嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』池袋店が7月7日に一時撤退を発表!!気持ちも装いも新たに、新しい店舗をはじめるための開業資金をご支援ください!!

プロジェクト本文

『君に、揚げる。』


はじめまして。嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』店長の川口です。

平成29年11月、『君に、揚げる。』は池袋でオープンしました。

当店の運営会社である、総合食肉卸業を営む㈱ナチュラルポークリンクのブランド豚、嬉嬉豚(うれうれぶた) を使用したとんかつは、口コミで徐々に評判を呼び、さらに『君に、揚げる。』が様々なメディアで紹介されると、より多くのお客様にお越しいただけるようになり、今では毎日行列の絶えないお店になりました。これもひとえに、お客様のご愛顧の賜物であると深く感謝しております。


月100万円赤字からのスタート

もともとこの店舗は、当店の運営会社がお肉を卸していたお得意様が入っていました。しかし、そのお得意様の経営が苦しくなり、店を畳みたくても高額な違約金が発生するため、続けることも、やめることもできなくなってしまったのです。

それならば、私たちがお店を引き継ぎ、自慢の嬉嬉豚を気軽に楽しめるアンテナショップとして、次の店舗の契約更新までに必ず挽回すると決め、『君に、揚げる。』を誕生させました。つまり『君に、揚げる。』は、次の店舗の契約更新まで何とかやりきるための最終手段でした。

ネーミングについて

池袋で”とんかつ屋”という新たな挑戦を始めることにしましたが、ワクワクしている余裕などまったくありませんでした。お店はマイナスからスタートです。

このとんかつ屋を何とか繁盛させなければならない。とんかつに使う嬉嬉豚には絶対の自信があっても、広く認知されなければ意味がない。そこで話題を生むような面白い店名にしたいと考え、社外の方の知恵も借りようと、クラウドソーシングというサービスでネーミングを一般公募し『君に、揚げる。』は生まれました。


お店を続けるか、畳むか

最初はマイナスからスタートだったお店も、今はお陰様で黒字化しており、忙しくも充実した日々を過ごしております。そんな折、私たちはある重要な決断を迫られることになりました。それはこの店舗の契約を更新するか否かです。

『君に、揚げる。』はアンテナショップとして、充分過ぎるくらいの役割を果たしてくれました。そして、多くのお客様との出会いは、私たちにとってかけがえのないものであり、大きな自信になりました。

このまま『君に、揚げる。』をここ池袋で続けるべきか否か、本当に悩みに悩みました。しかし、予定どおり池袋の店舗を畳むことを決めました。


予想だにしなかった反響に驚き!そして…

5月31日の金曜日に、令和元年7月7日、『君に、揚げる。』は池袋から一時撤退することを店舗の掲示で発表させていただきました。

その日も、いつもと変わらず愛情を込めてとんかつを仕込み、淡々と開店準備を整え、お客様をお出迎えしました。

すると、すぐにお客様から反応がありました。

「悲しい」とおっしゃってくれた方、「絶対復活して!」と熱望してくださった方、「週一で通ってた!」とおっしゃってくれた方など、挙げればキリがないくらいの大きな反響に、私は驚きと共に、すごく幸せな気持ちになりました。

また、先日こんな手紙がお店のシャッターに挟まっていたのです。

『君に、揚げる。』は、色々な意味でこんなにも多くのファンに愛されるお店になったんだなと、しみじみ感じました。


私がやる!

私は、すぐに運営会社の社長に連絡し、「私がやります!私が独立して新しい『君に、揚げる。』をつくります!」と伝えました。

そして、気持ちも装いも新たに、『君に、揚げる。』を再出発させることを決意しました。

しかし現状は、新しい店舗を開業させるための資金もなく、池袋限定で探していますが新しいお店の場所も決まっていません。

そこで『君に、揚げる。』の原点を振り返りました。

お店の名前を考えてくれたのも、口コミでお店を広めてくれたのも、お店を窮地から救ってくれたのも、お客様です。

お客様と共に、お客様も巻き込んで今の『君に、揚げる。』は存在しています。

それだったら、新しく生まれ変わる『君に、揚げる。』もお客様と共につくりたい。

そう考え、クラウドファンディングで広くご支援いただくことを決めました。


資金用途

ご支援いただいたお金は、主に新しいお店の開業資金として活用させていただきます。

・店舗開業に係る費用

・リターン制作費

・CAMPFIRE手数料


スケジュールについて

7月25日 クラウドファンディング終了

8月上旬 HP開設

9月上旬 新店舗オープン(※池袋限定で物件を探しています。)

9月上旬 オープニングセレモニーイベント開催

9月上旬 リターン配布(発送)開始
※ご来店時に御本人確認のうえ各種チケットをお渡しします。


リターンについて

「新しく生まれ変わる『君に、揚げる。』もお客様と共につくりたい。」リターンはその感謝の気持ちをカタチにしました。

・オープニングセレモニー参加券【5名様限定】当日のお客様は参加者の方のみです! 【5,000円】
 ※待ち時間、制限時間なしで嬉嬉豚とんかつ特別メニューをゆっくりご堪能いただけます。

・待ち時間ほぼなし!ファストパス券【10名様限定】 1年限定【100,000円】
 ※ファストパス券には定食チケットは含まれません。

・待ち時間ほぼなし!ファストパス券【10名様限定】 1ヶ月限定【20,000円】 
 ※ファストパス券には定食チケットは含まれません。

・お好きなとんかつ定食 1年間提供チケット 【120,000円】

・お好きなとんかつ定食 6ヶ月提供チケット 【70,000円】

・お好きなとんかつ定食 3ヶ月提供チケット 【45,000円】

・お好きなとんかつ定食 1ヶ月提供チケット 【20,000円】

・お好きなとんかつ定食(ねむるぶたおふトンとんかつ定食除く) チケット10枚 【10,000円】

・お好きなとんかつ定食(ねむるぶたおふトンとんかつ定食除く) チケット5枚 【5,000円】

・お好きなとんかつ定食(ねむるぶたおふトンとんかつ定食除く) チケット3枚 【3,000円】


・熟成豚おふトンロース肉 4枚(約600g)嬉嬉豚ロース肉 4枚(約600g)、嬉嬉豚特選プレミアムロースハム(ブロック) 約400g、嬉嬉豚特選プレミアムベーコン(ブロック) 約400g、嬉嬉豚特選プレミアムウインナー 約400g(約200g×2P)  【10,000円】
 ※県外からご支援いただける方にも嬉嬉豚をお届けします!


私たちの想い

夕飯が美味しかったから明日も頑張ろうと思えた。

試験の前に母の作ったとんかつを食べたら、なんだか、うまくいく気がした。

食を愛する人だったらこんな経験があるのではないでしょうか?

私たちは、食べた瞬間に「美味しい」と笑顔になる様な、そんな豚肉を届けたいと思っています。

だからこそ、安心・安全は当たり前。

私たちが目指すのはその先の「驚き」です。

私たちの役割は、生産者とお客様をつなげること。

だからこそ、全国の生産地を巡り、生産者とふれあい、自分の目で確かめます。

「この生産者の豚を食べてもらいたい!」という強い想いを持ってお客様に届けます。

そして、飼育員が豚を愛でるように、ナチュラルポークリンクも豚肉を愛し続けてきました。

こうして約50年間、美味しい豚肉のことだけを考え、知識と技術をひたすら磨き続けました。

食品偽装があふれている今こそ、生産者と純粋に向き合える感動を届けたい。

生産者の努力をまっすぐあなたに届けたい。


株式会社ナチュラルポークリンク
代表取締役 諏訪 秋彦
川口 梨菜


最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

この度の開業資金をご支援賜るクラウドファンディングのテーマは、先に挙げたとおり、「新しく生まれ変わる『君に、揚げる。』もお客様と共につくりたい。」です。現状、新しいお店を出す場所は決まっていませんが、また池袋に出店したいと考えています。

リターンについては、ご支援いただける金額よりもお得にご利用いただける内容です。ぜひ、ご支援のほどよろしくお願いいたします。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2019/09/20 10:00

    『君に、揚げる。』の川口です。パトロンのみなさま、大変長らくお待たせしており申し訳ございません。まず、物件探しの近況についてです。9月9日、『君に、揚げる。』の運営会社であるナチュラルポークリンク社のホームページ(https://www.naturalporklink.co.jp/oshira...

  • 2019/07/23 10:36

    【御礼】ご支援額 100万円 突破しました!!ご支援は勿論ですが、みなさまの温かいお言葉や温かいご声援、本当に励まされております。募集終了まで残り3日、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。さて、お肉やハムギフトなどのリターンの、発送予定についてご案内いたします。県外からご支援いただけ...

  • 2019/07/19 22:10

    おはようございます。川口です。みなさまのご支援額が、とうとう90万円を超えました!本当にありがとうございます。本日は、現況についてご報告いたします。おそらくみなさまが一番気にしているであろう、新店舗の場所についてです。公開できる範囲で、包み隠さずお伝えいたします。実は、JR池袋駅東口から目と鼻...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください