<NYLON JAPAN創刊15周年プロジェクト> 吉川愛・萩原みのり・今泉佑唯が出演する青春映画「転がるビー玉」の製作が決定。無事撮影を終え、現在編集作業の真っ最中です。2019年度中の劇場公開に先駆けて、「転がるビー玉」を一緒に盛り上げ、応援してくださる仲間を募集します!

プロジェクト本文

★はじめに・ご挨拶★


はじめまして。
転がるビー玉』監督の宇賀那健一です。

この映画は逆ロードムービーです。
本来のロードムービーは、主人公たちがどこかへ進んでいく中で、
誰かと出会い、何かを学び、成長していきます。

でも、この映画の主人公である瑞穂恵梨香の3人はなかなか動けません。

再開発が進み目まぐるしく変化していく渋谷の中で、今いる場所から動けずにいる間に風景は変わり、
人々は過ぎ去っていき、彼女たちは焦りばかりを募らせていきます。

それでも変わりゆく風景を見て、過ぎ去っていく人と少し話すことによって、
悩んでいた彼女たちは、(彼女たちにとっては)大きな一歩を踏み出すのです。

前に進みたい彼女たちは、進めないことによって成長するのです。

今すぐ「宝石」にもなれない、けれど「ローリーングストーン=転がる石ころ」のようになることも出来ない、さながら「転がるビー玉」である彼女たちの屈折した輝きは、僕は宝石よりも美しいと信じています。

そして、彼女たちにとっては「過ぎ去っていく人々」にも
きっとそんな時期はあったのではないでしょうか?

この映画も決して大きい予算で作った映画ではありませんし、有名監督の映画ではありません。
それでもきっと、沢山の方々の心に深く届く映画だと信じて必死に作りました。

応援していただけたら幸いです。


監督/宇賀那健一

監督/宇賀那健一(うがな・けんいち)1984年生まれ、東京都出身。青山学院経営学部卒。ブレス・チャベス 所属の映画監督・脚本家。過去作に『黒い暴動♥』『サラバ静寂』他。『魔法少年☆ワイルドバージン』が2019 年公開予定。

***************************


★STORY


『転がるビー玉』

再開発が進む、渋谷。

その片隅にある古い家の床は少し傾いている。
ここで共同生活する愛、瑞穂、恵梨香の三人は夢を追い求めながら、
悩み、もがき、飲んで、愚痴って、笑っては、泣いた。

彼女たちが手にいれたのは、〈宝石〉なんて眩しいものではなくて、
どこかで紛れ込んだ一つの欠けた〈ビー玉〉だった。

そんなある日、部屋の立ち退き勧告の通達が来る。
街の再開発で家の取壊しが決定したのだ。

これは、いずれ出て行かなくてはならないその部屋で三人が過ごした、
ささやかな日常の物語。

絶え間なく変化するこの街で埋もれてしまいがちな幸せは確かにそこにあった…。



***************************


★登場人物★

◼︎メインキャスト

<モデル志望の愛役>/吉川愛


【コメント】
お話がとても独特で素敵で読んでいるうちに笑顔になるようなお話でした。1人1人それぞれの夢や願いがあってその夢や願いを叶えるために一生懸命な3人。そして私が演じる愛ちゃん。まさかの同じ名前。偶然にしても嬉しすぎます。性格はものすごく努力家、面倒見もいい。でもちょっと弱い部分もある女の子。いろんな表情の私らしい愛ちゃんを演じました。そしてそんな三人の仲の良さや1人1人の個性をたくさん感じてもらえればいいなと思います。

<Profile>
1999年10月28日生まれ。東京都出身。主な出演作は、『山田太郎ものがたり』『ホタルノヒカリ』『メイちゃんの執事』『ハガネの女』『夜光観覧車』『あまちゃん』等。近年では、『愛してたって、秘密はある。』『初めて恋をした日に読む話』、映画『虹色デイズ』『十二人の死にたい子どもたち』等。


<NYLON編集部で働く瑞穂役>/萩原みのり


【コメント】
わたしはずっと、自分の強みを聞かれることが苦手でした。他人より優れているところ、 そんなの私にあるんだろうか。自分の良さってなんだろう。私は何が楽しくて、誰のこと が好きなんだろう。とにかく必死に今を走ることしかできなくて、でも進めているのか、 この道で合っているのかも分からなくて、そんな不安をどうにか誤魔化しながら生きてきた気がします。私は今回瑞穂という役に出会って、今まで悩んできたことを、初めて肯定してもらえた気がしました。等身大のままぶつかって、観てくださった方の背中を押すだけでなく、一緒に走り出せるような作品にできるよう、全力で努めさせていただきました。

<Profile>
1997年3月6日生まれ。愛知県出身。2013年、ドラマ『放課後グルーヴ』で女優デビュー。以降、ドラマ『表参道高校合唱部』『I”s(アイズ)』『虫籠の錠前』、映画『64 -ロクヨン-』前編・後編、『何者』『昼顔』『ハローグッバイ』等に出演。9月28日から映画『お嬢ちゃん』が公開。20年に映画『サーティセブンセカンズ』の公開が控えている。


<シンガーソングライターの恵梨香役>/今泉佑唯


【コメント】
私が演じる恵梨香という役柄は、とても真っ直ぐな女性だと思います。目を背けたい現実や、決して逆らえない早すぎる時の流れに必死にもがきながらも、夢を叶えるために今できることに没頭する彼女の姿に、すごく心を打たれました。叶えたい夢があるけれど、一歩を踏み出す勇気がない方、夢を諦めかけてしまっている方。「転がるビー玉」 は、そんな方の背中をそっと押してくれる作品かなと思います。ぜひ劇場でご覧いただけると嬉しいです。

<Profile>
1998年9月30日生まれ。神奈川県出身。2015年、欅坂46に加入。2018年10月には、1st写真集「誰も知らない私」を発売し、好評を得る。同年11月に同グループを卒業。2019年2月、常盤貴子主演ドラマ「グッドワイフ」に出演。続けて、舞台「熱海殺人事件 LAST GENERATION 46」に出演するなど、女優として活躍している。



☆映画に関する詳細はNYLON.JP内特集ページからご確認ください☆

『転がるビー玉』公式Instagram
『転がるビー玉』公式Twitter
『転がるビー玉』公式Facebookページ


***************************


★プロジェクトをやろうと思った理由、そして想い★


はじめまして、雑誌「NYLON JAPAN(ナイロン ジャパン)」を発行しているカエルム株式会社の代表、及び編集長を務めさせていただいております、戸川貴詞と申します。

この度、雑誌「NYLON JAPAN」が創刊15周年を迎えることとなり、今まで支えてくださった読者の皆様に向けて、いろんな形で恩返しをしていきたいと考えました。その一つとしてオリジナルの「映画」を作って皆様に届けようとなり、昨年から構想がスタートしました。

最初は気軽な気持ちで、普段制作しているイメージムービーやミュージックビデオの延長のような感じで進めようと考えていましたが、実際に宇賀那監督と出会い、いろいろ勉強させていただき制作が進行し始めると、自分の考えがどれだけ甘かったかということを毎日のように痛感しました…。

まさにゼロからのスタートで、自分が今までやってきた雑誌、書籍やウェブメディアの編集、またビジュアル、デザイン、ムービーなどのクリエイティブ・ディレクションなどの経験は、映画の制作には全くと言っていいほど通用しませんでした。正直、映画のことをなめていたと思います…。そこから、脚本、スタッフィング、キャスティング、音楽、そして全体予算のことなどを考えながら宇賀那組が動き始めると、あっという間にクランクインの日を迎えることに。

撮影期間は7月の2週間。今年は昨年とは違い梅雨らしい長梅雨で、撮影期間中の天気予報カレンダーを見ても雨マーク☔️⚡️続き。前途多難なクランクイン、と心配ばかりが募っていました。ところが撮影が始まると“奇跡”は続き、ここぞというシーンでは雨が止み、時には晴れ間さえ見え、これは何かが降りてきている、とさえ思えました。

あっという間の、でも長い長い2週間は、今までの人生で経験したことのないような、いろんな意味で中身の濃い、濃すぎるくらいの素晴らしい時間でした。きっと、一生忘れない夏(梅雨)になると思います。

話は遡って、なぜ今「映画」なのか、ということを少しお話させていただきます。

僕は雑誌をつくる仕事を約30年間続けています。サラリーマン10年、独立して20年ほど経ちますが、その30年の間に世の中は目まぐるしく変化し、携帯電話に始まり、パソコン、インターネット、Wi-Fi、スマートホン、SNSなどの出現によって、僕たちのライフスタイルは30年前には想像できないほど便利になり、個人でできることもかなり増えています。時代のニーズに合わせ、今では雑誌という紙メディアだけではなく、自分たちが作ったコンテンツをより多くの人たちに届けるべく、ウェブ、SNSなどあらゆるツールを使ってユーザーとのコミュニケーションを強めています。

そんななか、雑誌メディアは世界的にも衰退しており、国内でも多くの雑誌が休刊、廃刊が相次ぎ、書店は少なくなり、コンビニの雑誌コーナーは縮小傾向にあります。この流れは今後さらに進行し、ある程度のところまで淘汰されていくと思います。しかしながら、書店に足を運び、「雑誌」という紙を触る、めくる体験を伴い、インテリアを飾り、そして所有欲を満たすメディアはデジタル全盛の今でも他にはなく、対デジタルとしての位置付けのアナログというだけではない確かな「価値」がそこにはあります。だからこそ、必要のないものが淘汰こそされど、決してなくなることはないと思っています。

同じように、映画館に映画を観に行くという行動は、それ自体がかけがえのない体験のひとつです。シネコン系の大型映画館から個性的なミニシアター系まで、いろんな関係の人と一緒に、あるいは一人で、ジュースを飲みながら、ポップコーンを頬張りながら、その時々のいろんな気持ちを抱えながら映画を観た体験は、五感を通して素敵な思い出になります。やはりそういう体験こそが確かな「価値」であり、雑誌と同じくスマホで観るYouTubeなどの動画では絶対に体験できないものです。

これからの未来では、さらなるイノベーションと共に、いつでもどこでも無料で自分の観たい時に観ることができ、新しいサービスもどんどん始まり、映画やドラマに簡単にアクセスできる環境はますます整っていくと思います。だからこそ、「映画館で観る映画」にさらなる特別な価値が生まれ、映画館用の新たな映画がもっともっと生み出されることで、僕たちの生活を益々豊かなものにしてくれると信じています。

そしてこの「転がるビー玉」は、「渋谷」という日本の若者カルチャーの中心地で、歴史的にも新しいファッションや音楽などを生み出し続けているカオスな街を舞台としています。時代の流れと共に常に変化し続けている街ですが、今現在、渋谷史上かつてないほどの大規模再開発の真っ只中で、目にする景色は毎日めまぐるしく変化しています。

そんな渋谷の古いアパートで一緒に暮らす3人の女の子の物語。いずれ出て行かなくていけない、渋谷再開発の中にあるそのリアルな場所は、同じ場所に居続けることはできない彼女たちのリアルと重なっていく…。

この先どんなイノベーションが起きようと、人の五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)は変わらない。スマホを片手にリアルを追い続ける姿は、今の世の中の構図と同じです。視覚、聴覚、触覚の多くをスマホのスクリーンやイヤホンに持っていかれ、残る味覚、嗅覚についての情報の多くは同じくスマホから得ています。モノからコトへという言葉が定着した今、あらためて人の五感に訴えうる場所やモノの価値をとても感じています。

“知る”ことから“感じる”ことへ、今未来は動き出しているように思います。

そんな思いを込めて、ぜひ皆様にも、自分のスケジュールと睨めっこしたり、友達や恋人や家族と一緒に日時を約束したり、映画館に着いたらポップコーンやドリンクを買ったりして開演を待って、この映画をいろんな角度からたくさん感じてみてほしいと思っています。観終わったら、感想をSNSにポストしたり(ポジティブな感想であることを願っています・笑)、一緒に観た人がいたら、ああでもないこうでもないと感じたものを共有したり共感したりしてほしいです。そういう五感から生まれるコミュニケーションこそが、次のリアルを生み出し、未来の人の豊かさに色付けをしてくれるだろうと信じています。

話がものすごく長くなって遠回りしてしまいましたが、今回このクラウドファンディングを通じてプロジェクトを進めようと思った理由としましては、実際に自分で映画づくりに参加してみて感じたことや、また先ほど述べさせていただいたような映画への思いがずっとあることから、全国の皆様にこの映画を映画館で観ていただけるよう、全国の映画館で公開できるようにするための費用、プロモーションや宣伝活動などに、集まった資金を充てさせていただきたい、ということです。また、リターンを通じてより多くの体験を皆様にご提供させていただき、たくさんのことを感じてほしいと思っています。

稚拙な文面ではございますが、何かを感じていただけたら幸いです。
皆様のお力添えを、心よりお願い申し上げます。


プロデューサー/戸川貴詞

プロデューサー/戸川貴詞(とがわ・たかし)1967年生まれ、長崎県出身。明治学院大学社会学部卒。2001年にカエルム株式会社を設立し、2004年に『NYLON JAPAN』創刊。現在、 同社代表取締役社長、『NYLON JAPAN』編集長を務める。

***************************


★これまでの活動★

<CAELUMについて>


CAELUM(カエルム)は、エディトリアル、グラフィックデザイン、ソリューション、ムービー、イベント、プロダクト、ライセンス取得、フォトスタジオ運営といったクリエイティブなフィールドで活躍するグローバルカンパニーです。

NYLON JAPANCYANViolet Book JapanHIGHSNOBIETY JAPANNAIL MAXSHEL'TTER
HOXTON STUDIODRIVETHRU

主要事業である雑誌「NYLON JAPAN」(ナイロンジャパン)は、2004年の創刊から、今年おかげさまで15周年を迎えます。現在では、雑誌をブランディングのフラッグシップとして、ウェブメディア、SNS、イベント、クリエイティブスタジオ、商品開発と、NYLONブランドを生かした幅広くオリジナルな事業を展開しています。

NYLON15周年というタイミングにおいて、今までNYLON JAPAN及び弊社カエルムが培ってきたあらゆるネットワーク、ブランディング力、コンテンツ力、発想力、信頼性などを集結させ、「映画」という動画メディアにおいて最も権威があり作品性を持ったジャンルに挑戦する運びとなりました。

単に映画を製作する、ということだけでなく、様々なプラットフォームを駆使し、未来に向けての新たな価値の創造を追求すべく取り組んでいこうと思います。

◼︎公式ホームページ http://caelum-jp.com
◼︎公式Instagramアカウント https://instagram.com/caelumjp
◼︎公式facebookページ https://www.facebook.com/caelum.limited.jp

<VANDALISMについて>

映像の製作・制作・宣伝・配給会社。
その他にも渋谷のセンター街にある「VANDALISM渋谷」という飲食店の運営など、業務内容は多岐に及ぶ。

◼︎公式Instagramアカウント https://instagram.com/vandalismshibuya

***************************


★資金の使い道★

●全国配給に向けた営業、プロモーション、宣伝費
●公開に向けた記念イベント等の開催費用


★リターンについて★
(★印は、アップグレードによる追加特典となります)

【コロビー・コロコロセット】
<2,000円>
♡宇賀那監督からの心のこもった直筆メッセージ(※スキャンデータをメールにて送付)
♡『転がるビー玉』オリジナルデザイン待ち受け画面(※クラウドファンディング限定/「名入れサービス」をご希望の方は備考欄へご希望のお名前<公序良俗に反さず10文字以内>を記載してください/メールにて送付)
♡映画公式HP内クレジット<小>(※備考欄へご希望のお名前<公序良俗に反さず10文字以内>を記載してください/表記サイズはコースによって異なります)

【コロビー・スタンダードセット】
<5,000円>

♡宇賀那監督からの心のこもった直筆メッセージ(※スキャンデータをメールにて送付)
♡『転がるビー玉』オリジナルデザイン待ち受け画面(※クラウドファンディング限定/「名入れサービス」をご希望の方は備考欄へご希望のお名前<公序良俗に反さず10文字以内>を記載してください/メールにて送付)
♡映画公式HP内クレジット<小>(※備考欄へご希望のお名前<公序良俗に反さず10文字以内>を記載してください/表記サイズはコースによって異なります)
★『転がるビー玉』劇中ポストカード<5枚セット>(※クラウドファンディング限定/ご希望のメインキャスト1枚確約・キャスト名を備考欄に記入してください)
★『転がるビー玉』公式パンフレット(※クラウドファンディング限定)
★『転がるビー玉』オリジナルステッカー(※クラウドファンディング限定)

【コロビー・フェイバリットセット】
<10,000円>

♡宇賀那監督からの心のこもった直筆メッセージ(※スキャンデータをメールにて送付)
♡『転がるビー玉』オリジナルデザイン待ち受け画面(※クラウドファンディング限定/「名入れサービス」をご希望の方は備考欄へご希望のお名前<公序良俗に反さず10文字以内>を記載してください/メールにて送付)
♡映画公式HP内クレジット<小>(※備考欄へご希望のお名前<公序良俗に反さず10文字以内>を記載してください/表記サイズはコースによって異なります)
♡『転がるビー玉』劇中ポストカード<5枚セット>(※クラウドファンディング限定/ご希望のメインキャスト1枚確約・キャスト名を備考欄に記入してください)
♡『転がるビー玉』公式パンフレット(※クラウドファンディング限定)
♡『転がるビー玉』オリジナルステッカー(※クラウドファンディング限定)
★『転がるビー玉』スペシャルデザイン台本(※クラウドファンディング限定/監督・メインキャスト3人のサイン付き<プリント>)
★『転がるビー玉』限定オリジナルポスター(※クラウドファンディング限定)

【コロビー・デラックスセット】
<20,000円>

♡宇賀那監督からの心のこもった直筆メッセージ(※スキャンデータをメールにて送付)
♡『転がるビー玉』オリジナルデザイン待ち受け画面(※クラウドファンディング限定/「名入れサービス」をご希望の方は備考欄へご希望のお名前<公序良俗に反さず10文字以内>を記載してください/メールにて送付)
♡映画公式HP内クレジット<小>(※備考欄へご希望のお名前<公序良俗に反さず10文字以内>を記載してください/表記サイズはコースによって異なります)
★『転がるビー玉』劇中ポストカード<10枚セット>(※クラウドファンディング限定/ご希望のメインキャスト2枚確約・キャスト名を備考欄に記入してください)
♡『転がるビー玉』公式パンフレット(※クラウドファンディング限定)
♡『転がるビー玉』オリジナルステッカー(※クラウドファンディング限定)
♡『転がるビー玉』スペシャルデザイン台本(※クラウドファンディング限定/監督・メインキャスト3人のサイン付き<プリント>)
♡『転がるビー玉』オリジナルポスター(※クラウドファンディング限定)
★『転がるビー玉』本編エンドロールへのお名前クレジット<小>(※表記サイズはコースによって異なります/映画公式HP内クレジットのお名前と同一のお名前を記載させていただきます)
★監督&プロデューサー・トークショー付きクラウドファンディング特別試写会ご招待<2020年1月中・東京都内予定>
公開記念クラブイベントVIP招待券<1月24日(金)@渋谷SOUND MUSEUM VISION予定/VIP特別エリア入場パス>(※キャストの参加予定はございません>

【コロビー・スペシャルセット】
<30,000円>

♡宇賀那監督からの心のこもった直筆メッセージ(※スキャンデータをメールにて送付)
♡『転がるビー玉』オリジナルデザイン待ち受け画面(※クラウドファンディング限定/「名入れサービス」をご希望の方は備考欄へご希望のお名前<公序良俗に反さず10文字以内>を記載してください/メールにて送付)
♡映画公式HP内クレジット<小>(※備考欄へご希望のお名前<公序良俗に反さず10文字以内>を記載してください/表記サイズはコースによって異なります)
♡『転がるビー玉』劇中ポストカード<10枚セット>(※クラウドファンディング限定/ご希望のメインキャスト2枚確約・キャスト名を備考欄に記入してください)
♡『転がるビー玉』公式パンフレット(※クラウドファンディング限定)
♡『転がるビー玉』オリジナルステッカー(※クラウドファンディング限定)
♡『転がるビー玉』スペシャルデザイン台本(※クラウドファンディング限定/監督・メインキャスト3人のサイン付き<プリント>)
♡『転がるビー玉』オリジナルポスター(※クラウドファンディング限定)
♡『転がるビー玉』本編エンドロールへのお名前クレジット<小>(※表記サイズはコースによって異なります/映画公式HP内クレジットのお名前と同一のお名前を記載させていただきます)
♡監督&プロデューサー・トークショー付きクラウドファンディング特別試写会ご招待<2020年1月中・東京都内予定>
公開記念クラブイベントVIP招待券<1月24日(金)@渋谷SOUND MUSEUM VISION予定/VIP特別エリア入場パス>(※キャストの参加予定はございません>
★NYLONデザイン・メインキャストソロポスター(※選択可/クラウドファンディング限定)
★『転がるビー玉』撮影オフショット<5枚>(※プリント写真をお送り致します/クラウドファンディング限定/ご希望のメインキャスト1枚確約・キャスト名を備考欄に記入してください )
★『転がるビー玉』オリジナルTシャツ(※クラウドファンディング限定)

【コロビー・プレミアムセット】
<50,000円>

♡宇賀那監督からの心のこもった直筆メッセージ(※スキャンデータをメールにて送付)
♡『転がるビー玉』オリジナルデザイン待ち受け画面(※クラウドファンディング限定/「名入れサービス」をご希望の方は備考欄へご希望のお名前<公序良俗に反さず10文字以内>を記載してください/メールにて送付)
★映画公式HP内クレジット<中>(※備考欄へご希望のお名前<公序良俗に反さず10文字以内>を記載してください/表記サイズはコースによって異なります)
♡『転がるビー玉』劇中ポストカード<10枚セット>(※クラウドファンディング限定/ご希望のメインキャスト2確約・キャスト名を備考欄に記入してください)
♡『転がるビー玉』公式パンフレット(※クラウドファンディング限定)
♡『転がるビー玉』オリジナルステッカー(※クラウドファンディング限定)
♡『転がるビー玉』スペシャルデザイン台本(※クラウドファンディング限定/監督・メインキャスト3人のサイン付き<プリント>)
♡『転がるビー玉』オリジナルポスター(※クラウドファンディング限定)
★『転がるビー玉』本編エンドロールへのお名前クレジット<中>(※表記サイズはコースによって異なります/映画公式HP内クレジットのお名前と同一のお名前を記載させていただきます)
♡監督&プロデューサー・トークショー付きクラウドファンディング特別試写会ご招待<2020年1月中・東京都内予定>
公開記念クラブイベントVIP招待券<1月24日(金)@渋谷SOUND MUSEUM VISION予定/VIP特別エリア入場パス>(※キャストの参加予定はございません>
♡NYLONデザイン・メインキャストソロポスター(※選択可/クラウドファンディング限定)
♡『転がるビー玉』撮影オフショット<5枚>(※プリント写真をお送り致します/クラウドファンディング限定/ご希望のメインキャスト1枚確約・キャスト名を備考欄に記入してください )
♡『転がるビー玉』オリジナルTシャツ(※クラウドファンディング限定)
★『転がるビー玉』オリジナルトートバッグ(※クラウドファンディング限定)
★『転がるビー玉』撮影時メイキング特典映像(※DVDでお送り致します/クラウドファンディング限定)

【コロビー・スーパープレミアムセット】
<100,000円>

♡宇賀那監督からの心のこもった直筆メッセージ(※スキャンデータをメールにて送付)
♡『転がるビー玉』オリジナルデザイン待ち受け画面(※クラウドファンディング限定/「名入れサービス」をご希望の方は備考欄へご希望のお名前<公序良俗に反さず10文字以内>を記載してください/メールにて送付)
★映画公式HP内クレジット<大>(※備考欄へご希望のお名前<公序良俗に反さず10文字以内>を記載してください/表記サイズはコースによって異なります)
♡『転がるビー玉』劇中ポストカード<10枚セット>(※クラウドファンディング限定/ご希望のメインキャスト2枚確約・キャスト名を備考欄に記入してください)
♡『転がるビー玉』公式パンフレット(※クラウドファンディング限定)
♡『転がるビー玉』オリジナルステッカー(※クラウドファンディング限定)
♡『転がるビー玉』スペシャルデザイン台本(※クラウドファンディング限定/監督・メインキャスト3人のサイン付き<プリント>)
♡『転がるビー玉』オリジナルポスター(※クラウドファンディング限定)
★『転がるビー玉』本編エンドロールへのお名前クレジット<大>(※表記サイズはコースによって異なります/映画公式HP内クレジットのお名前と同一のお名前を記載させていただきます)
♡監督&プロデューサー・トークショー付きクラウドファンディング特別試写会ご招待<2020年1月中・東京都内予定>
開記念イベントVVIP招待券<1月24日(金)@渋谷VISION予定/VVIP特別エリア入場パス>(※キャストの参加予定はございません)
★NYLONデザイン・メインキャストソロポスター<本人直筆サイン付き>(※選択可/クラウドファンディング限定)
♡『転がるビー玉』撮影オフショット<5枚>(※プリント写真をお送り致します/クラウドファンディング限定/ご希望のメインキャスト1枚確約・キャスト名を備考欄に記入してください )
♡『転がるビー玉』オリジナルTシャツ(※クラウドファンディング限定)
♡『転がるビー玉』オリジナルトートバッグ(※クラウドファンディング限定)
♡『転がるビー玉』撮影時メイキング特典映像(※DVDでお送り致します/クラウドファンディング限定)

上記からお選びいただけます。

<公開記念クラブイベント内容:※NYLON JAPAN 創刊15周年記念イベントを参照>
https://www.nylon.jp/report/nylon15th

◼︎リターン内容につきましては、別途詳細ページをご確認ください。


★実施スケジュール

●宣伝活動:10月~2020年1月
●公開予定:2019年度内
※リターン特典に含まれているクラウドファンディング特別試写会は、公開前の年明けになる予定です。

***************************


最後に

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
素晴らしい作品を皆さまにお届けできるよう全力を尽くしますので、ご支援ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 2019/10/07 16:00

    ◼︎クラウドファンディング達成のご報告!◼︎10/6を持ちまして、映画『転がるビー玉』クラウドファンディングが終了いたしました。支援者数 85名/支援総額 ¥3,173,000(達成率105%)にてプロジェクトを達成することができました!!!ご支援・ご協力いただいたみなさまに、心より感謝いたし...

  • 2019/10/05 17:17

    映画『転がるビー玉』のメインビジュアルがついに解禁♥また、2020年1月31日(金)先行公開/2月7日(金)より全国順次公開することが決定いたしました!先行公開は本作の舞台にもなっている渋谷、2019年11月22日(金)にグランドオープンする新生「渋谷パルコ」内の「ホワイトシネクイント」にて上...

  • 2019/09/06 21:13

    『転がるビー玉』本編はクランクアップ後、8月上旬にはピクチャーロック、8月末にはグレーディングまで終え、あとは基本的に音作業を残すのみ。そして、宣伝部はそろそろメインビジュアルなどを作り出す頃かな? お楽しみに!!!監督/宇賀那健一

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください