プロジェクト本文

超都市型屋外音楽イベント『Re:animation-Rave In 新宿歌舞伎町-Vol.3』
1.『Re:animation』とは

新宿歌舞伎町の"屋外(旧コマ劇場前)"で開催されるアニメ&クラブミュージックDJイベント

p_reanimation01

『Re:animation』はアニメ・オタク文化とクラブ文化の異なる2つのフィールドに跨った屋外DJイベントです。DJが流すアニメソングやアニメのサウンドトラック、テクノやハウス、トランスなどのダンスミュージックに合わて歌ったり踊ったりして楽しみます。

2010 年12 月23 日に第1回を開催し800人を超える参加者が来場、続く2011 年7 月17 日に開催した第2回は1300人が会場を埋め尽くす盛況となりました。またUstreamの配信は約2200 人の同時視聴を獲得し、瞬間視聴者数世界1位を記録するなど、大きな成功を収めることができました。

更なる参加者増が予想される第3回は、より安全で快適に過ごせる会場確保と地域に根ざしたイベントを目指して、メイン会場の「シネシティ広場(旧コマ劇場前広場)」に歌舞伎町内のライブハウス「新宿LOFT」を追加し、2会場同時開催など、引続き安心・安全に楽しめるように万全の環境を提供したいと考えています。

今回のCAMPFIREを通じた支援によってステージを囲う頑丈な柵の導入やプロ警備員の増員、第2の会場となる新宿LOFTの増床などファシリティを向上を実現したいと考えています。

2.イベント概要

p_reanimation02

□開催予定日時

2012年5月3日(木・祝)12時~20時

□開催予定場所

会場A:新宿歌舞伎町シネシティ広場 / 会場B:新宿LOFT
・少雨決行
・雨天時会場変更
 会場A:新宿LOFT内メインフロア / 会場B:新宿LOFT内バーフロア
※収容人数に限りがある為CAMPFIREでご支援いただいた方を優先入場とします。

□参加費

2500円(シネシティ広場及び、新宿LOFT両方に入場可能・入退場自由)
※新宿LOFTは初回入場時に500円のドリンクチケット購入が必要です。

□出演予定者

T.B.A.
  (確定次第公式サイト等にてお知らせいたします)

□公式サイト

http://reanimation.jp
3.『Re:animation』の3つの特徴

p_reanimation03

① “音楽もアニメも好きな人”にフォーカスしたクロスカルチャーなイベント
② 地域との連携を重視し、コンプライアンスを順守した運営
③ 卓越したマナー意識と当事者意識を持った参加者

それぞれについて、次の項目から順次説明を加えていきます。

4.「アニメだけ」「音楽だけ」ではツマラナイ!

p_reanimation04

すべてをフラットに楽しむモチベーションを持つ人へ音楽とアニメーションの素敵な出会いの場を

"Animation meets club music party and rave"を標榜するRe:animationでは当たり前にアニメソングや劇伴がかかります。一方で、テクノやハウス、トランスなどのダンスミュージックもかかります。先入観なくすべてを楽しむモチベーションを持つ人にとって、新しい音楽やこれまで知らなかったアニメ・オタクの世界の劇的な出会いの場になること必達の目標として開催します。ご参加いただける皆さまにも、前のめりな姿勢で楽しんでいただけると嬉しいです。

5.クラスタを超えて、地域や社会と積極的に繋がったイベントを開催しよう!

p_reanimation05

クラブカルチャーやアニメ・オタクカルチャーを取り巻く現状に正攻法のクサビを打ち込む

旧態化した風営法に基づく"違法営業"クラブの摘発が相次ぐなどクラブ文化の受難が続いています。マスメディア等が取上げる暴力や違法薬物と結びつけた偏見的イメージについて問題に感じているユーザーも少なくないことでしょう。また、アニメやオタク文化においても2010年末から2011年初めにかけてネットを中心に盛り上がった東京都の"表現規制条例"にまつわる騒動は記憶に新しいことと思います。

しかし、これらに対して感情的に「NO」と叫ぶだけでは何の解決にもなりません。融和にはクラブカルチャーやアニメ・オタクカルチャーが健全な娯楽として地域の賑わいに貢献できることを示し、段階的に理解を得ていく他ありません。

歌舞伎町という抜群の発信力を有する街はその狼煙を上げるのに最高の環境であり、イベント開催に至るまでの新宿区や地元商店街組合とのコミュニケーションは普段こういった文化に触れることがない方々と双方の理解を深められるまたとない機会でもあります。

6.最高の参加者と共にイベントを創り上げる!

p_reanimation06

「グッドマナー=ハッピー」という"当たり前"

『Re:animation』のスタッフは過去2回全ての参加者の皆様にどれほど言葉を尽くしても足りないくらい感謝しています。前例の無い開催場所である以上、些細なトラブルが中止に繋がることを参加者全員が理解し、楽しみながらもマナーを忘れず、参加者同士も近隣店舗にも気持ちのいいフロアが生まれました。ステージから見ていて、感動を覚える光景でした。

これが連鎖して行けば先に挙げたクラブやアニメ文化が前向きに広がっていくことに繋がると信じ、この場所が存続するように最善の準備を整えたいと考えています。

7.CAMPFIREを利用する目的とリターンについて

p_reanimation07

① キャパシティの拡大
② ファシリティの改善
③ 開催リスクの分散

□¥3,000以上のご支援へのリターン「優先パス」のフローについて

*優先パスのみで入場頂けます。
当日までに運営スタッフから優先パスをご郵送させて頂きます。到着した優先パスをお持ち頂き、エントランスにてスタッフにお見せ下さい。
(*当日優先パスをお忘れの際は、ご本人様確認等でお時間を頂くことになりますので、なるべくお忘れないようお願い致します。)

□¥5,000以上のご支援へのリターン「奥村正志・倉島亜由美描き下ろしによるRe:animation3メインヴィジュアルのイラストシート(A4裏表カラー)」について

イラストシートの表面は、新宿歌舞伎町シネシティ広場を舞台にしたカラーイラストとなります。CAMPFIREのプロジェクトの一覧で表示されるイラストと同様ですが、そちらはラフバージョンとなりますのでご注意下さい。表裏とも今回のための作者書き下ろしの作品となります。実物の表面、裏面は、活動報告にて随時ご覧に入れます。

□¥5,000以上のご支援へのリターン「マイクロファイバーハンドタオル」について

イベントファッションアクセントとして、汗を拭うタオルとして、両方の機能を備えたホルダー式ハンドタオルです。
カラビナをベルトループ等に引っ掛けるて持ち歩く新しいタオルの形。右図はタオルを広げた状態のイメージです。折り畳むとロゴが入ったホルダー部分に収納できます。
*必要素材が制作中につき絵・色は全て仮組みです。追って詳細報告となります。

マイクロファイバーハンドタオル参考画像

マイクロファイバーハンドタオル

『Re:animation』を継続的に開催できるイベントとする為に、イベントの趣旨に共感していただける皆さまに少しずつお力を貸していただきたいと考えています。何卒、よろしくお願いいたします。

8.最後に少しだけ本音の話をさせてください。

p_reanimation08

前売りチケット制やスポンサー制にはしたくない「リアニ」の想い

『Re:animation』を継続する為には先程挙げた3つの運営改善は必須となっています(クリアしなければ行政の認可がおりません)。その為の費用的ハードルの克服はCAMPFIREのようなシステムを利用する理由の1つとして確かにあります。そしてまた別にCAMPFIREを利用するに至った想いがあります。

実は当初はもっと一般的な「前売りチケット」や、スポンサー獲得を検討しました。特に、後者はいくつかありがたいお話もあったのですが、やはり『Re:animation』は参加者が創るイベントでありたいという想いが勝りました。下世話な話ですが「誰がお金を出すかが誰のイベントかを決定する」のは避け得ない現実です。そうであるならば、『Re:animation』はやはりこのイベントや関連するカルチャーの中にいて、それを楽しんでいる当事者のものでありたいのです。(今後も新宿や歌舞伎町に密着した企業を除いて、スポンサーは無しで制作したいと思っています)

そんな時に紹介されたCAMPFIREは想いを集約して形にするとても理想的な仕組みでした。CAMPFIREの担当者様が実は第1回からのRe:animationの参加者で、イベントの為に一生懸命知恵を出していただいたことも大きな理由の1つです。人の縁で作られているのが『Re:animation』なのだと実感します。

p_reanimation09

回を重ねる度に成功への難易度が上がる歌舞伎町ど真ん中のDJイベントですが、より困難な目標をたくさんの方と共に乗り越え、共に創り上げて行きたいと思っています。

共に『Re:animation』を創りましょう。
ご支援よろしくお願いいたします。

9.補足情報

Re:animationの情報は次のサイトでもご覧いただけます。

公式サイト:
http://reanimation.jp

公式ブログ:
http://reanimation.sblo.jp

公式Twitter:
https://twitter.com/reanimationjp

Facebookページ:
http://www.facebook.com/reanimationjp

新宿区Website:【歌舞伎町ルネッサンス】Re:animation2
http://www.city.shinjuku.lg.jp/kusei/tokumei01_001002.html

Discovery Kabukicho-歌舞伎町ルネッサンスオフィシャルサイト:
http://www.d-kabukicho.com/nav/event/101223reanimation-repo.html

Ustreamチャンネル:
http://www.ustream.tv/channel/re-animation-tv [過去のイベント映像はこちら]

レコメンド

  • さらにイベントを楽しめるようにみんなで協力!新宿歌舞伎町の屋外で開催されるアニメ&クラブミュージックDJイベント『Re:animation』の設備向上のために立ち上げられたプロジェクト。

  • 初めて実施したクラウドファンディング。入場者数に合わせて会場キャパを拡大するにあたり、ライブハウスの前金分を募集しました。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください