僕は、ごく普通の環境から「英語車掌」となり、商業出版2冊決定しました。その成功の秘密は、「時間の使い方」と「自分の使い方を知る」ことだけです。このポイントを抑えれば、誰でも、どのようなジャンルでも、頭一つ飛び抜けられます。このセミナーでは、2時間でその方法を包み隠さずお伝えします。

プロジェクト本文

こんにちは!英語車掌SEKIDAIです(^-^)♬


僕は、今年の5月に起業しましたが、それまでは高崎線や湘南新宿ライン、上野東京ラインで電車の車掌をしていました。ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、電車での英語アナウンスを本格的に取り入れた第一人者です。

その様子を様々なメディアが取り上げてくださり、本当に感謝しております。


【高崎線有名車掌】あの「英語車掌」が退職!?出版やクラウドファンディングも


高崎線「英語車掌」に聞く【前編】放送をはじめたきっかけ・車掌試験の苦悩


高崎線「英語車掌」に聞く【後編】公共交通とインバウンド・英語勉強術




簡単に僕の自己紹介をしますと、2002年に高卒でJR東日本に入社しました。それから新幹線の保線業務に5年半ほど携わり、5度目の車掌試験に合格して念願の車掌になり、11年半ほど車掌業務に携わりました。

このことからも、おわかりのように、僕は英文科卒でも、帰国子女でもありません。

エリートでも何でもなく、むしろ車掌試験を4回落ちるほどの人間です。


車掌になってからも、ライバルには到底及ばない成績で車掌の中でも底辺を彷徨っていました。


しかし、結婚して一家の主となってからは、守らなくてはいけないものが多く出てきました。

それから、「僕のような人間が飛躍するためにはどうしたら良いか?」ということを考えるようになったのです。


ある日、「時間と自分の使い方」を見直しただけで、物事が上手く進むようになりました。


・英語がどんどん身に付いた。

・仕事面でも、どんどん上手くいくようになった。

・大好きな旅行に、たくさん行くことができるようになった。

・家族との時間が多く取れるようになった。

・商業出版が決まった。

・メディアに注目され取材を受けるようになった。

・知名度のある方とのコラボもできるようになった。

などなど。


英語車掌SEKIDAI(関 大地)の書籍はコチラ↓

Amazon「車内アナウンスに革命を起こした「英語車掌」の英語勉強法」



現在は、以下の写真のようにJR北海道のICカード『Kitaca』のキャラクター(エゾモモンガ)を描いた大物絵本作家SORAさんとのコラボなどを始め、様々なビジネスを展開しています。


「時間と自分の使い方」を見直すだけで、物事が上手く進むようになります。


このセミナーでは、「時間と自分の使い方」をワークを交えながら考えることにより、そのごく普通の人間がオンリーワンになる方法」を知ることができます。


ライバルに差を付けたい方は、是非ご参加ください♬



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください