プロジェクト本文

モリ芸実行委員会、実行委員長のオマールえびです。

今年も、モリコロパーク大道芸フェス(モリ芸)を開催します。
2017年3月25日(土)、26日(日)の二日間。
全国からたくさんの大道芸人が集結します。ぜひお越しください。

モリ芸は大道芸人自身が実行委員を務めています。中央が私、実行委員長であります、オマールえびです。

モリ芸は、愛・地球博記念公園モリコロパークで開催されます。
震災のチャリティーイベントとして、「大道芸でみんなを笑顔にしたい」という、その想いだけで、予算もないのに勢いでスタートしました。

 

2年間で4回のチャリティー大道芸を開催した後、一度は一区切りとすることも考えたのですが、多くの方からの期待の声を受け、モリコロパーク大道芸フェスティバルとして開催することになり、今回で6回目の開催となります。

相変わらず予算は少ないのですが、変わらぬ想いと積み重ねたノウハウで、国内でも有数の大道芸フェスティバルとして成長してまいりました。

30組以上のバラエティ豊かな大道芸人が全国から集結しています。

 

前回はジャグリング、バルーン、マジック、パントマイムなどに加え、チョークアートや、エアリアルという空中曲芸も行いました。

予算の足りないところはアイデアで補っています。
「会場で着るといいことが起きるTシャツ」をはじめとするグッズを販売しています(今回のリターンにも含まれています)

震災のチャリティー時代から、東北への派遣事業も継続して行っています。
今年度も二回実施し、現地の皆様にも大道芸を楽しんでいただきました。

(H28.9 南相馬での活動)

今後もこういった活動は継続していきたいと思っています。

 

今回、目玉のイベントとして「タイマン大道芸バトル」を開催します。

出演者(ほぼ)総出演による、一対一のトーナメント戦。

3分ショーを交互に行い、即座に「立会人」による観客投票により勝敗を決定します。

※実際は交互にショーを行います。

二日間にわたる激闘を制したチャンピオンには、チャンピオン兜(予定)と賞金が授与されます。

普段のネタを持ってくるのか、それとも全くの新ネタで挑むのか、誰が勝つのか全く予想がつきません。

そして、見届人の皆さんにとっては、そんな熱い戦いをイッキ見することができて、しかも投票まですることができるんです。

どうですか?これが面白く無いはずがありません!

大道芸人のプライドをかけて行われるこの戦いを、皆様にご支援いただきたいのです。

  

皆様からのご支援は、このフェスティバルの運営及び、タイマン大道芸バトルの賞金に充てさせていただきたいと思います。

 

賞金額は皆様の支援の額に応じてランクアップしていきます。

それ以上の支援をいただいた場合も合計額の50%を賞金とする予定です。

熱い戦いが繰り広げられること間違いなしです。

そして「日本一高額な賞金の大道芸コンテスト」を本気で目指してます!

皆様へのお礼(リターン)

支援いただいた皆様へのお礼も、いろいろなものを用意させていただきました。

・パンフに名前と応援メッセージ掲載

パンフレットにお名前と応援メッセージを掲載することができます。

・モリ芸Tシャツ

毎年好評のモリ芸Tシャツ。会場内を着て歩いていると出演する芸人がサインを書いてくれたり、握手やハイタッチができたりできるという会場内を着て歩くと楽しいTシャツです。恒例の芸人との集合写真にも参加することができます。

・タイマン大道芸DVD

タイマン大道芸を撮影したDVDを差し上げます。本来ならばその場にいないと楽しめないこの戦いを自宅でじっくり振り返ったりできます。当日はビデオの録画は禁止させていただきます、またDVDの内容のアップロードは禁止させていただきますのでご了承ください。

・缶バッジコンプリートセット

毎年大人気の出演者の缶バッジ。人気のバッジは早々に売り切れになってしまいますので、ぜひこれでセットにしてゲットしてください。

・タイマン大道芸立会人チケット

タイマン大道芸の立会人になることができるチケットです(二日間共通)。立会人はこの戦いを見やすい特別席でご覧になれます。また勝者を決める観客投票もすることができます。
チケットコースの方は1人2000円で追加も可能です。
当日販売も予定していますが、クラウドファンディングでのお申し込みが優先のため限定数を超えた場合は販売しません、また当日販売の予約は受け付けません。

・スペシャル写真撮影権

昨年は即完売でした。
恒例の集合写真をあなたが独占できます。全体の集合写真に先駆けて、独占的に記念撮影ができます。
あなたの大好きな芸人に囲まれた、あなただけの集合写真が撮影することができます(記念撮影は家族単位までは参加可能です)。

・打ち上げ参加権

フェスティバル最終日(3月26日)に開催される出演者の打ち上げに参加できます(藤が丘周辺の予定、飲食代は込みですが、会場へは直接お越し下さい)

・てりやき作成バルーンドレス

てりやきプレゼンツ、てりやきさん作成によるバルーンドレスをゲットできます。

七五三や誕生日など素敵な記念日にバルーンドレスをお届けします。
バルーンドレスは沢山の風船を膨らませて編みこんで作られています。素敵な記念日にバルーンドレスを着た姿を写真に残すと一生の宝物になることでしょう。

また、着用を終えた縮んだバルーンドレスはこちらのほう でお預かりして、1年後に小さく形を変えたバルーンドレスをお届けします。

デザイン:お好みのお色とサイズ、ざっくりしたイメージをお伝えください。
日程:ご利用になられる日程を2か月前までにご連絡ください(期限2018年3月末)
試着:なし
対象年齢:3~10歳程度(追加料金で大人も承ります)
対象エリア:東海三県

・くす田ツアーズ

くす田くす博プレゼンツ、「くす田くす博と行く大道芸バックヤードツアー」の参加権をプレゼント。現場入りから、スタッフとの打ち合わせ、リハーサル、撤収までに同行。ショーはもちろんアリーナのプレミア席?!で見ていただけます。大道芸の裏側、オシゴトとしての大道芸を知るチャンス!(4~5月に希望者と日程を調整して開催します)。
※ツアーは1組(家族)単位で受付けます

・ブンブクによる木製品補修

ブンブクプレゼンツ、この怪しい大道芸人は、実は裏の顔で、木材製品補修業「木成屋」の社長兼職人をやっています。このブンブクがあなたのもとに直接お伺いして、家具や床の補修を全力で行います。そして頼めば逆立ちとかもきっとやっちゃいます。


こんな大きなキズでも見事に修復されます。

遠方の方は交通費とご負担いただく場合があります、また補修内容も対応の可否がありますので、一度ご相談ください。

・大道芸ポイントネーミングライツ

会場内には大道芸のポイントが複数あります。
こちらのポイントの名称を、あなたの希望する名前をつけることができます。
ポイント名称は、ウェブサイトやパンフレットなどに記載され、該当のポイントには看板を作成してポイント名称を掲示します。
企業名、個人名でも結構ですし、某市にあるような「感謝と挑戦の〇〇」なんて名前でも結構です。ただし、公序良俗に反する名称と二つ以上に同じ名称をつけることはできません。
パンフレットにポイント名の記載を希望する方は、3月7日までにお申し込みください。 

・エアリアル体験コース

エアリアルの機材貸し出し及び取り付けにご協力をいただいております、フラインフィットトラピーズスタジオ様より、エアリアルレッスン初級クラスのチケットをクラウドファンディングにご提供下さいました。

今年も出演する名古屋エアリアルラボのようなパフォーマンスがありますが、もしかしたら来年出演するのはこのコースをゲットしたあなたかもしれません?!

↓Fly’n Fit Trapize Stadioホームページ
https://www.fly-n-fit.jp

最後に

モリ芸もタイマン大道芸バトルも、プロジェクトの成功の可否にかかわらず必ず実施します。雨天でも、屋根のあるところで実施をしますのでご安心ください。

当日は春休み期間でもありますので、天気が良ければ非常に多くのお客様でにぎわうことと予想しています。クラウドファンディングの支援の有無に関わらず、ぜひ足を運んでいただけると幸いです。

実行委員会一同、出演者もお客さんもみんなが楽しめるフェスにできるようにがんばっています。

モリ芸を、日本一の大道芸フェスティバルにするのが、私たち実行委員の大きな夢です。 

このタイマン大道芸バトルを夢への第一歩として、大成功!といえるような結果をだせるように、どうぞ皆様のお力を貸してください。よろしくお願いします。

  • 活動報告

    達成しました!

    2017/03/09

    目標金額達成いたしました!! ご支援いただいた皆さま、本当にありがとうございました! まだ期間は終わりではありませんので引き続きご支援募集いたし…

  • 活動報告

    エアリアル体験コース追加しました!

    2017/03/07

    新しいリターンを追加しました! エアリアルレッスンチケットです。 初めての方でももちろん大丈夫です!ぜひ! 詳しくはプロジェクト本文をご覧くだ…

  • 活動報告

    チケットコースについて補足です。

    2017/02/21

    パトロン様からご質問がありましたので、立会人についての補足説明です。 立会人について チケットを所持する方はタイマン大道芸バトルの立会人となること…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください