2000枚の写真パネル費用を予定していた法人スポンサーに断られた!?どうしよ...法人ではなく個人スポンサーを募集してみる...?ただ支援してもらうだけじゃなくて、7/18~31に開催の写真展「平成が終わルンです Final」にクラファン支援者も展示される企画にしよう!!

プロジェクト本文


この動画は昨年2018年の10月に行われた平成最後の夏の日を平成生まれ100人が撮影した200枚を展示した前回の写真展です。

今回クラウドファンディングを行う今月開催の写真展は平成生まれ1000人が撮影した2000枚の写真という前回と比べて10倍の規模での写真展になります、、、、!!



はじめまして。コミュニケーションのきっかけを作るTシャツ『喋るTシャツ』を企画運営しております稲沼(右)と峯尾(左)と申します!

実は3年前に第1弾Tシャツ『出身地Tシャツ』、2年前に第2弾Tシャツ『THANKS Tシャツ』というTシャツを制作する際に資金のなかった僕たちはクラウドファンディングを立ち上げさせていただき、その時いずれも予想を上回る多くの方にご支援いただき、なんとかTシャツを作ることができました。

あのときご支援していただいた方には本当に感謝しております。

3年前のクラファン時の写真

僕たちはその時のご支援があって、今も『喋るTシャツ』の活動を続けることができています。本当にありがとうございます!


■なぜクラウドファンディングをするのか!?


平成生まれ1,000人が平成最後の日を写ルンですで撮影した写真が飾られる写真展『平成が終わルンですFinal』が7月19日(金)〜7月31日(水)に渋谷hotel koe tokyo、原宿baseyard tokyo、原宿FUJIFILM WONDER PHOTO SHOPの3箇所で開催されます!

写真枚数は合計2,000枚、会場も3箇所に増やした形での実施となり、集客人数も10,000人以上を見込んでおります!


1,000名から1人2枚ずつ集めた合計2,000枚以上の写真をパネルに印刷して写真展を行うのですが、、、そのパネル代が約550,000円。


この金額をまずはなんとか法人企業に協賛についてもらい賄おうと思いましたが、気づいたときすでに遅し。企業のプロモーションは半年後や1年後の計画を立てているいることがベターなので、イベント2ヶ月前から動いた僕たちは資料を作って提案をするが惨敗。
パネル代を企業協賛で賄えぬまま、不安を抱えて写真展を迎えそうになっている、、、。それが現状です。


写真展のパネル代の支払いは8月末。クラファンが成功したらその支援金額をそのまま支払いに間に合わせることができます。


そこで写真展前1週間前というギリギリのタイミングで非常に恐縮なのですが、今回クラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げ、支援を募らせてもらうことを決めました。


それにあたり色々考えて...クラファン支援者さまも展示される企画とすることにしました!

一緒に参加して頂けたらとても嬉しいです。


■リターンについて

今回のクラウドファンディング限定のリターンを用意させていただきました!

前提として、まずどのリターンにも共通している内容として
『写真展会場に支援者一覧としてボードに名前を掲出させていただきます!』
※本プロジェクト限定

ご支援された方は、生年月日と名前(ニックネーム可)を備考欄に記載ください!こちら18日までのクラウドファンディングで終了と同時にパネルを作成、19日の開催と同時にパネルを展示します。
※法人向けリターンの場合は企業名でも可です。

写真展への名前掲出はリターン全てに共通しておりそれをベースに下記のリターンの中からお選びいただくことができます!



①平成ゆとりTシャツ

喋るTシャツ第3弾『平成ゆとりTシャツ』をリターンとして用意しました!
Webでの販売はもう考えてなかったのですが、今回のクラウドファンディング限定で再販することを決めました!昨年8月と今年3月に販売し、合計5,000枚以上販売したTシャツです!

1989-2019の胸ロゴで平成を表し、L以上のサイズ展開でゆとりを表し、平成生まれであることをきっかけにコミュニケーションが生まれることを目的としたTシャツです。


②写真集『平成卒業』

7/18に講談社から出版される平成生まれ1000人が撮影した平成最後の日の写真集 。
卒アル風の豪華仕様な写真集!特殊紙の表紙に金字、ケース付で192Pのフルカラー。
▼下記写真集の中の一部のページです。こんな形で写真が掲載されています。

平成生まれ1,000人の1,000通りの平成最後の日が載っています。
平成生まれ1,000人の平成最後の日を見ながら、自分の平成最後の日を振り返ってみてください!


③企画者のイベント登壇
写真集×10冊もしくは写真集×15冊をご購入いただいた方への特別メニューとして、イベント登壇メニューを作りました!10冊の場合は稲沼か峯尾のいずれか1名。15冊の場合は峯尾と稲沼の2名がイベントに登壇します!

使い方は自由です!『喋るTシャツ』プロジェクトを3年以上続けているので、少なからずTシャツについての知識やブランドの立ち上げなどの独自の知見があるので、それについて話すこともできますし、2人とも話すことは好きだし得意だと自負しているので、司会をやらせたり、セミナー講師として呼んでいただいたりできます!(都内以外は交通費別途)

▼写真集×10冊の場合

▼写真集×15冊の場合



④法人メニュー
最後のお願いとして法人様の協賛メニューをご用意しました。こちらのリターンでご支援いただいたら下記内容を提供させていただきます。

・商品やカタログなどのサンプリング(10,000名予定)

・平成が終わルンですFinal公式HPにロゴ掲出

・告知ポスターへのロゴ掲出

・平成が終わルンです 参加者1,000名にDM

・企画者2名のイベント登壇

・写真展会場に企業名掲出

・写真集×20冊

・平成ゆとりTシャツ×20枚


■最後に

192Pの写真集のデザインを制作するにあたり何度も2000枚の写真を見たのですが、正直にいうと作っている途中に3回くらい泣きました。これは作業が辛かったのではなく、本当に感動したのです。

写真を見ていると、当たり前のことに気づきます。それは僕が僕の人生を生きているように、他の人も自分の人生を生きているということです。

離れていても、互いを知らなくても、同じ空を見て、同じ星を見て、同じ一日を、皆それぞれ人生の主役となってそれぞれ過ごしているということです。


平成最後の日、幸せだった人も、楽しかった人も、いつもと変わらない日々を過ごした人も。ここでは書けませんが、とても悲しい出来事が起きてしまった人もいます。とにかくこの写真たちには様々な1000人の一日があります。

それは芸能人も、有名なカメラマンでも撮れない写真たちでした。本当にいい作品だと感じました。


1000人の平成生まれで作った平成最後の日の写真展「平成が終わルンです Final」。ご支援どうかよろしくお願いいたします。

※クラウドファンディング内で使用している写真などの著作物に関しては権利者から掲載許可をいただいております。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください