言葉の意味がわからなくても、わんこは飼い主さんの表情や動き、声のトーンでそのニュアンスを感じ取ることができます。飼い主さんが家族やわんこと共にこの絵本を『読み聞かせる』ことで、人と犬がより「愛おしく」なるような絵本。犬をテーマにした犬と共に暮らしてゆけるための「心得〜こころえ〜」になる本を作りたい!

プロジェクト本文

ご あ い さ つ

初めまして、私は普段は地元である姫路市で「プーティーカフェ」という喫茶店のマスターをしています。私は幼い頃から絵や芸術に興味を示す子供だったことから、実は今も現役のグラフィックデザイナーでもあります。
この度、長い間温めてきた大好きな「犬」を取り扱った絵本を作りたいと、今回、絵(イラスト)と詩(ポエム)を絡めた本「わんこの心詩絵〜こころえ〜」を出版させるプロジェクトを立ち上げさせて頂くことになりました。

プーティーカフェは、姫路市内に2008年にオープンし、皆様に支えて頂きながら、おかげさまで今年で12年目を迎えることが出来ました。カフェのマスコットキャラクターでもある狆犬の「もなか」は、2019年の4月、虹の橋を渡っていきました…。
長年にわたって私達と暮らした、「もなか」と「だいごろう」の2匹の愛犬は、私たちがお店をオープンするまで、またオープン後の困難な道のりの支えに全力で愛を注いでくれたかけがえのない『家族』でした。
この子達がいなければ、本当にお店もなかったかもしれません。


今日に至るまで、お店を通じて起こったお客様とワンコ達との不思議な出逢いと、たくさんの方々とのあたたかいご縁を頂き、心より感謝の気持ちでいっぱいです。
この本を製作するにあたって、人とワンコの絆の深さや、カフェにワンコと一緒に来られるお客様の犬達から得た感動的なエピソードや想いを絵とポエムに託そうと、原稿用紙とパソコンに向き合ってきました。

手のひらに可愛い小さな命を授かり、ワンコと一緒にたくさんの色どりの日々を過ごしながら、やがてその色が虹の架け橋となり、旅立つ日が来るまでのひとつひとつの想い出の一コマを繋ぎ、ワンコが教えてくれた大切なことを、絵と詩〜ポエム〜にし、少しでも多くの人に伝えたい!

どうぞ、このプロジェクトへのご支援・ご賛同の程、よろしくお願い致します。



人間の話す言葉の意味は分からなくても、ワンコに話しかけてあげるとちゃんと「聞いている」ことが判ります。その話すトーンや飼い主さんの表情や動きなどを観察し、ワンコ自らがそのニュアンスを感じ取ることが出来るのです。そこで、


©︎PUUTEE

をコンセプトに、犬をテーマにした詩集と絵本が一つになった「わんこの心詩絵〜こころえ〜」という本を出版させるプロジェクトを立ち上げました。
これから犬を飼おうとする方や、すでに愛犬と共に過ごされている方。また、かけがえのない家族を亡くし、「ペットロス」になっている方など。大人や子供、家族みんなで、さらに飼い主さん自らが愛犬に向かって「心詩絵〜こころえ〜」を読み聞かせることにより、これからのワンコと生活してゆく上での「心得(こころえ)」や愛犬、家族との絆を深めることが出来ればと考えます。

この本を創ろうと思ったキッカケは

現代の社会は、生産性や利便性を求め過ぎる一方、「ココロ」の問題はあまり取り上げられていない現状があり、とりわけペットとしての犬や猫、小動物を「モノ」として取り扱われる事も少なくありません。
動物や植物など、その命の尊さや重さを感じてもらいたい!我々人間と同じく、その中には「ココロ」を宿しているという事。「ココロ」を育んでゆく大切さ、ペットと暮らしてゆく上でのモラルや接し方などを作者が感じた視点で伝えてゆきたいと思いました。


まず、表紙とウラ表紙のイラストのモデルとなった「もなか」と「だいごろう」をご紹介させてください。









◉この本の構成と特徴

この絵本は、ワンコの成長度合いに合わせたポエムの順番になっており、愛犬を迎え入れる時の心得や、ワンコの気持ち。お別れの前と後の心得やワンコの気持ちなど…。自分で読む、愛犬やワンコに読み聞かせする時々のタイミングに合ったポエムが見つけやすくなっています。




◉今回発表する詩の目次です。






Q:ページ数はどれくらいですか?
A:100ページ前後を予定しています。また、上に目次内容を表記していますのでご参照ください。

Q:複数のコースの支援は可能ですか?
A:はい、コース毎に分けてお選び頂ければ可能です。また、お名前などの記載はサイズ優先で1つ分になります。

Q:目標金額に達成しない場合はどうなるのですか?
A:本プロジェクトはAll-in方式ですので、目標金額に達しない場合でもリターンを実行・お届け致します。

Q:支援をしたいが、本名は載せたくないのですが可能ですか?
A:本に掲載する名前はペンネームでも可能です。備考欄にペンネームを明記して頂ければオッケーです。また、掲載不可でも可能です。

Q:出版社はどこですか?
A:ブイツーソリューション樣からの出版になります(2019年10月24日 販売許可済み)。

Q:複数の本を支援予定ですが、それぞれの住所に分けて納品できますか?
A:すみません、各リターン毎の一箇所のみのお届けになります。


「すべてのわんこは天国へゆきます」〜All dogs go to heaven.〜


このポエムをカフェのトイレの壁に貼り出したのがキッカケとなり、この絵本を出版する決意をしました。ひとりでも多くの方々に知っていただき、皆様に愛読して下さることを願っています。
また、将来的にはこの「心詩絵」の翻訳バージョン・点字バージョンも作り、世界に発信できればいいなと考えております。ご支援のほど、どうかよろしくお願い致します。

I would like to make a translated or Braille version of this book.

我想制作这本书的翻译本或盲文版。

이 책의 번역본이나 점자 버전을 만들고 싶습니다.

※尚、見出しに使用しているワンコのイラストは、マスターが作ったLINEスタンプ
https://store.line.me/stickershop/product/1213290 で使用したイラストの一部です。


協力◉プーティーカフェ https://www.puutee-cafe.com/


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください