「前からBARをやってみたいと思っていた。」 「いつか、今の仕事をやめてBARを開業したい方」 でも今の仕事は辞めれない、 何から始めたら良いか分からない、 そんな人の願いを叶える為に 週に1回BARを開ける機会を作りたいです!!

プロジェクト本文

初めまして!!合同会社GENKIの岡野厳樹と申します!!現在、鶯谷でイベントスペースとBARを経営しております。

普段は毎日このSake&Wine GENKIというBARで働いております。ラムとウィスキーが多いワインバーです。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

このお店では7人のバーテンダーがそれぞれ違うお酒を出して、毎日個性が変わるBAR、

老若男女、地元の方、遠方の方、異業種の方どうし集う大人の社交場を作っていきたいと思います。

その為に先ずはバーテンダー達もこちらで見極めの審査を経た者だけが参加をする事が前提で、一定の共通ルールの上で共に運営することになります。

今回はこの事業を遂行するための費用が不足しているので、皆様にご協力をお願いしたいと思います。

 

 

鶯谷という町

 

皆さんご存知でしょうか?鶯谷は山手線で一番乗降客が少なく、一番ダサい駅とランキングされています。

僕はこの町で学校に通い育ちました。住んでいる人なら分かる鶯谷の魅力はなかなか他の方には伝えわりづらいものです。なぜなら、一番はやはりこの広大なラブホテル街でしょう。しかし、その周りにはshall we danceの撮影にも使われたダンスホール、有名アーテストが集うイベントホール、東京藝術大学、寛永寺、そして昭和の雰囲気が残りつつ文化が入り混じった中での大衆居酒屋の数々。それは一度足を踏み入れてみないと分かりません。

 

僕はこの町が大好きです。

 

だからこの町でどこにもない、唯一のBARを築き上げて少しでも多くの方に鶯谷の魅力を伝えていきたいです。

 

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由、

3年半BARをやってきて、よく耳にする事は

「私もBARをやってみたい。」

「老後は好きな事をして楽しく過ごしたい。」

「BARをやってみたいけど、経験もお金もないし何から始めればいいのか分からない。」

確かに、自分のお店を持つというのは少しハードルは高い事かもしれません。

ですが必ずしもいきなり自分の店をもつ必要なんてありません。

 夢や目標をすぐに諦めてしまうのをたくさん見てきた僕はもどかしくて仕方ありませんでした。

そこで!

この様な場所があれば誰かのこの想いを実現出来ると思い、実行します!!

 

▼これまでの活動

高校生の時から飲食店の会社を作ると決めて、たくさんのお店で働いてきました。

高校卒業してから4年間、14カ国を渡り歩きながら飲食店で働いたり、語学とワインの勉強をしていました。

その後、22歳の時に地元でBARを開き、25歳の時にイベントスペースを開きました。

2017年はカンボジアで飲食店を開く事になりました。

カンボジアで一番の和食チェーンの展開を目指します。

 

 

 

▼資金の使い道

内装費 30万円

広告費 10万円

運営費 20万円

 内装費は今既存のお店の装飾、什器、机と椅子を変えるための費用です。

※運営費はカンボジアのビジネスにも充当されます。

 

▼リターンについて

お酒関連のリターンが多いです。

ですが、変わった僕自身の時間や経験をリターンする変わったものもございます。

 

皆様のご協力で必ずこの事業を成功させますので、お手数ですが何かを購入していただければ幸いです。どうか、宜しくお願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください