その場でのやりとりからここでしか見られない一期一会のストーリーを描くSand Pitの真骨頂「エッセイインプロ」と呼ばれる即興演劇のスタイルを多くの人に知って頂きたい!即興だからこそお届けできるエンターテイメントの可能性を関西から広げていくためにぜひご支援お願いします。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして。

「Sand Pit」の代表を務めております、りょうちんこと白石涼子です。

私たち「Sand Pit」はインプロと呼ばれる即興演劇を通して、

「違いに気づく違いを活かす」をモットーに活動する

即興演劇ユニットです。


即興演劇にもいろんなスタイルがありますが、

日本ではまだ少ない

書き下ろしの即興オリジナル作品を演じている団体のひとつです。



このプロジェクトで実現したいこと

即興演劇を15年以上つつけてきた今、

もっと多くの人とインプロを広めていくためには


「即興でこんなことができるんだ!」


という驚きや憧れを持ってもらえる作品を世に届けることが必要だと思っています。


なので、SandPit代表白石が書き下ろすオリジナルの即興演劇作品では


一つのシュチュエーションからバックグラウンドの違う演者同士が

その場でストーリーを即興で紡いでいく


という「エッセイインプロ」という手法を採用しているのですが、、、


正直まだまだ、知られていないのが現状です。

Sand Pitオリジナル即興演劇をより多くの人に知ってほしい。

具体的には、まず、関西での公演で動員100を超えること!

そして、この作品を東京に持っていきたい!!!



プロジェクトをやろうと思った理由

昨年七夕に行った第一回本公演は台風の上陸を

受けおもうように集客ができませんでした。


その際、資金的にも負担が大きく、

今年の公演は規模を縮小する案もでてきましたが、


今年こそはより多くの人に

エッセイインプロの醍醐味を味わっていただきたい

その思いが強く、皆様の力をお貸りして

初の二日間公演にチャレンジすることを決め

今回のプロジェクトを立ち上げました。


これまでの活動

2008年に即興演劇のワークショップや公演の企画運営を行う

個人ユニットとして活動を始めたSandPitも

2019年3月21日からメンバーを受け入れ団体として活動をはじめました。


昨年より「エッセイインプロ」という即興演劇のスタイルを提唱し

新作即興演劇作品を発表。

・SandPit第一回本公演『星に願いを〜Like a shooting star』

   2019年7月7日 施 イカロスの森(神戸灘 水道筋)


資金の使い道

SandPit第二回本公演『Dining Dialog 食卓の記憶』の

会場代、人件費、グッズ制作費に利用させていただきます。


リターンについて

1日通しチケット、全公演通しチケットなどを始めリターンを数多く用意しました。

欲しいものを欲しいものだけお手元に届くように,それぞれのリターン品を独立させています。もちろん1つでもご支援いただけると嬉しいですが組み合わせてご支援頂くのも大歓迎です!!

 

 なお,支援金額の多少に関わらず,ご支援頂いた方について当日パンフに公演時に配布される当日パンフレットにお名前もしくはペンネームを掲載いたします。

※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。




最後に

社会に出てから劇場に足を運ぶ人が人口に占める割合は極端に減ります。

好きな人は見るけど、特に興味のないひとにとって劇場は

ハードルの高い場所かもしれません。

テレビやスマホやパソコンのように手軽な娯楽が溢れる時代

今劇場で私は何が出来るのか?

ずっと問い続けています。


自分の好きなお手軽なものだけに囲まれると、

それ以外のものへの興味が極端に下がって、

みんな自分と同じようにモノゴトをとらえている

錯覚にとらわれてしまうそんな気がするのは

私だけでしょうか??


同じものをみて、同じ環境にいても、

人と人は違う反応をするということ。

私はそこを忘れたくないし

そこを面白がりたいと思うのです。


私にそれを味わわせてくれるのが

劇場という空間でした。


私が作る作品は、特に即興でお届けする作品なので、

決まった台詞も結論もない状況で

与えられたシュチュエーションに演者が汗を流す姿

その場で起こるハプニングや、

お客様からいただいたアイデアで結末や関係性が変わる

生のドキドキを目にする事になります。



そこに答えがあるわけではなくて

それを見てどう感じたか無限の選択肢がある空間。

学校とも会社とも違うそんな場に身を置く時間を

世代を超えてたくさんの人に持っていただけたらいいなと思っています。


ぜひ一人でも多くの人にこの作品を届けられるようご支援宜しくお願いします。


Sand Pitがお届けする
エッセイインプロ第二弾!!
日常の風景、人の営みを即興で丁寧に積み上げ
ここでしか生まれない物語をお届けします。

Sand Pit第二回本公演
Dining Dialog 食卓の記憶
2019年7月6日(土)~7月7日(日)
ムーブファクトリー(大阪 中崎町)

特設サイト

https://peraichi.com/landing_pages/view/sandpitdd


大切なことは時にすれ違う。
食卓をともに囲む人たち。
それぞれ同じものを見ているようで少しずつ違う。
自分の意志と相手への想い。
掛け違ったボタンはうまく元へ戻るのか。
二人の登場人物を軸に、彼らを囲む人たちとのやりとりから
それぞれの想いをひも解く、台本なしの即興劇。

その選択がもたらすのは「再生」か?「崩壊」か?

各日一回
関西即興演劇界隈のプレイヤーをゲストに迎えて

「即興バトルライブ」もお届けします!!


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください