知久寿焼さんとmacaroomの合同プロジェクト。共作アルバムCDを作り、加えてリリースイベントやツアー、MVの制作も行いたいと考えています。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

こんにちは。macaroom(マカルーム)のエマルです。

このたび、ちくさんこと、知久寿焼さんとmacaroomで共作アルバムを制作することになりました!

macaroomがちくさんの楽曲、「電車かもしれない」をmacaroomバージョンでリアレンジし、カバーしたことをきっかけにツーマンを行い、以降、仲良くさせてもらっております。

ツーマンライブではちくさんの「月がみてたよ」、「いちょうの樹の下で」、「電車かもしれない」、「いなくていい人」、「いたわさ」を合奏し、それはそれは楽しいライブとなりました。
終演後には音源化を望む声がちらほら聞こえてきて、私たちとしても、形として残したいなという思いが沸き上がりました。


ということで、現在すでに制作の真っ最中です。

そして単に「アルバムを制作する」といっても、いろんなことが浮かびます。

音源制作は自分たちの力でなんとか形にできると思うし、配信までだったらリリースもできると思います。

でも、まかちくアルバムCDを手に取ってみたい感じもあるし、そんでもってどうせ形にするのであればCDにまかちくのブックレットも入れたいし、ミュージックビデオも作りたい、リリースイベントやどさまわりもできたら楽しいな、という風に話が膨らみ、どうしたらいいかな?とみんなで話し合った結果、はじめてのクラウドファンディングを試してみることになりました!

ちくさんの曲をmacaroomがエレクトロニカにアレンジ、そしてアサヒ書き下ろしの新曲も。全曲知久さんかemaruが歌います。

音源は目標金額に達せずともリリース(配信)する予定ですが、

支援が増えれば増えるほど、

配信限定

CDにして全国流通

MV制作

リリースイベント

ツアー

というように、グレードアップしていきます。

もっとたくさんの方の耳に、いろんな手段で触れてもらうことができると思います。
右も左も後ろも前も見えないですけれど、初めての試みで、みんなふるえていますけれど、どうぞみなさま、ご支援をおねがいいたします。(まかちくプロジェクト(勝手にエマルが命名)の旗をふりふり!)


実現したいこと

知久さんとmacaroomの共作アルバムを作ります。音源自体は支援を募らずとも制作します。
ただ、いろんな形でいろんな方に触れてもらえるように支援金を募ります。
支援金の達成度合いによって、実現できることや実現の質が変わってきます。

・アサヒの作詞作曲による知久さんの新曲を1曲、知久さんの楽曲をmacaroomアレンジしたものを5曲収録する予定です。(もしかしたら制作の進行具合や勢いでもう少し曲数が増えるかもしれません)

・音源のリリースは来年4月ごろよてい。配信とCDと両方を用意したいです。
これまで知久さんの楽曲はCDが主でしたが、ダウンロードやストリーミングにも展開してたくさんの方に聞いてもらえる機会を作りたいです。もちろん従来通り、ライブ会場やCDショップでも購入できるように形に残せるようにCD化も目指します。

・アルバムのジャケット写真はフィルムカメラで木石南が撮影します。またブックレットには木石南が撮影したまかちくの写真を数ページ載せたいと考えています。

・アルバムの楽曲から、ミュージックビデオを公開したいです。監督を木石南が行う予定です。撮影や動画編集費用、機材費用、スタジオ撮影する場合はスタジオ料金がかかります。

・都内でまかちくのリリースイベントを開催したいです。もちろんまかちくコラボのライブも。イベント実施するにあたっての会場・運営費、フライヤーの制作・印刷代が必要です。できればコラボグッズなんかも作りたいです。

・まかちくリリースツアーを行いたいです。下関、埼玉、長野、大阪、沖縄などへ遠征したいなーとか勝手に考えています。支援金やスケジュール次第で他にもいけたらいいな。

資金の使い道

・CDのプレス、CDブックレットの制作費
・ジャケット・ブックレット写真撮影のためのフィルム費用
・リターンでの配送や制作費
・お手伝いスタッフへの謝礼金
・ミュージックビデオ機材費用、スタジオ費
・まかちくリリースイベント費用 (グッズ制作、イベント会場費、フライヤー含みます)
・リリースツアーの遠征費用


リターンについてごせつめい

★500円の支援
・まかちく代表より、感謝メールを差し上げます。

★1,000円の支援
・まかちく代表より「全員集合お礼動画付き」感謝メールを差し上げます。

★まかちくコース1 3,000円 
・まかちく代表より「全員集合お礼動画付き」感謝メール
・【クラウドファンディング限定】まかちくポストカード3枚セット
・まかちくアルバム

★まかちくコース2 6,000円 限定50名まで
・まかちく代表より「全員集合お礼動画付き」感謝メール
・【クラウドファンディング限定】まかちくポストカード3枚セット
・まかちくアルバム 全員のサイン入り
・【クラウドファンディング限定】まかちくコラボTシャツ(支援時にプルダウンメニューよりご希望のサイズを選択ください)

★レア音源コース 10,000円 限定50名まで
・まかちく代表より「全員集合お礼動画付き」感謝メール
・【クラウドファンディング限定】まかちくポストカード3枚セット
・まかちくアルバム 全員のサイン入り
・【クラウドファンディング限定】まかちくコラボTシャツ(支援時にプルダウンメニューよりご希望のサイズを選択ください)
・まかちくリハーサルを録音したCD-R(リリース予定無し)

★macaroomコース 20,000円 限定15名まで 
・まかちく代表より「全員集合お礼動画付き」感謝メール
・【クラウドファンディング限定】まかちくポストカード3枚セット
・まかちくアルバム 全員のサイン入り
・【クラウドファンディング限定】まかちくコラボTシャツ(支援時にプルダウンメニューよりご希望のサイズを選択ください)
・まかちく練習を録音したCD-R(リリース予定無し)
・エマルさいぼうミニ画集とさいぼう缶バッチセット(画集エマルのサイン入り)
・ジャケットに支援者としてクレジット(支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください)

★ちくさんコース 30,000円 限定15名まで
・まかちく代表より「全員集合お礼動画付き」感謝メール
・【クラウドファンディング限定】まかちくポストカード3枚セット
・まかちくアルバム 全員のサイン入り
・【クラウドファンディング限定】まかちくコラボTシャツ(支援時にプルダウンメニューよりご希望のサイズを選択ください)
・まかちくリハーサルを録音したCD-R(リリース予定無し)
・ジャケットに支援者としてクレジット(支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください)
・知久寿焼手書きの歌詞 (あなたの希望の知久寿焼のうたを必ず備考欄にご記載ください)

★まかちく 黒ラベルコース 50,000円 限定10名まで
・まかちく代表より「全員集合お礼動画付き」感謝メール
・【クラウドファンディング限定】まかちくポストカード3枚セット
・まかちくアルバム 全員のサイン入り
・【クラウドファンディング限定】まかちくコラボTシャツ(支援時にプルダウンメニューよりご希望のサイズを選択ください)
・まかちくリハーサルを録音したCD-R(リリース予定無し)
・ジャケットに支援者としてクレジット(支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください)
・エマルさいぼうミニ画集とさいぼう缶バッチセット(画集エマルのサイン入り)
・知久寿焼手書きの歌詞 (あなたの希望の知久寿焼のうたを必ず備考欄にご記載ください)
・ジャケット写真のフィルムから引き伸ばし印刷(木石南撮影) 
・まかちくムック本(非売品・サイン入り)※emaruと知久寿焼の対談記事を掲載。制作話についてなど語ります。他にも木石南による写真や、emaruのコラムなど掲載予定  

★まかちく 赤星コース 80,000円 限定10名まで
・まかちく代表より「全員集合お礼動画付き」感謝メール
・【クラウドファンディング限定】まかちくポストカード3枚セット
・まかちくアルバム 全員のサイン入り
・【クラウドファンディング限定】まかちくコラボTシャツ(支援時にプルダウンメニューよりご希望のサイズを選択ください)
・まかちくリハーサルを録音したCD-R(リリース予定無し)
・ジャケットに支援者としてクレジット(支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください)
・エマルさいぼうミニ画集とさいぼう缶バッチセット(画集エマルのサイン入り)
・知久寿焼手書きの歌詞 (あなたの希望の知久寿焼のうたを必ず備考欄にご記載ください)
・ジャケット写真のフィルムから引き伸ばし印刷(木石南撮影) 
・まかちくムック本(非売品・サイン入り)※emaruと知久寿焼の対談記事を掲載。制作話についてなど語ります。他にも木石南による写真や、emaruのコラムなど掲載予定  
・ライブご招待&ライブ後の打ち上げ参加 (都内での開催となります。日程未定。打ち上げは別日となります。) 


●リターン早見表


支援のまえに

・全てのコースは税込、送料込みの価格です。
・CAMPFIREの仕様上、複数コースのご購入が可能です。ただし同時決済はできませんので、個別のコースを都度お申し込み下さい。
・お申し込み後のコース変更は出来ません。
・プロジェクトへご支援後、事情によりイベントに参加できないなどの場合も、返品は受け付けられません。 また、他の方へのリターンの商品や権利の譲渡はできません。あらかじめご了承の上ご支援ください。
・プロジェクトに関するご連絡はCAMPFIRE内のメッセージにてプロジェクトオーナーより送付されます。支援後はなるべくメールのチェックをお願いいたします。
・一部のリターンに「知久寿焼手書きの歌詞 」がございます。支援時、備考欄(リターンに関するご希望)にご希望の「知久寿焼の楽曲名」を必ずご記入ください。※記入がない場合、知久寿焼作詞のものではないご希望だった場合は、知久が自作詞の中から選ばせていただきます。
・一部のリターンに「CDクレジットのお名前記載」がございます。支援時、備考欄(リターンに関するご希望)に掲載希望のお名前を必ずご記入下さい。※記入がない場合は支援時のお申込み名となります。
・一部のリターンにライブご招待&ライブ後の打ち上げ参加がございます。場所は都内を予定しております。また打ち上げは別日となります。交通費については支援者さまのご負担となりますこと、予めご了承ください。


プロジェクト実施スケジュール

音源の制作期間:2019年 9月~2020年 1月
CDのプレス期間:2020年 2月~3月
ミュージックビデオの制作期間:2020年 1月~3月
アルバムのリリースとミュージックビデオの公開:2020年4月ごろよてい


macaroomたちからのコメント

・エマルよりちくさんとmacaroomは音楽のスタイルは違うかもしれないけれど、共通するところを感じます。
それはいったいなんだろうか~と考えていくと、私にはユーモアなのかな、と思われました。
それは音楽のなかでも、おしゃべりのなかでも感じていました。

そのユーモアが最終的にどんな形で混ざり合うのかな、と考えるとわくわくします。
これまで何度も演奏されて、何度も聴かれてきて、何度もいろんなアレンジで演奏されてきたちくさんの曲たち。また一味違う側面をみせるんだと思うとわくわくします。
これから制作する共作アルバムは、きっと懐かしいようで、新しいと感じる作品になると思います。
「まかちくプロジェクト」、ぜひご支援をお願いいたします。


・アサヒより

ぼくは自分の曲を作るつもりで知久さんの曲をアレンジしました。知久さんファンが受け入れてくれそうなサウンド、とかいう浅はかな考えはやめて、ゴーイングマウェイ。そういえば以前、友部正人さんにお会いしたときに「知久さんとアルバムを制作しようと思ってるんです」とお伝えしたら、「ぼくも昔「たま」にぐちゃぐちゃにされたことがあってね」とおっしゃっていて、そう、まさにそれです! 知久さんをぐちゃぐちゃにします! エレクトロニカに変身した知久寿焼、聴いてみたいでしょ?


・木石南より

皆様こんにちは。
macaroomにてジャケット写真を撮ったりMVを作ったり、ライブではカンフーの演武をしている木石南です。
1985年生まれの私からすると、知久さんはテレビの向こう側の大スターという感じで、ジャッキーチェンやユンピョウのように「本当に存在してるんかな」と思えるほどのテレビの向こう側で大活躍している人でした。

知久さんとの出会いは3、4年前大阪で非常にフラワーピープルなバンドにカンフーの演武で所属していた時、福島県の謎のフェスに出演した時に知久さんも同じフェスに出演していたのが最初の出会いでした。
当時、macaroomがたまの「電車かもしれない」をカバーしてYouTubeにアップしたばかりで、嬉しいことに知久さんがツイッターで反応してくれましたが、まだ全然面識はなかったので、その瞬間「これは知久さんとお話できるチャンスだ!」と思いました。
しかし、知久さんは本番前自分のテントに篭りリハーサルを入念にしており、私もバンドメンバーとリハーサルをしたり見たことない山菜や変わった形のキノコを焼いて食べたことで胃腸の不具合や全身の痺れ等と戦っていたことからお話するタイミングがなかなかありませんでした。
そして、慌ただしくライブを終えた我々のバンドは早朝に大阪へ戻らなければならず、とうとう最後まで知久さんとお話出来ずにいたので、持って来ていたノートに「ファンです」「どうかmacaroomをよろしく候」と言った内容の手紙を殴り書き福島県を後にしました。

3、4年後巡り巡って、知久寿焼×macaroomの合同プロジェクトという大変楽しいプロジェクトに発展しているという喜びと不思議。

知久寿焼×macaroomという今までこの世に無かった夢のような作品の実現にどうか皆様のお力をお借りしたいと思っています。

どうか支援をよろしくお願い致します!

・ボブより

「電車かもしれない」のカバーで知久寿焼さんと知り合い,様々な場面で時間を共にするようになってから気がついたことがあります.知久さんが出会った人をとても大切にする人だということです.彼の周りには,彼のバンド仲間,彼のライブをサポートしているスタッフ,彼の好きな店の店主,昆虫観察仲間,どこで知り合ったのかよくわからない人等

たくさんの人が集まっています.そして,知久さんのファンの方々も,とても大切に思っていることが,彼の普段の会話から見え隠れします.

そんな知久さんと,我々macaroomは,一曲のカバーをきっかけにご縁ができました.なので,是非彼を慕う皆様にもmacaroomを知っていただきたいと思っています.

このアルバムは,知久さんのファンの方々へ,macaroomからのご挨拶のようなアルバムになると思います.そんなご挨拶代わりの1枚,是非一緒に作っていければ何よりだと思います.

弾き語りシンガーとしてのソロ活動だけでなく,凄腕プレイヤーが揃う大所帯バンド「パスカルズ」,更に2019年には自身が率いる「知久寿焼ちんどん楽団」でも活躍する知久さんが,今度はエレクトロニクスに乗せて歌います.ご期待ください.

ちくさんからのコメント


音楽を軸にしたこのへんてこ変則変態的な寄り合いであーだこーだしてこさえたものをたずさえてあっちこっち、できたら下関...エマル、アサヒ、南の地元下関までも行けたらたのしいだろうなあ・・・ということでなにとぞよろしくおねがいいたします。一見してたいそう弱そうに見えるぼくらですが、ボブが長髪を四方八方にからませながら遠い目であやしくもかわいい笑みをうかべて幻惑する傍らに、様々に変容する顔を持つ武術の手練れも潜んでいるのできをつけてくださいねっ!

macaroomについて

emaru (ボーカル)
アサヒ (作詞/作曲/アレンジ/キーボード/ボーカル)
木石南 (写真/映像/中国武術)
ボブ (音声合成/ライブエレクトロニクス)

●概要

女性ボーカル「emaru」と作曲家「アサヒ」によるエレクトロニカ・ユニット。
歌詞の音響的機能を研究し取り入れたポップな楽曲を制作し、演奏している。

●特徴

・歌詞の音響的機能を研究したポップな楽曲と、フェミニンな歌声が特徴
・秋山ボブ大知による、複雑系科学などのアルゴリズムを取り入れたライブエレクトロニクスの手法でのパフォーマンスや、音声合成技術を取り入れた楽曲を発表
・MVやライブでは、W杯1位経験を持つ木石南によるカンフーとの融合が見られる
・現代音楽とのコラボレーションもあり、またアサヒは木石岳名義で理論書『優しい現代音楽の作曲法』を刊行。

ライブではサウンドデザインに秋山 《ボブ》大知氏を迎え、MAXを使用したアルゴリズミックコンポジションや音響信号処理を取り入れたユニークなライブパフォーマンスを展開している。
また、2015年からはリアルタイムに音声を合成(モーフィング)していく技術をライブに導入するためのシステムを開発中。

また、武術家として世界大会で1位を獲得した経験もある木石南によるアートディレクション、映像制作、本人のMV出演など、様々な人間がmacaroomのプロジェクトに関わっている。



ちくさん楽曲「電車かもしれない」macaroomのカバーです。


知久寿焼について

☆知久寿焼プロフィール

ギター、ウクレレ弾き語り。地味なテンポでさびしい歌ばかりうたう。1965年2月10日埼玉県川口市生まれ。2003年バンド「たま」解散。1995年へっぽこオーケストラバンド「パスカルズ」に加入、ウクレレ、口琴、ときどき歌担当。2019年2月54歳にして初のアルバムCD「知久寿焼のうた その1/その2」2枚同時発売。「その1」収録「ひとだま音頭(合奏編)」録音メンバー 〜 うつみようこ(ちんどん太鼓)、関島岳郎(テューバ)、大塚やよい(鍵盤、大正琴)、中川樹海(三線)〜 による「知久寿焼ちんどん楽団」も活動開始。
趣味はツノゼミ科昆虫の研究。2019年7月にあかね書房より、丸山宗利、小松貴、の両昆虫学者との共著図鑑「ふしぎないきものツノゼミ」を上梓。



macaroomもミュージックビデオに出演しています。


最後に

まかちくプロジェクトを応援したいと思ってくれている方は、ぜひ支援をお願いいたします!!


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2019/09/18 19:00

    まかちくプロジェクト開始しまして、1週間目に突入しました。現在目標達成率65%を超えました!52名のパトロンのみなさま、ありがとうございます。「パトロン」という欄でメッセージを読んでますが、温かい言葉を寄せてくださっており嬉しい気持ちです。さて、ちくさんコース、黒ラベルコース、赤星コースに含ま...

  • 2019/09/13 21:09

    こんばんは、macaroomのエマルです。改めて、知久寿焼さんとmacaroomで合同のアルバム制作を行うことになりました!題して『まかちくプロジェクト』。初めてのクラウドファンディングにどきどきおどおどしまくりです。まずはエマルとちくさんのご挨拶動画をご覧ください。喋るの本当にへたっぴ&苦手...

  • macaroomの写真はいつもフィルムカメラを使っており、撮影はみーくん(木石南)が行ってきました。みーくんはライブではカンフー演武をしていますが、カメラマン兼映像監督の顔もあるのです。クラウドファンディングトップの写真はみーくん撮影。8/12ライブのためのリハーサル時に撮影したものです。今回...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください