【360 S7】はレーザーセンサーによるロケーションからマッピング、効率的な清掃をいかに行うかのAIアルゴリズムを搭載した、最先端のAIロボット掃除機です。 ≪日本初上陸≫お仕事で疲れてご自宅に帰り、ホコリや髪の毛が落ちているフローリングを目してリラックス気分を損ねるなんてことはもうありません。 

プロジェクト本文

【ご挨拶】
TORO TECH JAPANはAIテクノロジーを応用した様々なコミュニケーションデバイスを創造する企業です。弊社製品のオーナー様がより快適なライフスタイルを実現できるように貢献できることを願っております。

【このプロジェクトをスタートするきっかけ】
お仕事や、外出先から帰宅して一番リラックスしたいとき。ご自宅のソファーにもたれ何気なくフローリングに目をやったら・・・ ホコリや髪の毛、お子様のいらっしゃるご家庭では様々な食べかすや消しゴムのかす、ペットのいるご家庭では、抜け毛の散乱。そんなシーンに遭遇したら、一番リラックスすべき空間がさらなるストレスに・・・そんな経験をされた方も多いのではないかと思います。実際に私自身も・・・(そんな時、ロボット掃除機があれば)でも、ロボット掃除機はその機能や性能、価格帯など様々な選択肢があり、どういった製品を導入したらいいのかわかりづらい。さらに、そのお掃除の性能が本当に優れているのか? 高いおもちゃに終わらないか? などの理由で導入に踏み切れない方もいらっしゃると思います。そのような方々に、最先端AIとレーザーマッピング技術を備えたまさに【王道】の製品を身近にさせていきたいという思いからこのプロジェクトをスタートしました。
そしてこの製品にたどりつきました
☛☛☛360 S7
この製品を日本初上陸させるべくプロジェクトが始動しました。
世界で最も品質に対して厳しいと言われる日本の方に、いかにご納得しご安心してお使いいただけるようにするのかのローカライズ(設計見直、外観チェックの厳格化、ユーザーマニュアルやアプリケーションの正しい日本語化や認証取得関連の手続き等・・・)様々な課題をクリアさせ、プロジェクトの実現を果たしました。

【360 S7の特徴1】
レーザーセンサーによるマッピング技術とAIによる効率、正確なクリーニングの実現

レーザー測定センサーによるお部屋の状況把握
お住いのフロアごとにマッピング
マッピングしたデータに基づき環境を隅々まで把握
AIで最効率化したクリーニングルートにしたがい、素早く的確にお掃除をします

レーザーマッピングとAIによる導きこそが、ロボット掃除機の機能に影響を与える最大のポイントです。
いうなれば、暗闇で手探りで歩くのか、電気をつけて的確に歩くのかのような違いです。
この機能が無いロボット掃除機は、人が3分で掃除を完了できるエリアを15分以上の時間をかけさらにムラのあるクリーニングしかできずにおもちゃに成り下がってしまう可能性もあります。 

【360 S7の特徴2】
様々なセンサーによる感覚器の充実
落下防止センサー
階段からの落下やロフトなどの柵の無い高所からの落下を防止します

衝突防止センサー
花瓶などを倒し床を水浸しにしてしまったり、テーブルやいすの脚などの障害物にガツガツとぶつかる事を防ぎます

壁面センサー
壁にぶつかりながら進むのではなく、壁にどれだけ近いルートで進むのかを導きます

この様に、マッピングしたデータをもとに、様々なセンサーが感覚器官となり、より早く、正確できめ細かいクリーニング作業を実現させます

【360 S7の特徴3】
多彩な掃除モード
パワフルモード(2000Pa)から静音モード (800Pa)までの吸引力調整が可能です
周囲への音が気になる時や、力強くクリーニングしたいときの様々な状況に合わせてご使用いただけます

※2000Paの吸引力は、パチンコ玉程度の質量を吸引できます。
※鋭利で硬質な物体(ガラス片や金属片)はロボット掃除機の故障原因となります。
水タンクとモップ(標準同梱品)を用いて、拭き掃除も可能

【360 S7の特徴4】
スマートフォンからの思いのままのコントロール


スマートフォンの専用アプリ(IOS/android対応)から思いのままにコントロールが可能です
・スケジュールクリーンング(日時を指定してクリーニング予約を行う機能)
・リモートクリーニング(外出先から思いのままにクリーニングを実行させる機能)
・リアルタイムステイタス確認(ロボット掃除機の現在地、掃除エリア、電池残量等のステイタスを確認)
・RC mode (スマホでロボット掃除機をラジコン感覚で操作する機能)
・マップ切替(作成したマップデータを使用場所に応じて切り替える機能 1F/2Fの移動時)

360 S7は優れた肉体(ハードウェア)と明晰な頭脳(AI)とそれを実現させるAPP(ソフトウェア)UX設計でロボット掃除機の王道を進む1台となり得ました。

【製品仕様/標準同梱品】
・寸法:350mm x 350mm 高さ100mm
・重量:3680g
・最大掃除面積(100%充電): 180㎡ 約55坪
※充電残量が20%以下になると掃除を中断しホームベースに帰還します、充電完了後は掃除を中断した場所に戻り自動的に再開します。
・ワイヤレス規格:IEEE802.11 b/g/n 2.4GHz
・専用APP:IOS (iPhone)/AOS(android) 対応
・本体色:白

パッケージ同梱品
・360 S7本体
・ホームベース(充電Dock)
・A/Cアダプター 100V-240V対応 日本プラグ対応
・ダスト収集ケース
・モップ/水タンク
・エクストラクター(ローラーブラシ)
・フィルター
・クイックガイド
※エクストラクター/フィルター/ダスト収集ケース/フィルターは納品時は本体にSETされています

👉👉👉360 S7のこだわりPOINT👈👈👈

ホームベースの充電端子を垂直方法に設置、これによりホームベース周辺のクリーニングもすみずみまで出来るため、ごみ残りなどがなくなります。また見た目もすっきり。


👉👉👉ここポイント👈👈👈
ユーザーの声:
マッピングにレーザーセンサーではなくカメラを用いた場合は、夜間(暗い場所)でのマッピングがうまくいかない場合がある。  360 S7はレーザーを用いている為、夜間の不在時で電気が消えていても的確なマッピングを行いクリーニングします。

👉👉👉ここポイント👈👈👈

最大稼働時間/面積:
AIセンサー走行式のロボット掃除機は、最大稼働時間/面積の面積が非公開になっているケースがほとんどです。これは、動いてはいるけれど掃除する面積はコミットできません!!ということです。 360 S7はマッピング走行式で稼働時間ではなく稼働面積が最大のポイントです。また、AIセンサー式は非効率的な分、バッテリーの容量を大きくして動作時間を確保しなければならないので、重量が重く、充電時間が長くなりがちになります。

👉👉👉ここポイント👈👈👈

プライスの比較時は 【マッピング走行式】 であることを前提にご確認いただければと思います。AIセンサー式とはカテゴリーが異なるほどの機能差があります。
       

【QA】
Q: 360 S7を使用するためにインターネット環境は必要か?
A:必要となります。ご自宅にWiFi環境があること、スマートフォンをお持ちである事が本製品の機能のすべてを実現するために必須となります。   

Q:接続の設定は複雑ですか?
A:いいえ簡単に操作できます。専用アプリケーションでガイダンスに沿って操作いただければ簡単に接続設定が可能です。      

Q:本体保証期間はありますか?
A:ございます、リターン到着後1年間な  ります

Q:効率的にクリーニングさせるために注意点はありますか?
A:はい、360 S7は、充電Dock(ホームベース)を起点にクリーニング作業を実施しマップデータもそのポイントが重要なデータとして作成されますので、効率的にご使用いただくために充電Dock(ホームベース) を頻繁に移動させることはおやめください。あらかじめ作成されたマップデータを活用することが出来ないためです。


【プロジェクトスケジュール】
~8月20日 CAMPFIREにてプロジェクト実行
~9月末  リターンの製造/調達/先着順にてリターン発送開始
10月末         リターンの国内発送完了

【プロジェクトのリスク】
製品本体の設計は既に完了しておりますが、取扱説明書及びAPPの日本語版作成と最終検証。また認証(TELEC/PSE) の取得完了日程の状況により、多少のリターン日程の遅れがやむを得ず発生する可能性がございます。プロジェクトの進行状況などの情況は変動があり次第にて活動報告でご案内致します。


【メッセージとお願い】
是非この優れたロボット掃除機を一人でも多くの方にお使いいただきたいと思っております。日本デビューのプロデュースにご支援いただける方には、CAMPFIRE特別の価格設定でリターン実施いたします。 
皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。


本プロジェクトはAll-in方式での実施となります、目標金額に満たない場合も計画を実行しリターンをお届けいたします。




                             

















  • 活動報告

    日本語版APP開発

    2019/07/08 11:57

    日本語版のアプリケーション(ロボット操作用のソフト)の開発がほぼ目途が立ちつつあります。最適化を行い、7月末迄には最終版を完成できそうです。

  • 活動報告

    TELEC/PSE認証取得

    2019/06/25 11:26

    360 S7については、この度6月22日に日本市場向けのTELEC(無線関連)の技術適用認定とPSE(電池関連)の安全法令認証を無事取得完了致しました。 プロジェクトは当初計画通りにて当初予定通り進行しております。 一人でも多くの方々にお届けできるように引き続きプロジェクト進行が停滞することな...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください