「いただきます」のずっと前から、「ごちそうさま」のその先まで。日々の食事体験から子どもの根っこを育てる、離乳食ブランド”土と根”です。全国から厳選した、安心安全で美味しい国産有機野菜を使った冷凍キューブで、子どもたちの食事体験を豊かにします。

プロジェクト本文

はじめまして。“土と根” という離乳食ブランドを作っている、株式会社Kazamidoriです。
私たちは全国50軒以上の有機農家さんから厳選した国産野菜を丁寧にすり潰し、使いやすい冷凍キューブの離乳食を作っています。
このページでは、想いや背景を中心に、”土と根”についてお伝えしていきます。

離乳食は、赤ちゃんにとって、はじめての食事体験。
そこには、目に見えないたくさんの想いが溢れています。
月齢や安全性、アレルギーを考慮した食材選び、栄養バランスを考えた献立作り・・・・

スポットライトが当たらない、目に見えない過程も、子どもを想う大切な時間。
そんな、日々の目に見えないたくさんの愛情にスポットライトを当てたい。

「いただきます」のずっと前から、「ごちそうさま」のその先まで。

お母さんお父さんの想いをきちんと赤ちゃんに届けるために、”土と根”は生まれました。

子どもにとって大切な離乳食期。健やかに育って欲しいと思うほど、悩みは尽きません。
ただ、そんな大切な時期だからこそ、お母さんお父さんには頑張りすぎないで欲しいと、私たちは願っています。
「頑張りすぎない」ことで生まれた“ゆとり”が、子どもとの余裕を持った食事の時間を作り、そうした時間の積み重ねが、子どもの土台を作っていくと考えているからです。

 

私たちは、国産有機野菜を使った冷凍キューブの離乳食を作っています。
お母さんお父さんの声や、管理栄養士さんからのアドバイスを元に、何より赤ちゃんが美味しく食べてくれるかを何度も何度も試行錯誤してできあがった商品です。

こだわり① 有機無添加

日本全国の農家さんから、こだわり抜いて選んだ有機野菜を使用しています。保存料・着色料など、添加物を一切加えておらず、安心してお使いいただける離乳食です。大人の方が食べても、美味しいと感じていただけるくらい、野菜本来の自然な甘みが詰まっています。

こだわり② 全てのプロセスを食卓へ

野菜の産地や生産者の方々を見えるようにし、畑から加工場までの生産プロセスを、全てを正しく伝えることを心がけています。また、どんな人がどんな想いを持って作っているかを、正しく、丁寧にお届けすることにより、一層楽しく、安心して召し上がっていただけると考えています。

※野菜の産地は、生育状況の関係でまだ確定していないので、確定次第、本ページ上でお知らせ致します。現状は九州と関西地域の野菜を使用予定です。


こだわり③ 使いやすい冷凍キューブ

日々お子さまのことを想って離乳食を作っていても、忙しい日々の中で時間をかけられない時があると思います。“土と根” の冷凍キューブは、電子レンジで解凍するだけで野菜ペーストになるので、野菜の皮むきや火入れ、すり潰しといった手順を短縮することができます。キューブは1つ10gで、月齢に合わせて使用するキューブの個数を調整できるようになっています。

今回、クラウドファンディングにご支援いただいた皆様には特別に、公式販売前にこの冷凍野菜キューブをお届け致します。

※今回お届けするのは、かぼちゃ、人参、ほうれん草、トマトの4種になります。(写真にはキャベツが入っておりますが、今回はキャベツに代わり、その時期が旬となるかぼちゃをお届けします。)

 【トマト】ほんのり酸味もありますが、素材が持つ甘さが強く出ています。汁気が多いので、様々な料理に合わせやすいことも特徴です。

 【ほうれん草】苦味がありそうなほうれん草ですが、”土と根”は甘みが強いほうれん草を使用しており、まろやかな味わいになっています。

【にんじん】離乳食の定番である人参は、特に甘いものを使用しています。何も味付けしなくても、にんじんってこんなにも甘いものなんだと、私たちも驚きました。

【キャベツ】(お届けする際にはキャベツに代わり、収穫する季節に適したかぼちゃとなります)


幼少期は、「非認知能力」と呼ばれる、好奇心や自己肯定感、情緒性といった心の土台を作る、非常に大事な時期です。そんな幼少期において、子どもの心を豊かに成長させるために何が大切なのか。

昨今の保育業界では、「『子育て』ではなく『子育ち』である」という考え方が主流になってきています。それは、養育者が子どもに何らかの教えを「与える」のではなく、子どもの主体的な行動を「支える」ことが、心の成長に繋がるという考え方です。

共働きの家庭が増え、核家族化が進む中でも、お母さんお父さんが時間的、精神的に余裕を持って、子どもの「育ち」を見守れる状態を作ること。我々は、これがとても大切なことだと考えています。

だからこそ、
「全ての家事・育児はお母さんお父さんが自分でやらなくてはいけない。」
「子ども以外のことに時間を使うのは、手抜きである。」
といった未だに強く残る雰囲気から少し距離を置いて、自分の時間と子どもの成長を両立できる社会を実現していけるように、私たちはサポートをしていきたいと思っています。

“土と根”は、そうした、「子育ち」環境をより豊かにしていくための最高のプロダクトであると信じています。

 

一緒に”土と根”を支えてくださるメンバーも募集中です。
ご興味のある方は、こちらのWantedlyページをご覧ください。
https://www.wantedly.com/projects/223992

“土と根” は、お母さんお父さん、お子さまにとって本当に必要な離乳食とは何かを考え抜いてつくられています。実際に試食会やヒアリングを通して、子育て中のお母さんお父さん200人以上の生の声を取り入れ、商品を繰り返し磨き上げてきました。

積極的なご意見をたくさんいただきました。

試食会では、お粥とささみに
合わせて食べていただきました。
そして完成した商品を約30組のご家庭でご使用いただいたところ、
「好きじゃないと思っていた野菜もパクパク食べてくれて驚きました!」
「野菜本来の甘みが味わえて美味しい。」
「共働きで仕事をしているのですが、手間がかからずすごく便利でした。」
などのご好評の声をたくさんいただいています。



多くの人に支えられて、“土と根” は出来上がりました。ここでは、“土と根” に関わってくださった方々からのメッセージをご紹介します。

イーナバリ株式会社

https://enabari.world/about-us/

今回、40社もの加工所に問い合わせた中で巡り会えたイーナバリさんは、商品化における無茶なお願いにも全力で対応してくれた、信頼できる三重県名張市の加工所です。“土と根” 以外にも、過去に野菜ペーストや離乳食をつくられた実績もあります。衛生面にも最大限の注意を払い、想いを込めて製造してくださっています。

「美味しくて安全で栄養価の高い離乳食を食べさせたい。そんな子育て中のお母さんに、少し肩の力を抜きながら赤ちゃんとの休息の時間をもってもらえるように、国産の安全なお野菜の冷凍キューブを心をこめて作りました。子育て経験者がいる弊社加工所だからこそできる、お母さん応援商品。しかもとっても便利で使いやすく、おしゃれでかわいいパッケージ。本商品を活用しつつ、その時期にしかみれない赤ちゃんの成長を感じながら離乳食づくりを存分に楽しんでもらいたいです。」

 

土のめぐみ 代表取締役 土田賢一さん

オーガニックコンシェルジュ協会認定 オーガニックコンシェルジュ

http://www.a-nen.net/

23年も前から有機野菜栽培や流通事業を行う、野菜のプロフェッショナル。新聞や雑誌、テレビからの取材経験も多数です。土田さん自身、過去に離乳食を徹底的に研究して商品化し、農商工連携事業として国に認定されたご経験もあり、Kazamidoriの顧問として、商品開発、農家さんの選定、味などのアドバイスを頂いています。

「大人は自分で食べるものを選べますよね。でも赤ちゃんは選べないんです。食育や栄養バランス…ええ、大切でしょう。でも一番は”子どもがニコニコ笑ってどんどん食べてくれること”それに勝るものはありません。だからこそ本気でしっかり選んであげて、お母さん!ど真剣に明日の命を選んであげて、お父さん!」


88 PROJECT 代表 林理永さん

https://www.88-project.com/

「共同保育/共同教育」を軸に、”子育て世代の新しい環境づくり”を目指すプロジェクトで、子育て中のお母さんを中心に40人以上のコミュニティを形成している88 PROJECT発起人の林さん。お母さんの立場から、リアルな意見やアドバイス等をくださり、”土と根”の立ち上げ当初から関わっていただいています。

「娘の栄養を気にかける日々への救世主、待ってました! 嬉しいのは、原材料が野菜のみというシンプルさ。簡単に時短できる上に作れなかった時の罪悪感もフリー。外出時にもそのまま持っていけるし、何よりも大人が食べても美味しい!”土と根”メンバーの、そのこだわりと情熱を、信頼しています。」

 

88 PROJECT メンバー 廣瀬知子さん

88 PROJECTのメンバーで、離乳食期のお子さんがいらっしゃる廣瀬さん。試食会で実際にお子さんにご試食いただき、“土と根” について様々な意見をいただきました。

「いつも使っている携帯用の粉末離乳食は、便利なのですが、添加物や保存料などが気になっていて…。その点、土と根の離乳食は原材料が野菜のみ。しかも素材の味が濃く、大人が食べても美味しい!息子もパクパク喜んで食べました!お子さんの健康を気遣いたいけど忙しいママたちに、本当におすすめしたい商品です。」


宗田マタニティクリニック 管理栄養士 林美穂さん

産婦人科医の宗田哲男先生が院長を務める、宗田マタニティクリニックの管理栄養士である林さん。特に商品の栄養面において、様々なアドバイスをいただいています。

「管理栄養士の立場から、Kazamidoriさんが掲げる、食材へのこだわり、安心・安全、栄養価豊富といった、離乳食に対する思いにとても感銘を受けました。離乳食は、人間の一生においてとても大切な食事のはじまりです。初めての食事に何を与えてあげるかで、その子の将来における健康状態が大きく決まってくる程、離乳食はとても重要なものです。ぜひ多くの赤ちゃんに食べさせてあげたいオススメ商品です。」


リターンの製造にかかる費用、及びご自宅への配送費が主な使い途となります。今回いただいた声を元に、本リリースに向けてさらなる改善を行うための商品開発費としても使わせていただく予定です。

また、本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

私たちのブランド “土と根” は、皆様からのご支援、そして商品を実際に使っていただくことで少しずつ形になっていくものだと思っております。このクラウドファンディングを通して、“土と根” が多くの方の手に届き、皆様の声が聞けることを心待ちにしております。

今回のクラウドファンディングでのご支援だけでなく、今後も応援していただけますと幸いです。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

Kazamidori 代表 久保直生


Q.月齢何ヶ月の子ども向けの商品ですか?

A.特に離乳食初期のお子さまがいらっしゃる親御さんにご好評をいただいております。また、出汁に混ぜたり、おかゆや冷奴に乗せたりと、使い方次第で2歳ごろまでのお子さまがいらっしゃるご家庭でもお使いいただけます。

 

Q.賞味期限はどのくらいですか?

A.1年間です。急速凍結機という機械を使い、家庭の冷凍庫ではできない速度で急速冷凍することで、野菜の細胞を壊さずに冷凍し、味や栄養素を保ったまま、長い賞味期限を実現しています。開封後も自宅の冷凍庫で保管していただければ品質に問題はありませんが、気になる方は、開封後はお早めにお召し上がりください。

 

Q.野菜の産地はどこですか?

A.クラウドファンディングが終了する、9月段階での野菜の生育度合いなどを常に農家さんと確認しながらになりますが、現時点では九州や関西地域の野菜が主になる予定です。確定次第クラウドファンディングページにてお知らせさせていただきます。

 

Q.野菜以外に何か加えられていますか?

A.原材料は国産野菜のみで、何も加えておりません。すり潰した野菜をそのまま冷凍キューブにしています。


Q.栄養成分表示の中身を教えてください。
A.以下になります。
・人参→熱量:4kcal、タンパク質:0.1g、炭水化物:0.9g、脂質0g、食塩相当量0g)
・ほうれん草→熱量:3kcal、タンパク質:0.3g、炭水化物:0.4g、脂質0.1g、食塩相当量0g)
・キャベツ→熱量:2kcal、タンパク質:0.1g、炭水化物:0.5g、脂質0g、食塩相当量0g)
・トマト→熱量:2kcal、タンパク質:0.1g、炭水化物:0.5g、脂質0g、食塩相当量0g)
※あくまで参考値です。大きく変更することはありませんが、仕入先等の関係で多少数値が異なる場合がございます。

 

Q.製造工程を教えてください。

A.材料計量 →洗浄・消毒 →中和洗浄 →下処理(カット)→スチーム(85°C)→冷却 →ペースト化 →キューブトレイに充てん →急速凍結 →キューブ取出し →袋詰め →冷凍保存 →検品 →箱詰め→冷凍庫保管

※野菜によってカットや湯むきなどの工程が少し異なることがあります。


Q.販売許可や資格はどうなっていますか?

A.JANコードを取得しており、乳児用規格食品の基準もクリアしております。
また、加工所では、各製造業許可に食品衛生責任者を配置しています。
加工所が持っている製造許可は以下になります。
◎飲食店営業許可
◎そうざい製造業許可
◎ソース類製造業許可
◎菓子製造業許可
◎その他食品等製造業

設備などの詳細はこちらをご覧ください。
https://enabari.world/about-us/


Q.アレルギー項目に該当する商品はありますか?

A.野菜のみを使用しておりますので、7大アレルゲン要素は入っておりません。また、加工の際には都度機械を綺麗に消毒しておりますので、工場におけるアレルギー物質混入の心配もございません。

 

Q.1袋あたりの量はどのくらいですか?

A.1つのキューブが10gで、1袋に12個入っています。

 

Q.商品はどのように使用すればいいですか?

A.電子レンジで解凍した後は、親御さんにお任せしています。そのままで野菜の味を楽しむ、出汁や野菜スープで味付けをする、おかゆに乗せたり混ぜたりして食べる、などの食べ方を想定しています。

 

Q.マンションの宅配ボックスへの配送は可能ですか?

A.クール便での冷凍配送になりますので、宅配ボックスにお届けすることはできません。不在時は不在伝票が入りますので、お手数ですがご自身で再配送の手続きをお願いします。

 

Q.配送日はいつ頃になりますか?

A.9月下旬から10月の上旬頃を予定しています。

 

Q.クラウドファンディング後も販売されますか?

A.自社サイトで販売予定です。(10月頃公開予定)季節により野菜の種類が変わる可能性がございますので、ご了承ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください