2019年11月23日(土)24日(日)に兵庫県明石市で行われる『ご当地グルメでまちおこしの祭典!B-1グランプリin明石』出展にかかる材料運搬費・交通費などの支援をお願いします。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

このページをご覧いただきましてありがとうございます。私たち久慈まめぶ部屋は、岩手県久慈市のまめぶ汁を全国デビューさせ、地域の活性化に寄与したいと考える有志団体です。B-1グランプリに出展する愛Bリーグ本部加盟団体に登録されております。2011年北海道・東北B-1グランプリin青森に初出展し、2013年北海道・東北B-1グランプリin十和田では3位、2013年全国B-1グランプリin豊川5位入賞、2014全国B-1グランプリin郡山6位入賞という成果を出してきました。が、残念ながら近年入賞には至っておりません。

久慈まめぶ汁とは?

まめぶ汁は、岩手県久慈市の山形町(旧山形村)の郷土料理です。昔は冠婚葬祭の時のハレ食として作られる料理でした。久慈まめぶ汁は煮干しと昆布の合わせ出汁に、ゴボウ・ニンジン・しめじ・かんぴょう・焼き豆腐・油揚げを加えて醤油で味を付けたあと、クルミと黒砂糖を包んだ小麦団子を入れて煮込みます。このくるみと黒砂糖入りの小麦団子が「まめぶ」です。

野菜をたっぷり使った出汁の効いた温かいスープは、心をほっこりまあるくしてくれます。

「あまちゃん」放送時大ブーム!しかし今は・・・

岩手県久慈市はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」のロケ地として一躍有名になりました。ドラマでは北三陸市という架空のまちとして描かれておりましたが、観光海女の文化や大きな山車が登場する秋まつり、全国有数の琥珀の産地であることもドラマのままです。そんなドラマの中に『まめぶ汁』は何度も登場し

「おかずかおやつか分からない微妙な食べ物」
「甘さとしょっぱさが口の中で緊急会議を開くよね~」
「まめぶは特別おいしい訳じゃないのに、なぜか食べたくなる」

などと表現されています。その褒められすぎない扱いが「逆に食べてみたい!」という気持ちを彷彿とさせ、全国のあまちゃんファンのおかげでまめぶ汁は一躍大ブームとなりました。また、

「一度食べるとまた食べたくなる」

という声も多く、久慈市に何度も訪れまめぶ汁を食される方もいます。
しかし近頃は市内でまめぶ汁を提供するお店が少なくなり、イベントでも売れ行きが芳しくありません。


久慈まめぶ部屋の使命

久慈まめぶ部屋は久慈まめぶ汁で地域おこしを行いたいと考えている有志団体です。

まめぶ汁は約200年前の南部領時代から食べられていたと言われています。具材の数が多く、手間のかかる郷土料理ですが、私たちはまめぶ汁を食文化として無くしてはいけない、この味を伝えていきたいと考えています。また、久慈市にしかないまめぶ汁を全国に伝えることで、久慈市のPR・まちおこしにつなげていきます。

プロジェクトについて

2019年11月23日(土)24日(日)に兵庫県明石市で『ご当地グルメでまちおこしの祭典!B-1グランプリin明石』が開催されます。
私たちは数十万人以上が来場する国民的イベントであるB-1グランプリに出展し、
岩手県久慈市および久慈まめぶ汁をたくさんの人にアピールしてまいります。

しかし、岩手県から兵庫県まではとても遠く、現在スタッフの旅費・材料費などの資金が足りておりません。また、材料運搬費も大きな金額となります。

久慈まめぶ部屋のメンバーは無償のボランティアにて活動を行なっております。現在B-1グランプリへ出展するための資金を得るために、後援会をお願いしたり、時にメンバーが草刈りに参加をして資金を集めています。

久慈市民の皆さま・久慈市ファンの皆さま、
また、全国のあまちゃんファンの皆さま、まめぶ汁ファンの皆さまにも、
どうかお力添えいただけないかと、このプロジェクトを始めることといたしました。

皆様からのお気持ちを持って、頑張ってPRしてまいりたいと思います。


クラウドファンディング担当からのコメント

資金の使い道

クラウドファンディングにかかる諸経費を差し引きまして、『ご当地グルメでまちおこしの祭典!B-1グランプリin明石』への出展費用全般に使わせていただきます。余剰が出た場合には久慈まめぶ部屋活動維持費として使用いたします。ご了承ください。

【ご参考】
スタッフ一人当たりの交通費➡︎約6万円
  出展調理器具・材料送料➡︎約30万円(現時点の予想)
    プロジェクト広報費➡︎5万円
   リターン製品代・送料:約10%
     CANPFIRE手数料:12%
        決済手数料:5%

リターンのご紹介

今回、久慈まめぶ部屋のオリジナルグッズを製作しました。
缶バッジや手ぬぐいなどを身につけていただきまして、
久慈まめぶ部屋と心一つに、B-1グランプリへの出展と久慈市のまちおこしを応援頂ければ幸いです。
※リターンの写真はイメージです。実際のものと異なる場合がございます。ご了承ください。

最後に

久慈まめぶ汁は久慈市を知ってもらうための『きっかけ』です。

「ふるさと久慈市を元気にしたい。」

「大好きな久慈市をより多くの方に知ってもらい、訪れていただきたい。」

私たちは地域の活性化を本気で考えています。

お力をお貸しいただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 活動報告

    チラシを置いてもらいました!

    2019/08/16 12:41

    プロジェクトをPRするためチラシを作りました!ご協力いただいたお店等(順不同)[あまちゃんハウス・やませ土風館・地下水族科学館もぐらんぴあ・KENSOH・休憩所やまねこ・魚棚・たのはた食堂・サムライブギー・舟渡レストハウス]まだまだ募集中です!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください