プロジェクト本文

リバ邸とは

リバ邸(http://liverty-house.com/)は、連続起業家で活動家の家入一真さん(http://ieiri.net/)や、コンテクストデザイナーの高木新平さん(https://newpeace.jp/)達の企画である「解放集団Liverty」から生まれた、「現代の駆け込み寺」をコンセプトに掲げて各地に展開しているシェアハウスです。

リバ邸は、世の中の枠組みや空気に苦しくなった人たちが集まる場所であると同時に、様々な価値観をもった人々が行き交い、どんどん新しいアウトプットが生み出されていく刺激的なコミュニティのシェアハウスを目指しています。

現在では渋谷(東京)、大宮(埼玉)、船橋(千葉)、前橋(群馬)、名古屋(愛知)、宇部(山口)、天神(福岡)など全国に広がるだけでなく、クアラルンプール(マレーシア)、プノンペン(カンボジア)、ビバリーヒルズ(アメリカ)など海外にもリバ邸が生まれ、各々有志が独立して運営を行っています。

また、2014年5月19日・9月9日には、NHK Eテレ(NHK教育)のテレビ番組「ハートネットTV」にて、リバ邸の取り組みが紹介されました。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2014-05/19.html
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2014-09/09.html

こちらの写真は、2016年末に行われた、リバ邸忘年会の様子です。

リバ邸大宮とは

シェアハウス「リバ邸大宮」は、埼玉県初のリバ邸として、さいたま市西区で2014年7月にオープンしたリバ邸です。

借り手がつかず、空き家となっていた物件の家主さんをさいたま市市民活動サポートセンターさんからご紹介頂き、シェアハウスとして活用しています。

また、ネット水道光熱費、お米や一部調味料、消耗品も込みで月2.5万円という格安の家賃を、家主さんのご好意もあり、実現しています。

現在住んでいる人はもちろん、卒業していった人も含めると、本当に多くの方がリバ邸大宮に住まわれています。

元住民のCAMPFIREでお遍路に出かけた人を始め、元住民と今の住民にどんな人がいるのか並べると、大学生、会社員、フリーター、デザイナー、イラストレーター、ブライダルコーディネーター、元自衛隊員、ゲームのデバッガー、キャバ嬢等など、ここには挙げきれないほど様々です。
スタートアップやサービスを立ち上げ、もしくは立ち上げようとしている人もいます。

また、家庭や仕事、学校など様々な事情でリバ邸大宮に駆け込んで来た人もいました。

継続して運営していくためには

ただ、継続して運営していくためには、多くの費用が必要になります。

リバ邸大宮は築年数の経った空き家を活用しているため、住んでいるうちに色々なところにガタが来てしまいます。

畳は古くなり、床がへこみ始め、引き戸や網戸が開きにくくなり…。
空き家で戸建ての賃貸という性質上、給湯器の取り替えや風呂場の内扉の交換、床のリフォームといった費用がかさんできます。

また、傷んできた家具家電などを追加購入したり、2台目の洗濯機を取り付けるために水道工事をしたり、なにかと維持管理費用がかかります。

なぜファンクラブなのか

リバ邸に興味を持ってくださる方はたくさんいます。現在でも「リバ邸ってどんなところ?」「シェアハウスで暮らすってどんな感じなの?」と多くの方が見学に来てくださいます。

しかし、共同生活はなかなかハードルが高く、やりたいことがある人、拠点に困っている人全員をサポートすることができていないのが現実です。

住む住まないに関わらずもっと大きなコミュニティを作る

その課題のためにイベントを行ったり、住民にはならなくともふらっと遊びに来れるような単純な住まいとしての拠点以外のネットワークを作る役割を果たすことができれば、こういった人達の力になることができます。

最適化された"居場所"

正直なところ今のリバ邸は居場所の箱は提供できていますが、コミュニティの最適化はできていません。それはコミュニティの流動性が低いからだと思っています。もっと自由に人が交わり、それぞれが個性が100%エンパワーメントされるコミュニティを作ることができれば、世の中はまた一歩前進すると思っています。

その解決策として、住民になる以外のコミュニティ形成になるファンクラブを作ることが一番と思い今回の設立に至りました。

目標金額について

目標金額は、25,000円に設定しました!

月に25,000円を運営費に回すことができれば、様々な工事費用がまかなえると考えたためです。

例えば、家主さんのご協力もあり、廊下の張り替えは50,000円弱で行えたため、頂いたお金を全て使った場合、大体2ヶ月に1回ペースで簡単な工事も行えることになります。

また、イベントを開催するときには当日のイベント運営費に充てます。

25,000円を達成できれば、運営はかなり安定すると思います。

最後に

オープンしてから、本当に多くの人にリバ邸大宮を利用して頂きました。

楽しい思い出、つらい思い出、本当にたくさんの思いがリバ邸大宮につまっていると思います。

綺麗でおしゃれなシェアハウスとはほど遠い、でも不思議と田舎のおじいちゃんおばあちゃんの家のような安心感があるリバ邸大宮。

これから住む人や、管理人、運営の形は変わったとしても、出来る限り長く続いて欲しい。
そのためにも、一緒にリバ邸大宮を支えてもらえたら嬉しいです!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

3代目管理人の一言

ここまで書いた居場所の最適化のお話ですが、SNSやブログを使えばいいじゃないかと思う方もいると思います。ただあくまでリアルでの繋がりにこだわりたいのです。

もちろんネットをうまく利用することも大切だと思いますが、ネットは時に凶器になります。自分をコンテンツとして発信した結果、思わぬ誤解を生んで凹んでしまうこと、それによってチャレンジすることを諦める人もいます。

そんな時に友達や知り合いから「また頑張ろうぜ」「お前の言いたいことわかるよ」って一言言ってくれたら、その人はまた頑張る勇気が持てると思うんです。インターネットをもっとよくするためのリアルコミュニティ。そのために一緒になって支援してくださると嬉しいです。

PS.
お金の支援は難しいけど共感したよ!って方はTwitterをフォローしてくれると、その日一日幸せになれます。その分幸せのお返しができるように頑張ります。
https://twitter.com/liverty_omiya

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください