日本全国のドローン撮影に適したドローン観光マップ「そらとびマップ」を、地域のドローンユーザーと共につくりたい。そのためのコミュニティー「そらとびサロン」( Facebookグループ )を運営、情報提供者には、謝礼をお支払いします。新たな観光地を空から発見!地方の活性化にも役立ちたい。

プロジェクト本文

(1) ドローン・ユーザーのためドローン観光マップ「そらとびマップ」をつくりたい。

より小型でセイフティーなドローンの発売により、世界中でドローン・ユーザーが急増しています。一方、日本では法整備が進み、都市部では、簡単に飛ばすことができません。「そらとびマップ」では、そうした都市部のユーザーや、日本を旅行するユーザーのために、安全面にも配慮したドローンを飛ばしやすい空撮ポイントを網羅した「ドローン観光マップ」をつくりたいと考えています。

(2)「そらとびマップ」は、地域のドローン・ユーザーと共につくりたい。

日本全国を網羅した「そらたびマップ」は、全国各地のドローン・ユーザーと情報を共有しながら、つくっていきます。そのための仕組みとして、Facebookのコミュニティーグループ「そらとびサロン」を運営、有益な情報提供者には、謝礼をお支払いする仕組みを持たせます。

(3)「ドローン・ツーリズム」で、地方の活性化にも繋げたい。

日本のドローン・ユーザーの総数は現在1万人以上。その数は、日々増え続けています。新たなユーザーが求めているのは、より安全に、美しい景観を撮れる飛行ポイント。そうしたポイントの大半は、都会ではなく、地方にあります。「そらとびマップ」を整備することで、新たな「ドローン撮影旅行」という需要を生み出し、地方の活性化にも役立ちたいと思っています。

※「そらとびマップ」は、インターネットで広く一般に公開されます。

公開は、2017年10月を予定しております。

※資金の使い道

資金の30-40%「そらとびサロン」に寄せられた情報の謝礼や、動画使用権買取に、 60-70%を「そらとびサロン」の運営や、「そらとびマップ」の取材、編集、作成費用に充てる予定です。

※「そらとびサロン」は、支援者が入室できる有料コミュニティーです。

「そらとびサロン」は、日本全国のプロ、アマを問わずドローン・ユーザーが集う、有料プラット・フォームです。サロンでは、「そらとびマップ」の作成だけでなく、入門者のための案内や、海外からの旅行者に向けたルールの広報など、ドローンに関する様々な課題を一緒に考え、解決していきたいと考えています。

※これまでの取り組み

ドローンの代名詞となったDJI社のPhantomを国内で最初に紹介(2012年12月1日)。Phantom国内ユーザー第1号(多分)。現在、FaceBookグループ「DJI MAVICオーナーズ」「Dji Phantom 4 / PRO オーナーズ」ユーザーなど運営、1,000名近いユーザーと交流を深めている。

 

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください