なので海外旅行ではなく日本の各地を回ることが大好きです!こんなに挑戦することが好きになったのも両親のおかげかもしれません!


特技

ルービックキューブ。高所恐怖症なのですが高いところに登るのが得意で高いところから大きな声で叫ぶのが好きです!🗣ストレス発散に最適だと思うのでおススメです!でも周りの目を盗んで叫ばないと変な目で見られてしまうので注意です👀笑





<プロジェクト内容>

アメリカのルート66をチャリで走破するプロジェクトです。

関連画像



シカゴからロサンゼルスまで続くルート66は全長約3940km。それを約40日で走破する予定です。



<資金の使い道>

全てがこの旅に関連するものに使われます。

2人合わせた費用(最低予算)

航空券代28万

必要な装備(チャリ、キャリア、スペアタイヤ、工具類、テント、)15万

40日間分の食料と水8万

雑費2万

計53万

<出発日>

8月20日



<最後に>

アメリカ横断。それは男のロマンであり、僕らはいつかそれをやると決めてました。

そして夢の日が近づいています。


灼熱の砂漠の中に一本のまっすぐな道。ひたすらに漕ぎ続ける。汗は止まらない。喉が乾く。

空は次第に灼け、日が落ちていく。テントを張って、火を焚いて。気がつけば僕らの上には見たことない満点の星空。

そんな下で食べる飯はどんな味がするんだろう。

疲れ果てて眠りに落ち、朝日とともにまた起きてひたすらチャリを漕ぎ続ける。

それを考えただけでワクワクします。



「今」という時間はこれから先願っても返ってこない。若気の至りでもなんでもやりたいことやり尽くしたい。

そして僕らのこの挑戦を通してただ一人でも勇気を与えることができるならそれはもう社会貢献であると考えます。

一人一人がやりたいことをしハッピーに生きれるそんな社会であるなら素敵だと思います。



そして僕らは特に今の高校生、中学生にも伝えたい。

世界はすごく広くていろんな人がいる。でもそれは実際に自分が見てみないと感じにくいものだと。

だからこそ、このプロジェクトを通して挑戦することの大切さを知ってもらい、実際にいろんなことにチャレンジしてほしい。そんな思いも持っています。


プロジェクト自体は僕たちのただ挑戦したいという思いから始まったものです。

僕らが全力でお返しできるように頑張りますので、どうか応援よろしくお願いします!


*本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください