文系・学部生である私たちが研究活動に取り組み、国際学会で発表・論文のジャーナルへの掲載を目標に活動してきました。この度、努力が実を結び世界最大のマーケティング協会であるAMAでの研究発表を許可していただきました。しかし、学部生である私たちには渡航資金が不足しています。私たちの夢の実現にご協力ください

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

当プロジェクトページに訪れていただきありがとうございます。

関西大学商学部4年 櫻本大雅 と申します。

私たちは、主に消費者行動論・サービスイノベーションについて研究しており、教科書を塗り替えるような活動に取り組んでいます。

私たちの夢の実現に温かいご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。


このプロジェクトで実現したいこと

文系・学部生である私たちはインターネット上のクチコミについて研究し、論文を執筆してジャーナルへの掲載を許可していただくことで、教科書を塗り替えるような活動をしています。

この度、地道な努力が実を結び、執筆した論文が journal of marketing への掲載を許可していただき、

世界最大のマーケティング協会であるAMAからオーラルでのアクセプトをいただきました。


このプロジェクトで実現したいことは、世界中のマーケティング研究者が目指すAMAにて、日本人で文系学部生である私たちが、現地に赴き、苦楽を共にした5人全員で研究発表をすることです。


プロジェクトをやろうと思った理由

マーケティングを学ぶ私たちは、身に着けた知識を用いて世の中に影響を及ぼしたいと思い、新しい知識を創造する研究活動に取り組みました。

新しい知識であることを認めていただくには、研究論文を執筆し、その論文が認められ、論文集に掲載されることが必要です。加えて、日本国内の学会だけでなく、海外の学会で認めていただく必要があります。

そこで、私たちは世界最大のマーケティング協会であるAMAでの研究発表・国際的な論文集の掲載許可を目指してプロジェクトを開始しました!!


これまでの活動

約1年間の活動では、平均して毎日10時間、大学生活の大部分を費やしました。

夏休みには、9時からファミレスに集まり、アルバイトの方が3人入れ替わるのを見ながら、終電の23時まで活動することもありました。

アンケート調査では実際に足を使い、約300件のサンプルを集めました。

日本語で論文を執筆した後、英語でも執筆しました。

そういった努力の末、この度、AMAでの研究発表を許可していただきました!!


資金の使い道

私たち5人のアメリカへの渡航費 : 5人 × 一人当たり10万円 計50万円


リターンについて

①純粋に応援します!その①

②純粋に応援します!その②

③インターネット上のクチコミに関する最先端のプレゼン資料を共有します!

④インターネット上のクチコミに関する最先端の論文を共有します! 

⑤プレゼン資料+論文

⑥純粋に応援します!その③


最後に

当プロジェクトページに訪れていただき、誠にありがとうございます。

文系・学部生の研究活動はあまりピンと来ないかと思います。

既存の研究から新しい仮説を立て、アンケート調査を行い、統計分析を行うことで、

新しい知識を創造する活動です。

新しい知識は教科書を塗り替え、企業にとっては新しくモノの売り方を画策することができます。


加えて、AMAとは世界最大のマーケティング協会であり、簡単に言うと

教科書に載っているような世界中の研究者が集う国際学会です。


地道な努力の末、ようやく手にした夢を実現するチャンスです。

皆様ご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。



<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください