防犯と景観のため、店舗の塀を新しくし、地域の魅力的な食材をお客様のご自宅まで届けられるようにする加工場を新設します。

プロジェクト本文

数多くのプロジェクトの中からご覧くださりありがとうございます。

新潟県村上市にある料亭 能登新(のとしん)の、山貝 誠(やまがい まこと)と申します。

前列の左から三番目が私です


新潟県村上市、という地名をここ最近報道でご覧になった方は大勢いらっしゃるかと思います。
6月18日に発生した新潟・山形地震で被害に遭われました皆様をお見舞い申し上げるとともに、早期復旧を、心よりお祈り申し上げます。
料亭 能登新の位置する村上市中心部は、大きな揺れを感じましたが、幸いなことに被害は無く、通常通りの日々を過ごしております。地震に負けず、私たちが出来ることで、地域を盛り立てていきたいと考えています。


ここ能登新で11代目として代表・料理長を務める私は、18歳で高校卒業後 、ミシュランで星を獲得したことでも知られる東京の「玄治店(げんやだな) 濱田家」にて8年間修行。25歳の年に母の病気の為地元に戻り、今年で40歳になりました。


昨年代表を引き継いでからこれまで、自分に何が出来るのか考え続けてきました。

自分たちが目指す未来に向かうためにはどうしたらいいのか。

社員、お客様、生産者さんや仕入先業者さんと共に、地域が輝くには何をすべきか。


それを叶える第一歩として、今回、クラウドファンディングに挑戦します。



能登新について



能登新は江戸時代から続く料亭です。

新潟県最北の地、越後村上で1712年に誕生した初代・山貝新助から物語は今に繋がっています。

8代まで新助を襲名、1800年頃に4代目新助が料理屋を創業し、1868年明治維新前後には、西郷隆盛が来店した際の逸話が残っています。




今年で創業242年、法人化してからは60期、山貝家としては307年の歳月を重ねてきました。




老舗だからこそ、必要な挑戦


こちらをご覧の皆さまの中には「老舗料亭がなぜクラウドファンディングに挑戦するのだろう?」とお思いの方も多いと思います。

私たちは、老舗だからこそ、新たな挑戦をしなければならないと考え、今回のチャレンジを決めました。


老舗であれば安泰、そのようには考えられないのが現在の料亭を取り巻く現状です。


近年では新潟県内の老舗料亭の閉店・閉業が続き、古き良き、を継続するだけでは未来が描けない時代が来ています。
老舗であればあるほど、事業を継続させるには、多額の設備投資が必要です。立派な建物を造れば安心できた時代は終わり、その頃に手に入れた建物や設備を維持するには、高額の資金がかかります。


100年企業が廃業することが珍しくなくなってしまった現在、このままでは、地域の雇用創出や、魅力を発信できる企業が、どんどん減っていくことが想像できます。



老舗が消えていくと、これまで先人達によって培われてきた文化を伝えることが出来る場も減っていきます。


私たちが大切にしている、「不易流行(ふえきりゅうこう)」という言葉があります。

「不易」は永遠に変わらない伝統や芸術の精神を、「流行」は新しさを求めて時代とともに変化することを表します。


老舗にこそ、新しい挑戦をし、皆様から支えて頂いた感謝を発信し続けなければいけない使命があります。


伝統と革新、そして感謝を発信し続ける企業であるために、新しい挑戦であるクラウドファンデイングを通じて、まだ見ぬ皆さまと出会い、可能性を広げていきたいと考えています。




このクラウドファンディングを通して実現したいこと


今回、クラウドファンディングで皆さんにご支援いただき実現させたいことが2つあります。

どちらも、これまでの伝統を守りつつ、新たな一歩をすすめるために必要な事業です。



1、外壁黒塀プロジェクト


完成イメージに近い、村上市寺町の黒塀

 

新潟県村上市は、古くから城下町として栄えてきた歴史ある町です。
戦火を免れたこともあり、古い町屋や文化が色濃く残っています。


ここ能登新が位置するのは、商人町と武家町の境目。

店の前の通りは江戸時代、5軒の武家屋敷が並んでいたことから「五軒丁通り」と呼ばれ、風情ある黒塀が風格を漂わせていました。



現在の塀は、クリーム色に塗装されたもの。


しかしながら、経年劣化で塗装は剥げてしまい、お世辞にも美しいとは言えません。


村上市では、近年、歴史ある町並みを活かし未来に残そうという市民の熱い意志で、古い建物が活かされ、外観を昔の姿に戻そうという取組が行われてきました。市全体としても、歴史を活かした町づくりへと動いています。

この動きに共感し、能登新も昔ながらの町並みを復活させ、村上の景観を継続的に未来に繋げていきたいと考えています。

能登新は県外市外からのお客様もたくさんいらっしゃいます。せっかくお越しの皆さまには、美味しいお料理とおもてなしはもちろんのこと、村上の文化も体感していただきたいのです。村上の風景の一部として佇む料亭となるためにも、必要な改修です。



また、この通りは街灯も車通りも少なく、夜道を不安に感じる近隣の方も少なくありません。

新しくする塀は明かりが灯るよう設計し、地域の方に安心していただき、防犯にも役立ちたいと考えています。



塀に使用するのは、村上市産の木材。

チームを組むのは、材木屋・大工・塗装屋・電気工事、皆気心知れた地元村上の仲間たち。

村上にこだわり、地域の活性化にも一役買えたらと思います。



2、食品加工作業場新設プロジェクト

日本全国の美味しいものを、自宅にいながら楽しむ。インターネットや流通網の発達により、それが当たり前に出来る時代になりました。


能登新は料亭ですが、こちらまで足を運んでいただくのが難しい方々にも、当店のおもてなしの心と美味しさを生み出す技術で村上の素晴らしい食材をお届けしたいと考え、食品加工作業場を新設します。
敷地内のスペースを活用し、シンクや真空包装ができる設備を導入、自社の技術を活かせる環境を整えます。



村上は、料理人の私から見て、地元だというひいき目を無しにしても、食のポテンシャルが非常に高い地域です。日本海でとれる美味しい魚介、山に入れば当たり前のように手に入る山菜、鮮度が良く味の濃い、地物の野菜。


その食材の価値を、生産者さん自身が更に高めようと、技を磨いています。


例えば、地元の若手漁師さんは、ヒラメに神経締めという技術を自分たちで行い、通常よりもより一層鮮度が保たれた状態で料理人の手元に渡るよう自ら工夫をされています。

白皇鮃(はくおうひらめ)と名付け、ブランド化


4年前にはほんの数人しかいなかった若手漁師さんも、だんだんと増え、活気も出てきました。


村上でがんばる生産者さんの食材の素晴らしさと、それにかける想いも一緒に知ってほしい。

素晴らしい味覚と地域の魅力の発信基地として、食品加工場を新たに設け、これまでにないアプローチで新しい価値を創造します。




ご支援いただいた資金の用途について


・外壁黒塀プロジェクトに100万円
・食品加工作業場新設プロジェクトに100万円

を使用させていただこうと考えています。

それぞれの総事業費は、外壁黒塀プロジェクトが約250万円、食品加工作業場も約250万円です。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



リターンについて

村上の文化と味覚を知る私たちだからこそご用意できるリターンを、感謝の気持ちと共にお届けします。



3,000円

ご支援いただいた金額は、すべてプロジェクトに使わせていただき、御礼のご挨拶をメールでお送りいたします。



5,000円

黒塀塗り体験 参加権

8月25日(日)10時~15時まで、プロに教えてもらいながら、塀の塗装を体験いただけます。

昼食には、能登新特製の村上牛カレーをご用意します。

自分で手を動かして景観を変える体験は、なかなかできないのではないでしょうか。詳細はご支援者さまに追ってお知らせいたします。




10,000円

村上名産詰め合わせ


能登新特製・村上ならではの珍味「鮭の酒びたし」と、村上の自慢の味をお届けします。

海、山、川、田、畑、すべてがそろう村上。美味しい食材の宝庫から、料理長が厳選した品物の数々を詰め合わせてご用意いたします。



10,000円

能登新の歴史 器おまかせセット

”能登新のへそ”と皆が呼ぶ倉庫と蔵で眠っていた、今は使われていないヴィンテージの器を、小皿やお椀を5枚、もしくは大皿1枚お届けいたします。絵柄や形、組み合わせは、こちらにお任せください。どんな器が届くか、楽しみにお待ちいただけたらと思います。
ご希望にも、可能な限りお応えします。「お椀2つを入れてほしい」「大皿がいい」など、ご希望があればコメント欄でお教えください。
実際に能登新で活躍していた器なので、使用感があります。ご了承ください。




30,000円

能登新 お食事ご招待券 1名様分

ご昼食・ご夕食、どちらかに1名様をご招待します。

食前酒に、村上が誇る銘酒、〆張鶴の大吟醸を1杯お付けします。
お料理代のみ、食前酒以外のお飲み物は別途お召し上がりの分頂戴します。
鮭づくしの前菜、旬のお刺身、村上牛(ステーキ・村上茶でのしゃぶしゃぶなど)といった、自慢のお料理をおたのしみください。
日程については、別途ご相談となります。



30,000円

出来立てほやほや!能登新特製 村上の恵み詰め合わせ

このクラウドファンディングで実現させる、念願の能登新 加工場で作った商品を、ご支援くださった皆さまに、いち早くお送りいたします。

商品のお届けは、加工場が完成し稼働し始めてからとなります。今年の秋ごろを予定していますので、いましばらくお時間をください。



50,000円

能登新 お食事ご招待券 2名様分

 

ご昼食・ご夕食、どちらかに2名様をご招待します。

食前酒に、村上が誇る銘酒、〆張鶴の大吟醸を1杯お付けします。
お料理代のみ、食前酒以外のお飲み物は別途お召し上がりの分頂戴します。
鮭づくしの前菜、旬のお刺身、村上牛(ステーキ・村上茶でのしゃぶしゃぶなど)といった、自慢のお料理をおたのしみください。
日程については、別途ご相談となります。



50,000円

能登新特製 村上の恵みセット & 名産!村上牛詰合せ

このクラウドファンディングで実現させる、念願の能登新 加工場で作った商品を、ご支援くださった皆さまに、いち早くお送りいたします。
こちらに加え、能登新のお料理でも人気の村上牛も詰め合わせてのお届けです。全国の品評会でも高い評価を得ている黒毛和牛、村上牛。この機会にぜひその魅力を堪能していただけたらと思います。

商品のお届けは、加工場が完成し稼働し始めてからとなります。今年の秋ごろを予定していますので、いましばらくお時間をください。



50,000円

【企業様向け】鮭の酒びたしPR権


ご来店のお客様が最も注目される場所が、中庭に吊るされたこちらの鮭。

村上名産の鮭の酒びたしを熟成している様子は、皆さん足を止めご覧になります。

この鮭に、木札でお名前を掲示、専用スペースにはチラシも置かせていただきます。
期間は、鮭が熟成されるまでの約1年間です。




100,000円

【企業様向け】鮭の酒びたしPR&オーナー権

中庭に吊るされた鮭に木札でお名前を掲示、専用スペースにチラシを置かせていただきます。

「オーナー権」ですので、出来上がった鮭の酒びたしもお送りいたします。一尾まるのままではなく、スライスし、パックした状態でお届けいたしますので、すぐにお召し上がりいただけます。

お届けは、酒びたしが出来上がる約1年後、お名前の掲示とチラシの設置期間も同様に1年間です。




200,000円

出張!村上郷土料理教室

能登新料理長の私、山貝誠が、あなたのまちまでお伺いして、村上の郷土料理教室を開催させていただきます。村上ご出身でレシピをもう一度知りたい方、郷土料理にご興味のある方、ぜひご活用ください。

全国放送のテレビ番組を含め、様々なメディアに出演させていただいた経験を活かして、分かりやすくお伝えできたらと思います。

食材材料費10人分を含みます。移動費は別途頂戴いたします。




実施スケジュールについて


1、外壁黒塀プロジェクト

1月に初回の打ち合わせを行ってから、担当者と密に打ち合わせを重ねてきました。
地域の皆さん、ご支援くださった皆さんと一緒に、8月25日、塗り替え作業を行います。
それまでに地元の材木を使った下地作り等を済ませ、皆さんをお迎えします。


2、食品加工作業場新設プロジェクト

7月3日現在、必要な設備の最終確認を保健所・建築など各担当に確認し、準備を進めています。
村上の名産である鮭のシーズンの秋には稼働し、お客様に生産者さんの思いのこもった食材を、能登新の技術で磨いてお届け出来るよう動いています。




最後に


「喜びを繋ぎ未来を拓く」

これが、私が代を引き継いだ時に決めた、能登新の経営理念です。

私たちは、おもてなしを追及し、変化を恐れず、新しい価値を創造し、共に栄え、支えあうことが出来る企業でありたいと願っています。


東京での修行時代、実家であるこの料亭 能登新と、地元村上市のことを忘れたことはひとときもありませんでした。

こちらをご覧の方の中にも、地元や家業を離れてご活躍の方もいらっしゃると思います。


地元に戻ろうと思い生まれた町を振り返った時、わくわくするような輝いている場所でありたい。

気付かなかった素晴らしい自然や食材に光を当て、より一層、地元を魅力的に感じてほしい。


村上の良さの発信基地であることが、能登新の存在意義でもあると考えています。


長い間、地域の皆様から支えて頂いた感謝を、これからも多くの皆様へお届けし、関わる全ての方々への喜びを繋いでいける企業であり続けるため、努力を惜しまず進んでいく所存です。


どうして老舗がクラウドファンディングに挑戦しているんだろう?そう疑問を抱かれることはごもっともですし、はじめての挑戦で、正直に言えばうまくいくか心配です。発信する怖さも少なからずあります。


けれど、今回の挑戦を通じて、少しでも地域の一員として恩返しし、村上という地域が少しでも活性化してほしい、未来に今ある宝をもっと輝くものにして繋げて行きたいと考えています。

仲間と従業員一同、皆で力を合わせ頑張ってまいります。


皆様からのご支援、何卒よろしく願いいたします。


料亭 能登新 11代目

山貝 誠

  • 活動報告

    プロジェクト始動

    2019/08/22 08:30

    多くの皆様にご支援をいただき本当にありがとうございます!クラウドファンディング終了まで、2日を切りました。いよいよ工事の方も本格始動しました!25日の黒塀塗りまでしっかり準備していきます( ◠‿◠ )引き続き、変わらぬご支援ご協力をお願い申し上げますm(_ _)m

  • 活動報告

    新潟経済新聞ウェブページ掲載

    2019/08/09 07:13

    昨日の​8月8日、末広​がり​の日に新潟経済新聞ウェブページに能登新の取り組みを掲載させていただきました!本当にありがとうございます!暑い日が続いてますが、体調管理に気おつけて邁進していきます!https://www.niikei.jp/20544/

  • 活動報告

    村上新聞様、特大号掲載していただきました!

    2019/07/29 14:23

    7月28日に発汗の地元村上新聞様の特大号に見開きページで掲載していただきました!大きく取り上げていただきありがとうございます!感謝、感謝です!地域に貢献できる企業を目指して精進していきます!共に地域を盛り上げてくれる皆様、ご協力何卒よろしくお願いいたします

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください